今日は洋裁教室だったので、家で少し製図をして、先生に見てもらったのよ。


まずはこのシャツワンピースとスカートの注文があったので、サイズ変更したのを先生に見てもらったの。
これね。
01

自分のサイズでないのは、何百着も縫っていないので、勉強になるのよね。
実際に着る人も見ているし。


次は、自分のためのプルオーバーね。
01



これに載っているよ。

家で製図したやつ。
03製図



今日は、このプルオーバーの胸ダーツの移動について、ちょっと書く。
興味ある人はどうぞ。

製図が旧原型だったので、新原型を操作して旧原型に直す。
これが新原型のミニチュアね。
02

旧原型。
05

バストポイントのところで平行に線をひく。
06-01

前身頃の方が後身頃より脇線が上にいっているのよね。
赤い矢印のところね。
この部分が胸のゆとりのよく言う前後の差ね。
この差にダーツを入れたりして、なんとか帳尻を合わせるのよ。


今回、レディブティックにのっていた製図では、下記のピンクのラインのように袖ぐりに胸ダーツを入れるのね。
こうすると胸のあたりに余裕が出来て、ブカブカするらしい。
先生が言うには、あんまり体のラインが綺麗ではないので、胸ダーツを前衿ぐりに移動の方がいいらしい。
私はね、知っていたのよ。
そういう手法があるのすっかり忘れていたの!
つい最近もこのブラウスの製図の時にやってた。
08

というわけで書き直し。
脇の胸ダーツのピンクの三角をたたむ。
10

切り開く。
切り開いたところに製図にあるようにタックを入れたら、製図の完成ね。
11

最初の頃は、こういう型紙操作をすると感動していたけど、今は、『忘れてた!!』みたいなの増えたわね
年かしら


今日ね、先生に。
『洋裁の研究している人は、いっぱいいるけど、たくさん縫っている人には敵わないのよね。』
って言われたの。
多分、褒められたと思うの

えへっ、嬉しい。

で、でもそんなに縫っていないと思うんだけど。。。(小声)
毎日、洋裁やってないし。
着物を解いたり、製図したりも多いからね。
時々『毎日、洋裁やっているでしょ』って言われるけど、もちろん否定してるよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31