ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:箱ポケット

今日は、箱ポケット3つ縫って終わった。
疲れた。

さすがに連続5個も箱ポケットを縫うと覚えるね。
最後の方は、本をあんまり見ないでも縫えた。

タイトルにあった切りポケットっていうのは、こういう風に身頃を切って作るポケットの総称ね。

切りポケット苦手なのよ。
っていうか、あんまりやりたくない。

下の写真を見れば分かるかもだけど、ミシン目のきわきわまで切り込みを入れるのよ。
きわきわまでハサミを入れないと、上手に作れない。

そんでもって、身頃に切り込みを入れるから、失敗が許されないってやつ
ヒーーー!
01
それでも縫い縫いして。
02
両面テープを使ったり。

鋭角のところは、余計な布を三角に切ったりした。
この辺りは本に書いてないんだけど、生地がちょっと厚いので切らないと上手くいかない。

こういうのに気付けるようになったので、『上手になったなぁ』と思ったり。
03
箱ポケット3つ出来上がり!
04
胸ポケットにスマートフォンも入った!
07
ウエストのポケットも使わずに飾りになるかもしれないけど出来た。
05

06
接着芯を貼る前に気づけって話なんだけど、前身頃にはる赤い矢印()の接着芯。
ヘム芯でも良かったのでは?と。

そのようなこと教わったような気がする。
楽できたのにしなかった事をちょっと後悔。
08
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。


箱ポケットの型紙を作る。
01
箱ポケットねぇ。
何回も作ってるんだよね。
でも、いつも久しぶりに作るせいか、まるっと作り方を忘れちゃうのよね。

そんで、いつも部分縫いの練習をしてから、本番を作ってるの。
なもんで、今回も箱ポケットの練習をする。

適当な生地も切る。
02
そんで、この本を参考に

箱ポケットの部分縫いした。
04
箱ポケットの完成。
05
で、これは主人用のベストにつける箱ポケットなのね。
胸ポケットにスマートフォン入れたいんだって。
入らない。(汗)
06
縫う前に気づけって話なんだけど。
文化の教科書通りにやったら、小さかった。

何の疑いもしなかった。
調べてみたら、ベストのポケットはジャケットのより小さめなのね。

急遽、主人のスーツのジャケットのポケットサイズを計って同じサイズにする。
型紙の作り直し。

ポケットが大きくなるけど、体が大きいから、ベストも大きいし、バランスもどうとでもなるでしょ。
多分。
07
前身頃の型紙のポケットの位置も変更。
08
早速、箱ポケットを縫う。
2回目だから、時短で縫えた。
09
ちゃんとスマートフォンも入りました。
10
大分、コツとか思い出した。
多分。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
この後、主人のスマートフォンを部分縫いした箱ポケットに入れて試してみたのよ。
そしたらさー。
『あ?もっと大きいのに買い替えるから、胸ポケットは飾りだよ。か・ざ・り!

と言われました。
結構、頑張ったのに。。。

ひどくない?!
早く言えよって。

もう面倒くさいから、型紙はこれでいく。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ