ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:着物・和装

今日は、最初にバネ口金ポーチ作ったの。


おおまかに、接着芯を貼るところに印をつける。

模様のところを使いたいので、ちょっと贅沢に布を使う。

イメージ 1

接着芯を貼る。

イメージ 2

接着芯のところを裁断。

ついでに合皮と八掛も裁断。

イメージ 3

縫ったら、完成

イメージ 4

イメージ 5


次は、反物の洗濯ね。

男性物の着物の裏地で木綿ね。

着物に詳しい人に聞いたのだけれど、高いから仮縫いとかに使うのは、勿体ないらしい。

ブラウスにしようかな。

イメージ 6

どちらが表か裏か分からないから、教えて貰ったのよ。


お客さんに見せるために表にしてある方が表らしい。

イメージ 7

上の生地ね、左側のところで、になっているのよね。

シールが貼ってあるから、こちらも表ということになるらしい。

イメージ 8


みみのところがちょっとボコってなっているのが表。

イメージ 9

裏側のみみは平らになっている。

イメージ 10

みみで表裏を見分けるのは、間違えやすいので、しつけ糸で印をつけたのよ。

1時間位水につけてから、洗濯、アイロンね。

イメージ 11

中に入っていた棒を真ん中に置いてみた。

生地の幅と棒の長さが同じだったような気がするので、2cmくらい縮んだことになるのよね。

結構、縮んだね。

ビックリ

やっぱり、水通しは必要なのね。

面倒なのに


反物、巻くのが下手ね

イメージ 12


次は、このパーカーの製図ね。

裏布付きが欲しいとのリクエストだったので、裏布の製図をね。

こんな感じで、半裏にしようかなと思っているの。

やっぱり、夏なので、軽い感じにしたいよね。

イメージ 13

袖以外の裏布の製図をする。

イメージ 14

袖も裏布をつける。

左側が裏布の袖で、右側が表布の袖ね。

裏布の袖山のトップのところは、生地が余るので、少なめに。

裏布の袖下のところは、生地が折り返されて足りなくなるので、多めにするのよ。

時間が足りなくてね、まだハサミで型紙を切ってないんだけど

イメージ 15

最後に表布を写す。

実は、何枚もこのパーカーを作っているので、型紙が傷んできたのよね。

そろそろ限界かなということで、表布も写す。

写真にはないけど、もちろん袖もね。

イメージ 16

生地を切るとき、ハサミじゃなくて、カッターを使っているせいもあるんだけどね。

イメージ 17



今日は、暑くて疲れたね。

こういう日は、なるべく家に引きこもっていたいよね


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 18

今日は、洋裁のサークルだったの。

ボタンホールをして欲しいと頼まれたので、あんまり出来なかったんだけど、ブラウスの製図をしていたのよ

ちょっと変わったデザインね。

イメージ 1

写真のは浴衣の反物から、作ったみたいね。

今日は、疲れたので記事はここまで。

おやすみー



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 2

季節外れだけど、大島紬の綿入りコートのリクエストがあったので、作り始めたの。

梅雨で最近、涼しいからね。

今のうちに綿入りコート作っちゃおうかなと思っているの。

でも、作っている間に暑くなりそうな予感

今日は、片方の袖だけ完成ね。

使った大島紬はこちらね。

イメージ 1

裏側はこんな感じ。

イメージ 2

柄のアップ

イメージ 3

今までで一番、刺繍の量が多いかも

刺繍ステッチが映える柄だなと思って、買ったんだけど、思っていたより量があって、大変

この大島紬の生地ね、縫い目が見えづらいのよね。

目の焦点を縫い目に合わせると、ステッチをしようとしている大島紬の線が見えなくなるのよね。

そして、大島紬の線に焦点を合わせると、縫い目が見えなくなるという

ステッチするの縫うの大変な柄

目も手も疲れるから、少しづつしかステッチ出来なさそう



このコートは、衿よりフードの方が合うかな思って、フードにする予定。


裏布はこの着物にする予定。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 4

母が着た振袖をもらったので、何にリメイクするか決まっていないけど、解いたの。

イメージ 1

イメージ 2

着物に詳しい方によると、昔、流行った柄らしい。

解いて、
イメージ 3

洗濯、アイロン。

イメージ 4

手洗いしたんだけど、水が汚れてね。結構、汚れているのね



今日は、疲れていてね、昼寝しちゃったのよね。

今日の作業はこれだけ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 5

昨日から、縫っていた大島紬のパーカーが完成したのよ




ポケットの周りにミシンで荒く縫って、厚紙をあてて、糸を引いて、アイロンをかける。

イメージ 1

2mmの段付き押えを使って、前身頃にポケットをくっつける。

このとき、体のラインに合わせるためにポケットには少し余裕をもたせる。

身頃がつれちゃうからね。

イメージ 2

ポケットの取り付けが完成

イメージ 3

左側が前中心側で、そちらに柄をあわせたのよ。

分かりにくい柄合わせよね。

次は反対側のポケットも柄合わせね。

イメージ 4

こちらは、右側が前中心なので、前側に柄を合わせたんだけど、すごく分かりづらいよね

ちょうど無地なのよね。

ちゃんと柄合わせしたんだけどね


次は、フードね。

袋縫いをして、縁は2mmの段付き押えを使って、ステッチ。

イメージ 5

フードの縁の裏側のステッチね。

イメージ 6

フードの完成

イメージ 7

前身頃にファスナーを付けていくわよ。

片押えを使って、ファスナーを付ける。

イメージ 8

ファスナーを抑えるためのステッチをする。

イメージ 9

ファスナーの出来上がり。

綺麗にできたと思う

イメージ 10

ファスナーの裏側ね。

イメージ 11

身頃の肩と脇を縫う。

イメージ 15

フードと身頃を縫い合わせる。

布端をバイアステープでくるむ。

イメージ 12

フードの取り付け完了。

イメージ 13

イメージ 14

袖を作る。

袖山はミシン糸で荒く縫って、ふっくらさせる。

イメージ 16

袖山のふっくらを維持させるために袖山布を入れて、袖を縫いつける。

イメージ 17

袖付け完了。

イメージ 18

脇のスリットの裾部分を額縁縫いする。

イメージ 19

反対側もね。

イメージ 20

裾をまつる。

黒い糸でまつるので、黒い部分をすくうようにして、裾をまつり縫いする。

イメージ 21

完成

イメージ 22

イメージ 23


今回、まつる前に待ち針の本数を数えていたのよ。

ちゃんと本数通りにあってね。

まつり縫いを終えたら、待ち針が一本足りなくてね。

焦って、30分くらい探したんだけど、どうしても待ち針が見つからなくて

今回、初めて金属探知機を使って、パーカーの針をチェックした。

イメージ 24

あきらめて、片付け始めたら、カッティングシートの下から、出てきたのよ。

カッティングシートは朝から、ずっと敷いていたので、待ち針が入る余地はないと思うんだけど。

そりゃ、そんなところは、探していないから、見つからないはずだわ。

それにしてもそんなところから、見つかるなんて、謎。


もちろん、他の作業中にも針の本数は、数えていたのよ。

今日は、3、4回くらい針の本数は、数えたはずなのよね。



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 25

実は、一昨日くらいから作っていたブラウス完成したのよ。

イメージ 1


ちゃんと2着作ったのよ。

イメージ 2

今日、出来上がった方は、プレゼントね

残り生地でシュシュも作った



イメージ 3

さらに残り生地で、旅行などにも持って行ける巾着袋を作った。

イメージ 4

@100円×3mでこんなにたくさん出来たら、大満足よね



前に解いた大島紬を使って、パーカーを作り始めたのよ。
 

肩に貼る黒のストレートの接着テープを作る。

イメージ 5

衿ぐりに貼るハーフバイアステープも作る。

イメージ 6

模様を一番綺麗にしたい後身頃を裁断して、ダーツや切り替えを縫って、接着テープを貼って、ロックミシンをかけたところね。

イメージ 7

模様があんまり重ならないように裁断したのよ。

裏側ね。

イメージ 8

前身頃も裁断。こちらも後身頃と同じように、ダーツと切り替えを縫って、接着テープを貼って、ロックミシンをかける。

イメージ 9

裏側。

イメージ 10

白い接着テープは、ファスナーが付くところね。

次は、袖を裁断。

1枚の大きい布に見えるように柄の高さを合わせて、接いだの。

分からないよね

あんまり、意味がなかったかも

イメージ 11

裏側。

イメージ 12

次はアウトポケットね。

もちろん前中心側の部分で柄合わせしたのよ。

ポケット口は、ヘム芯を使って、補強。

イメージ 13

衿ぐりの布端の始末をバイアステープでするので、バイアステープを作る。

イメージ 14

袖山をふっくらさせるために、袖山布を入れるので、袖山布を作る。

イメージ 15

今日は、ここまで。

つ、疲れた



なんだかSundayくじ、最近、当たらないのよ。
1%ポイント付与はずれなのよね。
みんな、当たってる
私だけ
5の付く日だと、みんなが5%ポイント付与になるので、5の付く日を落札日にしたいなと思っているの。
5の付く日を落札日に出来るように、ちょっと頑張るね




↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 16

今日は、この写真のスカートの型紙作成と仮縫いね。

イメージ 1

スカートは下記のように布を組み合わせて、フレアスカートにするのよ。

イメージ 2

製図して、型紙を作る。

イメージ 3

生地を切って、縫ってみる。

ウエストは、ゴムね。

イメージ 4

なかなか可愛いフレアスカートができそう

前回、縫ったボウタイのジャケットを着せてみる。

ジャケットにアイロンはかけてないの。勘弁してね。

イメージ 5

いいじゃん

素敵な感じに仕上がりそう

後側。

イメージ 6



朝方と夕方以外、外出したくない季節になってきたわね。
そうもいってられないんだけど



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 7

今日は、大島紬を解いて、洗濯、アイロンね。

毎度、毎度、退屈な作業なんだけど、省略できない作業なのよね

この一目ぼれした泥大島ね

ちょっと高かったんだけど、買っちゃたのよね

届いてみたら、写真で見るよりずっと素敵な柄だった

イメージ 1

イメージ 2

私が撮ると着物の良さがあんまり伝わらない

着物専用のハンガーが欲しくなるわね。

柄のアップ

イメージ 3

証紙つき。

イメージ 4

しつけ糸がみっちり付いてた。

イメージ 5

襟の部分には、たいていホックが付いているのだけれど、今回の着物のホックは包みホックだった。

初めて見たので、思わず写真を撮ってしまった。

イメージ 6

解いた時の写真、撮り忘れた

ごめん。

洗濯、アイロン。

イメージ 7

イメージ 8

防虫剤を入れて、保管。

イメージ 9

今日はね、口金ポーチも縫ったんだけど、完成品の写真を撮り忘れた

今日は、撮り忘ればっかり。

疲れてるのかな。

イメージ 10


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 11

昨夜は、とても眠くて、寝ちゃったのよ

それで今頃、昨日の作業を更新してるの。



まずは、こちらの大島紬を解いてね。

イメージ 1

イメージ 2

ちょっと高かったけど、好みど真ん中だったので、買っちゃたの

ぶどう柄すごい素敵よね

イメージ 3

証紙つき

イメージ 4

イメージ 5

この深緑色の八掛、合っていてすごい素敵よね。

洗濯して、アイロン。

イメージ 6

イメージ 7

防虫剤を入れて、保管

イメージ 8


これの仮縫いをしたいので、仮縫いをするために型紙作成。

イメージ 10

イメージ 9



今日は、生地の水通しの話を少し。

水通ししていない生地は、あらかじめ水通しをしないと洗濯した時に縮む可能性があるの。

水通ししていなくても、化繊なら大丈夫なのかな?


佐藤さんのプロソ―イング教室で習ったんだけど、生地のミミにポツポツした穴が開いている生地は、もう水通しが済んでいる生地らしいわよ。

水に濡らした後、大きいロールに巻いて、乾かした後がそのポツポツらしい。

分かりづらいけど、これね。

イメージ 11

国産でポツポツが付いている生地はまず、水通しをしなくても大丈夫らしい。

リバティも国産ならOKみたいよ。

海外のは知らないの。

イメージ 12

ポツポツが出ている(とがっている)方が表側ね。

これがないと表裏の見分けのつかない裏布が多いのよね。

この前、縫った村山大島紬と竜毘紬の裏布もそうなの。

イメージ 13

このジャケットの裏布にもポツポツはあるのよ。

イメージ 14

この事を佐藤さんの教室で習った時、驚きの声があがってたと思う。

私も驚いたもん

その時、文化式の洋裁を習い始めて、何年もたっていて、不要な水通しをたくさんしていたからね

水通しって、なかなか大変なのよ

最近はやっていないけど、ツイードとか霧吹きで濡らして、1日放置してから、アイロンをかけるとかあったしね。

木綿だと30分くらい水に付けてから、軽く脱水して、アイロンかな。

リバティもよく水通ししたな

ツイードは、いまでも水通ししていない生地はあると思うけど。

麻もポツポツが開いてなかったら、水通しした方がいいよね。

かなり縮むと思う。

イタリアなどの外国産も水通しした方がいいらしい。



↓ランキング参加中。参考になった方はクリックお願いします。
イメージ 15

今日は、朝一番にバネ口金ポーチを作ったのよ

大島紬の生地に接着芯を貼って、裁断。

ピンクの裏布はいつかの綿入りコートの裏布。

記事探すの面倒だから、リンクは勘弁してね。

イメージ 1

縫って完成

イメージ 2

イメージ 10

作り方はこちら(pdfが開きます)



次は、こちらの大島紬をほどく。

イメージ 3

イメージ 4

柄のアップ

手の影がバッチリ写ってる

写真って難しい

イメージ 5

百合なのかな

植物柄、好きなのよね



ほどく
イメージ 6

洗濯して、アイロン

イメージ 7

裏布も
イメージ 8

パッションピンクみたいな八掛、かわいい

小物の裏布にしたら、すっごい可愛いと思う



今回のこの大島紬は、パーカーにしようかなと思っているの。

実は、近いうちにパーカー作りますって、約束してしまったので

もう少し、お待ちください。



実は、土曜日くらいから、ブログに載せている作業と並行して、親戚の叔母さんに送る洋服や布小物を作っているのよ。

実は、お中元でね。

それで、結構バタバタしていてね。

この作品も出品したいんだけど、時間がなくて作業が出来ないのよね。

今日は、湯船の中で寝てしまうくらい疲れた



今日も見に来てくれて、ありがとう

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 9

このページのトップヘ