ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:洗濯

今日は、買った大島紬を解いて、洗濯してたのよ。

解いた大島紬はこちら。
柄が可愛くて、値段が高いけど、買ってしまった大島紬なの
綿入りコートにしようかなと思っているのよ。
八掛も濃紫で素敵でしょ
01

02

柄のアップ
可愛いでしょう
04

証紙付き。
03

解いて、
05

ちゃんと裏表の印も入れて、
06

洗濯、アイロンね。
07

08

防虫剤を入れて、保管。
09



昨日していた製図の綿入りコートも作り始めたの。
掲載の許可を取っていないので、裏側からの写真だけね。
ステッチ刺繍が出来ないデザインの大島紬だったので、等間隔にミシンでステッチしたのよ。
簡単そうに見えて、このステッチが結構、難しいのよね
10


実は、リアルの知人には、ブログをやっていることを言ってないのよね。
家族は、ブログをやっているのを知っているけど、アドレス教えてないの
知っている人に自分の文章とか写真を見られるのが、恥ずかしくてね


綿入りコートを縫うので、しばらく更新頻度が落ちます。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

今日は、眠いので手短に更新。

アンサンブルの大島紬を解いたのよ。
まずは羽織ね。
01

背中側
02

柄のアップ
可愛い花柄なのよ。
03

解いて、
04

ちゃんと表裏の印付けもして、
06

洗濯、アイロン。
08

防虫剤を入れて保管。
09

次は同じ柄の着物ね。
10

後側。
11

14

ほどいて、
13

洗濯、アイロン。
15

防虫剤を入れて、保管。
16


おやすみーーー


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

大島紬を買ったので、解いて、洗濯、アイロンをしたのよ。

龍郷柄の大島紬よ。

綿入りコートにしようかなと思ってね。

龍郷柄、本当に好きなのよ。

コートにする場合、ほとんどの生地を使うので、美品を買うのよ。
(基本的に美品ばっかり買うのだけれど。)

そうするとすっごく高くなっちゃうんだけどね。

買っちゃったのよね

01

02

柄のアップね。

柄が細かくて、ひとつひとつの柄がとっても綺麗でくっきりしているのよね。

03

龍郷柄って、もう生産されていないらしい。
すごく貴重なのよ

04


ほどく。
05

洗濯して、アイロン。

06

虫よけを入れて、保管。
07



今日は、薄いテロテロの生地を買いに行っていたのよ。
08

在庫を頑張って、減らしたのに増えてしまった

実は、おばあちゃんに洋服何着かとアームカバーを贈ったら、お礼にブドウをくれたのよ。

大振りで大粒で美味しいブドウなのよね

ちょっとこの辺りのスーパーでは買えないのよ。

デパートで買ったら、超高いやつね。

貰い過ぎかなと思ってね。

お礼に洋服を縫うことにしたのよ。

リクエストを貰ったし、何着か作る予定



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

灰水色の生地に少し緑色が入った色無地の着物をほどいて、洗濯していたのよ。

すごく眠いから、手短に更新するね。



この着物をほどいたの。

1

2

綺麗な色でね。

夏用の洋服にしようかなと思っているの。


ほどいて、
3

洗濯、アイロン。
4

5

表と裏の見分けがしづらいので、一応表裏の印もつけたのよ。

6

じゃ、おやすみー



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

まずは、バネ口金ポーチの作製ね。

生地がもったいないけど、お花の模様のところに接着芯を貼る。

01

上記の生地と、合皮、裏布を裁断。

裏布に使用した生地は、これね

02

縫ったら、あっという間に出来上がりね

03

04

ちょっと前に買った浴衣の反物ね。

柄に一目ぼれしたのよね

05

裏と表の見分けがつきにくいのよね。

だから一応、裏表の印もつけたのよ。

06

かろうじて、裏側の方が模様が少し不鮮明かな~

こちらは、水にしばらく漬けてから、洗濯、アイロンね。

07

残りの時間で、製図ね。

今日、ラジオを聞いていたら、夏物のクリアランスセールがもう始まっているらしいのよ。

人に夏服を上げるんなら、早くしないと思ってね

夏服の製図よ。

最近、洋裁のサークルでは、自分の作業があんまり出来なくてね。

ボタンホールとか頼まれるので。

家である程度、製図していかないとなとと思ったのよ。


製図したのはこちら。

08

袖口がギャザーになっているのが暑そうだなと思ったので、袖口はギャザーをよせない予定ね。

胸元は、バイアステープのリボンで結んであるのよ。

09


出来上がるかな

製図しただけで、やっぱり作るのやめたり、

仮縫いしたら、満足したってのも多いから、作品にならないときもあるのよ。




↓良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

今日は、白打掛を解いて、洗濯、アイロンしていたのよ。

文化服装学院(通信課)に提出する作品に使う予定なの。

作ったことのないデザインなので、ちゃんと出来るか心配なんだけど。

01

02

裾には、綿がたっぷり入っているのね。

03

柄は、鶴と雲で素敵な柄よ。

好き

04

解いて、

05

洗濯、アイロンね。

06

今回の白打掛は、手縫いじゃなくて、ミシンで縫ってあったので、解くのが大変だった



次は、シーチングの洗濯ね。

シーチングで仮縫いがしたくて、買ったんだけど、糊が付いているから、生地が固いみたい。

それで、仮縫いの前に洗濯をしなさいって、先生に言われたので、洗濯したのよ。


洗濯して、干す。

92

アイロンをかける。

91

洗濯前も洗濯後も生地の固さがあんまり変わらない気がするのよ



段々、暑くなってきたわね。

↓良かったら、応援クリックお願いします。
youhuku88_31

ヤフーブログから、引っ越ししました。

こちらのブログでもよろしくお願いします。



昨日の洋裁サークルで、疲れが残っていてね

頭をあんまり使わない作業をしようということで、大島紬をほどいていたのよ。

01

02

柄のアップ
03

やっぱり、植物系の柄が好きなのよね

解いて

04

洗濯、アイロン

05

06

防虫剤を入れて、保管ね
07


次は、同じ柄のアンサンブルの羽織を解く。

21

22

解いて、

25

洗濯、アイロン
24

防虫剤を入れて、保管ね。



今日は、昼寝も久しぶりにしたのよ。

まだ、眠い

ヤフーブログと違って、絵文字(こういう奴)があんまり種類がないのね




↓良かったら、応援クリックお願いします。
youhuku88_31

今日は、最初にバネ口金ポーチ作ったの。


おおまかに、接着芯を貼るところに印をつける。

模様のところを使いたいので、ちょっと贅沢に布を使う。

イメージ 1

接着芯を貼る。

イメージ 2

接着芯のところを裁断。

ついでに合皮と八掛も裁断。

イメージ 3

縫ったら、完成

イメージ 4

イメージ 5


次は、反物の洗濯ね。

男性物の着物の裏地で木綿ね。

着物に詳しい人に聞いたのだけれど、高いから仮縫いとかに使うのは、勿体ないらしい。

ブラウスにしようかな。

イメージ 6

どちらが表か裏か分からないから、教えて貰ったのよ。


お客さんに見せるために表にしてある方が表らしい。

イメージ 7

上の生地ね、左側のところで、になっているのよね。

シールが貼ってあるから、こちらも表ということになるらしい。

イメージ 8


みみのところがちょっとボコってなっているのが表。

イメージ 9

裏側のみみは平らになっている。

イメージ 10

みみで表裏を見分けるのは、間違えやすいので、しつけ糸で印をつけたのよ。

1時間位水につけてから、洗濯、アイロンね。

イメージ 11

中に入っていた棒を真ん中に置いてみた。

生地の幅と棒の長さが同じだったような気がするので、2cmくらい縮んだことになるのよね。

結構、縮んだね。

ビックリ

やっぱり、水通しは必要なのね。

面倒なのに


反物、巻くのが下手ね

イメージ 12


次は、このパーカーの製図ね。

裏布付きが欲しいとのリクエストだったので、裏布の製図をね。

こんな感じで、半裏にしようかなと思っているの。

やっぱり、夏なので、軽い感じにしたいよね。

イメージ 13

袖以外の裏布の製図をする。

イメージ 14

袖も裏布をつける。

左側が裏布の袖で、右側が表布の袖ね。

裏布の袖山のトップのところは、生地が余るので、少なめに。

裏布の袖下のところは、生地が折り返されて足りなくなるので、多めにするのよ。

時間が足りなくてね、まだハサミで型紙を切ってないんだけど

イメージ 15

最後に表布を写す。

実は、何枚もこのパーカーを作っているので、型紙が傷んできたのよね。

そろそろ限界かなということで、表布も写す。

写真にはないけど、もちろん袖もね。

イメージ 16

生地を切るとき、ハサミじゃなくて、カッターを使っているせいもあるんだけどね。

イメージ 17



今日は、暑くて疲れたね。

こういう日は、なるべく家に引きこもっていたいよね


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 18

昨夜は、とても眠くて、寝ちゃったのよ

それで今頃、昨日の作業を更新してるの。



まずは、こちらの大島紬を解いてね。

イメージ 1

イメージ 2

ちょっと高かったけど、好みど真ん中だったので、買っちゃたの

ぶどう柄すごい素敵よね

イメージ 3

証紙つき

イメージ 4

イメージ 5

この深緑色の八掛、合っていてすごい素敵よね。

洗濯して、アイロン。

イメージ 6

イメージ 7

防虫剤を入れて、保管

イメージ 8


これの仮縫いをしたいので、仮縫いをするために型紙作成。

イメージ 10

イメージ 9



今日は、生地の水通しの話を少し。

水通ししていない生地は、あらかじめ水通しをしないと洗濯した時に縮む可能性があるの。

水通ししていなくても、化繊なら大丈夫なのかな?


佐藤さんのプロソ―イング教室で習ったんだけど、生地のミミにポツポツした穴が開いている生地は、もう水通しが済んでいる生地らしいわよ。

水に濡らした後、大きいロールに巻いて、乾かした後がそのポツポツらしい。

分かりづらいけど、これね。

イメージ 11

国産でポツポツが付いている生地はまず、水通しをしなくても大丈夫らしい。

リバティも国産ならOKみたいよ。

海外のは知らないの。

イメージ 12

ポツポツが出ている(とがっている)方が表側ね。

これがないと表裏の見分けのつかない裏布が多いのよね。

この前、縫った村山大島紬と竜毘紬の裏布もそうなの。

イメージ 13

このジャケットの裏布にもポツポツはあるのよ。

イメージ 14

この事を佐藤さんの教室で習った時、驚きの声があがってたと思う。

私も驚いたもん

その時、文化式の洋裁を習い始めて、何年もたっていて、不要な水通しをたくさんしていたからね

水通しって、なかなか大変なのよ

最近はやっていないけど、ツイードとか霧吹きで濡らして、1日放置してから、アイロンをかけるとかあったしね。

木綿だと30分くらい水に付けてから、軽く脱水して、アイロンかな。

リバティもよく水通ししたな

ツイードは、いまでも水通ししていない生地はあると思うけど。

麻もポツポツが開いてなかったら、水通しした方がいいよね。

かなり縮むと思う。

イタリアなどの外国産も水通しした方がいいらしい。



↓ランキング参加中。参考になった方はクリックお願いします。
イメージ 15

このページのトップヘ