ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:新原型

コートの制作を依頼されたので、その作業をしていたのよ。
掲載許可を頂いたので、載せるね。

解いた大島紬を送っていただいたの。
今はもう作られていない貴重な龍郷柄よ
01
模様ひとつひとつが、はっきりしていて本当に美しいのよ。
アップにすると分かるかな?
風車(一元式)みたいなのがたくさんあって、これが本当に綺麗。
02
糸を染めてから、織るので熟練の技が必要なのよね。
その染めも泥を使って、丹念に染めるらしい。
凄い手間がかかっていてね、ロマンがあるよね。

全部、ネットで調べたんだけど。

呉服屋さんに聞いたんだけど、今は一元式も作られていないらしい。
一元式も貴重になるみたい。

解かれていた大島紬の汚れをチェックしながら、折り目をみて表裏を判定して、印を付けていく。
03
洗濯して、アイロン。
04
白いチャコの印がちょこちょこあってね。
消してみようかなと。
表と裏どちらも印があるし、避けて裁断も厳しい位置なのよ。

一応、生地の端で、試してみる。
06
ひいぃぃぃーーー!
下に敷いたタオルに色が落ちてる
07
で、でも生地の方は、色落ちしてるの分からない
なので、完璧じゃなくて少しだけ落とす。
『少し白いのは気のせいかな?』になるくらいに。

青い糸の上に薄っすらある白いチャコを消す。
08
1,2回なぞってみた。
き、消えた?
ちょっと白い?
09
ま、こんな感じで15か所くらい消した。

洗い張り(着物を解いて水洗い)や仕立て直しすることもあるんだから、消えないチャコじゃなくて、切りじつけ(糸で印を付ける)にして欲しいよね。

たまにチャコで印を付けてる着物あって、困るんだよね。
和裁士さんには和裁士さんの言い分があると思うんだけど。

防虫剤を入れて、保管。
10
文化の新原型から製図するのが得意でね。
レディブティックの囲み製図もわざわざ新原型を使って書くことが多いの。

なので、依頼された方のサイズを教えて頂いたので、一番近い原型を写す。
いつかのスタイルブックの付録ね。
11

14
原型操作しやすいようにダーツの先は穴を開ける。
15
前身頃の脇、約3㎝のところに赤線で印。
原型操作したとき胸ダーツの目安にするのよ。
文化式の先生が共通で教えてくれるところだと思う。
16
新原型(後身頃)を旧原型にするときに肩ダーツをちょっと畳むんだけど、その目安の線も袖ぐりに赤線で入れる。(これは先生によって違うと思う)
17
今日は、ここまで。

大島紬と一緒に飴をいただいたの。
花粉症だから、助かる
美味しいです。
18

主人がね、バレンタインデーの時にチョコを貰ってきたので、私が代わりにホワイトデーのお返しの買い物に行っていたの。
本当は主人が買いに行く予定だったんだけど、行けなかったのでね。
ま、頂いたチョコはほとんど私が食べたんだけど
怖くて、遠出出来ないので、スーパーのお菓子なんだけどね。
ちなみに一つは、自分用。
20
ゴディバよりMaryの方が好きなの

昨日、新原型を見つけるために他のレディブティックやスタイルブックもパラパラ見てて、作りたい服が出てきたから、コピーしたの。
作るか分からないけど。

これがあるから、怖くて断捨離出来ない。
要するにどんどん、雑誌が増えていくのよね
恐ろしい
19
これは、さずがにもう古すぎて私の趣味じゃないし、1年寝かしてみて大丈夫だったら、捨てようと思ったレディブティックがあったの。
そしたら、1年以内にこんな感じの洋服を作ってって言われたのが、そのレディブティックに載っていたのをちょっと改変して、今風にしたのだったの。
そういうことがあったから、ますます捨てられない

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は、年末年始に実家に帰るので、その時に試着してもらおうと思って、母のパンツの仮縫いをしていたのよ。

この型紙、いつ頃製図したのかなと思って記事を探してみたら、11月末なのね。
最近書いたと思っていたけど、結構、前に製図したのか。
中々、作業が進まないな。

生地は、大分前に買った日暮里のZAK ZAKで買った100円生地ね。
01

今日、主人にレディブティック1月号を買ってきてもらったの。
02

文化の新原型は持っているんだけど、ドレメのは持ってないのよね。
どんなもんかなと思って、見たくて買ったの。

旧原型を持ってない人は買いよ!!
7号~15号(旧原型・文化式婦人原型)、5号~17号(ドレメ式)まで載ってるよ。
03

5号も未知の世界だけど、17号も未知の世界。
15号(3L)までしか作ったことないな。

ちなみに私は11号(Lサイズ)ね。
身長が160cmなので、ぽっちゃりタイプのLサイズよ。

身長が160㎝の場合、脂肪があんまりないスタイルがいい人はSかMサイズよね~。
いつか痩せたいけど、病気にならない限り無理そうだから、諦めてるの。

おやつ大好きなのよ。
ちなみに今日のおやつはこれと軽羹(餡子なし)とチョコレートね。
10

大分前のスタイルブックの付録で同じように文化の新原型(文化式原型成人女子用)があってね、
その時は、シーチングで原型(ベストみたいなの)の作り方と補正の仕方も載ってたの。

今回のレディブティックはその辺りは2ページしか載っていなくて、原型(型紙)の付録だけね。
しかもその2ページも

①付録を本から切り離す。
②サイズを確認する。
③ハトロン紙などに写す。
④かこみ製図のサイズ確認に使えるよ。

ちょっと不親切かな~。

文化の教科書には原型をシーチングで作って、試着して、補正の方法が載っているけどね。
多分、この本に載っていると思う。

私の場合なんだけど、文化式の新原型でしか、原型を持っていないのよ。
旧原型を使う製図のときは、新原型を操作して、旧原型にしてから、使ってるのね。

その逆はできないと思うの。
旧原型を新原型に操作することね。
新原型のダーツを畳むと旧原型になるのでね。

シーチングで原型を作って、きっちり補正するなら、新原型がおすすめかな。
ミセスのスタイルブックで通信販売(5号~21号)しているので、そちらでの購入がいいと思う。
下記の本にも載ってるよ。

そういえば、今気づいたんだけど、レディブティックに載っている製図は旧原型が多いかも。
そして、スタイルブックに載っている製図は新原型の方が多いような気がする。

大分前に洋裁の先生から聞いたんだけど、文化の有名な笠井先生が入学した文化の生徒さんたちを採寸した膨大なデータから新原型を作ったらしい。
『す、すごいね』しか言えない。
さすが文化服装学院。

旧原型より新原型の方が胸が大きいとかも聞いたな。
今の子の体型になっているのよね。

洋裁の先生がすごく笠井先生を尊敬していてね。
下記の本を進めてくれて、買ったんだけどあんまり読んでない

洋裁の先生は、2分の1サイズで全部作ったらしいよ。
4分の1は小さすぎてダメらしい。
勉強のためには作った方がいいよね

今日は、仮縫いが終わった後、残っていた大掃除をやっていたの。
冷蔵庫と台所の引き出しの拭き掃除ね。
1時間くらいで終わった。
これで、今年の大掃除は終りね。
まだまだ、やった方がいいのかもしれないけど、キリがないので、もう終わりよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ