ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:後ゴムスカート

今日は歯医者に行っていたので、疲れがすごい。
日本語が変でも、見逃してね。

親知らずを抜いた影響で、歯が痛くてね。
度々、歯医者に行ってる。

明後日も歯医者だよ


後側にゴムを入れて、前側はベルト芯を入れたベルト部分の練習ね。
このスカートの練習の何が嫌って、落としミシン。

恐怖の落としミシンって、呼んでる。
01
今回は、待ち針だけで留めて縫ったんだけど、まぁまぁ上手に出来たかな
02
さすがに3回?だったか4回?だったか部分縫い練習をすると上手になるね。

写真が光ってしまった
ごめん。
03
ゴムとベルト芯の境目。
04
ファスナー部分。
05
いよいよ、本番の白大島の生地で縫う準備が出来たね。

裏布は薄ピンクの予定。
要尺が足りるか見てないけど、3メートル以上ありそうだから、多分足りるでしょう。
05-01

----------------------------------

今回、部分縫い練習するにあたって、練習だから鳥の巣とか気にしないで縫ってたの。

鳥の巣って、これ。
糸がぐちゃぐちゃになるやつ。
06
Senjyu工房さんの動画で『プロはわざと裏を糸グチャ(鳥の巣)にさせる』っていうのがあって、面白かった。

へーへーへー、なるほど。

私は、どうでもいい時は鳥の巣になってもいいやって、縫うけど。
わざと鳥の巣にするっていう発想はなかったな。

後、個人的には縫い方のハウツーだけでなく、脇にそれた?動画も好きなので、アップして欲しいんだけど、再生回数がすごく少ないのね

もうアップしてくれないかも。
すごく残念。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

残った時間で、この時の製図を型紙にしてた。
06-01
ジャージ素材で作ってねって書いてあったので、固めの生地がいいんだろうなーって。
新しく生地を買わないと作れないよなーっと思ってたのね。

よくよく考えたら、家にあんまり使い道のない白色ニットがあるって、思い出してね。
それで試しに縫ってみることにした。

ラグラン袖の製図の練習だったんだけど、やっぱり縫ったほうが更に勉強になるし。
07
型紙を作ってたら、袖の寸法が合わないことに気が付いて、慌てて直した。
やっぱり、製図だけだと気が付かない事あるね。
08
それで、ラグラン袖の袖ぐりの縫い代をどっちに倒すか問題。
ちょっとここ何日かで疑問に思ってたんだよね。

そしたら、タイミング良くねこミシンさんが取り上げてくれて、コメント欄を読み漁りました。
ねこミシンさん、コメントを書いてくれた方々、ありがとうございます。

知識のある方々が書いてくれたおかげで、分かりました。
ameblo、レベル高し!

原則はあるけど、どっちでもいいみたいね。
縫い代を身頃側に倒すか、袖側に倒すかはデザイン次第。

勉強になりました。
本当にありがとうございました。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
そういえば、今週は恐怖週間かも。
何と!
主人がずーっと在宅ワークらしい。
会社に行かないんだって!

すっごく眠くてね
日本語おかしかったら、ごめん。

今日は、後ゴムスカートの練習のためにスカート本体部分を作ってた。

まずは、脇にファスナーを付けるんだけど。
貰ってきたファスナーを見たらね。

務歯の左右の布のサイズが違うんだよね。
写真の撮り方によって、そういう風に写ったわけではないのよ。

そんな事あるんだーって、ビックリした。
01
スカートだから、まだいいけど、ファスナー端から7㎜で縫う必要のあるポーチとかだと、ちょっと縫うのツラいかも。

裏側だし、あんまり見えないし、練習だしで布幅は気にせず縫った。
02
久しぶりにファスナーを縫ったけど、まぁまぁ上手に裏布に縫い付けられたんじゃない
(自画自賛)
03
表布も付ける。
04
そして、スカート本体の出来上がり。
05
後は、ゴムベルトを付ける練習だね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
おやすみー。
今日はランキングにあるブログはチェックしないでさっさと寝る。

今日は朝から雨だったので、一日中引きこもって、洋裁してた。
とは言っても家事もちゃんと?やったよ。

Amazonで頼んだものが早い時間に来たのよね。
待ってました!
早速、使うべ。
00


----------------------------------

昨日やっていた後ゴムのスカートの部分縫い練習をやってたのね。
洋裁やっている人なら分かる。

ベルトのところの落としミシンをやって、針が落ちた。
もうくじけた。
01
昨日、買った便座シートでガイドをやったり、
Amazonから届いた両面テープでベルトを仮止めしたりしたんだけど、
02
針が落ちる!
もう諦めて、念のためにロックミシンをかけていたので、縫い代を広げてこうした。
03
佐藤貴美枝さんの本によると縫い代を折るらしいんだけど。

佐藤貴美枝さんのプロソーイング教室で教わったやり方だと折らないんだよね。
05
ノートのメモによると薄い生地の場合は、縫い代を折ることって書いてあった。
それって、シフォン生地とかだと思うんだけど。
それ以外の生地は折らないでってことですかね。

確かにゴムを伸ばしながら縫うし、生地がずれやすいし、すごく針が落ちやすい。
2㎜とかじゃなくて、5㎜のところに針が落ちるようにしないとダメなのかね。

どっちも佐藤貴美枝さんなんだけど、微妙に違う。

----------------------------------

最後の仕上げにホックをつけたいところなんだけど、本番のスカートでないので勿体ない。
06
で、無料のこちらのスナップを使う。
着物を解いた時に出てくるスナップを捨てずにとってあるの。

結構、解いてるね。(汗)
他人様のスナップは返すので全部、自分で買った着物のスナップ。
07
ホックを付けて、なんとか無事に後ゴムスカートの部分縫い出来ました。
コツはつかめたと思う。
08
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
次はAmazonで買った魔法のテープ。

家にある適当な大きさのタッパー(良い値段する)を使う。
昨日、ダイソーで探したんだけど丁度良い大きさのが、なかったんだよね。
09
タッパーの側面に魔法のテープを貼る。
99
ミシンに貼る。

おおー!
いい感じ。

すごく重い物でも大丈夫そう。
超しっかりしてる。
10
実はミシンはコンピューター(基盤)が使われているので、磁石はNGらしい。
ねこミシンさんのブログにしっかり書いてある。
10-01
マグネット定規も使い終わったら、速やかに取った方がいいらしい。

なので、マグネットでハサミなどを貼る方は、自己責任でやってね。
よくやっている方がいるけど。


私の針山はちなみにゴムとマジックテープで付けてる。
ちょっと毛羽立ちゃって見苦しいけど。

磁石より使い心地は悪いけど、磁石じゃないので安心感がすごいある。
11
魔法のテープは何度でも洗って繰り返し使えるらしいので、おススメ。
Amazonのレビューを見てると、洋裁以外にも便利に使えそう。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

スカートの後ゴムの部分縫いの練習してた。
いやぁ、初めてのことは楽しいけど、疲れるね。

色々、下準備して、縫って、
00
なんとか、後ゴム付けられた。
07
前側はゴムなしで、インベルト入ってるよ。
06
なんかね、後スカートなんだけど、裏布と合体するときにギャザーをよせて、
さらにベルトと合体するときにもギャザーを寄せるんだよね。

すごく縫いづらい。
ちょっと型紙を変えてみる。

ゴムを伸ばしながら縫うの大変。
すごく大変。
3㎝幅のゴムって、戻る力がすごく大きいのね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日は疲れたので、記事は短めです。

このページのトップヘ