ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:大島紬

今日も引き続き、大島紬の男性用パーカー作りね。
フードと身頃を縫い合わせる。
01
縫い合わせたところをバイアステープでくるむ。
02
身頃に袖を付ける。
ついでに袖山も一緒に縫い合わせる。
03
端処理は、ロックミシンで。
あぁ!ピンボケ!
ごめん。
05
残る作業は、手縫いだけ。
後、もうちょっとね。

裾と袖口をまつりぬいする。
06
パーカーの完成
男性型のトルソーは持ってないので、ハンガーでごめん。
07
柄の高さは合わせたんだけど、全然分からないね

近くで見ると素敵な花柄の生地なんだけど

こういう控えめな柄も好き。
写真映えはしないのが残念
08
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日は縫い終わった後、大掃除してた。
まだまだ、終わらない。

普段から掃除してればいいんだけどね。
してないからさ。

なんとか本格的に寒くなる前に窓だけでもなんとかしたい

窓のサッシは100円ショップで買ったブラシを使ってる。
もう何年も使っていて、とっても便利。
99
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日、裁断した生地でパーカーを作っていく。
ロックミシンで出来るところだけ端処理。
01
フードを縫い合わせる。
袋縫いをしてるところ。
02
フードの完成。
03
袖も縫う。
04
袖の接ぎなんだけどさ。
なんとか頑張って柄を合わせたんだけど。

柄が合うような、
05
合わないような
難しい
06
この後、後中心を縫ったんだけど、こちらも柄合わせが難しかった

こちらの柄を合わせれば、あちらの柄が合わずみたいな。
07
ポケットを縫っていく。
接着芯を縫いつける。
09
切り込みを入れる。
10
アイロンで貼る。
11
表側はこうなる。
12
口布を縫う。
13
袋布を縫う。
必ず2重に縫う。
14
袋布からはみ出て見える接着芯を取りたい。
14-01
接着芯を剥がしやすくするためにアイロンで熱する。
14-02
剥がして切り取る。
14-03
ポケットの出来上がり。
15
裏側の写真、取り忘れた
接着芯を取る前の写真ならあるけど。
16

ポケットの作り方はこの本に載ってるよ。
袋布の形は違うけど。
ファスナーを付ける。
17
ファスナー押さえのステッチ。
18
ファスナー付け出来た。
19
袖山布とバイアステープを作る。
20
肩と脇を縫う。
21
今日は、ここまで。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日はこの後、ママチャリサイクリングに行ってきた。
天気が良くて、気持ち良かった

途中で主人から電話で呼び出されて、家電量販店へ。
買いたい家電の相談で。

その帰りにアフタヌーンティーに寄って、食器を買った。
98
実は先週、お茶碗を割ってしまったのでね。
底が大きくて、バランスのよさそうな茶わんがあった

茶わんとしてでなく、他にも使えるかね

箸はね、消耗品だよね。
旅行先で買うのが好きだったんだけど、最近は行けないからね。
家にある箸、大分傷んでたのよ。

アフタヌーンティーの食器って、手軽な値段で普段使いにいいよね。
好き。
使うのに緊張しない。

たち吉が好きで、ちょっと良い食器を買ったら、なんか怖くてあんまり使えないのよね
変な貧乏性っていうかさ。

今日も結構、走った。
おばちゃん、頑張った!
99
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
高い食器を見る前にさっさと安い食器を買うのがポイントな気がする。
たち吉はダメよ。
高いのも安いのも同じページにあるからさ。

大島紬のはぎれを集めて、パッチワークスカートを作りました。

丁寧に作りました。


ヤフオク出品中です。興味のある方は良かったら見て行ってください。
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/mystrawberrygold

良かったら、製作中のブログもご覧ください。




前側
01前

後側
02後

03
反対側の脇
04
脇ポケット
05
手を入れてみたところ。
06
反対側の脇ポケット
07
ポケットに手を入れたところ
08
上着を着せてみて、スカートの着用イメージです。
上着は出品商品ではありません。
09
スカートは裏布付きです。
11
ゴムの長さをご自分で調整できます。
10
サイズはLサイズです。

160cmの私が着て丁度いい着丈になっています。
泥大島の生地を使ってパッチワークスカートにしました。
お好きな上着を合わせて、カジュアルに着こなせます。
お洒落なスカートいかがでしょうか。

【スカートの素材】
表布 正絹 大島紬
裏布 キュプラ
【スカートのサイズ】
サイズはフリーサイズです。
160cmの私が着て丁度いい丈になっています。

スカート丈 約74cm(ベルト部分含む)
ウエスト  約156cm(ゴムを入れてない状態)

【参考資料】
イメージ 23

洋裁歴は12年ほどになります。
佐藤喜美枝さんのプロソーイング教室に通い、洋裁を学びました。
また、洋裁のサークルにて文化式を習っています。

普段は、知人・親戚にオーダーメイドで着物リメイク、洋服を作っています。

お気に召した方がいましたら、入札をお願いします。

着物をほどいた後、洗濯機でエマールを使用してドライコースにて洗濯しています。

なるべくミシンがけできるところはミシンで仕上げました。
職業用ミシンロックミシンカバーステッチミシンで作りました。
家庭用ミシンと比べると縫い目が綺麗でしっかりしています。

バキュームアイロン台を使用しております。
使用しない場合と比べると折り目が綺麗に入ります。
また、着物の折り目も使用しない場合と比べると綺麗に消えます。

【注意】
着物リメイクであり、ハンドメイド作品であるため、
傷・シミの気になる方は入札をお控えください。
なるべく傷・シミは避けて裁断していますが、どうしても見逃しなどある場合がございます。

ハンドメイドと着物リメイクの風合いの好きな方のみ入札をお願いします。

心をこめて、丁寧に手間をかけて、作っています。

コロナの影響で洋裁の時間がなかなか取れません。
次はいつ出品できるか見通しが付きません。
お気に召された方がいましたら、この機会に是非、落札をお願いします。

お久しぶりです。
わざわざ見に来て下さった方、更新頻度が低くてごめんなさい。

なぜ更新頻度が落ちたかというと、
歯の治療による歯痛と台風による低気圧のせいです。

歯痛は頬は腫れてないけど、痛み止めを度々飲むくらいには痛い

低気圧か歯痛のどちらかなら、耐えられた気がする。
しかし、両方なのでツラい

それでも休み休み洋裁は、やってたよ。
なんだかんだ日課。

大島紬のパッチワークスカートが作りかけだったので、頑張って完成させたのよー
ウエストのゴム入れのところのステッチをする。
まずは、1本目。
01
2本目のステッチ。
02
3本目。
03
4本目。
04
使うゴムは最近買ったライクラのゴム。
05
このゴム、柔らかくてよく伸びる。
ゴムよりちょっとお高いけど。

着心地よさそう
06
3本いっぺんにゴムを通す。
こういう3本ゴムの場合、1本ずつ通すと大変なので。
07
ゴムは通し終わったら、調節できるように一部を出して結んでおく。
08
パッチワークスカートの完成
09
後側。
10
両脇はポケット付き。
11
上にプルオーバーを着せるとこんな感じ。
12
可愛いパッチワークスカートが出来た
どんな洋服にもあいそう。

ヤフオクに出品予定です。
来週あたり。
でも、晴れないと写真撮影が出来ないので確約は出来ません。

この後は、大島紬のリメイクを頼まれたので、洗濯。
依頼者様が解いてくれたので、解かなくていいから楽ちん

着物の折り目から、表と裏の印付けをして、
20
よこそで素敵な花柄。
21
洗濯して、アイロンして干して、
22
防虫剤と一緒に入れて保管。
24
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日のブログ更新さぼってしまった
わざわざ見に来てくれた方、ごめんね。

なので、昨日と今日の作業を書いていくね。
パッチワーク部分の縦ラインの縫い合わせをしてなかったので、そこから縫っていく。
01
裏側はこんな感じ。
黒い生地は、接着芯を貼って補強してあるやつね。
02
男大島を細く切って、縫い付ける。
03
スカート本体がこんな感じに。
だんだん、出来上がりが予想出来てきたね。
04
袋布を裁断。
05
裏布のスカート本体も裁断。
紫のキュプラだよ。
06
脇を縫って、
07
裾を三つ折りで処理。
08
スカートの裏布の出来上がり。
09
ポケットの袋口に伸び止めテープを貼る。
10
袋布を縫い付けて、
11
袋布を縫う。
袋布は必ず2重にステッチ。
PA060063
ポケットの出来上がり。
12
反対側も
13
袋布はこんな感じ。
売っているスカートにはポケットが付いてないことが多いけど、あれば便利かなと思って。
14
表布と裏布を合体させる。
15
裾をまつる。
16
仮止めをして、ゴムを入れる部分にステッチをする。
17
もう4本ステッチを入れたいけど、時間切れなので今日の作業はここまで。
もう少しで、出来上がり。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。


溜めに溜めた泥大島のはぎれにアイロンをかける。
01
パッチワーク部分を裁断。
枚数、多いな
03
生地が薄くなってる泥大島は、裏に接着芯を貼って補強。
04
パッチワークの配置を決める。
05
直線ミシンで縫って、
06
ロックミシンで端処理。
07
綺麗に縫えたと思う
嬉しい
慎重に縫ったもんね。

いや、いつも慎重に縫っておりますよ。
08
四角い白いのは、分かりやすいように番号のメモね。
09
裏はこんな感じで片返しにしてる。
10
残り半分のパッチワーク部分も縫っていく。
柄の位置を決める。
11
両端の部分は、すでに縫ったパッチワークをあてて、
バランス良くなるように柄を決める。
12
横のラインを縫ったところ。
13
今日はここまで。

まだ、疲れが溜まっているのかな?
ダラダラ過ごしてから、取り掛かったので今日はここまでしか出来なかった。

やる気スイッチが入らなかった。

たまにはね。
ダラダラしたいよね。
日曜日だしさ。

いつもダラダラしてるかもだけど。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
材料がいくつか足りなかったのよ。
それで、今回は完璧なブラウニーにするためにココアとクルミを買ってきた。
91
材料を混ぜ混ぜして、型に流し込む。
色はいい感じで美味しそう。
92
焼き上がり。
93
食べてみたところ、前回のチョコレートで作った方が美味しいね。
母が言った通りだった。
94
このブラウニーは母から教わったレシピでね。

ブラウニー作った話をしたら、
『なんで持ってこなかったの』
って言われたわ。

だって、入院したときに甘い物もう持ってくるなって、言ってたからさ。

『ちょっとならいいじゃない!』
とか言われてもね。

あ、でもチョコで作ったから色がいまいちだったよ。
20
『本格的じゃない!そっちの方が美味しいのよ』
とか言われた。
知らんがな。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
久々のランキングポイントが100!
クリックしてくれた方、どうもありがとうございます。

お久しぶりです。
母のお世話をしに実家に行った後、歯医者に行きました。

そのため、疲労と歯痛でダウンしてました。
ひ弱ですみません

今日は、まだ体調がそんなによろしくないので、コロナ禍の前からずっと作りたかったスカートを作ることに。

このスカート、大島紬で作るパッチワークスカートなんだけど。
見れば分かるかな?
01
縫うのが面倒なやつでね。
単純作業なんだけど、正確さを求められる縫い方でさ。

洋裁サークルの先輩が作っていたスカートの真似なんだけど。

その先輩が作ったスカートがすごく素敵でね。

同じようなの作りたいなと。

先輩からのアドバイスは、
『とりあえず、大島紬の端切れをなんでも取っておく。だーっと縫う。超面倒くさい。』
だったような

先輩は、型紙なしでその時の感性で作ってたっぽい。
天才型?なんだと思う。

仮縫いが嫌いでちゃっちゃっと、素早く作ってしまうのよね。
センスも良いしね

ま、私には無理なので。
地道に行きます。

まずは、サイズを決めて、仮縫いね。
02
うーん。
スカートの丈が足りないような。

ちょっと、下に生地をずらしてみる。
この位の丈が丁度いいかな
03
サイズ変更して、生地にパッチワークを書いて裁断。
04
トルソーに着せてみる。
スカートの丈は丁度良い
05
縦のラインが4列じゃなくて、3列でもいける?

3列の方が柄が綺麗に見えそう。
3列でいこうかな。
06
どんな感じになるのかトータルを見たいので、適当なプルオーバーを着せてみる。

おー。
中々、いいじゃん。
可愛くなりそう
07
大体の形が決まったので、型紙を作る。

型紙は、割と単純で簡単なんだよね。

四角形ばっかり。

でも、縫うのはね。。。
すごく面倒そう
08
ちなみに使う生地はこれら。

溜めに溜めた泥大島のはぎれ
このスカートを作るためにたくさん作ってはぎれを溜めてた
09
ちなみに『大島紬の端切れ』がヤフオク等に売っているんだけど、信用してない。
なぜなら、前に買ったときに微妙に奄美大島紬以外が入っているような気がしてね。

私は大島紬のプロではないので、いまいち見分けがつかないんだよね。
多分、奄美大島紬ではなく、村山大島紬だろうみたいな。

実店舗の着物のリサイクルのご主人に聞くと柄が違うからプロは、すぐに分かるそうだけど。
製法は同じなんだよね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
そういえば、実家の母はおかげ様で大分元気になりました。
私が行ったときは、退院後の初出勤(短時間パート)で疲れるから。

仕事から帰って来た時に、なるべく家事をしなくて済むように。

なので、結構暇でね。
あちこち散策してた。

お菓子を買って自宅のお土産にしたり。
10
焼菓子を食べたり。
11
ここのシュークリームが一番、美味しい。
もちろん、思い出補正で偏見が入ってます。
12
公園の散歩もしたり。
13
そういえば、着物リメイクをした洋服を買って下さる方から、CDを貰いました。
早速、パソコンに取り入れスマートフォンに。
14
癒し系CD。
まだ、1曲目しか聞いてませんが、1音、1音がはっきりしていてとても綺麗です。
デザインもすごく素敵で。
15
聞きます。
ありがとうございます。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

台風がそれて、本当に良かったね。

良かったけど、低気圧のせいかちょっと体が重い
久しぶりに足も浮腫んで、痛い

昨日、今日と怠くて昼寝をしたり、コンロの火を点けっぱなしにしてしまったり体調がいまいちな感じ。

なので、裁断とかせずに失敗?しなさそうな作業をしたいなと。

依頼者様から預かっている白大島の地直しをすることに。
大分前から、預かっているのでいい加減に何とかしないと、とずっと思ってたんだよね。
01
縦のラインで花模様が入っていて、可愛いらしいデザイン。
こういうカラフルでない白大島、落ち着いていて凄い好き
あんまり、リサイクルで出回らないデザインかも。
01-02
まずは、依頼者様が印つけした糸を元に、表裏の印を付ける。
02
裁断するときに避けたいところにも糸で印付け。
03
柔軟剤を桶に入れて、
04
白大島を30分くらい浸ける。

今回は、依頼者様が洗濯してきたので、洗濯はなし。
洗濯した分だけ、大島紬の寿命が縮まるからね。
06
お風呂場で作業したんだけど、シャワーと蛇口を間違えて、ガッツリ濡れたね。
この濡れちゃう間違い、なんだろうね。

忘れたころにやっちゃうよね
07
洗濯機で、30秒~2分位脱水して、地直ししながらアイロンして干す。
08
干し終わったら、防虫剤と一緒に入れて保管。
09
昨日作ったプルオーバー。
気に入ったので、母の分も作ることにしたの。
09
母用の型紙を作って、
10
今日の作業は終わり。
衿の型紙は共通だよ。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
コンロの火を点けっぱなしは、ヤバいよね。
ちょっとお高めのコンロにしてあるから、警告音がして気が付いたから良かったけど

大島紬の着物をほどいてLサイズのパーカーを作りました。
丁寧に作りました。

ヤフオク出品中です。興味のある方は良かったら見て行ってください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/mystrawberrygold



良かったら、製作中のブログもご覧ください。


生地の裁断

フードを縫う、ファスナー付け、バイアステープ作り

ポケットを付ける



パーカーの前側
01
パーカーの後側
03
脇から
02
衿元
09
ファスナーを開けたところ
04
フードをかぶってみたところ
05
後側
06
ファスナー部分
10
ファスナーの裏側
21
箱ポケット
11
反対側の箱ポケット
12
ポケットの裏側
13
袋布があまり動かないように糸ループで留めてあります。
14
反対側のポケットの裏側
15
ポケットの位置
P9060059
脇にはスリットを入れてあります。
16
反対側のスリット
17
スリットの裏側
額縁縫いしてます。
19
反対側のスリットの裏側
20
フードの頭頂部分のステッチ
22
裏側
フード同士は袋縫いで縫い合わせてます。
23
袖山をふっくらさせるために袖山には、袖山布を入れています。
袖ぐりの内側
26
反対側の袖ぐりの内側
28
パーカーを裏返しにしたところ。
布端はロックミシンで始末しています。
24
後側。
25



サイズはLサイズです。
160cmの私が着て丁度いい着丈になっています。
ゆったりしたデザインです。

着丈 約66cm
肩幅 約39cm
身幅 約107cm
袖丈 約59.5cm
ウエスト 約103cm

【参考資料】

洋裁歴は12年ほどになります。
佐藤喜美枝さんのプロソーイング教室に通い、洋裁を学びました。
また、洋裁のサークルにて文化式を習っています。(コロナ禍中のため休会中)

普段は、知人・親戚にオーダーメイドで着物リメイク、洋服を作っています。

お気に召した方がいましたら、入札をお願いします。

着物をほどいた後、洗濯機でエマールを使用してドライコースにて洗濯しています。

なるべくミシンがけできるところはミシンで仕上げました。
職業用ミシンロックミシンで作りました。
家庭用ミシンと比べると縫い目が綺麗でしっかりしています。

バキュームアイロン台を使用しております。
使用しない場合と比べると折り目が綺麗に入ります。
また、着物の折り目も使用しない場合と比べると綺麗に消えます。


春・秋の涼しい日にさっと羽織って。
これからの季節にピッタリ。
素敵な大島紬のパーカーを着てみませんか?


【注意】
着物リメイクであり、ハンドメイド作品であるため、
傷・シミの気になる方は入札をお控えください。
なるべく傷・シミは避けて裁断していますが、どうしても見逃しなどある場合がございます。

ハンドメイドと着物リメイクの風合いの好きな方のみ入札をお願いします。

心をこめて、丁寧に手間をかけて、作っています。

洗濯は、エマール等のオシャレ着洗い専用の洗剤で、手洗いでやさしく洗ってください。

気軽に着ていただけると、嬉しいです。


箱型のポケットを作っていく。
接着芯の糊の面(ザラザラしてる方)を上にして、ミシンで四角く縫う。
01
矢羽に切り込みを入れる。
直角のところは、怖がらずに際際まで切り込みを入れるのがコツ。
02
アイロンで接着芯を布に貼り付ける。
03
表側はこんな感じで綺麗に穴が開いてるよ。
04
口布に袋布を付ける。
05
06
穴に口布を重ねて、ステッチ。
07
大きい袋布を重ねる。
08
また、ステッチ。
10
袋布を縫う。
11
ロックミシンで袋布の端処理。
13
はみ出た接着芯にアイロンして、
14
剥がして、切り取る。
15
ポケットの出来上がり。
16
裏側も綺麗。
16-01
反対側も出来たよ。
17
箱型のポケットの縫い方を知りたい人はこの本。

ファスナーになってるけど、やってることは同じ。
99
又は、佐藤貴美枝さんのプロソーイング教室で教えてくれるよ。
私は本も持ってたけど、教室で教わってから縫い始めた

肩と脇を縫う。
18
袖山布を半分に折って、角を切り取る。
19
今日はここまで。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
毎年、防災の日(9月1日)が過ぎたら、避難袋の中身を整理するんだけど、今年はまだしてないんだよね。
台風が過ぎてから、した方がいいかな。
そんなこと言っていても、12月にすることもある

このページのトップヘ