ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:原型

お久しぶり。
ゴールデンウイーク、どこかに出かけた?

私だけ帰省したり、あちこちお出掛けしてたよ。
01
我が家は6日から平日モードでね。
昨日は家事に追われて、買った靴の調整をしたりして終わった。

小田急百貨店で買った靴なんだけど、調節は直営店でしか出来ないらしくて。
家のすぐ近くに直営店があって良かった。
02
出掛けたついでにスタイルブックとフリクションペンも買った。
やっぱり良く使う色は、青と赤だね。
黒はあんまり使わない。
03

---------------------------------

実家で繕い物をした時に裁縫箱に入っている不用品を貰ってきた。
面白そうなもの沢山、貰ってきたよ!
10
まずは竹の物差し。
裏側には母の旧姓が書いてあった。

竹の定規って長~く使えるのね。
11
変色してるけど黄色の仕付け糸。
12
早速、紙を巻いて使えるようにした。
黄色の仕付け糸は持ってなかったんだよね。

ラッキー!
13
この袋に入っていた
13-01
組紐!

今は亡き母の母。
つまり私の祖母からのお土産らしい。

紐に貼ってあるシールには絹100%、クラフト紐って書いてある。
これで何か作って欲しいらしい。

ハードル高いなぁ。。。
この紐、硬くてね。
巾着袋の紐には硬い。

長さはね。
腰に巻いたら、帯留めに丁度良い長さだった。

帯留めとして売ってたような気がする。
14
そして、おばあちゃんのセンス。

なぜ、パッションピンク。
なぜ、帯留め。
なぜ、2本も同じ色を。

娘時代の母で記憶が止まっていて、娘に使って欲しいと思ったのか。。。

次はチロリアンテープかな?
母の兄弟の旅行のお土産らしい。

お土産のセンスは、遺伝かな~っと思った。
単純に消え物でいいじゃんって思うのだけれど。
15
これで、何か作って欲しいらしい。
これもハードル高い。。。

チロリアンテープって使ったことないのよね。
しかも太い。

何に使ったか不明なシーチング。
『アイロン台の布交換すればいいじゃない』って言われたので、アイロン台に使ったのかな?

残念ながら、私のアイロン台は大きいのよ!
16
昭和60年代の綿ローン。
車の柄なんて、すごーく昭和60年っぽくない?!

めっちゃ見覚えある生地だぜ。
17
母も私も覚えてない生地。
オックスっぽい。

こういう柄のコップあったよねー。

昔の切り売りの生地は、生地に直接メーターを書いて売ってたのかしら?
18
ハサミ貰ったよ。
研いだら、まだまだ使えそう。
19
東京長二郎って書いてある?
20
我が家で使っているハサミと比較。

真ん中の庄三郎はあんまり使ってないの。

下のハサミばっかり使ってる。
特に縫いながら切る時は特に。
21
そろそろ一番下のハサミを研ぎに出したかったので、一緒にやってもらおうかと思ってる。
何千円もかかるけど、価値はあるかなーっと。

ちなみに小学校のときに買った裁縫箱に入っていたハサミもまだ持ってるよ!
使ってないけど。

昔のだから、品質はいいかなーっと思って捨ててない。
22
オレンジ色の紙袋に入っていたのはこれら。
23
特に面白かったのを紹介。
ギザギザのルレットとノミ。

ノミ買う必要なかったなーとちょっと損した気分。
24
ギザギザのルレットは持ってなくてね。

使いたい場面がいままでなかった。
使うかな~?

ルレットがCloverの製品でマークが可愛い
25
ドナルドとチョロQの鉛筆。
26
安田生命のはり!
こんなの配ってたんだねー。
27
防錆紙に針が刺さってる。
28
縫い針は薄いステンレス?の紙に包んであった。
なんかね、あからさまにアルミホイルじゃないのよ。
薄さの割りに重いというか。
30
着物の要尺一覧があって面白い!
男物、女物、身長別子供、夏服、冬服それぞれ書いてある!
29
最後の面白い物は家庭用ミシン針!
実家のミシンは足踏み式ミシンだったんだよね。

そして、価格!
150円だよ!
31
オルガン針が作ったみたい。
32
でね、問題が。
DBとかHAとか針の種類が全然書いてないんだよね。
家庭用ミシン針とだけ。

なんの針なのよー!
DBかー!

針を真上から見ると、平らなところがない丸っぽい軸。
33
針の刻印は『ORGAN 90/A』かな?
小さすぎて、読めん。
34
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
私が文化の先生に教わってる原型の知識をちょっと書きたくなったので書くね。
興味ない人はスルーで。


私の習っている教室では新原型を使っていて、旧原型を先生の指導の下、作った人はいないです。
二人の文化の先生に教わったんだけど。

どちらの先生もなんだけど。
レディブティックやスタイルブックで旧原型で書かれた製図を書きたい時、どうしてたかというと。

新原型の型紙を操作して(ダーツを一部たたむ)、旧原型に直してから、旧原型でかかれた製図をしてた。(肩の角度はもちろん変わる。)

それで、どちらの先生も文化服装学院の講師?か何かに登録していて、定期的に文化で講習とか受けている先生です。

これは私の憶測なんだけど、スタイルブック等では公式認定されてないけど、新原型を操作して旧原型にするのは文化の先生の間では常識なのかな~と。

ま、この2人の先生以外の文化の先生を知らないので。
先生に旧原型に戻す成り立ちなどを聞いたわけでもないので、完全に私の憶測なんだけど。

後、ドレメ式の原型についてなんだけど。
これも先生に教わったときにメモした数字で、自分で調べたわけではないので。
正確なのか分からないけど。

文化の原型のゆとり 12㎝
ドレメの原型のゆとり 8㎝

と教わったのね。
多分、ウエスト回りの ゆとり だと思う。

レデイブティックなどを見て、文化の新原型しか持ってないのにドレメの製図をしたい時は、このゆとりを意識します。

ドレメの製図で6㎝出すって書いてあっても、文化の原型を使うから、3㎝くらい出すのが良いのかなーっと自己判断で製図を書いていく。


しかし、私は参考程度にするだけであんまり数字はみないんだよね~。
いや、見るけど。

何故かというと、今まで教わった先生がことごとく数字をみないので。

書き終わった製図の要所、要所を定規で計って、メジャーを使って体にあてたりしたりして、数字を決めてく。

後、慣れてくるとここの数字は大体〇㎝あればOKとか分かってくるんだよね。(先生がこれ。)
原型から3㎝出せば、どのくらいのゆるみの洋服になるとかも作っていれば、分かってくるし。

文化の原型は前身頃が大きいんだよね。
若い子(生徒)の原型だからさ。
年を取ると後身頃の方が大きい。
それで、前身頃のゆとりを消して、後身頃にその分のゆとりを持ってくることが多い。
前アームホールが後アームホールより大きかったりするとこの操作をほぼ必ずする。


私の場合、よく覚えている数字があるんだけど。
袖山の高さを決める時、袖山の下の部分のライン(42㎝~45㎝)が丁度良いんだよね。

コートだと45㎝前後、プルオーバーだと42㎝前後。
作り慣れない物だと、実際に輪っかをメジャーで作って腕回りに置いて確認してみたりもする。

好みの長さにしてから、袖山の高さを決めたりもするので、そういう時はまったく本の数字は無視します。

みんなの参考になるかな~?

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
小田急百貨店の積立金、使い切ったぜ!

今日は、製図の勉強してた。
というか、結果的に勉強してたになったというか。

まずは、昨日やった作業から。

この時の男性用パーカーの仮縫いが終わって、修正箇所をメールで教えて頂いたので、修正。
袖だけ修正だった。
01
原型を写す。
母のコートを製図するための原型ね。
02

---------------------------------

ここからは、今日やった作業。

こちらの本から、
03
『H.ダーツを閉じて裾幅を広げる』ってやつをやってみようかな~と。

やった事ない原型操作なんだよね。
レディブティックやスタイルブックではあんまり見たことないな~。

こんな感じ。
04
それで、この本の製図を見ていて、思ったんだけどこのまま製図したら、野暮ったいデザインになるなーと。
デザインは好みで、人それぞれなので、私にとって野暮ったいデザインね。

だから、ちょっと変えた。
基本は、この通りに作ったけど。

後、こちらの本から、
このデザインのイメージでやっていこうかなー。
リバーシブルっぽいけど、リバーシブルではないコート。
06
表布を書いて、
07
裏布も書く。
まだ、切ってないけど。
08
今回ね、仮縫いした方がいいと思うんだよね。
でも、どうせ母のだし。

お金は貰えないし。

母にはこのご時世、会いに行くのもちょっとあれだし。
母に仮縫いを任せると、絶対に超適当だし。

ま、いっか。
『作っちゃおう!』思って、裏布の型紙作った。

それに何と言っても

お金は貰わないし。

適当でいいよね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ここから先は製図の話。

--------------------------------

この製図を書いていて、思ったんだけど、
この本に載ってる『E.台形ライン』とあんまり変わらないんじゃないかと思ったんだよね。



あんまり変わらないんなら、『E.台形ライン』の方が書くの簡単だしさ。

そういう訳で、比較する。

4分の1サイズの原型を使う。
これ、便利だね。
10
まず、『H.ダーツを閉じて裾幅を広げる』を書く。

新原型を旧原型っぽくするためにちょっと操作。
前の胸ダーツは3分の1くらい畳んで、後の肩ダーツは半分畳んだ。(厳密には違う)

これやらないと、極端なデザインになると思うんだけど。
この辺、本に書いてないんだよね。

----2021/2/22追記 ここから----------------------------
書いてあった。
ごめん。
詳しくはこちら。
----2021/2/22追記 ここまで----------------------------

よく探したら、あったりするかもだけど。
隅々まで読んでないので。
11
後の肩ダーツを畳んで、裾を広げる。

ちなみにこれね、イセにしようと思って肩ダーツを5㎜残して畳んだら、裾が4㎝しか広がらなかった。
なので、今回のコートの製図は全部畳んだ。
12
胸ダーツを畳んで、同じサイズで裾を広げる。
胸ダーツは全部は畳んでないよ。

写真だと全部畳んでいるように見えるけど。
ほんのちょっぴり残ってる。

実寸だと、1㎝くらい残った。
13
全体を写すとこんな感じ。
『H.ダーツを閉じて裾幅を広げる』出来上がり。
14
次は『E.台形ライン』を書く。
こちらも同じように新原型を旧原型に直して写す。

そして『H.ダーツを閉じて裾幅を広げる』と同じだけ袖ぐりの胸ダーツを畳んで、脇にダーツを移動。
17台形
この『E.台形ライン』を別の紙に綺麗に写す。
19
そして、『H.ダーツを閉じて裾幅を広げる』を赤いペンで異なるところを写す。
20
『E.台形ライン』・・・黒いペン
『H.ダーツを閉じて裾幅を広げる』・・・赤いペン

【違うところ比較】
前身頃の胸ダーツ。
『H.ダーツを閉じて裾幅を広げる』・・・胸ダーツなし。
『E.台形ライン』・・・胸ダーツあり。
22
後身頃の肩ダーツ。
『H.ダーツを閉じて裾幅を広げる』・・・肩ダーツなし。肩のラインが少し上がる。脇も上がる。アームホールが0.3cm小さい。つまり、実寸だと1.2㎝くらい小さくなりそう。
『E.台形ライン』・・・肩ダーツあり。
24
裾は、多少違うけど、何とでもなるので、どうでもいいかなー。
23

肩のラインが上がると、先生にダメだしされて、『原型操作からやり直しして』と言われる可能性大なんだよね。
言われたことある。

アームホールって大きくするのに身頃の幅で調節又は、袖下を下げて調節することになるんだよね。
結局は、袖下を下げることになりそう。

そして、肩ダーツなんだけど、入れてもあんまり目立たないから消す必要があんまりないような気がするんだよね。
肩ダーツは、あってもいいような気がする。

この辺は人それぞれの感性だけど。

肩ダーツ入れた方が綺麗なラインになる人が多いような。
あのダーツを入れるとできる生地の膨らみが必要な気がする。

作ってみないと分からないけど、『H.ダーツを閉じて裾幅を広げる』って、どうなんだろう

なんか、ダーツが全くないよくあるチュニックのデザインと同じにも見える。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
ぶっ通しで7時間くらいやったんだよね。
疲れた
明日は休憩かな。

長くやったのにあんまり進んでないような気がする

今日は、昼寝しちゃったのであんまり作業出来なかった。
ワンピースの製図を少ししただけ。

久しぶりに自分の原型を出して、ワンピースの製図。
自分の原型を使ってする製図は、ホームグラウンドに帰って来た感じがして安心する

体調しだいだけど、近いうちに洋裁のサークルに行こうかなと思ってね。
先生に見てもらうための製図ね。
01
前は自分の着たいものを中心に先生に見てもらってたんだよね。
でも、先生に見せなくてもある程度のものは作れるようになってきたと思うの。

うん、多分。

なので、最近は作った事ない洋服を作ってみたいに変わってきたのよ。
ま、その時の事情でいろいろ変わってくるんだけどさ。

どっちにしろ、まだまだ未熟なことには変わりないんだけど

時間がなくて、身頃の製図だけして終わり。
02
今回の原型操作なんだけど、裾のダーツを使うんだよね。
あんまり、裾のダーツはやったことなくてね。
合ってるか自信がない

先生にすごい修正されそう
又は、書き直しって言われそうだ

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
昨日、作ったマスクの一部は主人の同僚に上げたのよ。
とても喜んでいたらしい。
主人の着ているジャケットと同じ生地なんだけど。
良かったのかな~?
ちょっと罪悪感。

今日は洋裁のサークルだったので、製図をみてもらったのよね。

大島紬で作るパーカーね。
お尻が隠れるジャケットよ。
この写真は、薄緑色の大島紬らしい。
素敵
1

この通りには作らないんだけどね。
製図。
2

原型から、身頃を5cm広げて、袖下の部分を5cm下げるように本には書いてあったんだけど、多分この通りに書いたら、先生から、直しがはいりまくると思ったので、2cm下げて、前身頃と後身頃をそれぞれ1cm、2cmずつ出したのよ。

それでも、前身頃1cm縮められた
それだと、原型と同じサイズになっちゃうんだけどね。


ま、なんとなくどの位のサイズになるか想像つくし、
これで、作ってみましょ



今日、先生と話した内容なんだけど。
かこみ製図って、原型を使わないで書くやつね。
目の前で、かこみ製図なのに原型から製図している人がいたから、こういう会話があったんだけどね。

『かこみ製図ってあっても、原型使って、書きますよね。』
『その方がいいわよ~。』
『その方が、出来上がりサイズも楽に想像出来ますよね。』
『そうよ~。』
『かこみ製図の数字って、結構いい加減じゃないですか。特に袖ぐりとか。』
『いい加減よね~。』
みたいな会話があった。

洋裁やっているとあるあるなのかな~?
みんなは、どうしてる?

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

このページのトップヘ