ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:リメイク

昨日に引き続き、白大島のコートのお直しね。
依頼者様に確認したところポケットの形を変えてもOKとのことで、変更することに。

まずは、型紙作り。
他人様の物だから、慎重に確実に縫いたいもんね。
01
コート本体にポケットの位置を記す。
分かりづらいけど、赤い矢印のやつね。
アイロンで消えるようにフリクションを使う。
02
昨日、解いたポケットに接着芯を貼って、口布を裁断。
03
残りの生地に袋布の一部を載せてみる。
もうちょっと型紙を大きくしても大丈夫そうだったので、型紙を修正。
04
生地を裁断。
05
白大島の生地をケチケチ裁断した袋布の出来上がり。
ポケット口から、4~5cm表布があればOKなのよ。

今回、一番近いところで、4.5㎝だった
自分で提案したとはいえ、ギリギリセーフ
06
コート本体に穴を開ける。
07
裏側は接着芯でガチガチに。
08
口布と袋布を縫い付けていく。
09
袋布を縫う。
10
そして、裏側の袋布から、はみ出た接着芯をはがす。

市販品のこのポケットの場合、洗濯したら剥がれる接着芯を使っているらしい。
あたりが出るからかな~?だと思うんだけど。

私もその接着芯欲しいな。
高そうだけど
11
箱型ポケットっぽいポケット完成
カジュアルなパンツやコートによくあるポケットね。

私は窓作りポケットって教わったんだけど、正式名称はなんだろうね?
窓作りポケットであってる?
12
裏側
13
ポケットが遊ばないように見返しとポケットを糸ループでつなぐ。
14
これで、コートのお直し完了
1日で終わるかなと思ったけど、3日くらいかかったね。
最初に話を聞いた時は、どうなるかと思ったけど、何とかなって良かった
Before
01
After
15
ヒモとコードストッパーはちょっと色が揃ってないけど、雰囲気は伝わるでしょう。
後側。
16
横。
17
ポケットの位置が分かりづらいので、袖を突っ込んでみた。
18
どうかな?
素敵に出来たよね
19
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

白大島から作られたコートのリメイクを頼まれたので、仮縫いでちょっとリメイクしてみた。

こんな感じのコートね。

素敵な柄
ダーツやウエストの絞りがないダボっとしたコートね。
01
後側
02
サイズダウンしたいとのことだったんだけど、サイズダウンしなくても最適な方法を閃いたので、提案させていただきました。
これで、依頼者様がOKなら、加工賃も安くなるし、私の手間も少なくなるしWin-Winなんだけど

私のイメージはこんな感じにしたいなと。
09
原型を置いてみてウエスト位置を決めて、印付け。
03
前身頃のヒモ通し布はカーブするので、簡単な型紙を作る。
04
着物の裏布でヒモ通し布を作って、縫っていく。
05
ヒモを通す。
一応、右端のヒモが出ている部分がヒモ通し穴になる予定。
仮縫いなので、まだヒモ通し穴は開けることが出来ないの。
06
じゃじゃーん!
仮縫いだけど、ウエストにヒモを通すとこんな感じになるよ。
予想以上に可愛くて、素敵
07
後側。
08
横から見た時もヒモを通した方が、スリットが生きて可愛い
09
ヒモを通し穴からヒモを出すとこんな感じかな。
本番の時はコードストッパーは白の方が良いけど、今は在庫ないから、ごめんね。
11
可愛いけど、一つ問題が。
ポケットがヒモ通し布に引っかかるから、ポケットを下にずらすなり、工夫が必要。
12
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ