ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:ポンチ

今日は、家事をさぼりまくって裁断に集中してた。
主人の帰りが遅かったから、20時過ぎまでやってたよ。

つ、疲れたぁ。
裁断って、疲れるよね。

自分で買った生地だし、失敗してもいいから気は楽なんだけどさ。

ポンチニットの表布を裁断。
接着芯やテープを貼って、ダーツを縫ったところまでやった。
01
いつも私がつける合印はノッチ(3,4㎜くらいの切り込み)でやることが多いのね。
表布の肩はロックミシンで、縫うからノッチが消えちゃうのよ。

前回作った時、裏布の肩と中綴じするときに合印がなくて、ちょいと困ったのよね。
そこは学習したので、今回はチャコペンでも印付けした。
02
文化の教科書によるとちゃんとしたベスト?ジャケット?の時は、背中の中心が直線になるようにアイロンをかけるんだって。

型紙は肩甲骨のあたりが膨らんでて、ウエストにかけて3㎝位くびれてるんだよね。
03
アイロンで直線にしてみた。
背中心を直線に生地を置くと、いせこみの時のような波が出来るから、波を押さえてみただけなんだけど。
04
効果あるのかしら?
しばらくしたら、曲線に戻ったっぽいけど。(汗)

ていうか、そもそもカジュアルだから、必要ないような気がする。
やってみたかっただけ。

-------------------------------

接着テープってさ、たまーに接ぎがあるよね。
これが出てくると、ハズレ!とか思ってる。

主人のだからそのまま使ったけど。
他人様のを作ってる時にこの接ぎが出てきた場合は捨ててる。

これは避けるべきものなのかしら?!
他の人はどうしてるのかな~?

先生に聞いたことないんだけど。
聞いたら、捨てろって言われそう。
05
最後の力を振り絞って、裏布のポケットの袋布だけ裁断。
07
身頃の裏布の裁断はまた、今度ね。

グレーのポンチ生地。
確か3.5メートル買ったから、まだまだ残ってる。
まだしばらく楽しめそう。
06
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ブログの更新って、いつも夕飯とお風呂の後に更新してるのよ。
最近、ちょっと忙しくて、疲れていてね。

ブログを書く時間になると疲れ果てていて、バタンキュー(古い?)でさ。
で、更新頻度が落ちてるの。
わざわざ見に来て下さってる方、ごめんなさい。

洋裁はぼちぼちやってるのよ。
昨日と今日は、仮縫いの終わったベストを作っていたの。

ベストって、あんまり縫わないから、たまには縫わないと忘れちゃうのよね。
教科書を見て、思い出しながら、ちゃんと縫えたと思う。

型紙を修正して、裏布と見返しの型紙を作って、
01
生地を裁断して、ロックミシンで縫えるところだけ縫う。
02
脇は縫わずにここまで縫った。
ここからは、直線ミシンで縫う。

本当は、ロックミシンで縫わないとダメなのかもだけど、分からないから布帛の縫い方で縫う。

もういいよね!
開き直り!

裏布は伸びないキュプラにしたし。
03
『何かいい裏布がないかな~。確か、無地の紺色のキュプラあったよな~。』
と思って、在庫を漁っていたら、すごく昔に使った柄入り紺色のキュプラがあった!

懐かしー。
主人のコートの裏布に使ったんだよね。
04
早速、裁断。
05
見返しと裏布を合体。
脇だけは縫ったら、まだダメ。
06
表布と裏布を合体。

前端、衿ぐり、袖ぐりを縫う。
脇はまだ縫ってない。
08
脇を縫う。
裏布と表布をいっぺんに縫うんだよね。
09
7㎜の段付き押さえを使って、ステッチして、
10
肩などを中綴じ。
この肩の中綴じ、難しかった
ロックミシンで印を切り落としちゃったから、合印がないし、縫い代の幅も違うし。

もう適当
11
裾を縫った後、ヘム芯にまつり縫い。
12
千鳥がけ、縦まつりして、
13
ボタンを除いて、ベストの出来上がり
ボタンはまだ買ってないのでね。
作業は、ここまでよ。
14

今回、使った生地は綿混ポンチニットで、あんまり伸びない生地なんだよね。
ひっぱれば伸びるけど、自然にはあんまり伸びない生地。

なので、裏布は布帛でもOKかな?と思ったんだけど。
実際は分からないので、主人に着心地を聞いてみる予定。

ちなみに背中心のキセは1.5㎝とたっぷり入れたから、なんとかなるさー。
(一般的な布帛のジャケットと同じキセ分量だけどさ。)
15

ボタンを買いに行くのにいくつ必要か確認。
手元にある1.5㎝のボタンを使って、ちょっと置いてみる。

5個
うーん。
16
4個。

4個が正解のような気がする。
ボタンは、4個買ってこよう。
17
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ジャケット、やっと作り終わったのよー!
開放感がすごいー!

昨日は更新できなくて、ごめんなさい。
わざわざ見に来て下さった方、ありがとうございます。

昨日は疲れちゃって寝てしまった
今日も疲れているので、適当に更新。

やる気のないジャケット作りだったので、写真も少な目。

衿のところだけちょっと書く。
衿を縫って、
01
表衿の角をカット。
02
生地が分厚いから、2枚切らないとダメかな~と思ったけど
試しにひっくり返したら綺麗だった。
03
うん、キレイキレイ。
04
ポケットも縫って、
05
ちゃっちゃと縫っていく。
06
なんやかんやで残るはボタンホールだけ。
07
ボタンを4つにするか5つにするかで悩む。
08
うーん。
09
第一ボタンは外して着るデザインだよね。
10
うーん。
主人に確認する。
よく分からないって。

ヘチマカラージャケットの時は絶対2つボタンって主張してたから。
こだわりあるのかと思ったけど。
05
なんか、ジャケットの場合、
シングルは2つボタン。
ダブルは3つボタンなんだって。

悩んだ結果、4つボタンでいくことに決めた。
ジャケットの完成
11
第一ボタンを閉めたところ。
12
今回、自分で決めたとはいえステッチが多くて大変だった
縫い目、全部にステッチが入っているのでは

もちろん、袖ぐりにも入ってるよ。
13
表衿、展開しといて良かった。
綺麗に付けられたと思う。
14
今回、生地が分厚くて縫うの大変だった
ミシン押さえの下に中々、生地が入らない時があってね。

主人が帰宅して、ジャケットを見て早速、試着してた。
どうやら、とっても気に入ったらしい。

明日、会社に着て行くってよ。

そうなのー。
気に入ったのー。

いつもだったら、やり直すところとか無視してそのまま縫い進めた手抜きなんだけど
ま、いっか。
やっちまったもんは、しょうがない。

残りの時間で次に作る予定の男性のサイズにあった原型を写してた。
こちらの本に。
21
実物大男子原型が付いているので。
22
一番、近いサイズを写す。
私の場合、原型があった方が製図が楽なのよ~。
23

主人の同僚が、とても気に入ってくれたみたい。
というか、ずっと私の手作りマスクが欲しかったらしい。
03
手作りマスクをいくつか主人の会社の同僚に作ったことがあったのよ。
それで、主人とその同僚で手作りマスク談義をしているらしい。

それを聞いてたせいで、ずっと欲しかったみたい。
今は、売り物のマスクの方が素敵なのが多いと思うんだけどな

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ヤフオクで生地を買ったのよ。
これで、ジャケットを作ろうかなと思って。

いいのが出来るか分からないけど。

これね、値段を見たら、5,900円~6,900円。
うん、買ったほうが安いね

人件費を考えなきゃ、材料費よりは高いけど
01
綿に何かが混ざったニットポンチ。
使い勝手の良い杢調グレー生地を落札したの。
01
おまけも付けますって、取引で言われたんだけど、まさか生地がこんなに来るとは予想してなかった。
てっきり、ワッペンとか洋裁の小物系かと

隙間に詰めれるだけ、詰めますって言われたけど。
こんなに隙間ない思うんだけど。
ま、処分したかったのかな

ヤフネコ安いしね。

化繊の布帛の生地。
約110㎝幅×3mくらいあるかな。
ちゃんと測ってないけど。

厚みがあって、パンツとかジャケットに良い生地だと思う。

で、早速、仮縫いに使った。
02
今回のジャケットは、仮縫いなしで作ろうかなと思ったんだけど。
やっぱり仮縫いしようと思い直して、裁断。

教科書には書いてないけど、衿の身頃に付けるところ以外のところは裁ち切りだよ。
そして、裏衿ね。
03
昨日、家事などをさぼったので、今日は家事や雑事をやっていたので、あんまり洋裁をやる時間がなかったのよ。
なので、今日はここまで。

わざわざ見に来て下さった方は、記事の内容が薄くてゴメンね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
久しぶりにランキングポイントが100越え!
クリックしてくれた方、ありがとうございます。


ポケットを縫い付けていく。
01
ちょっとポケットがヘタっとしてるけど。
ポケットが体に沿うように少し余裕を入れたら、こうなっちゃった。
着れば多分、大丈夫なはず!
02
袖を身頃に付ける。
03
男性用トルソーを持ってないので、女性用トルソーにジャケットを着せる。
返り線で綺麗に衿を返して、クリップで留める。
04
後衿を広げてみる。
綺麗にはならないんだよね。
05
まつっていく。
06
もう一度トルソーに着せてみる。
いいじゃん!
綺麗に衿が返ってると思う。

胸のところはちょっとあれだけどね。。。
07
ボタンがないので、作業はここまで。
10年前に作った主人のジャケットから、ボタンを取りたいと言ったら、主人に却下されてしまったので。
もう下手っぴだから、捨てたい

この後、ユザワヤにボタンとミシン糸を買いに行ってきた。
10
カラーのミシン糸は完璧に揃ってたよ。
もうミシン糸の心配はしなくて大丈夫みたい。

巻の太い白・生成りのシャッペスパンだけ売り切れ。

巻の小さい白・生成りのシャッペスパンはたくさん売ってたよ。
個数制限もなしだった。
10-01
この後、シャトレーゼに寄って買い物。

買いたい商品が売り切ればっかりでね。
店員さんに聞いたら、昨日カンブリア宮殿で放映された影響で朝一、大行列だったらしい。

私が行ったときは、落ち着いていて、客数はいつも通りだったけど。
商品は、品出しが間に合わないだけで、在庫はあるらしい。

店員さんに言ったら、無事に買えた
朝一はニットを縫ってて、良かった
12
今日は、あちこちママチャリサイクリングしていたので、太ももがパンパン
25km弱かぁ~。

おばちゃん、頑張り過ぎ!

今日は、早く寝るべ。
99
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日もランキングポイントが100越え!
クリックしてくれた方、(人´∀`)アリガトー♪

ヤフオクで生地を買ったのよ。
綿・ポリでポンチのニット生地ね。
01
杢(モク)調という柄らしい。
調べてみると糸の色を微妙に変えて出す模様みたい。
02
実は主人にニットでジャケットを作って欲しいと頼まれたのよね。
それで買った生地。

今いる職場は、カジュアルな服装でもOKらしくて、
カジュアルなジャケットが欲しいらしい。

10年以上前に縫ったことのあるジャケットでね。

記憶があやふやでね、
クライ・ムキさんの本からジャケットを作ったかな~?と思ってたのよね。
04
型紙を見たら、原型から作ったみたいだった。
多分、縫い方だけ参考にしたっぽい。

本をパラパラ見たけど、この本の型紙で洋服は作ってないっぽい。
勿体ないなー。
良い本なんだけど。
03
型紙の肩の部分にイセが入ってるのよ。
そこに先生の文字があってね。

『0.5  いせる』って文字。
一番最初に教わった洋裁の先生の字だ~。

懐かし~
05
10年以上前に作った型紙なのよ。
10年以上前の自分は絶対に信用できない。

製図自体は、先生に見てもらったから大丈夫なんだけど。
型紙同士の繋がりとか、合印の入れ方とかね。

10年以上前の私は素人だったのよー!

でも、この型紙でもジャケットちゃんと作れたんだけどね。
よりキチンと作りたいというかね。

で、縫い代を付け足しながら、型紙を書き直したの。

身頃を写しながら直す。
脇身頃もあるのねー。

ニットの型紙なのに凝ってるデザインだね。
デザイン決めたの私だけど。
10
ポンチって、あんまり伸びない生地なんだよね。
なので、衿の部分を少し出す。
赤い矢印のところ。
99
袖も書く。
2枚袖だねー。
ニットなのに凝ってるー。
12
前見返しとポケット。
ポケットはなぜか縫い代付きの型紙があったので、そのまま使う。
13
今日は、この後、歯医者に行ってきたのでここまで。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ