ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:トートバッグ

クーラーの効いている部屋で掃除機と水拭きをちょっとしたら、汗だくでね。
暑い!
東京電力管内なのでね、エアコンの温度はあんまり下げられないんだよね。


昨日は散歩に行って、ちょっと疲れてね。
それで、昨日から疲れていても出来そうなトートバッグ作ってた。
私にとってトートバッグは、あんまり頭を使わないんだよね。

それに生地は私のだし、母にあげるだけだからさ。
失敗しても大丈夫。

---------------------------------

帆布でトートバッグを作ってたのね。
持ち手を太い糸でステッチしたいのよ。

私の持っている職業用ミシンは上糸と下糸の両方を太い糸にすると糸調子が上手くいかなくて、綺麗に縫えないのね。
00
そこで前に買ったマジックカケの出番だよ!

両面テープだけだと剥がれやすくなったので、更にマスキングテープでマジックカケを貼り付けてる。
03
(ちなみにダイヤルのところには油性ペンで印()を付けて、後で簡単に戻せるようにしてる。)

糸調子を整えるのに時間がかかってさ。
調べてみたら、ボビンはきつめがイイらしい。

かなりきつくした。
ぶら下げてボビンを振っても落ちない状態で更に締めた。

マジできつめ
02
縫ってみた結果はこんな感じ。
01
見えにくくて、申し訳ないけど表側は完璧に綺麗。
裏側は、
『時々、歪むけど許容範囲かな~!?どうかな~!?』
人によってはアウトかもだけど、
私はセーフ!
もうニコニコ
大満足!



前回作った残りのチロリアンテープを縫い付けたよ。
母に残りのチロリアンテープの用途を聞いたら、ミニトートバッグが欲しいとのこと。

生地の色は、紺や黒がいいんだって!
(『作る前に言ってー!』とか少し思ってる。
前回、紺や黒が好きじゃないから、わざわざピンクにしたのに。
何か作ってとしか言わなかったじゃん。
ミニトートバッグは散々作ったせいで、たくさん持ってるから不要だと思うじゃん。)
05
今回作ったトートバッグは返し口を作って、ひっくり返した。
久しぶりに返し口を作ったよ。
06
ミニトートバッグの完成!
09-01
残り生地を使って縫ったので、見返しの生地が取れなくてね。
見返しはなし。
09
内ポケットはいつものファスナーポケットにした。
前回作ったファスナーポケットより難しいんだけど、慣れているからこっちの方が楽。

---------------------------------

残りの時間でスカートの製図をしてた。

アシンメトリー(非対称)のスカートでね。
紙が足りなくて、紙を2枚つなぎ合わせた。
09-02
紙が机に乗り切らない。
こんなにデカい製図は久しぶり。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
昨日は千葉公園に散歩に行ってた。

池があって木陰も多くて、落ち着く。
こういう公園が家の近くにあったらいいなー。
10
木陰に入ると風が吹いて涼しかった。
お弁当食べている人達もいて、予想よりは本当に涼しかった。

でも、アスファルトの日陰は全然ダメ。
すごく暑い。

直射日光は言うまでもなく、超暑かった!

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日から、縫っていたトートバッグ出来ましたっ!
母に渡す予定。
完成!
イェーイ!
01
チロリアンテープを使って、紺色でもなく黒色でもない色の生地を使って作ってみた。
母が紺色や黒色が好きでないもので。

私のセンスではこれが限界。。。
気に入ってくれるか分からないけど、まぁ、一応出来ました。

底には底板が入っていて、自由に出し入れ出来るようにした。
02
内ポケットはスマートフォン等が入れられるポケットとファスナー付きポケットを付けてみた。
多分、どちらも使われないと思うけど。
03
---------------------------------

こちらの本から、

吊るタイプの内ポケットの部分縫いをしてみた。
バイアステープがなくても出来るんだって。

へーほー。
そうなん。

知らなかった。

いっちょ、やってみた。

生地はね、矢印(→↑)のところがちょっと出っ張ってる。
05
縫って、縫って、最後のところで生地を少しカット。
06
本には書いてないんだけどカットした方が良いと思う。
袋縫いになるんだよ。

1㎝で縫って、0.8㎝で縫って袋縫いってちょっと出てきちゃうじゃん。
07
バイアステープを使わない吊りポケット完成!
08
緑色の矢印(→)のところが三つ折り。
青色の矢印(→)のところが袋縫い。

よく考えられてるねー。
知らなかった。

勉強になりました。
バイアステープより、とても楽ちん。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ブログの更新は寝る前にやっていてね。
昨日は疲れすぎちゃって、ブログの更新が出来なかった。

というわけで、昨日と今日やったことを書いていくよー。
とは言っても、今日はちょっと大きい病院の口腔外科に行ってたので、あんまり作業はしてないんだけど。

---------------------------------

依頼者様から大島紬が届いたので、洗濯した。
この依頼者様は着物を解いていつも送って下さるので、大助かり!

最高!

折り目を見て、生地の表裏の印付けをする。
01
洗濯して、地直しをしながら、アイロンをかけて、念のために干す。
03
防虫剤を入れて保管。

この家紋みたいな模様の大島紬。
Tの字で織ってあって細かいねー。
美しいねー。

このTの字がはっきりくっきりしているから、柄が凄く綺麗。

ちなみにこのTの字は超細かい。
比較で針を置いてみた。
02
糸を染めてから、織ってるって信じられないよねー。
職人技だ。

---------------------------------

次に使うテープを水通しする。
06
この時の型紙を使って、念のために障子紙で仮縫い。
イメージが湧かなくてね。
これで正解なのかどうか分からなくてさ。
07
うーん。
やっぱり分かんない。

ま、いっか。

縫っちゃえ。
08
初めて挑戦してみたファスナー付きポケット。
いつも縫ってるのとは、ちょっと違う。
09
でも、こんな風にロックミシンの始末が見えるので、あんまり上等なファスナーポケットではない。
単純に私が縫ってみたかっただけ。
10
縫い方はこちらの本に載ってます。

このトートバッグね。
母に頼まれて縫っているのね。

多分、使わないと思うんだよね。
出掛ける時は必ずリュックにしていてね。
転んでも大丈夫なように両手が使えるようにしたいみたい。

家の中で物入れに使われると思う。

というわけで、内ポケットはおそらく使われない。
だから、試してみたかったファスナー付きポケットにしてみた。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日はすごく眠くてね。
日本語が変でも許してね。

--------------------------------

昨日は、ダイソーで買い物した。
以下の物を買いました。

ファイル、ドリル、鈴。
丸カンは家にあるような気がして、買わなかった。

丸カンなかったら、もう一度ダイソーに行かなきゃなんだけどね。

あちこち見てる方には、鈴とドリルで何を作りたいかバレてるよね
01

--------------------------------

昨日は、ここまで縫った。
ちょっとね、疲れてブログ更新出来なかったのよ。

わざわざ見に来てくれた方は、ゴメンね。
03
今回初めて、マグネットボタンのところに補強目的で合皮を挟んでみた。

赤い矢印(←)のところ。
出ちゃってるから、合皮をもう少し大きくすれば良かった。
02
表布には、綿を挟み込んだ。
綿を挟むと自立するからいいよね。

芯の代わりになるから。

綿を抑えるのに使っている生地は、着物の裏布(絹)だよ。
綺麗な裏布を取っておいて、綿を抑えるのによく使ってる。

最近、裏布(絹)が話題になってたね。
05
ダイソーで買ってきたファイルを切って、
06
底に通す。
これで、自由自在に底板を出し入れ出来る。
07
無事にトートバッグが出来ましたっ!
09
気になってるマグネットボタンの合皮も気にならず。
良かった。
08
脇もまぁまぁの出来。
10
内ポケットも上手に出来ました。
パチパチ!
自画自賛
12
ちなみに返し口はありませんっ!
邪道かもしれないけど、手縫いはなるべくしたくない。

ねこミシンさんがね。
それはそれは、お洒落で素敵なバッグを作っていてね。

作ってみたい!

タック素敵!
持ち手、いい!
底板!そうするのか!

って、全部真似したい。
生地が足りないので、底板のところだけ真似してみました。

許可は取ってません。

相変わらず、センスもアイデアも凄いなー。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ダブルフェイスの部分縫いばっかりしててね。
達成感がないというか、つまんないっていうか。

ま、ちょいとストレスが溜まったんだよね。

それで、割と手早く作れて、達成感のあるトートバッグを作ろうと思って。
試してみたいことがあるんだよね。

---------------------------------

まずは、型紙作り。
節約のためにカレンダーの裏を使ってるよ。
01
裏布は、八掛の正絹。
力がかかりそうなところに一応、接着芯を貼った。
02
使う生地は、男大島だよ。
かっこいいよね。
05
接着芯を貼ったところまで出来た。
07
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
参道を散歩することが多いのね。

お坊さん3人くらいが前を歩いていてね。
そのうちの一番偉い?人が黒の男大島の着物を着ていてさ。

かっこいいな!って。

正絹だから、光ってるんだよね。
遠めでも綺麗。


その参道なんだけど、今日、こんなんなってた。
カラフルな のぼり がたくさん。
10
旗のアップはこんな感じで、全部生地!
クレイジーキルト!

多分、古着と古ハンカチだと思う。

でも、ミミもあったんだよね。
ただの生地もある?
11
お洒落ー

行きに左側の旗を見て、帰りは右側の旗を1枚、1枚見て回った。
やっぱり生地を見るのって、楽しい!

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

何年かぶりに雪かきが必要なくらいに雪が降ってね。
それで、雪かきで疲れた

ちょっと日本語が雑かも。
ごめん。

昨日、作ってたトートバッグに手縫いで持ち手を付けてた。
01
予想通り、可愛いトートバッグ出来たっ!
イェーイ
02
モコモコの。
ふわふわで。

テンション上がる。

---------------------------------

ちょっと前にTwitterで話題になったメモ帳の作り方。
やってみた。

紙をクリップで留めて、糊をぬりぬり。
03
ティッシュを貼り付ける。
05
もう一度、糊を塗ってティッシュを貼る。
余分なティッシュを取って、
メモ帳の完成!
06
これ、すごいいいね!
便利。

クリップで留めてなくても紙がバラバラにならない。
そして、1枚、1枚剥がれる。

感動

なんか事務職の方達には常識みたいな事がTwitterに書いてあったんだけど。
知らなかったよ。。。
知ってたら、とっくの昔にやってたよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

どうしても昨日のプードルボアを使い切りたくてね。

ネットを見て回っていたら、トートバッグが出てきてね。
これだ!
って思ったの。

材料も家にあるので、出来そうだし。

それに丁度、トートバッグが欲しかったのね。
新しいのに変えて、今使っているトートバッグは洗濯したい。

使う材料はこれ。
紺の薄め帆布、手縫いの持ち手、残ったボア。

手縫いの持ち手は、前にバッグを作ったやつの使いまわし。
持ち手だけ捨てずに取っておいたのね。

節約、節約
11
帆布の固さでバッグの形を保ちたいので、帆布を下敷きにして、ボアを貼った。
12
裏側。
12-01
後は、いつものトートバッグと同じ作り方。

入口のところなんだけど、ボアがあるからステッチはしたくない。
だから、『陰コバステッチするべ。』と思ったけど、ちょっと難しそうだったので、諦めた。

それで、表側から脇の縫い目のところに落としミシンした。
13
裏側はちょっと格好悪いけど、許容範囲ということで。
14
今日は、ここまで。
自分が使うから、適当にザクザク縫ったんだけど、やっぱりそれなりに時間かかるね。

完成しなかった。
15
内側はちゃんとポケットありますよ。
16
持ち手、手縫いなんだよね。
面倒くさいけど、頑張る―!

可愛いバッグが出来そうで、ワクワク

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

03
それで、カートの上に載せるらしい。
ファスナーとか要らないと言われたんだけど。

ファスナーとかないと中に入れたものが落ちそうで怖いんだよね。
私がね。
依頼者様は落ちそうとは、思ってないと思う。

それで、ファスナーは嫌がられたので、フタを付けようと思ってさ。

使わないなら、畳んで内側にも入れられるし。
フタにファスナー付きポケットも付けられるし。

(それに、ちょっと使ってみていまいちだったら、フタ取りますし。)
03
それで、ホックだと力がいるので、マグネットボタンにしようと思って。
薄型のマグネットボタンが4つ必要。

買いに出かけてた。


それでまず比較的、家に近いパンドラハウスに行ったら、厚型マグネットボタンしかなくてね。
完全に無駄足


買った副資材はこちら。
02
買ったマグネットボタンはこの位薄い。
04
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
自転車で反対方向の手芸屋さんに2軒も行ったのでクタクタ。
24キロ位、走ったらしい

帰宅してから、3時間くらい動けなかったよ
01
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

大島紬でジャンパースカートを作った残り生地で、トートバッグを作って欲しいと言われたので色々作ってた。

下記は作ったジャンパースカートのトワル。
07
トートバッグ(大)、トートバッグ(中)の2種類の型紙を作ってみた。
カートの上に載せて買い物をしたいらしい。

ハトロン紙の節約のため、カレンダーの裏側を使って型紙作り。

カレンダーの型紙はね、重くて嵩張るのが弱点なんだけどね。

安いんだけど。
安くて好きなんだけど。
01
トートバッグの仮縫いは障子紙とホチキスでやる。
安いし、すぐ作れるし、大体のサイズ感が分かればいいからさ。
02
まずは大きい方のトートバッグを作る。
障子紙の幅が狭いので、もちろん糊で継ぎ接ぎしてるよー。
03
そして、小さい方も。

これらの障子紙トートバッグを持って、依頼者様と打ち合わせしてきまーす。
05
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

大島紬の着物をほどいて綿入りコートを作りました。
丁寧に作りました。
ヤフオク出品中です。興味のある方は良かったら見て行ってください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/mystrawberrygold

表布、裏布ともに証券です。
綿はシンサレートという暖かい綿を使っています。

冬季オリンピックで使われたり、羽毛よりも暖かいと言われています。

また、綿止めとデザインを兼ねて、コート全面に手縫いで刺繍ステッチを入れてあります。
詳しくは製作中のブログをご覧ください。

前身頃、後身頃、袖に刺繍ステッチ
表布を縫う

トートバッグの刺繍ステッチ

前身頃
01

後身頃
03

前身頃の衿元
02

後身頃の衿元
05

横からみたところ。
裾にはスリットを入れてあります。
身頃と袖の柄の高さを合わせてあります。
04

アウトポケット
柄合わせがしてあります。
身頃がつれないようにポケットには膨らみをもたせています。
09

反対側のアウトポケット
こちらも柄合わせしてます。
10
10

裏布の前身頃
ピンクベージュの正絹の着物を解いて、裏布にしました。
06

裏布の後身頃
07

内ポケット
11

反対側の内ポケット
12

内ポケットの深さは約16.5cm
13

背中心は、大きく動くのでキセを多めに入れてあります。
20

脇には、スリットが入っています。
動きやすく、ピンクベージュの裏布がチラッと見えて、おしゃれです。
14

反対側のスリット
16

スリットの裏側
15

反対側のスリットの裏側
17

柄のアップ
適度なデコボコ感が楽しめます。
21

作成中の写真から
柄の裏側
手縫いで刺繍ステッチをしてます。
22

ボタンの裏側には、力ボタンが付いています。
力ボタンがあるとほどけにくく、丈夫です。
08

前裾の裏側
18

反対側の前裾裏
19

共布でトートバッグを作りました。
コートと同じように手縫いで刺繍ステッチを施してあります。
バッグ本体は自立しますが、持ち手は自立しません。
31

内側にはファスナーポケットを付けました。
コートと同じ裏布です。
32

反対側にもポケットを付けました。
33

左側のポケットにはスマートフォンが入ります。
34

肩にかけて、トートバッグを持つことが出来ます。
30

バッグの中にA4ファイルを入れたところ。
23

共布でいくつかポーチを作りました。
ファスナーがL字型に開くポーチです。
35

大きく開きます。
裏布はコートにも使用したピンクベージュの正絹です。
薬、絆創膏、リップクリーム等の持ち運びに便利です。
36

合皮を使用したバネ口金ポーチです。
37

裏布はコートに使用したピンクベージュの正絹です。
38

サイズはLサイズです。
160cmの私が着て丁度いい着丈になっています。

袖丈 約60cm
着丈 約102cm
肩幅 約42cm
身幅 約52cm
ウエスト 約105cm

【参考資料】

洋裁歴は13年ほどになります。
佐藤喜美枝さんのプロソーイング教室に通い、洋裁を学びました。
また、洋裁のサークルにて文化式を習っています。

普段は、知人・親戚にオーダーメイドで着物リメイク、洋服を作っています。

お気に召した方がいましたら、入札をお願いします。

着物をほどいた後、洗濯機でエマールを使用してドライコースにて洗濯しています。

なるべくミシンがけできるところはミシンで仕上げました。
職業用ミシンロックミシンで作りました。
家庭用ミシンと比べると縫い目が綺麗でしっかりしています。

バキュームアイロン台を使用しております。
使用しない場合と比べると折り目が綺麗に入ります。
また、着物の折り目も使用しない場合と比べると綺麗に消えます。

世界で一着だけの素敵な大島紬の綿入りコートはいかがですか?

【注意】
着物リメイクであり、ハンドメイド作品であるため、
傷・シミの気になる方は入札をお控えください。
なるべく傷・シミは避けて裁断していますが、どうしても見逃しなどある場合がございます。

ハンドメイドと着物リメイクの風合いの好きな方のみ入札をお願いします。

心をこめて、丁寧に手間をかけて、作っています。大事に来て下さる方に落札いただけると嬉しいです。

ハッキリとは断言できませんが、今冬、最後の綿入りコートの出品になると思います。
体力的にツラくて。
大島紬の綿入りコートが欲しい方は、是非入札してみて下さい。

このページのトップヘ