ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:チュニック

ブラウスのようなチュニックのようなデザインの試し縫いしてた。

参考にしたのはスタイルブックの9ページのブラウスだよっ!

けど、大分違うものになると思う。

まず、襟の高さを半分以下の高さにした。
ボーもすっごい太いんだけど、1㎝幅のヒモにする予定。

そして、襟の後側に布ループのボタンを付けるんだけど、それはなし。
(年を取ると首の後側のボタンはすごく大変らしい。ループもダメらしい。)

前身頃の衿ぐりにもう少しギャザーが欲しかったので、V字に足した。
11
後身頃は、肩ダーツをね、
09
畳んで、後衿ぐりに移動。
10
更にドロップショルダーにして、ゆるゆるブラウスにする。
本だと、割とピッタリサイズなんだよね。
モデルさんが着てる写真はダブダブなんだけど。

というわけで、大分デザインが違うので自信がないのよねー。
というわけで、形を確かめたい。
試し縫いする。

使った生地は、実家から貰った色が変わってしまったシーチングを使った。
色が変わっているので、こういうのでしか使えないよね。
00
ジャーン!
こんな感じに出来ました!

いいじゃん!
私って改造センスあるっ!

なんちゃって。(笑)

01
胸元のアップはこんな感じ。
本とは違うステッチにしてみた。
もう1㎝くらい襟の高さがあってもいいかも。
02
ちなみにヒモは新聞紙などを結ぶヒモなので、突っ張るのよ。
05
なので、ピンで留めた。
多分、本番の生地では垂れる。
06
後側はこんな感じ。
肩ダーツを襟ぐりに入れているので、いい感じに丸まってイイ!
03
長く洋裁をやっていると、型紙操作は

『こっちの方が綺麗になる』とか
『こっちの方が好き』とか

分かってくるねー。
全部、先生に教わったんだけどね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日ね、私が洋服を送っている親戚のおばさんと話したのね。
結構、私が作った洋服や小物を友達にあげているらしいんだけど。

好評らしい!

大事なことなのでもう一度。

好評らしい!

便利な洋服だったり、着やすかったりするからそこが良いみたい。
ま、夏服なのにシフォン生地で、長袖で袖口にゴムが入っているのは珍しいよね。
(家事の時に便利なようにした。)

気に入り過ぎているから、あげないんだって!

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日、作り途中だったエコバッグ出来たっ
01
これで、キティちゃんの残り生地も少しに。
この生地は高かったので、どうにか残り生地で他のバッグも作りたいな~。

----------------------------------

残りの時間で製図。
もうすぐ洋裁サークルなので、先生に見てもらうべく書く。

って言っても割と簡単な製図。
10年前のスタイルブックから
03
これにしようかな~。
参考にするのは、衿だけなんだけど。
04
袖山の合印はいつも3か所、付けてるのね。
この合印の付け方が一番簡単で楽だから。

けど、今回はどうしても5か所付けたい。

なので、こちらの本を参考に合印を付けていく。
05
これがねー。
書きようがないせいだと思うんだけど。
まー、初心者には分かりにくくてね。

秋のスタイルブックは固定〇cmで取るとか書いてあって、そんなのデザインによって違うやん!って。

袖山の高さが18,19㎝の場合と今回、私が書いてる袖山の高さが11㎝が同じ〇cmの訳ないやん!って。

そもそもアームホールも45㎝みたいなピッタリサイズの時もあるし。
そして、私が今書いてるアームホールは52㎝越えのゆったりサイズだよっ!

〇cm固定は横暴だと思う。

そして、文化の教科書だとこれ。
説明を投げてる。

いっそう、投げすぎてて、すがすがしい。
06
例えで、この製図のブラウスだと〇㎜のイセと具体的な数字の指定付きなだけ。
せめて%で表示してくれ。

多分だけど、前アームホールのイセが約1.0㎝、後アームホールのイセが約1.5㎝になるような製図だと思うんだよね。
この1.0㎝と1.5㎝の数字がどこにも書いてない。(汗)

ま、ハッキリ明言できないからだと思うんだけどさー。
教室にいれば、先生が教えてくれるけど通信教育だと誰も教えてくれないよね。
すごく不親切だと思う。


そういう訳で、適当に合印入れた

もう感。
『へたっ』としたイセでいいので、そうなるように。

ちなみに今回の下記の袖のイセは1.8㎝(0.8㎝+1.0㎝)です。
07
何故、今回イセの合印が多くしたのかというと、そのうち分かるかも。
分からないかも。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は夕方から雷雨になるというので、昼間の暑い時間に散歩に行ってきた。
暑いので距離は短め。
99
今回は暑すぎたので、アームカバーを濡らして行ってきた。

すごく涼しい~!

30分で乾いちゃうので途中の公園などでアームカバーを再び、濡らすのがポイント。
濡らすのに抵抗がなければ、おすすめ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は雨のため、一日中引きこもって洋裁してたよ。

昨日、作った型紙で洋服を作る。
使う生地はこれ。
01
シフォン生地に細い生地が丸に縫い付けてある。

この生地、ハッキリ言って縫うの嫌なんだよね~。
買ったときは、素敵!おしゃれ!って思ったんだけど。

それで、この手の生地は、2度と買わないと決めた。
と言っても、素敵過ぎたら買っちゃうかもだけど。(よくある)

この生地の嫌なところの一つ目
端っこの方に細い生地が縫い付けていないので、使えないところ。
10㎝位、使えないんじゃないかな。
02
前身頃を裁断した後、後身頃を裁断しようとして、気が付いた。
衿なしの場合は、肩ダーツじゃなくて、衿ぐりダーツの方が綺麗なシルエットになることに。
03
なので、型紙を直す。
肩ダーツを畳んで、衿ぐりを開く。
04
ダーツを畳んで衿ぐりを書く。
05
ダーツを畳んだまま、ハサミで余計な紙を切る。
これで、ダーツの移動の出来上がり!
06
よくある型紙操作。

この生地の嫌なところ二つ目
バイアステープを作る時は、細い生地を取るところ。
これが、面倒なんだ~
07
縫っている時に気が付いたんだけど、衿ぐりをバイアステープでなく、見返しにすれば良かったのでは
生地の端っこには細い生地が縫い付けてないわけで。

生地の端っこを使えば、細い生地を取る作業も少しで済んだような。
ま、今更だけど。

衿ぐりはバイアステープの端っこを処理しなくてもすむようにこんな風に縫った。
バイアステープを縫った後、残りの肩を縫って、ロックミシンをかければいいから、楽ちーん。
08
この生地の嫌なところ三つ目

三ツ巻がかけれないところ。
アイロンで三つ折りして、縫うしかない。
しかも、折りづらくて縫いにくい
09
シンプルなデザインにしたおかげで、いつもの洋服を縫うよりは楽に縫えたのは良かった
柄も生きたと思う。
10
衿ぐりのダーツは模様があるせいか、あんまり目立たないね。
11
こういう生地を使って洋服を作るのも大変だけど、生地を作る人も大変そうだな―と縫いながら思った。
専用のミシンがあるかもだけど細い生地を縫うのが特に大変そう。
『難あり』?のチェックする人も苦労が多そうだ

そのせいだと思うんだけど、値段もお高い生地でした。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
勘違いしてた。
明日こそ、忙しい。
明日は、多分、ブログはお休みします。

今日は朝、起きたら体が重くてね。

掃除機をかけても、トイレ掃除をしても重い。
低気圧のせいか、湿気のせいか、運動不足のせいか

うーん、

運動不足のせいだと思ったので、散歩に行ってきた。

歩くだけだと、膝は痛くないのでね。
階段のない道を選んで。
90
10,613歩って出てるけど、実際に歩いた歩数は8,000歩位かな。
後は、家の中での歩数。

歩き始めの2㎞位は、怠かったんだけど、その後は体が軽くなって、サクサク歩けた。
やっぱり、定期的に運動しないとダメなのかね。

非常に面倒くさい
老いと人間って、面倒くさっ!

----------------------------------

今日は、散歩でちょっと疲れたので、裁断は危険だと判断。
大人しく?製図してた。

母の洋服にする製図。

柄を生かしたいので、シンプルなデザインで。
こちらの本から、
01
これ。
身頃の幅と、袖山の高さくらいしか、参考にしてないから、ほぼオリジナルと言ってもいいかも。
02
母の好みはね、半袖で、衿ぐり大きめなのよ。
後、面倒くさい服は嫌い。

下記の洋服は蝶々結びが面倒だから、もう二度と作るなって言われた。
結んだまま洗って、結んだまま干して、そのまま着ればいいと思うんだけどさ。
02
衿ぐり大きめがいいと言っても、本の通りだと衿ぐり大き過ぎるような気がするんだよね。
ていうか、もう年なんだから、いい加減ちょっと衿ぐり小さめでもいいじゃんっていう娘心?で少し本よりは小さめにした。
03
衿ぐりは58㎝にした。
確か56㎝あれば、頭は通るはずだから。

それに母は頭が小さいしね。

あーでも、衿ぐりが小さいって、苦情がきたら、どうしよう

----------------------------------

今、習っている洋裁の先生がね、全然、本の数値とか製図を見ないんだよね。
写真を見て、原型を最初に引いて、書くのね。
(難しいのは見るかもだけど。基本、見ない。)

後は、丈をどうするかメジャーを体に当ててみて、相談して決めていって、体型を見て、問答無用で肩ダーツ等を入れていったり。

それで、私も衿とか一部の数字だけ参考にして、本の通りに製図しない事が普通になってきた。
だって、本の通りに書くと先生に修正されまくるし。

上手になってきてるのかね~。
そうだったら、嬉しいな。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日、おやつに贅沢ルマンド(公式HP)を食べたの。
お値段、普通のルマンドの約2倍!

でも、美味しさは普通のルマンドの5倍!くらいかも。

そして、満足度は10倍!
91
本当に美味しくて、止まらなくて、一気食いするかと思った。
これは、美味しすぎる。

通常のルマンドより1.5~2倍くらい太い。
食べ応え抜群!

サクッとが厚い!
抹茶もココアも濃い気がする。

これは美味しすぎて、食べ過ぎちゃうから、たまにしか買えないね。
200円でケーキ屋さんのマドレーヌ等を買うより、こっちの方が断然、満足度が高い。

このルマンド、危険!危険!
注意せよ!
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
明日は忙しいので、多分、ブログの更新はしません。

去年、作ってお中元でおばさんに送ったブラウスというかチュニックかな?!
このデザインを少し変えて欲しいらしい。
08
腕まくりしたいみたいで。
それで、こういうヒモ?タブ?が欲しいんだって。
01
1回だけ作った事あるのよね。
うーん、どんな風だったかな~。

あちこちひっぱり出して、調べてようやっと型紙できた。
02
2.5㎝幅にしたんだけど、2㎝幅にすれば良かったかな?!
変更するかも。

後はボチボチ他の部分も直すので、型紙も新たに一部、書き直し。
03
このブラウス作ったの去年の9月20日かぁ。

短冊あきなんだけど、綺麗にすっかり忘れてる。
ヤバイ。
左右を間違えなければ、そんなに難しくはなく、簡単だったような記憶があるんだけど。

技術的なことは、これっぽっちも覚えてない

ちょっと練習しないとダメかな。
一発勝負でも行けるような気がするけど。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日、疲れちゃって寝てしまったので更新出来なかったの。
わざわざ見に来て下さった方、ごめんね。

昨日と今日やった作業を書く。
タートルネック作りの続きね。

カバーステッチミシンで裾と袖口を縫う。
01
タートルネックの出来上がり。
02
チュニックとベストも出来上がり。
03
ベストは下にタールネックを着るとこんな感じ。
肩はドロップショルダーね。
04
次は残った時間で小物を裁断して、種類ごとにクリアホルダーにしまっておく。
隙間時間で何とか作れないかな~と。
作らないかもだけど。
05
06
今日は昨日、裁断した生地を縫っていく。
ロックミシンのルーパー糸(右2本)に残っているピンク系シャッペスパンを使う。
結構、ピンクとか薄紫とかピンクベージュとか縫ってるのね。
07
縫って、
08
縫っていく。
09
ここの親指のカーブのところが縫いづらい
子犬の服の袖って、こんな感じで縫いづらいのかな~と想像してみたり。
10
スヌードの完成。
試着してみたところ、モコモコしていて丁度良くてあったかい
11
小物は何を作っていたかというと、手袋でした。
でも、まだ未完成。
カバーステッチミシンと手縫いが残ってる。
12
手袋縫うのつまんないんだけど、すごく便利で暖かいんだよね。
去年、便利に使ってたの。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
結婚記念日って、みんな何かする?
我が家は毎年、主人も私も忘れていて、何もしなかったのよ。

でも、何故か今年は某通販会社セシ〇ルから『結婚記念日おめでとうございます。』ってメールがきたのよね。

それで、主人に『そういえば今日、結婚記念日だね。』って言ったらさ、
うるさい、うるさい。

家の中ですれ違うたびに
『結婚記念日だね。何かする?』って聞いてくるの。
すごく、うるさかった。

来年からは、覚えていても絶対にスルーする。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は歯医者に行ってきたので、疲れてるのよ
なので、日本語がおかしくても放っておいて下さい

今日は一昨日、日暮里で買ってきた生地でタートルネックを作ってたの。
まず最初に親戚のおばさんにお歳暮として送る洋服作りね。

型紙を探して、チェック。
いままでに作った生地の切れ端を型紙に貼ってるんだけど、同じ色の生地で作ったことあるね。

ま、白色以外はよく着るっていうから、きっと傷んでるだろう。
勝手にそう思うことにする。

白色は汚れそうでもったいなくて着れないらしい。

なんじゃそりゃ。
たくさん着てー!
気持ちは分かるけどさ。
01
おばさんと私のタートルネック分を裁断して、縫っていく。
98
ロックミシンで縫えるところまで縫う。
03
次はこの生地でチュニックを作る。
04
こちらもロックミシンで縫えるところまで縫う。
05
さて、この幾何学の残布、どうしようかな~。
スヌードにしようかなと思って、型紙をあてたんだけど、ちょっと生地が足りない

うーん。

ベストなら出来るんじゃない?
おう!出来そう。

というわけで、ベストね。
06
こちらもロックミシンで縫えるところまで縫った。

ここで、歯医者に行ってきて帰ってから再び洋裁をする。
だって、日暮里で買ってきた生地、邪魔なんだもん。
さっさと片づけたいじゃん。

ちなみに今日、家事はさぼりまくった
その分、明日の家事が大変なんだけど

次は、この生地。
母用ね。
ピンクに少し紫とベージュが入ってる。
10
グレーとか紺とか地味な色は嫌なんだって。
そうは言っても、今年はアースカラーみたいな地味な色が流行ってるから、カラフルな色はあんまり売ってなかったような。

ま、これで妥協してもらう。

本当は、下記みたいなオレンジ色が欲しいんだって。
この色はちょっと中々売ってないよね
11
こちらもロックミシンで縫えるところまで縫う。
12
残り生地はこのくらい。
13
タートルネックの要尺は1.1メートル。
チュニックの要尺は1.5メートルなんだよね。

要尺通りに買ったんだよ。

小物を作ろうと思ってたから、少しだけ残布が欲しかったんだけど、予想以上に残ったな。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
この前、動画を見ていたら、こんな動画があってね。
この動画によるとプロは毎日、ミシン掃除をしているらしい。

えっ、私?

ま、毎日はしてないかな。(小声)
前回、いつ掃除したか覚えてないくらい前に掃除した。(震える声)

そんなわけでミシンの掃除ね。
面倒だから、エアスプレーを使って。
09
まずは、ロックミシン。
綺麗になったー
07
次は、職業用ミシンも掃除して綺麗に
綺麗なると気持ちいいー
08
これからは、ちゃんと掃除します。
多分

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
タートルネックって、ニットソーイングで作るの一番簡単だと思うんだけど。
だから、1日5着の力技が出来たと思うの。
これより、簡単に出来る洋服ってある?

今日は、仲の良い高齢の親戚のおばさんの洋服のデザインして、製図をしていたの。
この前、電話でおばさんにデザインの要望を聞いたのでね。

『鉄は熱いうちに打て!』というし。
忘れないうちにという方が、正しいかも。

【おばさんの要望】
・衿ぐりをなるべく小さくして。
・タートルネック最高。
・ギャザーは、あんまり好きじゃない。
・でも、ゆったりデザインで楽々。
・デザイン性より、脱ぎ着が楽な方が優先。もう齢だし、一日に何回か着替えるから。
・ループ紐のボタンは、付けづらいからなしで。

【私の要望】(おばさんには言ってない)
・シンプルなデザインで、作るのが楽(すごく重要)
・150㎝幅3m又は、110㎝幅4mで2着作れる洋服。
(よく買う生地屋さんがこの単位で売っているため)

上記を考慮して、デザインを考えてみたの。

前開きファスナーのブラウスはどうかな?
ヨークは薄い生地だから、生地を2重にしないとダメそうだから却下かな。
生地は節約したいのでね。
01
後衿をホックで留めるブラウスはどう?
薄い生地で作るとホックが重くて、垂れ下がってくるかね
作ったことがないから、分からん。
02
いつもおばさんの洋服を作るときは、私の原型で作った後、サイズ調整していたんだけど、今回のデザインは、おばさん専用の型紙になりそうなので、原型から作ることに。

ほんのちょっぴり、背中の丸みを追加してみた。
03
そして、製図して型紙作り。
03-01
後身頃の肩部分のダーツは衿ぐりに移動した後、後中心のタックに移動してみた。
実は、後中心のタックに移動は、初めてなんだよね。
上手くいくかドキドキ
04
シーチングより安い生地で試作品を作ってみる。
失敗だったら、おばさんに謝るだけでいいしね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
やったことないデザインって、まだまだあるんだね。

やっと作りたかったチュニックが完成
作りたいと思ってから、半年弱かかったかな

作業は昨日の続きで、残りの型紙作り。
01
生地を切って、縫ったら完成
02
後側
03
ちょっと心配だった裾も問題なくて、良かった。
04
今回、前身頃が大きくて、前身頃の裁断が大変だった
テーブルに置けないから、久しぶりに床に置いて裁断したの
やっぱり、テーブルに置いて生地を切った方が断然、楽だね。

このチュニック、一見地味だけど、体型隠しにすごくいいデザインなのよ。

洋裁サークルで、いろんな体型の人が試着したのね。
お腹が出ている人も、痩せている人も胸が大きい人もみんな似合うデザインなの。

タックが大きいからだと思う。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
新しいロックミシンを使って縫ったのよ。
古いのに比べると静かで、馬力もある気がする。
分厚い生地もガンガン縫えそう。
静かなのは、古い方のロックミシンは全く手入れをしてないせいで煩いだけだと思うんだけどね。

2週間くらい前にロックミシンの電源がうまく入らなくてね。
グリグリやったら、直ったんだけど。

使っているロックミシン(糸取物語)にちょっと不満を持っていたので、思い切って、ロックミシンを買ったの。

でも、ちょっと早まったかも
あれから、ロックミシンの調子がいいのよね。
第2波が来ているときに壊れるとすぐに買えないから、買って良かったのかもしれないけど。

今まで使っていたロックミシンはこちら。
10年以上は使ったよ。
01
糸取物語は糸調子が自動なのよ。
ずっと自分で調節したかったのよね。

もう一つの不満点は、針とメスの位置がちょっと遠いのよ。
これが遠いと内カーブがすごく縫いにくいの。
約2㎝かな。
02
糸取物語と衣縫人はこの針とメスの位置が遠いので昔は有名?だったのよね。
(とある洋裁教室でダメ押しされたことあり。)
今は改善された?っぽいよ。

洋裁サークルでロックミシンの糸が外れると取り付けて欲しいって、よくお願いされてたんだけど、すごく面倒なのよ。
ピンセットを使って、取扱説明書を見ながら『ああでもない。こうでもない。』と言いながら糸をかけるんだけど、すごく時間がかかるのよね。
ま、慣れたけど。

だから、糸通しをしなくて済むように自動糸通しが付いているロックミシンで、糸調子を自分で合わせられるということで、衣縫人を選択。
03
ちなみに針とメスの位置は少し、縮まった?
前よりは距離近いかな。
約1.8㎝くらい?
04
試し縫いはまだしてないので、また今度ね。
とっととやれーって感じだけど。
面倒になった

残りの時間で、ずっと縫いたかったチュニックの製図を。
前身頃だけね。
単純なデザインなんだけど、製図が超面倒でね。
ついつい後回しにしてしまった。

前身頃にタックの線を入れる。
10
型紙を写しながら、タックを展開する。
11
タックを畳むとこんな感じ。
切り替え線はバストポイントを通るようにしたの。(もちろん教わった)
その方が綺麗なラインになるよね。(さすが先生)
13
裾の処理をちょっと迷ったんだよね。
これ以外に方法はないと思うし、多分大丈夫だと思うんだけど。

洋裁サークルに行けたら、先生に聞くんだけどね。
ま、縫って確かめよう
14
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
洋裁って、習えば習うほど奥深くて、永遠に学習が終わらないような気がする。
私もいつか洋裁の先生になれる位の知識を得たり出来るのかしら?

このページのトップヘ