ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:クッションカバー

昨日はブログを書く時間にボタン付けをしていたので、ブログはお休みしました。

昨日と今日やっていたことを書くよー。
ただ、歯医者に行って歯が痛いのでちょっと乱文になるかも。

---------------------------------

ブラウスのボタンが1つ足りないことが分かったので、再び買いに行った。
ちゃんと数えないで適当だから、こうなるんだよね。
01
再び、待ち針をほとんど打たないで袖ぐりを縫うのに挑戦。
縫い始めと袖下だけ待ち針を打って、縫ったよ。

型紙を作るのは面倒だけど、縫うのは断然早くていいね。
薄いシフォン生地に待ち針をたくさん打つと縫っている間にポロポロ待ち針が、取れるんだよね。

そして、待ち針を探すのに結構、時間がかかったりして、大変。
02
仕付け糸は言うまでもなく、かなり時間かかるし。
待ち針なしで縫うのは楽で素晴らしい!
03
裾は三ツ巻。
05
仕付けしたところは、金具を避けて縫う。
06
ボタンとスナップを頑張って、大量に付けて
ブラウス完成!
07
いいじゃん!
素敵じゃん!
08
袖も可愛い。
09
ボタンは全てスナップだよ。
10
袖はロールアップタブを使うと5分袖になるよっ!
30
一応、Tシャツの上に羽織る上着として、作ったつもり。
どうやって着るのかは、分からないけど。
11

---------------------------------

最近、大島紬とかカシミアとかシフォン生地とか難しい生地が続いたんだよね。

そのせいか、
簡単な生地で、簡単なものが作りたーい!
って、思っていて。

出来れば薄い綿100%の生地がいい!
縫うのがすごく楽だから。

実は、初夏にクッションカバーを交換したときにファスナーが壊れたんだよね。
ずっと作りたいと思って、放置してた。
20
という訳で、簡単なクッションカバー作るよ!

夏用パジャマを作ろうと思って買ったリップル生地。
これで、クッションカバーを作る。

リップル生地のクッションカバー、気持ちいいんだよ。
前にも作ったことあるの。
21
生地とファスナーを切って、
22
空ロックをかける。
23
ファスナーを付ける。
24
あっという間に出来上がり。
25
柄合わせはしなかった。
なんせ、簡単に作りたかったし。

ファスナーは隠れるタイプだよ。
26
柄の高さは一応、合わせたつもり。
27
パンヤ(クッションの中身)を入れてみたところ。
28
ピッタリに出来たぜ!
満足、満足。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日の続きでショートパンツを作ってたのよ。
ファスナーもないゴム使用なので、簡単に出来た。
01
後側ね、
アウトポケットが2つ付いているんだけど、柄合わせしたから、分かりづらいね。

水玉のずれでかろうじて、分かるかな?
間違い探しみたい
02
ゴム通し付きにした。
1つでいいんだけど、なんとなく2つ。
03
残り生地で、クッションカバー。
『リップル生地で座布団カバー作ると気持ちいい』と聞いて、作ってみた。

こちらは、柄合わせは全く出来なかった。
04
裏側
ファスナーの位置がここじゃないと生地が取れなかった。
05
クッションを入れてみたところ。
おぉ、ピッタリー!
っていうか、初めて作った型紙ではないので、ピッタリなのは当たり前なんだけど
久しぶりに作ったからね。
06
クッションを抱きしめてみたら、気持ちいい
リップル生地って気持ちいいのね。

さらに残布で巾着作り。
07
よくある巾着袋。
色々便利なんだよね。
生地が薄くて、嵩張らないし。
08
さらに残布でマスクね。
09
これで、リっプル生地は終わり。
スッキリしたーー。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
たまたま、母と親戚のおばさんと電話する機会があったんだけどさ。
その時、二人にそれぞれ『日暮里に買い物に行っても大丈夫かな』って聞いたら『ダメよ』だってさ。
やっぱり、まだダメなんだね~。

このページのトップヘ