ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:へちまカラー


ポケットを縫い付けていく。
01
ちょっとポケットがヘタっとしてるけど。
ポケットが体に沿うように少し余裕を入れたら、こうなっちゃった。
着れば多分、大丈夫なはず!
02
袖を身頃に付ける。
03
男性用トルソーを持ってないので、女性用トルソーにジャケットを着せる。
返り線で綺麗に衿を返して、クリップで留める。
04
後衿を広げてみる。
綺麗にはならないんだよね。
05
まつっていく。
06
もう一度トルソーに着せてみる。
いいじゃん!
綺麗に衿が返ってると思う。

胸のところはちょっとあれだけどね。。。
07
ボタンがないので、作業はここまで。
10年前に作った主人のジャケットから、ボタンを取りたいと言ったら、主人に却下されてしまったので。
もう下手っぴだから、捨てたい

この後、ユザワヤにボタンとミシン糸を買いに行ってきた。
10
カラーのミシン糸は完璧に揃ってたよ。
もうミシン糸の心配はしなくて大丈夫みたい。

巻の太い白・生成りのシャッペスパンだけ売り切れ。

巻の小さい白・生成りのシャッペスパンはたくさん売ってたよ。
個数制限もなしだった。
10-01
この後、シャトレーゼに寄って買い物。

買いたい商品が売り切ればっかりでね。
店員さんに聞いたら、昨日カンブリア宮殿で放映された影響で朝一、大行列だったらしい。

私が行ったときは、落ち着いていて、客数はいつも通りだったけど。
商品は、品出しが間に合わないだけで、在庫はあるらしい。

店員さんに言ったら、無事に買えた
朝一はニットを縫ってて、良かった
12
今日は、あちこちママチャリサイクリングしていたので、太ももがパンパン
25km弱かぁ~。

おばちゃん、頑張り過ぎ!

今日は、早く寝るべ。
99
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日もランキングポイントが100越え!
クリックしてくれた方、(人´∀`)アリガトー♪

昨日作った型紙のジャケット作り。
今日中に仕上げたかったので、途中の写真は少なめだよ。

生地を切って、あちこち接着テープ・ヘム芯を貼る。

通常の布帛のジャケット作りと貼るところはほとんど同じ。
返り線のところの接着テープだけ貼ってない。
01
ふと思ったんだけど、女性用のジャケットを布帛で作るときに返り線にストレートテープを貼るじゃん。
その時に、女性は胸があるから少しイセ込んでテープを貼るよね。

つまり、男性用のジャケットを作る時は、男性は胸がないから、
イセ込まないでストレートテープを貼るのでOK

知っている人がいたら、誰か教えて下さい

接着芯を大雑把に貼って、前見返しも裁断する。
02
そして、あちこちロックミシンで縫う。
03
ここで、最難関の衿と肩の部分を縫う。
縫うのが難しいので、あらかじめ仕付けしておく。
04
ここね、型紙で見るとこうなってるの。
赤い矢印のところを合わせるのね。
05
え?分かりづらい?
同じ色の矢印同士のラインを合わせて縫うのよ。
この角の部分が難しいのよね
06
なんとか無事に縫えた
06-01
グルっと前端や裾にステッチをして、
07
ここまで出来た。
07-01
袖は筒状に縫って、
08
ポケットも作る。
09
ここで、時間切れ。
完成しなかったな。
やっぱり、ジャケットはニットでも縫うの大変だね

残った生地が1メートルくらい。
また、中途半端に残った。

もうジャケットは作れないし。
残布の扱いどうしよう。
99
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日、ランキングポイントが100越え!
クリックしてくれた方、ありがとうございます☆(人''▽`)

このページのトップヘ