ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

タグ:お直し


袖を短くしても良いとの許可を貰えたのでね。
本人は袖口は直さなくていいって、言ってたんだけど、直さないと間もなく着れなくなります。

こーんなに擦り切れてます。
01
みっともないねー。
ちょっとダサくなっても、直した方がいいよねー。

片方のカフスを早速、解いた。

表カフスに芯が付いてるね。
糊はなし。
02
カフスの少し丸いところが、どうなっているか見たい。
02-01
裏返してみる。
写真が光ってゴメン。

直角に縫ってる。
チョン丸で処理してるんだね。

チョン丸とは・・・斜めに折って、横と縦を折ってひっくり返す。少しだけ丸みを出したい時にする。
(私が習った名称。間違ってたらごめん。だって、チョン丸って冗談みたいな名前だし。文化の教科書には多分載ってなかったし。)
02-02
そして、解いて気が付いた。

表カフスと裏カフスを比べると、裏カフスの方が断然、綺麗で生地に傷みが少ない。
03
あー、これは襟と同じ方法で表と裏を入れ替えた方が良いのでは?と思いつく。

表衿と裏衿も入れ替えたし、それより違いの割と少ない?カフスなら入れ替えても素人目には分かるまい。
衿だって分からんのに。

裏カフスにはなかったステッチを足して、
05
袖口から、7㎜ほど内側を縫う。
ボタンホールがあるから、すごく縫いにくい。
07
ひっくり返す。

何だか、これでいけそうじゃない
いけるいける
08
いけそうなので、もう片方のカフスも解く。
09
縫って、余分な縫い代をカット。
10
ここまで出来た!
少し歪んでいるけど、気にしない。気にしない。
11
仕付けして、袖口とカフスを合体。
12
無事に縫えた。

合体するときって、一般的に裏カフスの方が少々出てるんだけど、折り目ががっつり付いているので裏カフスを出せず。
生地の色も変わってたりするし。

カフス全体にアイロンをかけるときに裏カフス(元表カフス)を控えるとちょっとだけ引っ込んで縫いやすい。
ボタンホールのところは無理だけど。

そして、仕付けをして無理矢理縫うしかない。

ステッチの位置も色あせていたり等でガッチリ色が違うので、ステッチの位置もあまり変えられない。

必然的に少し歪んだカフスになるが、しょうがない。
そこは我慢、我慢。

お直しにはお直しの苦労がある。
14
ボタンを付けて、お直し終わり
ま、ちょっと格好悪いけど、素人目には分からないと思う
15
あ、書き忘れたけど、左右のカフスは入れ替えましたよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
シャツの持ち主は、このお直しに感動して、すごく喜んでくれました。

昨日に引き続き、白大島のコートのお直しね。
依頼者様に確認したところポケットの形を変えてもOKとのことで、変更することに。

まずは、型紙作り。
他人様の物だから、慎重に確実に縫いたいもんね。
01
コート本体にポケットの位置を記す。
分かりづらいけど、赤い矢印のやつね。
アイロンで消えるようにフリクションを使う。
02
昨日、解いたポケットに接着芯を貼って、口布を裁断。
03
残りの生地に袋布の一部を載せてみる。
もうちょっと型紙を大きくしても大丈夫そうだったので、型紙を修正。
04
生地を裁断。
05
白大島の生地をケチケチ裁断した袋布の出来上がり。
ポケット口から、4~5cm表布があればOKなのよ。

今回、一番近いところで、4.5㎝だった
自分で提案したとはいえ、ギリギリセーフ
06
コート本体に穴を開ける。
07
裏側は接着芯でガチガチに。
08
口布と袋布を縫い付けていく。
09
袋布を縫う。
10
そして、裏側の袋布から、はみ出た接着芯をはがす。

市販品のこのポケットの場合、洗濯したら剥がれる接着芯を使っているらしい。
あたりが出るからかな~?だと思うんだけど。

私もその接着芯欲しいな。
高そうだけど
11
箱型ポケットっぽいポケット完成
カジュアルなパンツやコートによくあるポケットね。

私は窓作りポケットって教わったんだけど、正式名称はなんだろうね?
窓作りポケットであってる?
12
裏側
13
ポケットが遊ばないように見返しとポケットを糸ループでつなぐ。
14
これで、コートのお直し完了
1日で終わるかなと思ったけど、3日くらいかかったね。
最初に話を聞いた時は、どうなるかと思ったけど、何とかなって良かった
Before
01
After
15
ヒモとコードストッパーはちょっと色が揃ってないけど、雰囲気は伝わるでしょう。
後側。
16
横。
17
ポケットの位置が分かりづらいので、袖を突っ込んでみた。
18
どうかな?
素敵に出来たよね
19
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ