ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ: 作り方

後ゴムスカートの部分縫い、やっとやっと出来たのよーーー!
ヤッター!
ヤッター!
ヤッター!

Youtuber先生と本の力を合わせて、自分なりに考えてみて頑張ってみた。

どう頑張っても本の通りだと上手に出来なくて。
そんな時にYoutuber先生が動画で取り上げてくれて、何とか出来た。

これから、後ゴムスカートを縫う人は参考にしてみてね

まずは使った材料は、これ。
3㎝幅のゴムベルト、3㎝幅の糊付きベルト芯。
02
ベルトの型紙はこれ。
1㎝(縫い代)、3.1㎝、3.5㎝、1.5㎝(縫い代)の9.1㎝幅の生地を用意。
01
3.2㎝と3.5㎝のアイロン定規を用意。
03
生地を切って、
02-02
最初にファスナーを縫う。

もうそろそろ練習しなくてもいいと思うんだけど。
他人様の洋服を縫うので一応、練習。
04
大分、上手になったと思う。
05
ベルトの生地にベルト芯を貼る。
06
このとき、脇線のところから、5㎜ベルト芯を出すように。
後で、脇線のところにステッチをするので、その時にベルト芯もステッチ出来るようにね。
07
1㎝折る。
08
3.2㎝で更に折る。
09
後で、アイロンを掛けなおしたんだけどベルト芯のところはベルト芯の幅で折った方が良い。
つまり3㎝ね。
ゴムのところは3.2㎝が良い。
10
次は3.5㎝で折る。
11

12
手前の縫い代も折る。
予想通り、1.5㎝分の縫い代を取ってたんだけど、1.0㎝位になった。
13
このくらい控えられてる。
14
持ち出しのところは、控えは要らないので、こんな風に誤魔化す?!
15
使いたいゴムの長さ+3㎝(持ち出し)+2㎝(縫い代)を計算する。
それをゴムに書く。
ゴムは切らない。長いまま。
16
ベルトとスカート本体を縫う。
この時、生地の厚み(2㎜くらい?)裁ち端の方を縫う。
17

18
ベルトの端はこんな風にちょっと生地を出して縫う。
そうすると生地が控えられるから。
※こういう技は、佐藤貴美枝さんの本に詳しく書いてあるので、知りたい人はそちらを読んでね。
19
ゴムの一部を持ち出しにするので縫い代に縫い付ける。
20
ひっくり返して、ゴムを伸ばさないようにステッチ。
21
ゴムをベルトの内側に入れ込んで、
22
恐怖の落としミシン。
この恐怖は洋裁をやっている人なら分かるはず

※2㎜控えて縫ったところを広げながら縫うと落としミシンの縫い目が消える。
23
何とか無事に落としミシン出来たーー!
中々、いい具合に2㎜~3㎜以内に収まってるーー!
24
ここはよく落ちちゃうんだよね。
まつり縫いするかね。
25
ゴムを引っ張り出す。
26
ゴムを切って、念のためにひも通しを付けておく。
だって、怖いもん。
27
脇のところで、ゴムを合わせてステッチ。
28
後はもう、いつものスカート作り。
前ベルトの方に落としミシンをして、
29
ひっくり返してみる。
いい塩梅で縫えてるー!
30
無事に後ゴムスカートの部分縫い出来ました。
31
自信がなかったけど、3.2㎝幅と3.5㎝幅のアイロン定規で作れば上手く行くのね。

ありがとうございました。
Youtuber先生と佐藤貴美枝さん!
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ねこミシンさんのブログ私の記事を紹介していただいた時のコメントでひょっとして、ポケットティッシュケースを作りたい方がいらっしゃる?と勝手に思ったので、製図を置いておきます。

縫い方はこちらのねこミシンさんのブログで確認してね。()。
12
私の使ったファスナーの幅は2.5㎝。
ねこミシンさんの言うところの細い方のファスナーです。
02
製図はこちら。
pdfにするとか、そんなお洒落なことは出来ません!

なので、見にくいけど紙に書いたやつを写真に撮った。
アナログでごめんなさい。
01
ただ、このティッシュケースね、
ちょっと大きいような気がするのね。

私はこのティッシュケースで十分で早速、使っているのよ。
私の身近な人達には、ティッシュケースを散々作っているので、もう不要だと思うのね。

なので、これ以上ティッシュケースを作りたくないというわけ。

なので、丁度良い大きさにねこミシンさんなら、もしかしたら作ってくれるかも。
なーんちゃって

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日、作ったワイドパンツなんだけど、洋裁教室でね、ちょっと前に話題になったのよ。

『外でトイレに行くときに裾が床に着いちゃうよね』って。



そこで、いろんな意見が聞けたの。
100円ショップでゴムにマジックテープが付いているのが、売っているとか。
パンツ型の下着の裾にゴムが付いているをはいて、ゴムに裾を入れ込むとか。

ネットで調べてみたところ、だいたい似たような話が載っていたわ。

後、近くの割と大きい100円ショップに行ったのだけれど、裾バンド売ってなかったのよ。
アームバンドとパンプス用のバンドはあったのに。
売り切れなのか、需要がないのか分からないけど。
ちょっと不便なところに住んでいる人は、裾バンドを入手するの結構、大変なんじゃないかと思ったのよね。
それで、裾バンドを作ろうかなと思ったのよ。



調べてみて意外と裾バンドの作り方がネットにないことに気が付いたのよね。

という訳で、今日は作り方を載せる。



【裾バンドの作り方】
(ガウチョパンツ、フレアパンツ、ワイドパンツを着る方にどうぞ)
使用した材料は100円ショップの材料ね。
01

ライクラ織ゴムはメーター数が少ないけど、丈夫らしいので、買ってみた。
02


生地(6.8cm×54cm)とゴム(2cm幅×30cm)を切る。
03

布の裏を上にして布の端を1cm幅でアイロンで折る。
04
全部で4か所折る。
05

生地を中表にして赤いライン(縫い代1cm)のところを縫う。
06

縫ったところを軽くアイロンで割る。
07

生地をひっくり返す。
この時、ループ返しを使うとひっくり返しやすいかも。
08

私が使っているのはこれ。

ない場合は、縫い針に糸を通して、布端にちょっと縫いつけて、針のお尻から布の中に入れて、反対側に針と糸と糸を縫いつけた布端を引っ張り出すとうまくいくかも。
私は、このやり方が苦手なので、あきらめて、ループ返しを買ったのだけれど。



生地をひっくり返して、アイロンで生地を整える。
09

ゴムを通す。
10

布端を1cm折って、マジックテープを縫いつける。
ゴムは貫通するようにしてね。
11

11-1

マジックテープを付けたところ。
12

裏側
13

マジックテープの大きさや付ける間隔は、好きにしてね。
14

輪っかにしてみる。
15

ひとつ余分についているマジックテープは手首に巻くときに使う用。
17

16

外でトイレに行くときって、並ぶ時が多いよね。
その時に手首に巻いておけるようにした方が便利かなと思ってね。



参考にした商品はこちら。
結構、高いね


スカート避けのない自転車に乗るときも裾バンド、使った方がいいよね。



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
参考になった方も是非、クリックしてね。
youhuku88_31

このページのトップヘ