ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ: その他の作品

今日ね、揚げ物をしていたら、指先を火傷しちゃったのよね
今は、ほとんど痛くないから、大したことないんだけど。

指先を火傷するとアイロン使うのが辛いのよ。
スチームの暖かさとか、熱風?が指にあたると火傷したところが痛いんだよね。

それで、くじけて今日はアイロンなしで出来る作業をしてたの。
ちょっと前から気になっていたマスク仮置きケースね。

ささっと洗えて、清潔に保てそうな感じのやつがいいなと思って。
Youtube先生達の動画を見て、研究。

両面テープを使っているのは、洗えないからダメだし、面倒な形も避けたいっと。

そして、古カレンダーで試しに作ってみた。
いくつか作ってみて、最適なサイズを探ってみる。
01
一番大きいだろうHKマスクを置いてみる。
なかなか良さげじゃない?
これで、作ってみる。
02
使う材料は、これ。
新品のクリアホルダーと100円均一のホック。
03
指を絶対に切りたくないから、この定規を使って、切っていく。
黄色の壁(?)があるから、定規を押さえている指を保護してくれるんだよね。
04
1枚のクリアホルダーで男性用マスクケースと女性用マスクケースを作りたかったんだけど、5㎜ほど足りなかったので、男性用の方をちょっと小さくした。
マスク仮置きケース完成
05
どうでしょう?
なかなかいい感じ

実は、この100円均一のホック前にも使ったことがあって、その時にも思ったんだけど、やっぱりちょっと固い気がするのよね。

そこで、この前ユザワヤで買ったホックを試してみる。
シャツにも使えるみたいだから、そんなに固くないだろうと思って。
06
女性用マスク仮置きケース4つ完成。
07
んー、ちょっと柔らかくなったけど、あんまり変わらないかも。
デザイン的にはこっちの方がスタイリッシュな気がする。

ホックを打ち付ける時に金づちが滑って、傷がついてしまった
がーん!
08
失敗したので、これは自分用。

ちょっと寂しいから、マスキングテープを貼ってみた。
少し可愛くなった
09
今回、カッターの刃を新しいのに替えてから、切ったの。
それでも結構、力がいるから作る人はケガに気を付けて、作ってね。

ちょっと時間が余ったのと、指があまり痛くなくなったので、マスク作りもした。
追加で欲しいと言われてね。
マスクを外さなくても、そのままでペットボトルが飲めて便利らしい。
92
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
枝豆を買ったら、袋に枝豆の茹で方が書いてあったの。
93
なんと、水から茹でるらしい!
試しに水から茹でてみた。

私は枝豆が食べれないから、主人に食べてもらった。
沸騰したお湯から、茹でた場合と違いはないらしい。

なーんだ、そーなんだ。
って、それだけ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

冬物パジャマなんだけど、一冬しか着ていないのに、もう生地に穴が開いている
なぜか、3か所も
衿ぐりも伸び伸び!

1年くらい前にネットで見かけた情報なんだけど、
『4,5年前位の洋服があったら、捨てないで取っておいた方が良いですよ。』
って、アパレルの店員さんに言われた。
っていうのがあってね。

最近、急激に洋服の質が落ちてきているらしい。
1年くらいですぐにダメになるらしいよ。

私の場合、着ている洋服は、ほとんど作っているから、気づかなかったよ。

そのせいか、分からないけど、私の冬物パジャマ、もうダメになったのよね。
私のは割と安めのとある通販のパジャマなんだけど、一冬でダメになるのは、さずがにコストパフォーマンスが悪い。

しかも、衿ぐりがすぐに伸びるのよ。
だから、首元が寒くてね。

高いのを買えばいいのかもしれないけど。
ま、ニットだから型紙さえあれば、作るのも割と簡単だし。
『じゃぁ、自分で作っちゃおっと思ったの』
それでね、自粛生活中に家にこもって、暇になりそうだから、丁度いいじゃんってね。

実際はマスク作りに追われて、そんな暇、全然なかったんだけど

参考にしたのは、こちらの製図と実際の手持ちのパジャマね。
本当に参考にした程度で、デザインは大分違うけど。

『ウエストにくびれはないのね。』
とか洋服とは違う部分を参考にしたの。
01
プルオーバーを製図。
アームホールね、30㎝くらいになった。
大体24㎝~26㎝くらいだから、すごい大きいの。
02
パンツも製図。
03
パジャマは大きめが好きなんだよね。
でも、大きすぎると寝返りとかしづらそうだから、調整が難しいよね。

1度作ってみて、型紙のマイナーチェンジを繰り返して、良いパジャマが出来るようになれば、いいなと。
そしたら、格安で自分に合ったパジャマが作れるようになる

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
久しぶりにウォーキングしたら、靴擦れになった
もうちょっと細目に運動した方がいいよね。

文化服装学院の服装コース(通信教育)に提出した修了作品が戻ってきたの。
このドレスね。
10
添削のコメントでたくさん褒められていて、嬉しかった
最後の一文に『パターン力の向上にパターンコースもおすすめします。』って、あったから気持ちよく修了してもらって、パターンコースも受講してもらおうって、魂胆かなとも思ってしまった

疑いたくなるくらい、お褒めのコメントが多かったのよ

成績の点数も高かったし。
01
洋裁サークルの文化の先生に聞いたのだけれど、通信教育の点数の付け方は減点方式らしいの。
なので、80点取れれば、十分に合格みたい。

今回は、ドレス初挑戦だったのと、自分用なので、いつもより適度に力を抜いて作ったの。
減点方式だと過去最低点かな~と思っていたのよ。
思わぬ高得点だったので本当に嬉しい

見返しの処理をドレス仕立てにしてたんだけど、それについて褒められた
『よく出来ています。』だって。
キャー(≧∇≦)嬉しい
ドレス仕立てって初めてしたのに。

ドレス仕立てって、見返しと裏布が重なって、2重になっているのよ。
下記の図で分かるかな?
03

ファスナーの上にスナップを付けたんだけど、そのスナップにもコメントがあった。
05
『スナップOK』ってコメントもらった
教科書には載っていないから、わざわざコメントくれたのかな?

今、習っている先生がこのタイプのスナップ好きなんだよね。
先生の着ている洋服によく、このスナップが付いているの。
04
(絵が下手ね)

裾の見返し処理も褒められたの
キャー嬉しい(≧∇≦)(≧∇≦)
07
これも初めての処理だったんだけどね。
生地が足りないのと、綺麗なラインにしたかったので、見返しにしたの。
最後にバイアステープを地目で閉じる作業が面倒だったのよね

あ、後ね
『作図もパターンもよく理解されています。』だって!
ここも褒められた
ま、これは毎回あったコメントだから、それなりに嬉しいかな。

先生のコメントでね、
『着物を使用するのは、幅の制限もあり苦労されたでしょう。特に柄の配置には、様々に工夫された様子が伝わってきます。』っていうのが嬉しかったな。
本当に限られた幅で限られた生地しかないもので、柄合わせして、作るのは本当に大変なんだよね

【今回のドレスを作って、思ったこと】
ワンピースタイプのドレスだから、ちょっとワンピースより縫うのが大変なだけで、楽勝かな?って思ってたのよ。

そしたら、仮縫いは2回するし、(最初は3回するって言われてた)
見返しは、ドレス仕立て。
裾も見返しをつける。

柄合わせが中々面倒でね。
作図してから、生地に載せて、パターンを生地に合わせて変更。

コンシールファスナーがいつもより長いのも大変。

こんな感じで、本当に面倒でね。
途中で作るの嫌になって、中断したりもしてね。

想像よりずっと、ドレスって大変なのがよく分かったの。

前に洋裁の先生が言っていた
『洋裁って、研究している人はたくさんいるけど、たくさん作っている人には敵わないのよ。』って言葉を思い出したの。

作ってみると想定外のことがたくさん出てきて、こりゃ頭の中で考えるだけより、頭の中で考えたものを1着でも作った方が経験値が全然違うんだなと身に染みて思った。

というわけで、これからも新しいものを楽しみながら、作っていけたらいいな

修了作品と一緒に、講座の案内が同封されてたの。
早速、受講してみたい講座に付箋をつけてチェック中。
次は、洋裁とは関係なく別の資格を取りたいので、受講するかは分からないけど。
05

今日は、喪服のジャケットを作っていたの。
ボチボチ、楽しみながら作ってるよ。
じゃ、おやすみー
02
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

振り袖打掛から作ったドレスがやっと完成したの
やっほーい!
大変だったから、出来上がったときの気分は最高よ!!

作業は昨日の袖作りからね。
一晩寝たから、袖の作り方忘れちゃったかな?と思ったけど、そんなことなかった。
無事に両袖出来た。
01
出来上がったドレスをトルソーに着せて、袖を待ち針で留めてみる。
02
大体の袖付けの場所が決まったので、袖を仮に留める。
03
試着してみて、丁度良かったので、そのまままつり縫いをして、袖付け完成。
04
後、もう一息ね。
ファスナー上部にスナップボタンを留める。
05
使うときはこうするの。
07
私はホックより、スナップボタンの方が好きなのよね。
ホックってこれね。
よくはずれるし、髪の毛に引っかかるのよね。
06
ファスナー部分の裏布を星止めする。
ファスナーが70㎝もあるから、永遠に終わらないような気がするのよね。
いつもは、ファスナーのところに星止めしないよ。文化の通信教育に出すからよ。
99
中綴じをして、スカート裾に糸ループ。
09
完成よ
拍手して!!
10
後側ね。
11
ちなみに前身頃には鶴がいるの。
12
後身頃にも鶴いるのよ。
ラインが真っ直ぐじゃないから、ピッタリと柄合わせは出来ないんだけど。
13
前スカートの中心部分も柄合わせね。
着物のおくみと前身頃(左前)のところにあった刺繍の花をもってきたの。
ここだけ、日本刺繍がしてあってね、素敵だなと。
せっかくだから、生かしたいと思ってね。
14
袖は、分かりづらいけど、着るとこんな風になる予定。

載っている作品は着物から作られた洋服やドレスばかりで、みんな素敵よ。
写真だけで、製図はのっていないので、写真を見て製図出来ない人は要注意。

打掛を解いた日付を見たら、2019年07月25日になっていたから、作ろうと思ってから、半年以上かかったのね。
仮縫い2回もしたし。
本当に大変だったな

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ちょっと眠いから、手短に更新するね。
一昨日と今日やったドレス作りの作業ね。

裾を始末するためのバイアステープを作る。
5㎝幅のバイアステープが欲しいので、7cmで試しに切って、アイロンで伸ばす。
5㎝幅より若干、大きめになったので7㎝で丁度いいみたい。
01
7cmで切って、接いで、伸ばして、5㎝幅に裁断したバイアステープを作る。
スカートの裾の長さを測ったら、2メートルちょっとあったので、大量にね。
02
ミシンで縫う。
03
バイアステープに空ロックをかけたいのだけど、縮み縫いをしたいので、試し縫いする。
生地の上部に空ロックをかけたのよ。
生地がカーブしてるでしょ。
05
1.5じゃなくて、1.3で丁度いいみたい。
05
06
裾をまつったら、裾の始末の出来上がり。
裾をバイアス始末にする場合と、裾を4㎝に単純に折る場合を比べると、バイアス始末の方がパリッと仕上がるような気がする。
裾のカーブがキツイとバイアス始末にするしかないから、選択の余地はないんだけど。
07
袖を縫いたいので、昨日、絹の手縫い糸買ったのよね。
和裁をする人にミシンで縫ってもいいか聞いたら、『絶対にダメ』と言われたので、しょうがなく手縫いで縫うことに。
08
手縫い、大変ね
09
先日、買った和裁の本を読んだり、動画を見たりして、誤魔化したりもして、なんとかやっと片袖だけここまで縫えた。
もう少し縫う必要あるんだけど、とりあえず出来た10
本をひっくり返してみたり、PCで動画を検索したりして、すごく大変だった
おまけに手縫いで、振袖の袖は長いしね

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ドレス制作中でここまで出来たの。
02
肩のところが細くてね。
袖ぐり縫うのが大変
縫いづらくて、陰コバステッチも出来ない。
衿ぐりは陰コバステッチ入れられたんだけどね。

なるべく文化の教科書通りに縫ってるから、手縫いが多くて大変
01
最近の縫い方は、主に佐藤貴美枝さん方式で文化のいい縫い方のところも取り入れるみたいな縫い方になっているから、文化の教科書通りだと、面倒なのよね
文化の通信教育に提出するから、しょうがないんだけどね。

ドレスって、ワンピースより作るのが少し大変になるくらいかなと思って、作り始めたんだけど、予想以上に大変。
スカートの部分が長くて、型紙作りも仮縫いも生地を切るのも大変。
見返しと裏布の部分もドレス仕立てってやつにしたので、それも面倒。
生地が足りないせいか裾の処理もこれからやるんだけど、バイアステープを作ってやるので、それも大変。
大変ばっかりだけど。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

締め切りの関係で、ドレスを最優先で作らなきゃいけないんだけど、縫いたくなくてね。
いまいち、作業が進まないのよね
出来上がり予想図が、自分の好みじゃないのよ。

それで、生活の方もメリハリが出なくて、だらだら過ごしてしまってね。
ブログの更新も休みがち。
これじゃイカンと思って、気分転換に日暮里に買い物に行ったのよ。

普通なら、ウィンドウショッピングとかデパ地下なのかもしれないけど、洋裁をやる者だと、日暮里が気分転換に良いのよね

というわけで、日暮里で買ったものたちね。
コート用の生地と副資材よ。
カートなのにすごく重かった
10
最初に水色の生地を長戸で買ったの。
この生地、表と裏が分かりづらくて、内側が表か聞いたら、生地の表にこんな札をつけてくれたの。
コート用の生地を買って、こういうサービスしてもらったの初めてだったの。
ビックリ
11
その後、アライさんで生地を買ってね。
そしたら、また表の札を付けてくれたの。
生地の方向の↓つきでね。
2か所も付けてくれたの。
12
驚いて、『日暮里繊維街の協会とかで、そういう決まりになったんですか?』
『うちでやり始めたら、お客さんに言われたらしくて、他所でもやるようになったんだよ。』って言ってた。
便利でいいね
ちなみにアライさんは、おしゃべり(営業トーク)が上手くてね、ツイツイのせられてたくさん買っちゃいそうになるのよね。

次はEdwinとトマトでパンツ用の生地とニットを買ったの。
14
白とグレーのニット生地はね、合計で5メートルも買ったの。
この生地は前から、欲しかったんだけど、前回行ったときはなかったので、もう買えないのかと諦めていたのよね。
この生地すごく暖かくて、タートルネックにして、ベストやチュニックと一緒に着るとすごく暖かいのよ。
いいお値段だけどね
白のニット生地は、難ありだったの。
15
おまけしてくれた
最悪、自分用のにして、ベストで隠れればいいかなと

Edwinはいい色の生地がたくさんあったけど、1本除いて、どれも綿100%だったのよ。
綿100%だと生地が伸びないの。
生地が伸びないパンツは、中高年にはちょっと厳しいかなと思って、買えなかった
買った生地は、これね。
16

一応、ドレス作りもボチボチしているのよ。
02

最近、ワンピース用にネットで70㎝コンシールファスナーを買ったの。
黒のフラットニットファスナーは、料金が足りませんとのことで買った。
17

明日からはサクサク、ドレスが作れるといいな。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は、このドレスの型紙作りの続きをしていたの。
身頃の裏布の型紙作りは、基本的に写すからそんなに大変じゃないんだけど。
スカート部分の裏布の型紙作りは、表布の型紙と変えたので、頭をそんなに使ったわけではないけど、疲れた

身頃の裏布の型紙
2

スカートの裏布の型紙
1

ちなみにスカートの表布の型紙はこんな感じ。
01

裏布は表布と同じなのが基本なんだけど、スカートは変更を入れる場合が多いのよね。
今回は、着物の柄を生かすために表布のデザインがちょっと変わっているからね。
生地も細切れで小さいしね。
裏布はキセが生きるように一般的なデザインに変えてみたの。
こんな複雑な裏布にしなくても、タイトスカートみたいなロングスカートでもOKだと思う。
マーメイドスカートの裏布はそうするしね。

今日の夕方あたりから、寒気がして、さっきまで寝ていたのよね。
寒気はなくなったけど、明日はゆっくり休んだ方がいいかもね

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

先日、買ったニットを使って、お歳暮用のチュニックと自分用のベストを作ったのよ。
02

縫ったベストはレディブティックに載っていたこのベストね。
ちょっとデザインは変えているけど。
3

今回、生地が分厚くてね。
分厚い生地は、縫うときに伸びやすいので、試し縫いして、差動1.5で縫ったの。
1

衿を縫うときね、最大で生地が5枚も重なるので、押さえ圧もちょっと弱めにしてみた。
サインペンで印を付けておくと元に戻しやすいよ。
説明書によると、どんな生地にも合うように最適な圧に調節されているらしいから、元に戻せるようにした方がいいと思う。
2

生地が分厚いけど、どうにか完成
4

衿のデザインが気に入っているの
5

今回の水玉の生地は、柄合わせはしなくても大丈夫かな~?と思ったんだけど、前身頃と後身頃の柄の高さは、一応合わせた。
ついでに裾と身頃の縦の柄も合わせた。

このベストはお気に入りでね。
親戚のおばさんや母にも何回も作ってるの。
『暖かいし、コートを着る時に袖がきつくならなくて良い!』って、評判いいのよ。
自分用も今回のベストで3着目。

『これはいい!』っていうデザインがあると繰り返し作っちゃうよね
市販の洋服だと同じデザインは、何着も手に入りづらいけど、手作りだとそれが出来るから素晴らしい

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

今日は、大分前に先生に仮縫いを見てもらったドレスの型紙を修正して仮縫いしていたの。

シーチングで手縫いで仮縫いをする作業は、あんまり好きじゃなくて、どうしても後回し気味になっちゃうのよね。
更に自分のだし。
自分のは後回し気味になる。

前回のドレスの仮縫いでファスナーの長さが短いことが分かったので、ネットで長めのコンシールファスナー70cmを購入。
その辺の店で買うと56㎝より長いコンシールファスナーは、売ってないのよね。
新宿のokadayaにもなかった
1

ネットで検索するとコスプレやドレス制作に長いコンシールファスナーを使うって出てきたので、需要はそれなりにあるみたいよ。
あ、でもコスプレはその日だけ着れればいいから、ホチキスを使ったりもするって読んだことあるし、人によるのかな?!

先生に型紙をこんな感じで修正してもらったので、型紙を書き直して、
2

修正箇所のシーチングを切って、縫って、
3

出来上がり。
4

シーチングの状態だといまいちね
素敵なのできるといいな

洋裁の先生ね、私がそれなりに製図や型紙を書けるからだと思うんだけど、修正の指示だけ出して、終わりなのよね。
それで、いいんだけど、早く修正しないと、記憶が無くなるのよ~
今回は、まだ憶えていて大丈夫だったけど、修正してから2週間以上過ぎてたから、やばかったな。

3回仮縫いが必要って、言われたんだけど2回(今回)で終わんないかな。
無理かな。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

このページのトップヘ