ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ: ベスト

最近、洋裁の時間が取れなくて、進みが遅い。
今日もあんまり出来なかった(泣)

もっと縫いたいなー!

---------------------------------

どうしてもミルキーの生地が欲しくてね。
買っちゃった。
01
可愛いでしょー

でも思ったより柄が大きかった。
飴玉を包んでいる柄の大きさくらいかと勝手に思ってた。

さて、用途は決めずに1メートル買った。
何作ろう。

全然決めてない。
薄手のシーチング。

一緒に買ったのは、帆布11号とパイピング芯だよ。

---------------------------------

一年弱前から、主人にベストを作って欲しいとリクエストされていてね。
下記と同じ生地で同じサイズで欲しいんだって!

この時は、作ってみたかったんだよね。
あんまり作ったことのない裏付きベストだし。

今は、もう縫い方覚えちゃったから、新鮮味があんまりなくてね。
タダ働きで縫うわけだしで、ズルズル縫わないで時が過ぎてしまった。
02
それで、ベストを着ているところを見るとキツそうでね。
本人も太ったって言ってる。

一応、入っているんだけど。
市販品の試着だとOKかもしれないけど、洋裁の仮縫いだとアウトなのよっ!


で、仮縫いしたわけよ。

脇のあたりの布をいい感じにゆとりを持たせると。
こんな感じ。

大分、太ったわね。

本人は痩せるって言っているから、そのままのサイズで作って欲しいみたいなんだけどね。

私の勉強のためにも付き合ってもらう。
それに、細いベストと太めのベスト両方あってもいいじゃんって思うからさ。
02
後側はこんな感じで後裾が足りない。

これは、前からこんな風だったと思う。
ちょっと浮き気味だった。

太ったのとは関係ないかな~。
03
そして、洋裁の先生にアドバイスを貰ってきたぜ!

前身頃はこんな感じに修正。
これは簡単だった。

(※女性用文化原型4分の1を使ってます。男性用持ってないの。)
05
問題の後身頃。
先生はこんな感じに修正すればいいよって、教えてくれたんだけど。

『多分、肩甲骨あたりが盛り上がってると思うから。』とのこと。

確かに肩甲骨あたりの盛り上がりが原因のような気がする。
06
で、上記のやり方だと、背中辺りを広げると反動でダーツが広がるんだよね。
で、この位、広がった。
ウエスト部分で10㎝以上。

これは広がり過ぎなんだよね。

ダーツを小さくして、その分脇とか背中で削ったんだけどさ。。。
削りきれなくて、デザインのバランスがとにかく悪いんだよね。。。

最終的に修正を決めるのは主人の体型と試着を見てる私なわけで。
この修正はやめようかと。
07
この本を参考にして、
09
この修正方法にした。
08
本によると、『屈伸体型』と言う体系の修正方法らしい。
胸幅が狭くて、背が丸くて、前方に湾曲した体型らしい。
身体に厚みのないのも特徴らしい。

年寄りの体型だね。。。

でも、主人は筋肉に脂肪が付いた固太り体型で厚みはかなりあるんだけどね。
背中は年相応に丸いんだね~。
(前回、本人に言ったら凄いショックを受けていたので、今回は黙って修正する。)


洋裁って、ズバズバ書いてあるよね。
この前、型紙補正の本を読んでたら、『美しくない』体型ってハッキリ書いてあったし。

私の体型は『美しくない』方でゴザルヨ。。。

型紙補正 (Boutique books)
土屋 郁子
ブティック社
2019-02-18


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ね、眠い。
けど、頑張って更新するぜ!
日本語がおかしいのはスルーしてね。

って言っても、ボタンと中綴じだけなんだけどさ。

ボタンホールを試し縫いして、ボタンホール作って、ボタンを付ける。
02
ポケットの裏側のところで前見返しを中綴じする。

わざとね、中綴じしやすいように前見返しを製図してるのよー。
本当よー。

失敗したことあるよ。
もう少し、前見返しを太くしたら、中綴じできたのにって。

ポケットに定規を入れて、
03
奥まつり。

先生に聞いたら、奥まつりがいいって。
簡単にループか千鳥にしようかと思ってたんだけど、先生に言われた通り奥まつりにする。
04
肩と脇も中綴じして、
ロングベストの完成!
07
半裏で裏布も付いてますのよ
08
このロングベストは親戚のおばさんの希望で作ったのね。
で、作るにあたってボヤっとした希望しか言わなくてね。

高齢者?の好みを知りたくて、洋裁サークルの人に色々聞いた結果、このデザインにしたのよ。

それでもう一度、
『このフレンチスリーブ(Google検索)みたいな袖()いる?』
って聞いたら、
09

『いるわよ!高齢者は肩が寒いの!冷えるの!それにこの袖だったら、コート着ても邪魔にならないし!』
と力説された。

あ、そうなのー。
知らなかった。

私、中年だし。

ベストの袖?必須なのか。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

土曜日、主人と出かけたついでにユザワヤに行ってたの。
なんてったって、全品40%引き!
01
ただし、特価、リバティ等は除くね。

うーん、色々見たんだけど。
あんまり心動かされるものがなくてね。

リバティやソレイアードなら欲しいけど、割引ではないし。

微妙に使わない布などを買っても罪庫になるだけ。
それなら40%引きでも高くつくよね。

テレビに出てる方が前に言ってたんだけど。
『欲しい時が一番お買い得。』
って。

そうなんだよねー。
というわけで何も買わず。

蒲田店や吉祥寺店はまだやっているので、ハガキを持っている人は行ってみるといいことあるかもよ


それでさー。
12月並みの気温の中、秋の恰好で歩いてたのね。

それで翌日、体調崩しました。
鼻水だけ止まらず。

もう治ったけど。
体、弱っ!

----------------------------------


脇と袖ぐりを縫う。

脇にスリットが入ってるの。
無理矢理、ロックミシンと直線ミシンで縫った。
07
脇下なんか本当に無理矢理、直線ミシンで縫った。

あぅっ。
裏布のロックミシンの糸は交換が面倒でグレーの糸で縫った
08
ポケットのステッチを5㎜から7㎜に直す。
02
やっぱり、7㎜ステッチの方がいいね。
05
ついでにあちこちステッチをして、ここまで出来た!
99
脇下のVのところも綺麗に縫えました。
イェーイ!
06
ここがVの字だから、半裏にしたのよー。
綺麗にすっきりしたかったから。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
明日は、出かけるのでブログはお休みします。

今日、仮縫いで依頼者様に会ったのね。
褒める意図はなかったんだと思うんだけど、褒められたーって思ったの。
『洋裁教室に行かなくても十分に上手だと思うんだけど。』
キャー。
褒められちゃった!

大事な事なので、太文字ピンクにしてみた。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は集中して作っていたので、写真は少な目。
ごめん。

以前、先生にベストの袖ぐり始末の相談をしたのね。

袖ぐりに見返しを付けると、ゴロゴロするんだよね。
生地が厚いと、あたりが出たりもするし。

二つ折りで無理矢理、処理するのも
『なんだかなー。そこまでカジュアル?でもないし。』

それで先生に
『バイアスはどう?』
って言われて、
『それ、いいかも。』
って思って。

そしたら、先生が
『半裏は?』
って。

半裏!
超良い!
さすが先生!

って思ったのよ。

正直、袖ぐり始末の中で一番面倒くさいけど

でも一番、袖ぐりがすっきりして、着る時にスルッと滑って着れるし。
着心地が多分、とても良いと思うのよね。

なので、頑張って半裏にする。

----------------------------------

裏布を裁断。
01-01
半裏を作る時って、大抵の人がやりにくい?と思うのが裾の三つ折りだと思う。
ほぼバイアスになるからさ、アイロンで折りにくい。

前に先生に教わったんだけど。
(実践するの初めてかも。)

裾の三つ折りを地目にする。
アイロンもしやすい上に、一番伸びて欲しい背中の動きのあるところがバイアスになって、着やすくなるって。

なので今回、生地に余裕があったので、三つ折りを横の地目(←→)と平行にした。
これで、三つ折りが楽々

----------------------------------

脇と袖ぐりを残して、全て縫い縫いしたところ。
そして、裏布を控えるために2㎜、表布より小さくカット。
02
今日は、ここまで。
脇と袖ぐりはまだ縫ってない。
03
5㎜ステッチでポケットを縫ったんだけど、7㎜ステッチの方が良いような気がしてきた。
はぁ~、解くのか~
面倒くさー。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

本人が試着して、OKが出たので作る。

なんと!
直すところないらしい。

----------------------------------

表布以外の型紙を作る。

型紙を作るのに使ったハトロン紙は再利用だよー。
節約ね。

製図に使ったハトロン紙で、もう既に作って、使い終わってるやつ。
消しゴムで消しながら、書いていく。
01
そして、生地を切る。
この生地、どっちが表か裏か分からなかったので、思い切ってこっちが表と決めて裁断した。

ポンチっぽい生地。
ポンチとは書いてなかったけど。
生地の種類は忘れた。

直線ミシンで縫う箇所っぽいところと必須の箇所にペタペタ接着テープ貼った。

見返しは柔らかく仕上げたかったので、接着芯はなしに。
さぁて、吉とでるか凶とでるか。

どうなるかね
02
初めて裏あり四角形のアウトポケットを縫ってみた。
丸みのある裏ありポケットはよく縫うんだけどさ。

ちょっとドキドキした。
無事に裏布が控えられて、良かったぜ

写真だと分かりづらいけど、ちゃんと控えられてるのよ!

えっと、表布の縫い代を1㎝にして、裏布の縫い代を0.8㎝にして縫うのがポイント。
03
ベストはね、いつも忘れたころに縫うから縫い方を忘れがち。
また、教科書を見て復習しないと

3着とか連続で作らないと覚えられない。
ベスト、そんなに需要ないのよね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

コープ宅配してるのね。
それで全国の名産品を頼めたりするんだけど。

今回、初めて柿の葉寿司を注文して食べた。
すごく美味しいのね。

それと冷蔵庫に入れなくても消費期限が明日の17時までなのにビックリ。
柿の葉の抗菌作用が効くのかしらね。
99
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

親戚のおばさんに送るお中元用のブラウス作りが終わったと思ったら、もうお歳暮よ!

時が経つのが早い!

毎年、冬はニットのタートルネックのチュニックかプルオーバーをお歳暮として送ってたんだけど、飽きたらしい。

そりゃそうだよね。
もう何年もずっとタートルネックだったもんなー。

それで、今年はロングベストが欲しいんだって。

それで、先生に見てもらったロングベストの型紙を作って、仮縫い用のトワルを組んでた。

使った生地はこれ。
ヤフオクで買って、伸び率がいまいちの固め綿100%の白いニット生地。
01
適当にざくざく切って、縫った。

んー、何か検査着というか、制服というか作業着というか。
ちゃんとした素敵なロングベストになるのかね~
02
今回、仮縫いに立ち会えないので、ボタンの代わりにスナップを付けた。
解いた着物のスナップを再利用。
03
節約っていいね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
明日はエアコンの取り付け工事があるので、ブログはお休みするかも。
多分、洋裁が出来ない。
明後日は出かけるので、明後日もブログはお休みかも。

私の習っている洋裁の先生は結構、ズバッと言うのね。
ズバッと言わないと製図が進まないのもあるのかもだけど。

今回の先生、絶好調でバッサリ言ってた。(笑)

『年取るとヒップが小さくなって、ウエストが太くなるのよー。』
ヒップのハリがなくなるんだよね。

『若い人なので、肩ダーツなしでイセです。』
『それでいいと思う。』
私の着るジャケットとコートは大体、肩ダーツ入れる。
加齢で背中が丸くなるから。

入れない時もあるけど。
(この辺りはケースバイケース。)

『若い人は後身頃より前身頃の方が大きいのよ。』
私の洋服は大抵、後身頃の方が大きい。

大分、慣れたけど、きっつー。(笑)
今日は特に炸裂してたような気がする。

体、鍛えようかな。
----------------------------------
昨日、買ってきたボタンをベストに付ける。
ボタンの位置を粗ミシンで印して、
01
ボタンホールとボタンを付けたら、完成。
トルソー持ってないから、吊るしでごめん。
02
試着してもらったら、肩ダーツと袖ぐりをたたんだおかげで、綺麗なラインになってた。
03
そういえば、このベストの衿ぐりダーツを直した時も
『年取ると、背中の肉が落ちるのよ~。』
って言われたな。

まぁ、明らかに男性用原型よりは落ちてるもんね。(笑)

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は雨で引きこもりだったので、大分作業が進んだよ。

そして、初めての試み。
こちらの動画を参考に。

いままでは裾を返し口にしていたので。
裏布の後中心を返し口にするのは、知らなかった。

ふ~ん、なるほど勉強になります。

----------------------------------

まずは、表布と裏布の合体。
前端と衿ぐりを縫って、ステッチする。
01
まだ、脇は縫ってない。
02
ここから、ちょっとびっくりするんだけど。
ベストを平置きする。
03
裏布をカットする。
裏布を縫い途中で切るって、びっくりしない?!

なぜカットするのかというと裏布を控えたいからなのね。
裏布をカットせずに縫うと裏布がダブつくからだと思う。

でも文化の教科書だとカットせずに布端を合わせて縫うので、まぁ好みなのかな?!
私はこっちの方が好き。
05
無事に控えて縫えた。
うん、裏布もダブついてない。
06
アップ。
07
ここまでやって、やっと脇を縫う。
08
そして、袖ぐりにステッチ。

分厚いところは布をかませてステッチ。
Youtuber先生がやってたのを真似てる。
09
中綴じする。
下記は後見返しと後中心のところね。
10
ここから大事!
ここから、初めての試み!
Senjyu工房さんの真似!

裾を全部、閉じる。
返し口を残さず、全部閉じる!
11
裾をゆるくまつる。
表に響かないようにヘム芯にまつる。
12
昨日、粗ミシンで縫ったところを解く。
裏布の後中心のところね。
13
で、ここを返し口にしてひっくり返す。
ひっくり返したところ。
14
実は前見返しと裏布の裾の境目のところなんだけど、3㎝ほど空いているのよね。
14-01
ここから、後中心を引っ張り出す。
無理矢理。
マジで無理矢理。
14-02
後中心の返し口のところを縫う。
15
そして、整えたところ。
うん、想像通りシワシワ(汗)
16
アイロンで整える。
17
さっきの隙間を千鳥がけと縦まつりで閉じる。
18
今日はここまで。
19
本当にYoutuber先生様様です。
全てのYoutuber先生、ありがとうございます。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

プロはね、出来上がった後、確かスチームたっぷりの部屋に入れて、シワを伸ばすらしい。
それはそれは、綺麗になる。
だから、多少のシワはどうでも?いいらしい。
いいな~。

ちなみに私もやったことあるよ。
1着あたり500円だった。

あ、でも、着ちゃえばあんまり関係ないかも。(小声)
だって、すぐにシワが出来ちゃうし。

店頭でマネキンに着せて売るわけでもなし。
それに丁寧に仕上げアイロンをかければね、ね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日も昨日のベスト作りの続き。

裏布を裁断して、裏布を作る。
脇はね、最後の方に縫うので、今は縫わない。
01
初めての試みなんだけど、後中心の一部を15㎝くらい粗ミシンにした。
後で解くの。
アイロンを掛けるために縫った。
02
念のためボタンホールになるところにヘム芯を貼る。
このヘム芯、すごく柔らかくていいんだよね。
04
ロックミシンで肩と後中心を縫う。
またも脇は縫わない。
05
後は直線ミシンで縫うだけのはず。
多分。
ベストはあんまり縫わないから、記憶があやふやなのよね。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は、箱ポケット3つ縫って終わった。
疲れた。

さすがに連続5個も箱ポケットを縫うと覚えるね。
最後の方は、本をあんまり見ないでも縫えた。

タイトルにあった切りポケットっていうのは、こういう風に身頃を切って作るポケットの総称ね。

切りポケット苦手なのよ。
っていうか、あんまりやりたくない。

下の写真を見れば分かるかもだけど、ミシン目のきわきわまで切り込みを入れるのよ。
きわきわまでハサミを入れないと、上手に作れない。

そんでもって、身頃に切り込みを入れるから、失敗が許されないってやつ
ヒーーー!
01
それでも縫い縫いして。
02
両面テープを使ったり。

鋭角のところは、余計な布を三角に切ったりした。
この辺りは本に書いてないんだけど、生地がちょっと厚いので切らないと上手くいかない。

こういうのに気付けるようになったので、『上手になったなぁ』と思ったり。
03
箱ポケット3つ出来上がり!
04
胸ポケットにスマートフォンも入った!
07
ウエストのポケットも使わずに飾りになるかもしれないけど出来た。
05

06
接着芯を貼る前に気づけって話なんだけど、前身頃にはる赤い矢印()の接着芯。
ヘム芯でも良かったのでは?と。

そのようなこと教わったような気がする。
楽できたのにしなかった事をちょっと後悔。
08
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ