ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ: パンツ


ヒモとゴムを通すための通し穴を開ける。
接着芯も補強でちゃんと貼ってあるよ。
01
後ポケットを作って、
02
脇ポケットも作る。
03
パンツを筒状に縫って、股ぐりも縫って、ウエストベルトも縫う。
2㎜の左の段付き押さえ使ってるよー。
必ず2㎜幅に縫える優れもの
04
ベルト通しも付ける。
05
ここで、電話でウエストのゴムを

かっちりしたゴムベルトにするか、
柔らかめのパジャマゴムにするか

母に聞いてみた。

最近、神経痛が悪化したので、緩々のパジャマゴムがいいらしい。
薬が効かなくて、ツラいみたい。

あ、そう。

手伝いに行った方がいいのか、コロナだから、遠くから見守った方がいいのか。

うーん

ま、気を取り直して、ゴムとヒモを入れる。
06
なんか、ゴムの結び目が光ってる
99
裾をまつって、
08
パンツの完成
09
後側
10
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
一番の難関のファスナーがないから、作るの楽だったかな。

明日から、しばらくブログお休みです。
実家に帰るかも。
電車で。

大分前に母に『ワイドパンツを作って。』と頼まれたんだよね。
その時は、真夏だったんけど。

それで、今日からワイドパンツを作り始めようと思って。
もうすぐ秋が来るのに本当にワイドパンツが欲しいか、裁断する直前に電話で母に聞いたのよ。

ゴム入りの普通のパンツ(ストレートパンツ)も出来るよって言ったんだけどね。

やっぱり、ワイドパンツが欲しいんだって。
涼しくなったら、家の中で着るから構わないらしい。

使う生地は、ちょっと前に買ったパンツ用の生地。
01
生地の端の方を使って、ウエストベルトに入れるヒモにする部分を切る。
10
ここで、パンツ本体を切ったんだけど、写真忘れた。
ごめん

母のだし、お金を貰えるわけでもないから、肩の力抜きまくりで作ってるせいかも
コロナ禍が収束して、次に会ったときにはワイドパンツの事なんか忘れてるに決まってるし
きっと、貰った瞬間だけよ。
覚えてるのは

残り生地で、ポケット等の小物も裁断。
『うら』って文字は、ローチャコで書いてるから、アイロン掛けたら消えるよ。
11
ロックミシンをかけられるところにかける。
05
今日は、忙しくてここまで。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
最近、お料理動画を見て、作ることが多かったんだけど、どれもあんまり美味しくなくて
美味しいんだけど、私の口に合わないだけだと思うんだけど。

後、工程をカットしすぎてる動画で、なんとなく作ってた時もあったんだよね。
料理が得意じゃないと、工程を短く編集してある動画はキツイね。

今日、久しぶりに動画を見て、美味しい料理が出来たのよ

イェーイ!
ナスの肉巻き!
99
ナスを縦に4等分にして、豚小間を巻いて焼いただけ。
タレは、よくやる自分の照り焼き味にした。

初めてナスの肉巻き作ったんだけど、凄く美味しいのね。
エノキ、おくらとかいろんなもの巻いてきたけど、ナスはしたことがなかった。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日、パーカーを作り終わったら、ものすごい開放感でね、
ついつい、ママチャリで遠出のサイクリングに出かけちゃったんだよね

記録を見たら、158分の21kmだってさ。
01
それで、ちゃんと寝たにもかかわらず、疲れが抜けなくて眠いので、失敗してもいい自分のパジャマのショートパンツを作ることに。

02
ロックミシンで端処理。
03
接着芯を貼った後、ボタンホールでゴム通し穴を作る。
04
ポケットを縫い付ける。
パジャマだし、どこにも着て行かないのに、無駄に柄合わせをしてしまった
05
脇を縫って、
06
裾を縫って、
07
筒状になった。
08
股を縫う。
股下は2度縫い。
09
ウエストのベルト部分、ゴムを通すところを縫う。
10
今現在、はいているお払い箱になるパジャマのゴムを再利用するためにゴムの縫い合わせたところを解く。
節約、節約!
11
ゴムを通して、再びゴムを縫い合わせる。
12
パジャマのショートパンツ完成
グレーの水玉ショートパンツも可愛かったけど、こっちも可愛い
13
無駄に柄合わせしたポケット2つ付き。
14
脇のところも柄の高さを合わせた。
あんまり意味ないと思うんだけど
遠くから見たシルエットは綺麗に見えるけど、これを着て家から出ないしね。
15
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日もランキングポイントが120!
3日連続100越え!
クリックしてくれた方、ありがとうございます。


生地は、猫柄の可愛いのを使う。
表の肌触りもいいんだけど、裏の肌触りがすごくいいんだよね。
01
でね、この生地W幅(150㎝幅)だと思って、買ったんだよね。
そしたら、80㎝幅だった
高かったのに!
80㎝幅ってことは、思っていた金額より約2倍高かったって、ことなんだよね
がびーん
よく商品説明を読めってことだね。

しかも袖が生地の二つ折りで入らない
02
生地に全部の型紙を乗せたら、ギリギリの量ていうか、微妙に足りなかったので、これ以上生地を無駄にしたくない。
上下両方とも猫柄のパジャマが欲しい!

なので、着物リメイクでよくやる2枚袖にした。
03
後、4メートルも買ったのに生地が足りないのでパジャマのデザインを変更することに。
プルオーバーの方の別裾をなくした。
赤い矢印のやつね。
99
そして、パンツを裁断した後、最後にプルオーバーの身頃を切って、丈を生地のある限り伸ばすことに。
そして、出来上がった上着。
型紙より5㎝ほど延ばして裁断した。
05
パンツも完成。
ハイウエストにして、お腹の上の方までカバーするように。
今、履いているパジャマのパンツと同じね。
06
後側はポケット付き。
ポケットがあると履くとき、前後を間違えないから、便利だね。
試着したときに思った。
ま、ゴム通し口を見るのでもいいんだけど。
07
試着したところ、サイズばっちり、肌触りバッチリだった。
お気に入りのパジャマになった
久々のヒット

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
予算より生地が大分、高いので3年は着ないと元が取れないような
2着作る予定だったのに。
お得なのか、そうでないのかよく分からない。

今日は、昨日の続き
パンツ作りね。

前開きファスナーをつける。
さすがに2回連続でやったから、スイスイ出来た。
01
ヨークを付けて、ボタンなどを付けたら完成。
02

03
写真撮るのに手を抜いたら、結構シワシワになってしまった。
出来上がったら、ヘロヘロに疲れちゃってね。
写真撮影がいい加減に
04
後側
05
今回、ボタンを主人の古スーツから、勝手に拝借
古スーツを下取りに持っていくと、店によっては、割引されることがあるから、取ってある古スーツなんだよね。
もう、1年以上放置されてるし、
カビそうだし、
そろそろ、捨てて欲しいなっと。
06
持ち出しの部分、バイアスじゃないね。
しかもベルト部分の柄を見ると、柄合わせもしてある。
芸が細かい。
すごーい。

グレーのボタンかぁと思ったんだけど、後ポケットにいい色のボタン発見。
これを使った。
07
紳士物のパンツって手が込んでいて、おもしろいよね。

滑り止めがあったり、
08
股に布があったり、
10
ベルトの裏側は未知の世界だしね。
09
手が込んでいて、絶対に真似したくないけど。

ジャケットからもボタンを外して、
11
使うか分からないけど、糸でボタンをまとめる。
12
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
紳士服って、面倒な工程が多いせいか、キチンと教えられる先生に会ったことないんだよね。
ズバッと『縫えません』って言う教室もあったし。
女子の縫い方と同じなら、教えられる先生もいたけど。

一度、紳士用パンツは縫ってみたいな。
右収まりか左収まりかで、型紙が違うらしい。
どんな感じなんだろう?
フルオーダーメイドの紳士服だと必須の項目らしい。

履けるパンツが1枚なのは、心もとないので追加でもう1枚作ることに。

使った生地はこれね。
去年の夏あたりに日暮里で買った生地。
分かりづらいけど、こげ茶にモスグリーンが少し混じっている色。
01
前回、作ったときと同じように5㎜ずつ脇を出して裁断。
02
脇ポケットを縫って、
03
後ポケットも縫う。
04
前回のパンツ作成とほぼ同じ内容でつまらないよね。
わざわざ見に来てくれた人、ありがとう

でも、前回とちょっと違うところが1点だけあるの。
それは、持ち出しを地目に平行ではなく、バイアスで取ったところ。
05
ついつい、バイアスで取るのを忘れてしまう
必ず、バイアスでないとダメというものでもないのでね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
パンツ作りって、あんまりときめかないんだよね。
生活のために作るからね。(節約)
次に作りたいやつも生活のためだし。
そろそろファッションのために洋裁をやりたーーい

昨日の続きでショートパンツを作ってたのよ。
ファスナーもないゴム使用なので、簡単に出来た。
01
後側ね、
アウトポケットが2つ付いているんだけど、柄合わせしたから、分かりづらいね。

水玉のずれでかろうじて、分かるかな?
間違い探しみたい
02
ゴム通し付きにした。
1つでいいんだけど、なんとなく2つ。
03
残り生地で、クッションカバー。
『リップル生地で座布団カバー作ると気持ちいい』と聞いて、作ってみた。

こちらは、柄合わせは全く出来なかった。
04
裏側
ファスナーの位置がここじゃないと生地が取れなかった。
05
クッションを入れてみたところ。
おぉ、ピッタリー!
っていうか、初めて作った型紙ではないので、ピッタリなのは当たり前なんだけど
久しぶりに作ったからね。
06
クッションを抱きしめてみたら、気持ちいい
リップル生地って気持ちいいのね。

さらに残布で巾着作り。
07
よくある巾着袋。
色々便利なんだよね。
生地が薄くて、嵩張らないし。
08
さらに残布でマスクね。
09
これで、リっプル生地は終わり。
スッキリしたーー。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
たまたま、母と親戚のおばさんと電話する機会があったんだけどさ。
その時、二人にそれぞれ『日暮里に買い物に行っても大丈夫かな』って聞いたら『ダメよ』だってさ。
やっぱり、まだダメなんだね~。

今日はバタバタしていて、疲れて昼寝をしちゃったので、あんまり作業は進まなかったのよね。
昆布制限あるのに、昆布を食べたせいで怠いのもあるかも

涼しいマスクを作ろうと思って、買ったリップル生地(100%)なんだけど、マスクを作って試着したら、結構暑いんだよね
可愛い柄なんだけど。
01
そこで、夏物パジャマのショートパンツにしようかと思ってね。

前に作ったことがあるショートパンツの型紙を再利用。
生地を裁断。
01
ロックミシンで端処理。
新しいミシンで3本糸、初めてだったけど何の問題もなかった。
02
ポケットを作って、後ろに付ける。
柄合わせ、必要なかったんだけど、生地があんまり無駄にならないで出来そうだったので、ついつい柄合わせしてしまった。
03
分かりづらい
重りを置いてみた。
04
今日の作業はここまで。
リップル生地で洋服を作ると涼しいらしい。
楽しみ~

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
興味ある人だけ~。
【ロックミシンの空環始末】
私の場合は、100円均一にあるワンタッチ針(Google検索)使うの。
針穴に糸を通さないタイプの針ね。

ロックミシンは返し縫いが出来ないので、縫い終わりの糸を中に入れ込む時があるんだよね。
10
針を縫い目に通す。
11
針に糸をひっかける。
12
針を抜く。
13
糸を切ったら、空環始末終わり。

とある本の空環の始末なんだけど、糸を縫い目に乗せて、直線ミシンで上から押さえるっていうのもありみたいよ。
そっちの方が面倒だから、私はしないけど。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日、夕飯を外食する予定なのね。
昨日、予約したの。

美味しいものを食べるのにウエストのきつさを我慢しながら、食べるのは嫌だったので、急遽パンツを作ったのよ。
時間内に無事にパンツが出来た。
間に合ったよ!!

しかも、サイズがピッタリ。
お腹いっぱい食べたら、パンパンだけど

急いで作ったら、途中の写真は少なめね。

私にとっての最難関?の前ファスナーが出来上がり。
01
ヨークのベルトを付けるんだけど、ヨークのベルトだから、曲がってるんだよね。
ま、いっかと思って、ちょっと前に買った落としミシン用のミシン押さえで、ベルトとパンツ本体の縫い目を縫っていく。
02
案の定、はみ出たのでやり直し
本当の直線のベルトでないとこの押さえはダメらしい。

もうひとつの落としミシン用の押さえで縫っていく。
こっちはうまくいった
03
赤い矢印のところを縫ったのね。
06
使った押さえ金はSUISEIのSP36N
ちょっとくらいカーブがあっても大丈夫だから、おすすめ。
04
普通の片押さえと違って、針の落ちるところが違うの。
05
左がSP36Nね。
右が通常の片押さえ。

この後、ベルトにステッチ等をして、パンツ完成。
08
後側
09
前パンツのファスナー部分。
10
ボタンが見えないタイプが好きなんだよね。
作るのは、面倒だけど。

ボタンホールが引っ張られてるのは、見られたくない
後、ボタンがないから、ボコっとプルオーバーから透けないというかね。
11
ボタンは主人の古スーツからの再利用。
12
今回、初めてボタンホール用ノミを使ってみた。
07
使い心地は、手にケガはしなさそうという感想かな。
リッパーで穴を開けると、ケガしそうだからね。

後は、どのくらい切れ味が落ちないかとかが大事なんだけど、しばらく使ってみないと分からないな。
自分で研げそうだから、それも重要視しなくてもいいかな。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今回、力を入れないで作ったのに上手に出来たな~。
大分、上手になったのね。
前は気合入れても、今日より上手には作れなかったのに

ちょっと、太ってね~(小声)
パンツがきつくなってきたのと、大分傷んできたので、自分のパンツ作り。

自分にピッタリの履き心地の良いパンツが安く出来るので、節約のために手作りよ

すごく面倒なんだけど。
でもでも、パンツの作り方の全体の流れは覚えているけど、前ファスナーの取り付け方をいつも忘れるのよね。
本を見ると思い出すんだけど。

洋裁の先生って、覚えてるんだよね?!
凄い!

だから、パンツ作りした方がいいのよね~
と、ちょっと前向きに考える

パンツ作りって、デリケートだから、人に頼まれることは滅多にないし、自分のパンツで縫って覚えるしかないしね

生地は去年の夏に日暮里で買って放置していた夏物パンツ用の黒生地。
01
耳のポチポチがでっぱっている方が一般的に表なんだけど、この生地は裏らしい。
店員さんに教わった。
慣れなくて、裁断するとき間違えそうだったよ
02
太ったけど、型紙は変更しない。
だって、きっと痩せるもん!(痩せたい)
生地に直接、白いチャコでラインを引いてから、裁断。
後パンツは、脇をちょっと5㎜ほど出してみた。
03
前パンツは真ん中を5㎜ほど平行に開けてみて、裁断。
生地をずずっと平行にずらすのよ。
04
そして、脇ポケットを縫って、
05
後ポケットを縫ったとこで、今日の作業終わり。
06
ロックミシンの始末をしてないから、完全には終わってないんだけどね。
07
久しぶりに自分の洋服を縫った
失敗してもいいから、気楽に裁断しちゃった
ちょっと無駄が出てもいいから、裁断しやすい方で生地を切ったりね。
いやぁ、本当に気が楽だった

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
ロックミシンの空環の始末を写真に撮ったんだけど、黒い生地で分かんないからボツに。
99

このページのトップヘ