ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ: 仮縫い


後身頃の肩ダーツを衿ダーツに移動する作業だよ。

衿ダーツを入れたいところに切り込みを入れる。
01
肩ダーツをたたむ。
今回、後肩を前肩より5㎜ほど大きくして、イセこみしたいので、ちょっと折り畳みをすでにある肩ダーツより小さくたたむ。
02
紙を貼って、衿ダーツを作る。
03
背中が丸いから、当然なんだけど、いつも入れてる衿ダーツより大きい
大丈夫かな
04
試しに衿ダーツを畳んでみる。
04-02
このくらい背中に丸みはあったよな~。
ま、仮縫いするし、とりあえずこの型紙でいく。

後肩のラインを修正。
衿ぐりにかけて、少々丸みがあった方がラインが綺麗になるので、ちょっと丸みを入れる。
これで、ダーツの移動完了
初めて、先生がやったときは感動した。
最初に考えた人すごいよね

感動したそこのあなた、本で学ぶのは中々難しいから、洋裁教室に行こうぜ!
05
出来上がった型紙を使って、生地を切って、縫って、コンシールファスナーなんかも付けて、
06
仮縫い準備完了

赤い矢印のところにウエストラインが薄く入っているんだけど分かる?
ちょっと山になってるでしょう。
これは、トルソーの胸に比べて、型紙の胸の分量が足りないからなんだよ。
前傾になるから、問題ないはず
07
後側
後は、やっぱりトルソーに着せると背中の肩甲骨あたりの生地の緩みが多いね。
そして、背中が丸いと後衿ぐりが広がるらしいから、ちょっと上に後衿を詰めてみた。
08
脇に付けたポケット、身頃から浮くかね~。
ボタンなんかで留めた方がいいかな。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
袖ぐりが浮いているのは、ミシンでステッチかけた時に生地が伸びたんだと思う。

大分前に洋裁の先生に見てもらったチュニックの製図。
『衿の仮縫いをしてね。』と言われてから、1年近く放っておいたの

衿のデザインはこれね。
身頃と袖は違うけど。
01
製図を型紙に書き直してたら、衿の製図が間違っていたのに気が付いて、それも直した。
左右対称のデザインじゃないから、難しいんだよ
多分。
02
仮縫いに使う生地は、中途半端に余ったやつね。
着分はないよ。
03
これまた、使わなさそうな適当な糸で縫ってみた。
05
中々、いい出来に見えるけど、ちょっと衿を動かすとこうなる。
肌が見えちゃうのよね。
06
アップにするとここ!
この穴は、致命的だよねぇ
07
でね、この穴をまつってみたの。
そしたら、大成功!
素敵な感じ!!
予想より良い衿になった。
後、衿の先をもう3㎝くらい伸ばした方がいいかな?
08
こういう衿の場合は、衿の身頃に付ける部分を3㎝短く衿を製図して、衿を伸ばし縫いにするんだって。
そうすると、衿が綺麗にひっくり返るのかな?
それとも綺麗に衿が立つのかな?
誰か知っている人いたら、教えてー!
多分、先生に聞いたけど忘れた

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
あぁ、日暮里に買い物に行きたいなー!

昨日、今日と胃の調子が悪くて、ブログの更新さぼってた
それで、こういう時に生地の裁断とかすると失敗するので、自分の洋服関連の失敗?してもいいやつをやっていたの。
まずは、一昨日の型紙作りで衿だけやってなかったので、衿の型紙を書く。
01
これで、仮縫いのためのラグラン袖のコートの型紙作りは一応完了。

ついでにちょっと不明点があった袖の裏布の型紙も描く。
自分の想像したとおりに描けばいいと先生に確認できたので。
02
家にある残り生地でラグラン袖のコートの仮縫い準備をする。
03
予想通り、カクカクしたデザインではなく、体のラインに沿ったエレガントなデザインになってた
可愛くできるといいな

胃がキリキリするので今日は、もう寝る
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

着物の喪服()から洋服の喪服を作るためのジャケットの仮縫いをしていたのよ。

多分、家で洗えるし、便利に着れる喪服になると思う。
アイロンをかけなきゃいけないから、ちょっと面倒だけどね。

後、喪服だから、2サイズ位大きく作る予定ね。

使った製図はこの時のね。
前身頃の肩ダーツが大きいのよね。
胸のダーツを肩に移動したからなの。
02

可愛いの出来そうと製図しているときから思っていたの。
仮縫いの状態にしてみたら、予想以上に可愛いボレロで嬉しい

100円生地と残り生地で作ったから、継ぎ接ぎの状態だけど、形をみたいので、生地が近い感じなら、問題なし。
01


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。


スリット止まりまで脇を縫って、スリットを作る。

01

裏側ね。

本当は、スリット部分は、三つ折りにしたかったんだけど、反物の幅が足りなかったのよね

02

袖を付ける。

03

後は、衿だけなんだけど、衿は仮縫いをするように先生に言われたのよね。

いつも仮縫いをするときは、適当なんだけど、今回は文化の教科書を見て仮縫いをすることに。

08

09

仮縫いのやり方がのっているなんて、さすが文化の教科書よね。

別布で衿を作る。

上部分が衿で、下部分が台衿ね。

10

衿を付ける。

11

台衿は、固めの接着芯がいいらしい。

白の接着芯は、ブラウスように買った柔らかい薄めの接着芯とジャケットやコート用に買ったしっかりした接着芯の2種類を持っているのよ。

どの接着芯を使ったらいいか先生に相談したいので、接着芯を共布に貼って、先生に見てもらう予定。

13

なんか、生地に貼るのが一番よく分かるらしい。

生地は、縦地のままで、接着芯だけバイアスで貼るとか、色々技があるのよ

色々っていっても残りの技は、接着芯の重ね貼りくらいかな?

他にも技があったら、コメントで誰か教えてね~




↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

喘息の症状が出てね。

結構、ツラいのよね

ちょこちょこ洋裁はやっていたのだけれど、ブログ更新の体力がなくてね。

ここ何日かでやっていた作業を書くわね。

まずは、ブラウスの仮縫いね。

前に製図したこのブラウスね。

1

適当な生地で縫ってみる。

2

変わったデザインのブラウスだから、作ったことなくて面白そうだから、作るのよ。

着ないかもしれないけど。




次は、この製図と型紙作りね。

4

身頃と袖は、このブラウスを再利用したのよ。

この手の衿の場合は、ピッタリしたデザインの方が合うと先生がおっしゃていたのだけれど、ゆったりしたデザインで作るから、失敗するかもしれないわね。

ま、どんなもんか作ってみたいのよ。

先生がウエスト部分にくびれを少しいれたので、後身頃の型紙の再利用は出来なくなったのよね

ゆったりした、デザインには変わりないんだけど。



次のデザインは、衿だけこれにして、身頃は何回も作っているのにしたの。

こういったデザインの袖だと、生地が余分に必要になったりするし、袖口のところが縫いにくいのよね。

3

こういう幅広の衿は、後衿と首のところが開いて、だぶつくので、生地にもよるけど、後衿を3cmほど短くして、伸ばし縫いをすると綺麗に衿がおさまるらしい。

こちらは、衿の形に自信がないので、安い生地で作るか、仮縫いをする予定ね。



しばらくのんびりペースで洋裁をして、更新する予定です。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

今日は、この写真のスカートの型紙作成と仮縫いね。

イメージ 1

スカートは下記のように布を組み合わせて、フレアスカートにするのよ。

イメージ 2

製図して、型紙を作る。

イメージ 3

生地を切って、縫ってみる。

ウエストは、ゴムね。

イメージ 4

なかなか可愛いフレアスカートができそう

前回、縫ったボウタイのジャケットを着せてみる。

ジャケットにアイロンはかけてないの。勘弁してね。

イメージ 5

いいじゃん

素敵な感じに仕上がりそう

後側。

イメージ 6



朝方と夕方以外、外出したくない季節になってきたわね。
そうもいってられないんだけど



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 7

昨日、型紙を作ったボウタイ衿のジャケットの仮縫いをしていたの。

今日、ちょっと体調があまり良くなくて、ささっと更新するね。

イメージ 1

イメージ 2

後で結ぶから前のシルエットが綺麗ね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 3

昨夜は、とても眠くて、寝ちゃったのよ

それで今頃、昨日の作業を更新してるの。



まずは、こちらの大島紬を解いてね。

イメージ 1

イメージ 2

ちょっと高かったけど、好みど真ん中だったので、買っちゃたの

ぶどう柄すごい素敵よね

イメージ 3

証紙つき

イメージ 4

イメージ 5

この深緑色の八掛、合っていてすごい素敵よね。

洗濯して、アイロン。

イメージ 6

イメージ 7

防虫剤を入れて、保管

イメージ 8


これの仮縫いをしたいので、仮縫いをするために型紙作成。

イメージ 10

イメージ 9



今日は、生地の水通しの話を少し。

水通ししていない生地は、あらかじめ水通しをしないと洗濯した時に縮む可能性があるの。

水通ししていなくても、化繊なら大丈夫なのかな?


佐藤さんのプロソ―イング教室で習ったんだけど、生地のミミにポツポツした穴が開いている生地は、もう水通しが済んでいる生地らしいわよ。

水に濡らした後、大きいロールに巻いて、乾かした後がそのポツポツらしい。

分かりづらいけど、これね。

イメージ 11

国産でポツポツが付いている生地はまず、水通しをしなくても大丈夫らしい。

リバティも国産ならOKみたいよ。

海外のは知らないの。

イメージ 12

ポツポツが出ている(とがっている)方が表側ね。

これがないと表裏の見分けのつかない裏布が多いのよね。

この前、縫った村山大島紬と竜毘紬の裏布もそうなの。

イメージ 13

このジャケットの裏布にもポツポツはあるのよ。

イメージ 14

この事を佐藤さんの教室で習った時、驚きの声があがってたと思う。

私も驚いたもん

その時、文化式の洋裁を習い始めて、何年もたっていて、不要な水通しをたくさんしていたからね

水通しって、なかなか大変なのよ

最近はやっていないけど、ツイードとか霧吹きで濡らして、1日放置してから、アイロンをかけるとかあったしね。

木綿だと30分くらい水に付けてから、軽く脱水して、アイロンかな。

リバティもよく水通ししたな

ツイードは、いまでも水通ししていない生地はあると思うけど。

麻もポツポツが開いてなかったら、水通しした方がいいよね。

かなり縮むと思う。

イタリアなどの外国産も水通しした方がいいらしい。



↓ランキング参加中。参考になった方はクリックお願いします。
イメージ 15

今日は、このときに製図したデザインの型紙を作って、仮縫いをしたのよ。

仮縫い用の型紙作り、簡単に終わるかなと思ったら、思いのほか時間がかかってね。

仮縫いの一部は、夕飯とお風呂が終わってから、縫ってね、今さっき終わったのよ


こちらは、ブラウスの型紙。

イメージ 1

前身頃の型紙はこちらね。

前脇もあるのよ。

肩のところから切り返しがあってね、プリンセスラインになっているのよ。

イメージ 2

ウエスト部分が、少し細くなっていてね、この方がスタイルが綺麗に見えるのよ。

次は後身頃の型紙ね。

イメージ 3

衿ぐりは小さくしたかったので、ダーツを入れたの。

っていうか、偉そうに言っているけど、先生が『ちょっと大きい気がするけど、小さくする』って、聞かれたから、『小さくする』って言ったら、先生が入れてくれたダーツなんだけどね

イメージ 4

衿ぐりは、画面にも書いてあるけど、60.4cmなのよ。

56cmあれば、だいたい頭が通るのよね。

衿ぐりは、小さくしたいけど、そのまますっぽりかぶりたかったので、衿ぐりにV字型に切り込みを入れたの。

デザイン的にも私は、V字好きなんだけどね。

このV字がないと、衿ぐりが52cmくらいになるから、そのままかぶれないのよね。



ちなみに右上の波線は肩に書いてあるのよ。

後肩の方が前肩に比べて、サイズを少し大きくしてあるの。

いせ込んで少し丸みを入れるためよ。

人間の肩は、後肩の方が、大きいからね。



柄が派手なんだけど、生地の柄より、固さの方が大事だからね。

見るのはシルエットのみだし。

ブラウスの仮縫いよ。

イメージ 5

袖は長めにして、折り曲げて着る予定。

衿元はV字ね。

縫う時は見返しも付けるから、ちゃんとなるはず

イメージ 6

次はパンツも作った。

イメージ 7

このタイプのパンツ、今週、電車に乗ってもいないのに3人もはいている人見かけたのよ。

流行っているのね。



今日は、暑くてクーラーかけながら、掃除したわよ

換気せずに掃除機をかけた


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 8

このページのトップヘ