ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ: ブラウス

嘘でしょー

今日が6月30日ってことは、もう今年、半分終わったのー。
まだ、3、4か月くらいしか経ってない気がする。

----------------------------------

膝が昨日あたりから痛くてね。
今日はかなり痛くて

多分、自転車の漕ぎ過ぎ。

なので、散歩行けなかったんだよね。
その分、洋裁してた。

薄い生地を縫う時って、ミシンの針板や針等を変えたりするじゃん。
元に戻すの面倒だなぁ~と思って、

前回縫った、ブラウスの残り生地で、またブラウス作ってた。

U字の衿ぐりのところは、いってこい始末と同じ方法でやった。
いってこい楽でいいよね。
01
こんな風になる。
04
他は特に難しいところもなく、縫い縫いして、
ブラウスの完成。
02
脇にスリットも入れてみた。
03
外を散歩するときって、5分袖が楽で好き。
短めのアームカバーでいいからさ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
それにしても動くと膝が痛い。

80歳を超えているベテランの洋裁サークルの生徒さんに
『市販品のコートの内ポケットって、いつからないんですかね
って聞いたら、

『洋裁学校で習ってから、コートは買ってないから分かんない。』
って言われた。

ヒーッ!

洋裁歴何年なんだろう
60年超えてる
すげー!

ちなみに『ルーシング飾り』はもう見たくないらしい。
基礎で強制的にやらされた過去が思い出されるとかで。

洋裁学校あるある
私は行ってないから、知らないんだけど。

----------------------------------

昨日、買ったボタンとホックを付けた。

ホックを付ける時、チャコを使うと簡単にホックの位置決めが出来るっていうのをこの前、動画(Senjyu工房)で見たので、早速実践。

糸のねじれ予防もやった。
ねじれなかったよ。
01
ロールアップのタブはボタンではなく、ホックにしてみた。
やっぱり、ボタンの方が良かったかな~。
02
短冊あきのところもホック。
05
ブラウスの完成。
あー、なんか光っちゃった。
03
腕まくりするとこんな感じ。
5分袖になるね。
04
シームポケットの袋布があんまり目立たなくて良かった。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
ちょっと前に聞いたラジオなんだけど、
男性ジャケットのシングルの2つボタンを着る時は、下のボタンを外すっていうのを知らなかった。』
って言うメールが来ててね。

パーソナリティ(男性)がラジオで答えてたのね。
『男性は女性の服は知らないし、女性も男性の服は分からないですよね。』って。

いやぁ、ボタン外すの知ってた?
私は知らなかったよ


それで、主人に聞いてみた。

シングル2つボタン
座ったりすると苦しいから、下のボタンは外す。
サイドベンツがあっても外す。
でも、かしこまった席では下のボタンは留める。
時と場合による。

シングル3つボタン
そもそも3つボタンのデザインはスリム向けなので、スリムな人しか着ない。
なので、苦しくない。
よって、ボタンは外さない。

余談
サイドベンツは高い。
センターベンツはもれなく安い。
ていうか、安物は必ずセンターベンツ。

これも知らなかった。
確かにサイドベンツの方が手が込んでるけど。


パーソナリティ(男性)が
『ジャケットの衿にも色々種類があって、ピークドラペルとか色々あるんですよ。』
って言ってた。

それを聞いて、女性にもピークドラペルあるよ。
男性の衿の形は大抵、女性にもあるよ。
って思った。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日、主人とテレビを観ていたら、豪華客船がテレビに映っていて、
『なぁ、一緒に乗らん?』って誘われたんだけど、

『洋裁出来ないから、行かない』って即答した私は結構、洋裁好きだったりして
そんな自覚はないんだけど。
----------------------------------

今日は、昨日やっていたブラウスを作ってた。
さっさと親戚のおばさんに送りたいんだよね。

ちょっとドキドキしていた短冊あき。
あっさり出来た。
01
縫い方はさっぱり忘れてたけど、コツを覚えていたからかね。
コツは『前中心を意識する』なんだけど。

この辺りのコツは人によって違うので、気にしないで流してね。

参考にしたのはこれ。
02


そして、袋縫いしたシームポケットも無事に出来た。
ステッチもちゃんと縫えた!
03
袋縫いのシームポケット、あんまり難しくないね。
生地を切るけど、切りポケットみたいな妙な緊張感もないし。



洋裁あるあるなのかな~?
裾が平らになるように製図したはずなのに、脇を縫ってみたら裾が平らにならない件。

特にシフォン生地でなる。
多分、縫い縮みしてるんだと思うんだけど。
04
裾を三ツ巻で縫いたいんだけど、私の技術ではこのデコボコ裾は無理なので、しつけ。
05
早速、三ツ巻で縫っていきまーす。
ちなみにミシンに最初から付いている付属の三ツ巻は使いこなせません!

そこは、お金の力で解決。
ヤフオクだけど。
06
無事に縫えた。
07
ボタンを買ってないので、ここまで。
08
腕をまくるとこんな感じかぁ。
もうちょっとタブは上の方がいいのかね。
09
両脇にシームポケットを付けたんだけど、袋布が透けて目立つかな~と思ったんだけど、あんまり目立たないね。
着たら、目立つのかもしれないけど。

今回、シームポケットね、ウエスト位置につけた。
シームポケットは大体、ウエスト位置から4~5㎝下に付けるのが一般的なんだけど。

その位置につけると、裾から袋布が出ちゃうんでね。
ポケット、使いづらいかね。
10
なんかね、散歩する時は長袖で、家にいる時は腕をまくって過ごしたいんだって。
そして、ポケットにマスクを入れたいと。

一応、それらの要望を叶えたブラウスを試行錯誤で作ってみた。
どうかな~?

これでOKが出たら、ちょっとお高めの生地で作る予定。
タブの長さとか、色々修正が出てきそうな予感。

今回、衿が上手く縫えなかったんだよね
下駄をはかせてしまった。(こういう言い方をするらしい。)

詳しくはこちらのSenjyu工房さんの動画を参照してね。
上手に縫えるコツを解説しているので、衿付けに悩んでいる方は見るべし!

簡潔に短く分かりやすいので、見るべし!見るべし!

今日はさー、ブラウスを縫い終わって散歩しているときにこの動画の通知が来たんだよね。
もうちょっと早く知りたかった

次回はもっと、上手に作るぞーー!
チクショー!

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

お久しぶりー!
ぐれてました。

最近、布帛ばっかり縫ってたから、簡単なニットを縫いたいなーと思ったのね。

それで、使った生地はこれ。
透け感のあるニット生地。
01
紙を切り貼りして、型紙を作って、
02
ここまで縫った。
03
試着してみたら、痒い?痛い?
着てらんない。

私は割と肌が丈夫な方なので、これはかなり痛かったり、痒かったりする生地だと思う。
裏返しにしたら、着れるんだけど。

それで、ぐれた。
ちょっと洋裁を放り投げた

それで、まぁ、休憩してたんだけど。
何かの小説だかインタービューだかドラマだか漫画だったか忘れたんだけど。
『作ったことで出たフラストレーションは作ることでしか晴らせない。』
みたいな言葉があったのね。

それを思い出して、頑張って今日は大人しく洋裁してました。

次に作る洋服は、シームポケットの袋縫い仕立てを付けようかな~と思ってさ。
実はシームポケットの袋縫いはしたことないんだよね。

なので、部分縫い練習。
こちらの本から、

これを練習する。
05
事前にインターネットでシームポケットの袋縫いを調べたら、あちこちのサイトでやり方が載ってたのね。
それで、ポケット口を縫うところが

『うわー、難しそう』

って思ったんだけど。
この本だとそのポケット口の脇縫いのところが簡単になっているので、これで作ることにした。

何と、最初に袋布同士をロックミシンで縫ってしまう。
06
ひっくり返す。
07
これの凄いところは、切り込みが入っていて、縫いやすくなってる。
08
後は縫い縫いして、完成。
10
裏側
ちゃんと袋縫いになってる!
11
この縫い方だと、カンヌキは入れられるんだけど、ステッチは入れられないんだよね。
さっきまで、そう思ってた。

今、佐藤貴美枝のプロソーイング教室で習ったときのノートを見たら、
『ステッチを入れる場合、ポケット口の内側を上にして入れる』
って書いてあった。(汗)

なんのことか、全く分かりません!!!!

どうやら、ステッチは入れられるらしい。
ちょっと考察しなければ。(汗)

いやぁ、でも、最後の方で手前袋布(裏布又はスレキ)を身頃の縫い代に縫い付けるから、無理な気がする。
どう考えても無理な気が。

(追記)
分かった。ステッチ入れられるね。
----------------------------------

次に縫うブラウスは試作品なのね。
なので、安いこの濃紺の厚めのシフォン生地で縫う。
12
最初に腕に付けるタブを縫ったんだけど。
失敗。
山が上手に出来ない
13
くじけた。
平にした。

ちょっと丸いけど。
つっこむなよ!
14
袖口のあきのところは簡単ないってこい始末で。
慣れると楽だよね~。
15
次は玉縁カフス。
やったことはないんだけど、簡単そう。

ていうか、佐藤貴美枝のプロソーイング教室で教わったときは、衿ぐりの始末だったような。
カフスも出来るんだねー。
20


生地をバイアスに切って、アイロンで伸ばして、半分に折る。
16
裁断。
17
縫い縫い。
薄い生地の時は、玉縁仕立ていいよ。
カッパリングが起きにくいし。
------------------2021/09/03 追記------------------
カッパリングでなくて、パッカリングです。
そして、パッカリングを防ぐのではなくパンクを防ぐです。
------------------2021/09/03 追記------------------
18
玉縁カフスの出来上がり!
19
ちょっと見た目悪い!?
気にするな~
見逃して。

気にせずにたくさん作った方が勝ち?なのさ~。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
なぜ勝ちかというと、
『スカートを1着作った人より、3着作った人の方が絶対に上手だから。たくさん縫って。』
洋裁の先生に上手に縫える方法を聞いたら、教えてもらったのがこの言葉。
試作品だしね。

去年、作ってお中元でおばさんに送ったブラウスというかチュニックかな?!
このデザインを少し変えて欲しいらしい。
08
腕まくりしたいみたいで。
それで、こういうヒモ?タブ?が欲しいんだって。
01
1回だけ作った事あるのよね。
うーん、どんな風だったかな~。

あちこちひっぱり出して、調べてようやっと型紙できた。
02
2.5㎝幅にしたんだけど、2㎝幅にすれば良かったかな?!
変更するかも。

後はボチボチ他の部分も直すので、型紙も新たに一部、書き直し。
03
このブラウス作ったの去年の9月20日かぁ。

短冊あきなんだけど、綺麗にすっかり忘れてる。
ヤバイ。
左右を間違えなければ、そんなに難しくはなく、簡単だったような記憶があるんだけど。

技術的なことは、これっぽっちも覚えてない

ちょっと練習しないとダメかな。
一発勝負でも行けるような気がするけど。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。


脇を縫って、袖を付けて、裾を縫う。
01
裾の縫い始めと、縫い終わりはテフロン紙と仕付けがないと縫えない
02
ボタンの位置を決めて、つける。
03
ブラウスの出来上がり
05
スリット付きだよ。
06
後はシンプル。
07
残り布で、スカーフも作ってみた。
10
いいじゃん!
素敵
11
スカーフは三角に折って、後ろで結ぶシンプルなやつね。
こちらのブラウスも完成
08
ボタンがあると締まって、見えるね。
ボタンは、おばさんのリクエストでボタンホールじゃなくて、ホックだよ。
09
おばさんに毎年、お中元に洋服を送っているんだけど、これで今年のお中元の洋服作りはようやっと終わり。

いつもなら、日暮里で夏用ニットを買って、ささっと夏のうちに縫っちゃっうんだけどね。
今年はコロナ禍で行けなかったんだよね。

お中元を贈るのに、いつもの倍以上の時間がかかってしまった

もうすぐ、お歳暮の時期になっちゃうね。
お歳暮の洋服、どうしようか。

まだ日暮里には行けそうにはないし、お菓子を送ってしまおうか。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日は予報に反して雨でなく、曇りだったので、今日もママチャリサイクリングに行ってきた
2日連続!
おばちゃんなのに頑張った!

18kmだって!
13
そうそう母は大分、回復したようで、今朝電話があった。
電話をかけられる場所まで、一人で移動できるようになったみたい。
良かった

病院にタオル等を持っていくときに途中で漫画(①~③)を買って、差し入れたのよ。
去年のお正月に一緒に見て、母が大爆笑してたドラマの原作ね。


具合が良くなって、読むことが出来て、すごく面白かったらしい。
ドラマの原作だとは全然気が付かなかったみたい。

美容師さんの役者さんは、漫画のまんまだと思うんだけど。
分かんないものかね。

演技、超うまいよね。

主人公の両親が出てきた話をしたら、盛り上がって、笑っていたので、本当に楽しく読んだみたい

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
ランキングポイントが100越え!
なんと140!
クリックしてくれた方、ありがとうございます。

大分前に作ったスカーフマスクの残り生地で、昨日と同じブラウスを作ってたのよ。
同じデザインのブラウスを続けて作ると上手になるのでね
01
ローチャコが使えるか、切れ端で試す。
アイロンで消えるタイプのチャコね。
02
アイロンをかけたところ。
分かりづらいけど、跡が残るね

予想通りだけどさ。
絹とかキュプラとかこういう生地は綺麗に消えないんだよね。
シミみたいになるの。
03
チッ!
面倒くさいけど、仕付け糸で印を付ける。
04
まずは、短冊を付けていく。
05
2回連続で縫ったので、コツが分かってきて、上手に縫えたと思う。
06
肩を縫って、衿を付ける。
小さい衿は難しいね。

短冊あきのコツは分かったけど、小さい衿のコツは未だによく分かんない

そういえば、初心者のころ、洋裁の先生に小さい衿は止めるように言われたな。
綺麗に左右対称に作るのが難しいんだよね。
07
袖を作って、今日の作業は終わり。
08

明日から、雨だって予報が言っているので、
今日は久しぶりにママチャリサイクリングに行ってたのよ。

そんで、ついでに遠くのパンドラハウスに寄って、ブラウスのボタンをお買い物。
次に縫いたいと思っている生地の糸も買った。
09
相変わらず、シャッペスパンのカラーのミシン糸は半分以上が売り切れだった。
自分の欲しい色の糸が買えたのは、運が良かったな~

今日は、21.5Kmくらい運動したんだね。
中年なのに頑張った!
10
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

お久しぶりです。

母のお世話をしに実家に帰っていました。
入院になりまして、思ったより悪かったみたいです。

本当に前回の記事の時に電話しておいて、良かったです。
滅多に電話しないので。

コロナ対策のために入院日、手術日、退院日以外の面接は許可されてなくて、何も出来ないので、自宅に帰ってきました。

ま、心配だけど何にも出来ないので、とりあえず洋裁をすることに。

ちょっと前に親戚のおばさんに3着ほど、ブラウス()を作って送ってたのよ。
そしたら、下記のブラウス(③)が一番、気に入ったらしい。
05
なので、このデザインでちょっとお高めの生地で作ることに。
01
素敵な柄でしょう
ちょっと透ける。
02
生地を裁断している途中で、そういえば『袖が長い』って言ってたなー。
と思い出して、急遽型紙を折り畳んだの。

焦った~。
袖山部分をカットしてから、気づいたので。

ギリギリセーフ

ゴムが入っているから、大丈夫って言ってたんだけど。

畳んだのは、赤い矢印のところね。
03
短冊あきのデザインだよ。
前回も縫ったから、割と上手に出来たと思う。
07
参考にした本はこれ。
04
05
レディブティックにも縫い方載ってたんだけど、この本のやり方が縫い代部分をカットするやり方でね。
06
縫い代をカットする方が分厚くならずに、綺麗に出来るかな~と。
ちょっと複雑になるけど

そんでロックミシンをかけたり、
08
三つ折りで裾を縫ったりすると、
09
あっという間にブラウスがほぼ出来上がり。
ボタンがないから、そこは後でね。
10
袖口はゴム入り。
11
脇の裾はスリット入り。
12
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
やっぱり、柄が良いとすごく素敵な洋服になるね

昨日の続きの白大島のマスク作りから。

マスクゴムを通すところを縫って、
01
白大島マスク出来上がり
鳥が必ず、入るように作ってみた。
02

この前、ブラウスのボタンを買ったので、ブラウスを縫って、ホックとボタンを付ける。
04
ブラウスの完成
05
06
一応、身頃と袖の柄を合わせたんだけど、合ってる?
私には、合ってるように見えるんだけど。

ピッタリは合わないからね!
判定は甘くでお願いします!
07
柄合わせするときって、私の場合WL(ウエストライン)とEL(エルボーライン)を合わせてるんだけど。

ちなみにEL(エルボーライン)を出す計算式は、
袖丈÷2+2.5

今回、ドロップショルダーだったから、肩の一部分が袖になるんだよね。

なので、肩から出る部分の肩を袖丈に入れて、計算したの。
このやり方で、合っていると思うんだけど。
なにせ、ドロップショルダーの柄合わせ、初めてだからね

縫った結果を見ると合っているみたいだけど。

知っている人がいたら、コメントで教えて下さい。
お願いします。

胸元はこんな感じ。
初めて、短冊あきを縫ったので、温かい目で見てね。
難があっても見逃して。
08
今回はボタンホールはやめて、スナップボタンにしたの。
年寄りだしね、こっちの方が楽かな~と。

レディブティックに載っていたんだけど、年をとるとボタンの取り外しが大変になるらしい。
レディブティックでは、ボタンのサイズを大きくして、ボタンホールは斜めにしてた。

親戚のおばさんは、そこまで年じゃないけどね。


ブラウスを作り終わって、中途半端に時間が余ってしまった。
どうしようかな。

今回、ブラウスに使った生地って、追っかけ柄で生地の上下を入れ替えて裁断ってやつが出来ない生地でね。
生地の端15~20㎝位が歪んでいるから、生地の端は使いたくなくて。
柄合わせをしないなら、関係ないんだけど、したい性分だし。
09
ま、面倒な生地なのよ。
110㎝×2m位残ってるんだけど、もうこの生地で洋服作りたくなーい!

なので、スカーフを作ることに。
10
久しぶりに糸取物語を出して、変形巻きロック。
たまに動かさないとミシンの調子悪くなるからね。
12
衣縫人より糸取物語の方が巻きロックは綺麗らしいけど、あんまり違いは分からないな。
どっちも綺麗で美しい
13
出来上がったスカーフを装着
17
いいじゃん
素敵
おしゃれ
16
残りの生地は、巾着袋用に裁断して、ロックミシンで端処理。
18
もう、巾着袋たくさん作ってるんだよね。
残布処理で巾着袋、散々作ったからさ。

今回作る巾着袋もおばさんに送るけど、いらないって言われそう
いままで、たくさん作ってあげたからさ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日も暑いねーー!
朝から眩暈がしたので、今日は買い出しの予定だったけど、引きこもり決定。
午後2時くらいまで、読書してダラダラ過ごした後、このままではヤバイと思って、洋裁を始めた

この前、製図したブラウスを昨日あたりから、ぼちぼち作っていたので続きを縫ってたのよ。
試作品だから、激安生地で作った。
01
裁断している途中で、気づいたんだけど生地に余裕があるから、長袖に出来そう。
親戚のおばさんは、出来たら長袖でって言ってたのでね。

長袖の型紙を作る。
02
アイロン用の衿の型紙を厚紙で作る。
前準備終了。
03
縫って完成
じゃーん!
04
後側
05
ヨークのデザインが肩のダーツを上手に隠しているので綺麗で満足。
肩が丸い人は、ヨークにすると綺麗にデザインに隠せるんだね。

後衿はスナップで簡単に外せるようにした。
ループ紐はやめて欲しいと言っていたので。
06
袖口は、簡単に袖まくりが出来るようにゴム入り。
07
裾は、楽に脱ぎ着出来るようにスリット入り。
09
おばさんの要望を大分、詰め込んだブラウスが出来たけど、どうかね?
私的には、すごく素敵に可愛く出来たと思うんだけど
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ