ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ: 製図

昨日、日暮里に買い物に行ってた。
疲れて更新出来なかったので、今日の分とまとめて更新する。

東京駅で乗り換えしたんだけど、構内混んでたね。
カートを引いている人が結構いたな~。

私もカート、引いてたけどね。
洋服とかじゃなくて、買った生地が入ってるんだけど。

メモを見ながら、欲しい物だけ買ったつもり。
買えなかった物もあったけど。

左から、ニット用接着テープ、ボタン、チャコペン、接着芯、キルト綿。

キルト綿は、半端に切って巻いてあるのがあったので、
『その半端ので、いいですよー。』
って言ったら、10㎝おまけしてくれた。

ラッキー

こういう事って、あるのね。
01
ベンベルグと紺のショートビーバー。

ショートビーバーって、初めて買ったんだけど、光沢があって高級感があるのね。
パッと見、カシミアみたい。

生地も薄めで扱いやすそう。
02
ベンベルグはストライプ模様ついてるよ。
こちらも高級感あるね。
03
買ったものは、これだけ。
あんまり買わなかったかな~

年明け、感染者数がどうなるか分からなかったので、慌てて行ってきた。
あんまり、増えないといいな~。


---------------------------------


今日はね、昨日の疲れが残っていて、あんまり動けなくて、休養の日だった。
家事もなるべくサボったぜ!

前回、作った襟のプルオーバーを私サイズにした型紙を作ってた。
05
そして、残り時間で裁断。
全部は裁断、出来なかったけど。

下は前身頃と後身頃を裁断した間の部分で、袖を裁断しているところ。
ケチケチ裁断。
06
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

コートに付いていた毛皮の襟だけを預かったのね。
コートは着倒して、処分して襟だけ取っておいたらしいのよ。

その毛皮の襟を使って、ラグラン袖の比翼コートを頼まれた。

【イメージ図】(下手くそでゴメン)
01
で、先生に製図を見てもらったので、型紙を作る。

肩ダーツを畳みたかったんだけど、肩ダーツがちょっと大きかったのね。

それで、
『衿ぐりにもダーツを作って分散させた方がいい。』
と先生に言われた。

肩のところがカクカクになるからね。

これを聞いた時、
『先生、頭イイ!天才!さすが!』
って思ったけど、割と定番の直し方なのかしら。

初めてやった操作だから、分かんない。
まだまだ知らない事、たくさんあるな。
02
よく仕組みが分からなかったので、ミニミニ原型を使って確認。

このミニミニ原型、便利なのよねー。
ノートを作る時なんか特に。
03
ちなみに肩ダーツは先生の指示通り、3分の2ほど畳んで、残りは衿ぐりダーツに移動。

襟のある洋服の時は、衿ぐりダーツを畳むのはあんまり、よろしくないから衿ぐりダーツは少な目で。

そして、後襟ぐりを襟より少し大きくしてイセ込むことにした。
イセを入れると少し背中のラインが丸くなるから。

毛皮付きの襟にしたい。
思い切って?毛皮の襟から表襟を作って、更に裏襟を作るっていう荒業をしてみた。

表襟から裏襟を作るのって、初めて。

新鮮だった
普通はしないもんね。
03-01

----------------------------------

ところで、私が作る型紙は縫い代付き。
総裏の時、縫い代は直角にしてる。

この直角で生地を合わせると綺麗に縫えるから、楽ってやつ。

この直角なんだけど、先に縫う方のライン(青い矢印)を延長して、直角にするのね。
それで、ラグラン袖のコートの縫い方、まだ覚えてなくてさ。
05
いちいち、教科書を確認しながら縫い代をつけてた。

まだ、一回しかラグラン袖コートって縫ったことないのよ
縫うのは、そんなに難しくないんだけどね。
05-01
まだハサミで型紙を切ってないけど、ラグラン袖コートの型紙できました。
06

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
昔はね、縫い代なしの型紙で作ってたんだけど、縫い代ありの楽さや間違いの少なさ、正確さを考えたら、縫い代なしの型紙は考えられなくなってしまった。

このコートの裏布なしを作れって言われたら、縫い代が変わってしまうので、型紙から作り直すと思う。
いや、でも、自分のコートだったら、作り直さないかも。

プードルボアが追加で必要になったので、昨日またユザワヤに買いに行った。
最近、ユザワヤばっかりに行ってるな。

前回、買ったのとは違うのよ。
追加で買ったのよ。
01
そして、ちょっと太めのバイアステープを作る必要が出てきたので、テープメーカーも購入。

10年以上洋裁・手芸をやっていて、この太さのバイアステープは実は作ったことない。
赤いのだけ持ってる。
02


この時のジャンパースカートが無事に無事に出来上がったのよ。
完成品は、依頼者様の許可をもらってないので、載せられないんだけど。

で、今日は次に作る予定のコートの製図をしてた。

もうすぐ洋裁サークルだしね。
先生に見てもらうために。
03
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

大分前に油性マジックを買っていたんだけどね。
面倒でやらなかった事を重い腰を上げてやった。

インスタグラムで天下一洋裁会をやっていてさ。
そこでとある方がやっていたミシン針の区別方法を真似してやってみた。

まずは油性マジックを用意。
01
このマジックは100円未満で買えるので、100円ショップ以外で買ったほうがお得だよ。

持っている家庭用ミシン針はこれ。
02
上記に加えて、フラットロック用のミシン針も持ってる。
03
結構、針いっぱい持ってるね

早速、開封済の通常のミシン針の9号、11号、16号に色を付ける。
そして、ニット用針にはピンクを付けてみた。
03-9
実はミシン針、混ざって分からなくなった事ないんだよね。
でも、確信を持って、この針は『〇〇用の〇号』って分かるのは便利。

私の場合、職業用ミシンにはデフォルト(初期設定)で11号が付いているのね。
使い終わったら、必ずそれに戻すのよ。

11号針以外を使っている時は、刺さっていた11号針はミシンに貼ってあるキティちゃん又は針山に刺してる。
03-02
7号と16号の針は使い終わったら、一番左に収納して、針の向きを平らな方を上にして収納してる。
そして、次に使う時は左の古い針から使ってる。
03-01
上記を見れば分かると思うんだけど、号数によって針の太さがかなり違う。
まぁ、それなりに針は見分けられるんだよね。

問題なのはニット用針とレザー用針。
これが、普通針と見分けつかない。

マジで。

特にニット針用はよく使うのでね。
マジックで見分け出来るのは役立つね。

でも、針が混ざって分からなくなった事はないけど。。。
面倒で塗らなくなりそうな予感がする。


面倒な人は、最初から色のついてるミシン針もあるよ。

----------------------------------

今日は、仮縫いの終わったジャンパースカートの型紙作りをしてた。

仮縫いの修正等で、型紙が歪んだり不要な線が増えたので、全部書き直し中。
他人様の洋服になので、慎重になってる。
05
ジャンパースカートの制作に入るので、ブログはしばらくお休みするかも。
掲載の許可、貰ってないのでね。

土日は休憩しようかと思ってたんだけどさ。
今日、催促のメールが来たから、ちょっと頑張んないとダメかも。(大汗)

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
久しぶりに主人が会社に行って、私の誕生日プレゼントを貰ってきた。
『気を使わなくていいのに~。』と思いながら、ありがたく頂戴しました。

ありがとう
06
チューリップローズだって。
芸術品だね。
美しい

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

節約のために家で白髪染めをしたのね。

あちこち染めないようにお風呂で裸で染めるんだけど。
ほぼ毎回、どこかを染めてしまってね。

ドアだったり、タオルだったり、足ふきマットだったり。

今回は、珍しくどこも染めてない!
『やったー!』と思ってたら、

髪の毛を乾かした後に気が付いた。

パジャマに染め液が付いてるーー!
ガビーン!

初めてパジャマを染めた。

次からは気を付けよう。
染め液の落とし方が不十分だったみたい。

母もよく家で染めてたんだけど、よくどこも染めずに出来てたなーっと。

----------------------------------

昨日は、出かけたついでにパンドラハウスでゴムを購入。
次の次くらいに縫うのに使う予定。
01

----------------------------------

ロングベストの製図をして、先生に見てもらった。

ほぼ囲み製図の通りに書いたんだけど、ま、やっぱり、先生の修正が入った。
中々、修正なしっていうのは少ないね。

ほぼっていうのは、囲み製図はへちま衿だったけど、ノーカラーに変更したから。
02

----------------------------------

もうすぐ実家に用事があって、行く予定。
なので、母に渡すためにタートルネックを作ってた。

本人の希望を聞いてね、タートルネックにした。
多分、作るの10着目。

楽なんだけど、飽きる。

型紙を見ると何着、作ったか分かる。
作った布の切れ端を貼ってるから。
05
裁断は、ケチケチ裁断。
前身頃と後身頃を裁断した間の生地で、袖をもう一枚裁断したぜ!
03
カバーステッチ(袖口、裾の処理)を残して、ここまで出来た。
07
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は久しぶりに他人様の仮縫いをして、楽しかった

コロナになっちゃってね、ずっと仮縫いが出来なかったんだよね。
ジャンパースカートの仮縫いで、この記事(製図トワル)のやつだね。



仮縫いするには、やっぱり家に上がらないとってなるしね。
姿見があった方がいいし。

それで、お互いにワクチン接種して、2週間経ったので、やっと会えたってわけさ。
玄関先(外)で、ちょこちょこ挨拶とかはしてたんだけど。
01
この方、高齢者でね。
何かあったら怖いから、私が会うのを拒否してたのよね。

そして、高齢者なので前ファスナーがいいよって、アピールした。
通販のパンフレットを取っておいて。
05
フロントファスナー流行ってるよって。
06
ん、まぁ言わなかったけど。
高齢者向けの洋服屋さんで特に流行ってるよね

そして、見せたパンフレットのワンピースは喪服だ。

若い人からお年寄りが行く洋服屋さんで前ファスナーのワンピース見かけたし(汗)

全く嘘ではないはず。

※レディブティックでは、まだ見かけたことないけど
あったかもしれんが。

背中の丸みは、修正なしだった。
ポケット位置、スカート丈などなど細かい修正だけだったな。

予想した背中の丸みで大丈夫だったので、ちょっと嬉しかった

----------------------------------

もうすぐ洋裁サークルなので、先生に製図を見てもらうべく、型紙を写してた。
こちらの本から、
レディブティック2021年秋号
ブティック社
2021-09-07


型紙付きのロングジャケット。
ちょっとデザインは変える。
01

02
節約でね。
ハトロン紙を使いまわししたの。

消しゴムで一所懸命に消したら、紙が破れた。
洋裁あるある?
03
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
仮縫いに行ったら、きんつば貰った。
きんつば、美味しいよね。

甘さ控えめで美味しゅうございました
08
そうそう、次に作って欲しい洋服の打ち合わせもした。
こういうコートが欲しいんだそう。

出来れば、今冬に間に合わせたいよね。
07
カシミアかウールがいいらしい。

ていうか、着物まだまだ何着も預かってるんだけど
出来れば、縫う直前に預かりたい。

そして、デザインも決まってない。
全部、縫い終わるのか

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

親知らずを抜いた影響で、他の歯が痛いんだよね
ま、歯医者に行ってきたので、そのうち痛いのも治まると思うんだけど。

ツラい。


洋裁サークルに行って、苦手なラグラン袖の製図を見てもらった。

こちらの本から、
レディブティック2021年秋号
ブティック社
2021-09-07


これ。
02
作るか分からないけど。
製図してみた。

こういうデザインの衿は作ったことないんだよね。
着づらそうなデザインだしね。

単独で着るのはいいけど、上着を羽織ったら、衿のデザインが崩れそうでね。
後、寒くなったら衿元がスース―しそうで、寒そうだな~っと。



書いた製図を先生に見てもらったのね。

相変わらずラグラン袖は修正されまくり
んー、やっぱりラグラン袖の製図は難しいね。

それから、先生に後衿が抜けちゃうデザインなのを直してもらった。(衿ぐり上げるだけ。)
後衿が抜けると着づらいよねー。


脇の胸ダーツの前後差を袖ぐりのところで調整するデザインだったんだけど。
それだと、いまいちよろしくないらしいので、裾で前後差をなくしてみた。
(前裾の脇を前後差分、短くする。)

まー、袖ぐりで前後差をなくすと、後袖ぐりの方を大きくしたいのに前袖ぐりの方が大きくなったりして、バランスが崩れるもんねー。

----------------------------------

洋裁サークルに使わないファスナーを持ってきてくれた人がいてね。
緑色のファスナーは誰も使わなさそうだから、貰ってきた

部分縫い練習に使えそう。
01
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
洋裁サークルの仲良しさんが、
『初心者だから、ヘチマカラーのジャケットは難しいなー。』
みたいな事を言ってたのね。

待って待って、あなた割と最近入会したけど、
『最初から、ブラウス縫えてたじゃん!
それは初心者とは言わないのよ!』

『初心者だよー。』

『違う、違う。本物の初心者は私みたいに家庭科の宿題は母親に縫ってもらっていて、パジャマも縫えなかった私みたいな人だよっ!』
って言ったらビックリされたわー。

先生もビックリしてた。

多分、そんな事を想像できないくらい上手になったという事だと思うんだけど。
いやー、一番最初に教わった先生の教え方が上手だったのかねー!

洋裁は、ずーっと頑張ってるとコートやジャケットも縫えるようになるよっ!
根気はいるけどさ。

ただ、コートやジャケットを縫う中級者から上級者向けの本があんまり売ってないんだよねー。
先生に習うのが一番、手っ取り早いんだけど。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日、作り途中だったエコバッグ出来たっ
01
これで、キティちゃんの残り生地も少しに。
この生地は高かったので、どうにか残り生地で他のバッグも作りたいな~。

----------------------------------

残りの時間で製図。
もうすぐ洋裁サークルなので、先生に見てもらうべく書く。

って言っても割と簡単な製図。
10年前のスタイルブックから
03
これにしようかな~。
参考にするのは、衿だけなんだけど。
04
袖山の合印はいつも3か所、付けてるのね。
この合印の付け方が一番簡単で楽だから。

けど、今回はどうしても5か所付けたい。

なので、こちらの本を参考に合印を付けていく。
05
これがねー。
書きようがないせいだと思うんだけど。
まー、初心者には分かりにくくてね。

秋のスタイルブックは固定〇cmで取るとか書いてあって、そんなのデザインによって違うやん!って。

袖山の高さが18,19㎝の場合と今回、私が書いてる袖山の高さが11㎝が同じ〇cmの訳ないやん!って。

そもそもアームホールも45㎝みたいなピッタリサイズの時もあるし。
そして、私が今書いてるアームホールは52㎝越えのゆったりサイズだよっ!

〇cm固定は横暴だと思う。

そして、文化の教科書だとこれ。
説明を投げてる。

いっそう、投げすぎてて、すがすがしい。
06
例えで、この製図のブラウスだと〇㎜のイセと具体的な数字の指定付きなだけ。
せめて%で表示してくれ。

多分だけど、前アームホールのイセが約1.0㎝、後アームホールのイセが約1.5㎝になるような製図だと思うんだよね。
この1.0㎝と1.5㎝の数字がどこにも書いてない。(汗)

ま、ハッキリ明言できないからだと思うんだけどさー。
教室にいれば、先生が教えてくれるけど通信教育だと誰も教えてくれないよね。
すごく不親切だと思う。


そういう訳で、適当に合印入れた

もう感。
『へたっ』としたイセでいいので、そうなるように。

ちなみに今回の下記の袖のイセは1.8㎝(0.8㎝+1.0㎝)です。
07
何故、今回イセの合印が多くしたのかというと、そのうち分かるかも。
分からないかも。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は夕方から雷雨になるというので、昼間の暑い時間に散歩に行ってきた。
暑いので距離は短め。
99
今回は暑すぎたので、アームカバーを濡らして行ってきた。

すごく涼しい~!

30分で乾いちゃうので途中の公園などでアームカバーを再び、濡らすのがポイント。
濡らすのに抵抗がなければ、おすすめ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

去年、作ってお中元でおばさんに送ったブラウスというかチュニックかな?!
このデザインを少し変えて欲しいらしい。
08
腕まくりしたいみたいで。
それで、こういうヒモ?タブ?が欲しいんだって。
01
1回だけ作った事あるのよね。
うーん、どんな風だったかな~。

あちこちひっぱり出して、調べてようやっと型紙できた。
02
2.5㎝幅にしたんだけど、2㎝幅にすれば良かったかな?!
変更するかも。

後はボチボチ他の部分も直すので、型紙も新たに一部、書き直し。
03
このブラウス作ったの去年の9月20日かぁ。

短冊あきなんだけど、綺麗にすっかり忘れてる。
ヤバイ。
左右を間違えなければ、そんなに難しくはなく、簡単だったような記憶があるんだけど。

技術的なことは、これっぽっちも覚えてない

ちょっと練習しないとダメかな。
一発勝負でも行けるような気がするけど。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

さぼりにさぼりまくった家事をまとめてやったり、洋裁サークルに行った疲れが溜まったり、で思うように洋裁が出来なかった。

年を取ると疲れが中々、取れない

後、暑くなってきたせいもあるかも。
暑さに慣れるまでがちょっと大変だよね。

----------------------------------

やってみたかったリックラック飾りの部分縫いに挑戦。
内ポケットの飾りね。

やってみたけど、面倒だった。
もう正直、やりたくない。
01
適当な大きさに切って、折って糊で仮止めする。
02
裏布にリックラック飾りを付ける。
04
そして、縫い縫い。
05
ちゃんと内ポケットになってますよー。
06
裏布に飾りを付けるのが正解らしい。
これは間違い。
先生に教えてもらった。
06
この三角の飾りね。
一番のネックが三角を丁度、縫いどまりのところに持ってこないといけないのよ。
今回は偶然、合わさったけど。
07
こんなの計算して、合わせるの面倒くさっ!
やっぱり、二度とやりたくない。
08
昔の市販品の内ポケットについて、聞いたんだけど。

昔の高級なコートには、内ポケット付いてたんだって。
飾りも付いてたって!

なんですと?!

いいなぁ。
見たかった。
誰か持ってませんか?

25年くらい前にカシミアのコートを買ったときは、既に内ポケット付いてなかった。
いつから、付かなくなったんだろう。

子供服もポケット付いてないよね。
私が子供の頃はポケットあったのに。

そのせいだと思うんだけど、移動ポケットなるものが出来たよね。
09
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。





内ポケット、リックラック飾りのやり方はこの本に書いてあります。

このページのトップヘ