ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ: スカート

男大島紬(Google画像検索)のリメイクをお願いされてね、どんなデザインがいいか打ち合わせをしたら、こんな感じで裏布付きのでロングスカートでとのこと。

写真のジャンパースカートは、レディブティックので裏布なしのニット生地だよ。
01
このデザインは、型紙付きでかこみ製図もあるんだよね。

でも、依頼者様の背中が丸くてね、このまま型紙を写して作ったら、補正の嵐になりそうなので、原型から作ることに。

ちょっと、迷ったんだけどね。
型紙を写してから、背中の補正を入れた方がいいのか。

でも、原型から書く方が慣れているから、今回は原型から作ることに。

まずは一番、近そうな体系の原型を写す。
02
本人を見た感じで、『多分この位の背中の丸みかな~?』とあたりを付けて、修正。
03
右側が後身頃ね。
肩ダーツを広げて、背中の丸み部分を追加。

そして、左側が前身頃。
姿勢が前傾になるから、丈を少し縮めてみた。

この本を参考に修正。
初心者にはおすすめしない。
意味が分かりづらいし、教科書通りの補正は絶対にないから。

ある程度、型紙(原型)の知識があることが前提の本。

いや、でも私もそんなに知識があるわけでもないんだけど(小声)。。。
05
ちなみに前身頃の直し方は、よく分からなかったんだよね。
なんか、胸が小さい時の補正に似てた(同じだよね?)から、その感覚で補正した。

胸が大きい人の補正はよくやるので、その逆バージョンだよね

そして、この原型を元にジャンパースカートを製図。

この時に原型も操作して、後身頃の肩ダーツの一部を袖ぐりにも移動したよ。
っていうか『新原型→旧原型』に操作しただけと言うべきか。
06
仮縫いをするための型紙も作る。
07
後身頃はこんな感じ。
背中の丸み(後中心)を入れると体のラインが綺麗に見えるのでいれる。
男大島紬だと無地みたいなもんだから、後中心を真っ直ぐにする必要ないんだもんね。
08
この後、掃除機をかけている時に気が付いたんだけど
衿なしデザインの場合、肩ダーツじゃなくて、衿ダーツの方が洋服のラインが綺麗になることを思い出したの。

これは、かなり大事っていうか、先生に見せたら、必ず修正されちゃうやつね。

なので明日、出来たら肩ダーツを衿ダーツに修正する。
先生に見てもらえるわけじゃないから、ちゃんと出来るか分からないけど

多分、大丈夫。何回も先生と一緒にやってるから(震える声)

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
上手に仮縫いが出来なかったら、全力で謝って、他のデザインに変えてもらう

あぁ、早く洋裁教室に行きたーい!
コロナ、収束しろ!
先生からの『修正するとこ、ないんじゃない?』の一言が欲しい。
もしくは、『ちょっとここを直そう』とかの指示が欲しい。


今日は洋裁の作業は大して、やっていないんだけど、買い物等で疲れ切っているので手短に更新。

裾をまつり縫いする。
黒糸でまつり縫いしたので、黒い柄のところをすくうようにして、表に響かないようにしてみた。
01
ウエストにゴムを通す。
パジャマゴムね。
ゴムは緩めにして、ヒモできっちりウエストを締めようかなと。
02-01
パジャマゴムはウエストの通し口から、少し出した状態にしておく。
02
ヒモも通す。
予想通り、ヒモの接ぎは蝶々結びのところになった。
03
表布と裏布を糸ループでつなげる。
04
仕上げアイロンをかけたら、完成。
ジャケットとスカートを合わせてみたところ。
10
ジャケットを脱いだところ。
11
可愛く、素敵に上手に出来たと思う
(自画自賛)
パチパチ
ヤフオクに出品予定です。
興味のある方は、良かったら覗いて下さい。

コロナの影響でマスク作りと家事に追われていて、中々洋裁をする時間を確保することが出来ません。
欲しい方は、この機に思い切って落札してみて下さい。
本当に次はいつ作れるか分かりません。

明日あたり、できたら出品する予定です。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は料理中に一昨日、火傷したところの薄皮が剥けて、水が染みてね、痛かったのよ。
それで早々に料理と家事を放棄して、洋裁をやっていたので、いつもより作業がはかどったと思う。

ヒモを接ぐ。
強度を増したいところ(袖下・股下)は、二度縫いするので、ヒモの接ぎも二度縫い。
01
アイロンをかけて、ステッチ等する。
02
ヒモの出来上がり。
03
ウエストベルトにヒモ通し口を付ける。
04
脇を縫って、ウエストベルトの出来上がり。
05
ポケットを縫う。
06
出来上がったシームポケット。
脇目に見えるように縫ったので、どこがポケットか分からないのが正解。
07
分かりづらいので、重りを置く。
08
反対側のポケットも完成。
09
ポケットの裏側はこんな感じ。
10
ポケットは必ず二重に縫う。
11
スカートの縦のラインを縫う。
12
スカートの裾にロックミシンをかける。
フレアスカートの場合、差動で縮み縫いをすると、まつり縫いするときに楽。
13
裏布スカートを縫って、
14
裏布スカート完成。
15
表布スカートと裏布スカートを合体。
16
今日は、ここまで。
結構、集中したから疲れた
後、もうちょっとで完成。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は、この前完成した大島紬のジャケットと同じ生地でスカート作りね。
14
今日は、久しぶりに主人が出勤したのよ~
なので、
久々の自由!
誰にも邪魔されずに裁断できる!!
横で踊ったりされずに済む!!!

だから、集中して伸び伸び裁断ね。
01
ポケット口に伸び止めテープを貼る。
02
ヒモ通し口に接着芯を貼る。
03
ヒモを裁断したんだけど、どう工夫しても一枚布で取れなかったので、少し細切れ。
蝶々結びのところに接ぎがくるから、強度的には大丈夫なはず?
04
裏布も裁断。
05
ロックミシンをかけられるところにかける。
06
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日は散歩もせず、家事も最低限で久々のお一人様を満喫

まつり縫いして、ループを裾につけて、
01
ゴムとヒモを通してスカートの完成
ゴムはサイズ調整していないので、端っこをボタンホールから出してる状態ね。
02
使ったゴムはパジャマゴムね。
パジャマゴムで緩くはいて、ヒモで締めるはきかたが良いかなと。
02-01
スカートの完成
03
今回のツーピースを縫っているときに思ったの。
売れ残ったら私が着るんだけど、この下に着るプルオーバー持ってないのよね。
出来たら、シンプルなデザインでジャケットの裾から見えないようなのが欲しいなと。

なので、プルオーバーの作図を縫い代付きでする。
04
今回はシンプルなデザインにしたかったので、肩ダーツを入れない代わりに5㎜ほど後肩を多くして、イセで入れる。
前肩に比べて、後肩の方が丸みがあるからね。
特にミセスはね
体のラインが綺麗に見えるよ

こういう肩のイセは5㎜までとか教えてくれるのは、洋裁教室ならではだよね。
教科書には載ってないからね。
20
切り取りながら、微調整をして型紙の完成。
06
このピンクベージュの生地を使って縫うことに。
大島紬の柄にピンクの花柄があるので、合うよね。
生地は薄めで透け感がなくて、柔らかいの。
素材は不明だけど、肌触りいいよ。
07
縫って、
08
プルオーバーの完成
09
スカートと合わせると、素敵
10
上にジャケットを着せてみる。
ジャケットの下からプルオーバーが出てこないように作図したの。
出てこなくて、大成功
ヤッター
11
リボンを解いた衿元はこんな感じ。
プルオーバーの衿の方が5㎜上にくるのだけれど、リボンがあるから、見えないかなと。
衿ぐりが大きいのあんまり好きじゃないのよね
12
ジャケットの前ボタンを開けたところ。
13
今日の作業は、ここまでね。

今日、トイレットペーパーを買いにドラッグストアにいったの。
高いトイレットペーパーしか売ってなくてね。
我が家は主人のこだわり?で安いシングルのトイレットペーパーを使っているので、買わなかったの。
もともと、南海トラフ地震対策でトイレットペーパーは備蓄しているので、まだ買わなくても大丈夫だしね。

キッチンペーパーも売り切れてたな。
キッチンペーパーはどうして、売り切れるのかなと考えたら、キッチンペーパーでマスクを作っている人がいるみたいね。
我が家もそろそろマスクなくなるかな?
例年だと、花粉が収まるまではある計算なんだけど。

備蓄といえば、地震や台風などの天災用でしか考えてなくて、マスクは備蓄してなかったのよね。
前に噴火用の粉塵マスクを買ったら、主人に鼻で笑われたし、今回の件でマスクも備蓄するようになったら、また笑われそう

そういう時は『貴様に備蓄は使わせん!』っていうと謝るんだけど

近所で苺狩りをやっていてね、
苺狩りの苺はスーパーに並んでいる苺とは違って、完熟してから店頭に並べてくれるのですごく甘くて美味しいのよ。

高いけど、買っちゃった
心に少し癒しを。
04
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日も昨日の大島紬のスカート作りの続きね。
コロナウイルス対策で、体力温存したいから、少なめの作業よ。

ヒモを作って、ベルトを作る。
01
ベルトにはヒモを通すためのボタンホールも開ける。
裏には接着心を貼って、補強ね。
02
スカート本体を縫う。
03
裏布も縫う。
04
ベルト、スカート本体、スカートの裏布を合体。
05
今日は、ここまでね。
ミシンでやる作業は全部終わった
後は、まつり縫い、糸ループ、ヒモとゴムを通す作業ね。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
『今日、リメイク用の着物を取りに来ない?』って誘われたけど、コロナの影響で断ったのね。
自分が移すかもしれないし、移されるかもしれないから、大切な相手ほど気軽に会えないよね。
『次に会うときに作品(喪服)を渡せるように頑張るよ』って言ったから、頑張らないと


ウエストに入れるヒモを作る。
アイロンで折った後、段付き押えを使って、ステッチをかける。
01

ヒモの出来上がり。
02

ウエストのヒモを通すところにボタンホールで穴を開ける。
03

補強のために2度かけする。
04

ベルトの脇を縫う。
05



次はポケットね。
縫い代に袋布を縫いつける。
06

ポケット口にステッチする。
かんぬきを入れるなら、なくてもいいんだけどね。デザインね。
07ステッチ

裏布にもね。
08

09

ここまで来たら、後ちょっと。
袋布の周りを縫う。
裏布にイセがよるのは、OK。
10

二重に縫う。
11

袋布の周囲にロックミシンをかけたら、出来上がり。
12

どこがポケット口か分かりづらいので、重りを置いてみた。
縫い目に見えるように作ったポケットだから、分かりづらいのが正解なのよ。
13

裏側。
14

スカートの縦ラインをそれぞれ縫う。
15

ベルトを付ける。
分かりづらいけど、ベルトついているのよ。
15-1ベルト付ける


裏布を縫う。
タックと脇を縫う。
16

裾を三つ折りにして縫う。
17

裏布の出来上がり。
18

裾はこんな感じ。
19

裏布と表布を合体する。
そして、ベルトとスカート本体のところに落としミシンをかける。
ゴムとヒモを通すところを作るのよ。
20落としミシン

ヒモとゴムを通す。
今回はパジャマゴムを通してみた。
21

裾をまつる。
22

ちなみに裾のカーブはこんな感じでギャザーが寄るの。
しょうがないのよ。
23

表側は綺麗よ。
24

表布と裏布を裾の部分で糸ループを使って、つなげる。
はいている時に裏布が動いたり、脱ぐときに裏布がひっくり返ったりするのを防ぐのよ。
25


完成
30

後側(前も後も一緒の型紙だから、シルエットはだいたい同じはず)
31

裏布の前側。
32

後側
33




↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31


仮縫いの時に出来たスカートは、フレアがとっても可愛かったのよ
イメージ 4

そして、先日作ったシャツワンピースに合わせたいのよね。

作るスカートはこんな感じに長方形と三角の生地を合わせて作るの。
00



表布の型紙は出来上がっているんだけど、裏布の型紙が出来ていないので、裏布の型紙を作る。
前スカートと後スカート、共通ね。
01

長方形の生地を切るために生地を半分に折って、折り目を付ける。
02

折り目のところで、裁断。
03

6枚裁断。
04

長方形って言っているけど、上の方は微妙に曲がっていて、ウエストに沿うようになっているのよ。
04-01

シームポケットを作るので、ポケット口に接着テープを貼る。
07


次は三角形の生地を切るんだけど。
下記のように生地を置いて、切りたいんだけど、生地が足りないのよ
05

なので、こうして生地を取る。
06
着物リメイクをしていないと信じられない生地の置き方(地目のとりかた)なんだけどね。

4枚裁断。
08

実際に縫う時は、赤い線の地目で縫う予定。
左右対称の方がいいと思うの。
99

ベルトを裁断。
ヒモとゴムを通すための穴を開けるところは、接着芯で補強する。
09

ヒモを裁断。
10

袋布を裁断。
11

裏布は紫色のキュプラで。
今回の着物の柄に紫があるので、裏布が紫だと可愛いかなと思ったの。
たまたま、紫色のキュプラを持っていたしね。
12

スカートの裏布も切る。
13


今日は、ここまで。



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

ペチコートっていうのは、裏布のないスカートやワンピースを着るときに、下に着るスカートね。

今回は、夏用の裏布で作ったのよ。



前にご注文を頂いた浴衣の反物から作ったワンピースが完成したので、今日の午後、お届けしたのよ。

それで、前にケーキをいただいたので、お返しにペチコートを作ったの

食べ物でお返しよりも手作りでお返しの方がいいかなと思ったのよね。



今回、作ったワンピースはラグラン袖で、あんまり裏布をつけるタイプのワンピースではなかったのよね。

イメージ 1

脇には、スリットが付いていて、はきやすいと思うの。

イメージ 2

ウエストは、パジャマゴムで調節ね。

イメージ 3

裏布の付いていないスカートや、ワンピースを着るときって、下に着る下着なんかを気にしなきゃいけないんだけど、ペチコートがあれば、あんまり気にしなくて済むから、楽よね




今日は、この後、突貫で甚平を作ったから、疲れた

縫うの早くなったなぁ。

一日で、ペチコートと甚平を縫ってしまった。

すっごい、疲れるけど



前から、お祭りで甚平を着たいとおっしゃっていたのよ。

今日、お会いした時に3日後にお祭りに行くって聞いたので、甚平を着て欲しいと思っちゃたのよね。

『来年、着るからいいわ。』と、おしゃっていたのだけれど。

やっぱり、喜んで欲しいじゃない

そう思ったら、縫いたくなっちゃたのよね




↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 4

今日は、この写真のスカートの型紙作成と仮縫いね。

イメージ 1

スカートは下記のように布を組み合わせて、フレアスカートにするのよ。

イメージ 2

製図して、型紙を作る。

イメージ 3

生地を切って、縫ってみる。

ウエストは、ゴムね。

イメージ 4

なかなか可愛いフレアスカートができそう

前回、縫ったボウタイのジャケットを着せてみる。

ジャケットにアイロンはかけてないの。勘弁してね。

イメージ 5

いいじゃん

素敵な感じに仕上がりそう

後側。

イメージ 6



朝方と夕方以外、外出したくない季節になってきたわね。
そうもいってられないんだけど



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 7

このページのトップヘ