ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ:着物 > その他着物

今日は、これの続きね。


脇を縫うついでにのシームポケットを縫っていくわよ。

イメージ 1

ここまで縫ったら、ステッチを入れる。

5mm幅の段付き押えを使って、5mmステッチを入れる。

イメージ 2

ステッチ完成。

イメージ 3

裏側はこんな感じ。

イメージ 4

この時、下糸の色を変えないといけないのよね

変えずに縫って、やり直しました


出来上がり

イメージ 5

裏側はこちら。

イメージ 6

ポケットは必ず2重縫い。

イメージ 7

ここまで来ると、やっとパンツ本体の縫いに取り掛かれるの。


パンツを筒状に縫う。

イメージ 8

この筒状に縫ったのを股ぐり部分を縫って、合体。

イメージ 9

今度は、表布と裏布を縫い合わせる。

ここまで、縫ってヒモとゴムを通すボタンホールを開け忘れたことに気が付いて、開ける。

開けづらい

イメージ 10

ウエスト部分に4cm幅のステッチを入れる。

4cm幅の段付き押えはないのよね。

当たり前か。

ステッチ定規を使っていくのよ。

イメージ 11

ベルト通しを作る。

こちらは、2mm幅の段付き押えを使って縫う。

イメージ 12

取りつける。

イメージ 13

パンツ本体が完成。

イメージ 14

裏側はこんな感じ。

膝下まで、裏布がくるようにしたの。

イメージ 15

次は、紐を裁断して、アイロンをかけて、2mm幅の段付き押えを使って縫う。

イメージ 16

ヒモの出来上がり。

イメージ 17

ヒモを通す。

イメージ 21

次は、ベルトの裁断して、こちらも2mm幅の段付き押えを使って縫っていく。

イメージ 18

出来上がり。

イメージ 19

ベルトの長さは、製図によると172cmなのよ。

イメージ 20

けど、こういう製図って、ウエスト60cmあたりを基準にしてあると思うのよね。

という訳で、太めの私に合うように長め(198cm)に裁断。

後で、完成写真を見れば分かるのだけれど、大正解だった


パンツの裾をまつり縫いする。

イメージ 22

表にひびかないようにまつる。

まつっているの分からないよね。

イメージ 23

股の部分をしつけ糸を使って、中綴じ。

イメージ 24

脇も中綴じ。

イメージ 25

佐藤喜美枝さんのプロソーイング教室では、脇は中綴じするとは教わらなかったんだけど、文化式では中綴じするみたいなので、一応中綴じしたの。

しなくてもいいかなと、思うんだけどね。

次は、裏布の裾部分と表布をつなげる糸ループを付ける。

脱ぐときに裏布がひっくり返らないようにね。

イメージ 26

パンツの完成

イメージ 27

イメージ 28

ポケットは、多めにしたのよ。

自分が着るとしたら、多い方が便利だものね。

気をつけの姿勢で立つと、フレアスカートに見えるのよね。

パンツの丈は160cmの私の場合、くるぶしあたりにくるように。


前に作ったブラウスと合わせてみたいけど、このトルソーはパンツははけないのよね

洋裁用のトルソーなので、針がさせるのよ。

こうしてみた。

イメージ 29

ブラウスと合わせてみる。

イメージ 30


イメージ 31

いかがでしょうか

素敵に出来たと思うのよね(自画自賛)

後ろポケットは隠れちゃうのがちょっと残念



そうそうブラウスにホック付けましたよ。

イメージ 32



いつも写真を撮っているデジカメが壊れたの
10年以上使っているから、寿命なのかな。
しばらくはスマートフォンを使うかな。


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 33

今日は、これの続きね。


脇を縫うついでにのシームポケットを縫っていくわよ。

イメージ 1

ここまで縫ったら、ステッチを入れる。

5mm幅の段付き押えを使って、5mmステッチを入れる。

イメージ 2

ステッチ完成。

イメージ 3

裏側はこんな感じ。

イメージ 4

この時、下糸の色を変えないといけないのよね

変えずに縫って、やり直しました


出来上がり

イメージ 5

裏側はこちら。

イメージ 6

ポケットは必ず2重縫い。

イメージ 7

ここまで来ると、やっとパンツ本体の縫いに取り掛かれるの。


パンツを筒状に縫う。

イメージ 8

この筒状に縫ったのを股ぐり部分を縫って、合体。

イメージ 9

今度は、表布と裏布を縫い合わせる。

ここまで、縫ってヒモとゴムを通すボタンホールを開け忘れたことに気が付いて、開ける。

開けづらい

イメージ 10

ウエスト部分に4cm幅のステッチを入れる。

4cm幅の段付き押えはないのよね。

当たり前か。

ステッチ定規を使っていくのよ。

イメージ 11

ベルト通しを作る。

こちらは、2mm幅の段付き押えを使って縫う。

イメージ 12

取りつける。

イメージ 13

パンツ本体が完成。

イメージ 14

裏側はこんな感じ。

膝下まで、裏布がくるようにしたの。

イメージ 15

次は、紐を裁断して、アイロンをかけて、2mm幅の段付き押えを使って縫う。

イメージ 16

ヒモの出来上がり。

イメージ 17

ヒモを通す。

イメージ 21

次は、ベルトの裁断して、こちらも2mm幅の段付き押えを使って縫っていく。

イメージ 18

出来上がり。

イメージ 19

ベルトの長さは、製図によると172cmなのよ。

イメージ 20

けど、こういう製図って、ウエスト60cmあたりを基準にしてあると思うのよね。

という訳で、太めの私に合うように長め(198cm)に裁断。

後で、完成写真を見れば分かるのだけれど、大正解だった


パンツの裾をまつり縫いする。

イメージ 22

表にひびかないようにまつる。

まつっているの分からないよね。

イメージ 23

股の部分をしつけ糸を使って、中綴じ。

イメージ 24

脇も中綴じ。

イメージ 25

佐藤喜美枝さんのプロソーイング教室では、脇は中綴じするとは教わらなかったんだけど、文化式では中綴じするみたいなので、一応中綴じしたの。

しなくてもいいかなと、思うんだけどね。

次は、裏布の裾部分と表布をつなげる糸ループを付ける。

脱ぐときに裏布がひっくり返らないようにね。

イメージ 26

パンツの完成

イメージ 27

イメージ 28

ポケットは、多めにしたのよ。

自分が着るとしたら、多い方が便利だものね。

気をつけの姿勢で立つと、フレアスカートに見えるのよね。

パンツの丈は160cmの私の場合、くるぶしあたりにくるように。


前に作ったブラウスと合わせてみたいけど、このトルソーはパンツははけないのよね

洋裁用のトルソーなので、針がさせるのよ。

こうしてみた。

イメージ 29

ブラウスと合わせてみる。

イメージ 30


イメージ 31

いかがでしょうか

素敵に出来たと思うのよね(自画自賛)

後ろポケットは隠れちゃうのがちょっと残念



そうそうブラウスにホック付けましたよ。

イメージ 32



いつも写真を撮っているデジカメが壊れたの
10年以上使っているから、寿命なのかな。
しばらくはスマートフォンを使うかな。


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 33

今日は、昨日作っていたブラウスとお揃いのパンツを作っていたのよ。



前パンツの裁断、接着芯貼り、ロックミシンね。

イメージ 1

白いテープは接着テープで、ポケット口になるところね。

ベルトの見返しになる部分には、接着芯を貼る。

イメージ 2

スカートとかだと、ゴムベルトが通る部分には、接着芯を貼らないのだけれど、パンツだと貼るみたいね。

手元のレディブティックの製図には、接着芯を貼るように指定があったので。

これを見てなかったら、接着芯は貼ってなかったかも

ベルト部分には、ゴムが通る予定なので、生地にギャザーがよるのね。

だから、柔らか目の接着芯を貼ったのよ。



次は後パンツ。

イメージ 3

後パンツは生地幅が大きいので、1枚で写真を撮ってみる。

イメージ 4

後パンツもベルトの見返し部分に、接着芯を貼る。

イメージ 5

裏布の裁断。

イメージ 6

後ろポケットの裁断。

接着芯もついでに裁断。

イメージ 7

村山大島紬の口布は、ポケットの入り口部分になるのよ。

口布はパリッと決めたいので、固めの接着芯を貼ってみた。



脇のシームポケットの袋布を裁断、ロックミシン。

イメージ 8

裏布の袋布は、再掲になっちゃた

ベルトと紐以外の裁断は終了。



後ろポケットを縫う。

ポケットのステッチは、2mm幅の段付き押えを使って縫う。

イメージ 9

出来上がり。

イメージ 10

スマートフォンを入れるとこんな感じ。

イメージ 11

反対側も出来上がり。

イメージ 12

ポケットの裏側。

イメージ 13

袋布は、もちろん2重に縫う。

イメージ 14


前パンツには、タックが入っているので、タックを縫う。

イメージ 15

裏布を縫う。

裾は1cmの完全三つ折りにして、1.5mm幅で縫う。

イメージ 16

裏布の出来上がり。

イメージ 17

裏布は、ひざ下までになっているのよ


今日は、ここまでよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 18




見返しと裏布を縫い合わせる。

カーブが多くて縫いづらく、生地がつれやすいので、切り込みを入れる。

イメージ 1

縫う。

イメージ 2

次は、裏布の肩と脇を縫うんだけど、脱ぎやすいように脇にスリットを入れた方がいいのではと急に思いついて、急きょ変更。

スリットを入れることにしたの。

肩と脇とスリットを縫う。

裾は三つ折りにして、1.5mm幅で縫う。

イメージ 3

裏布の出来上がり。

イメージ 4

後ろ側。

イメージ 5

スリットはこんな感じ。

もうちょっと、スリット深くした方が良かったかな

イメージ 6

表布の肩と脇を縫う。

イメージ 7

表布と裏布を合体する。

ファスナーと衿ぐりを縫い合わせる。


今回はファスナーを下さなくてもそのまま、ずぼっとかぶれるようデザインしたの。

衿ぐりは小さくしたかったので、V字の切り込みを衿ぐりに入れてある。

脱ぎやすいようにファスナーを入れたのよ。

人によるかもしれないけど、脱ぎづらい方もいるかなと思ったの。

服を脱ぐときは、夕方や夜だったりする可能性が高いから、家族にファスナーを下してもらえるかなと思って。

あんまり要望がなかったら、次回からはやめにしようかな。

結構、裏地付きファスナーは大変なのよね




ファスナー付けの後は、衿ぐりを縫い合わせる。

衿ぐりは、軽くアイロンで割って、衿ぐりがつれないように切り込みを入れる。

陥没しないように2枚同時に切り込みを入れずに、1枚ずつ切り込みを入れる。

イメージ 14


衿ぐりを落ち着かせるために陰コバステッチを入れる。

表側にステッチは出ないの。

見返しと前身頃の縫い代を縫うのね。

綿入りコートだと星止めするところの作業を楽にするために陰コバステッチを入れたのよ。

カジュアルだから、いいかなと思って。

イメージ 13


イメージ 8

後ろ側

縫い目みたいに見えるコンシールファスナーね。

イメージ 9

裏布

イメージ 10

イメージ 11

実はミシンだけで縫う裏地付きファスナー付けは、苦手なのよね

生地がつれやすいし、あんまり上手く縫えない。

裏布のところを手まつりで縫うと楽なんだけどね

文化式だと手まつり、佐藤喜美枝さんのところだとミシン縫いなのよね。

イメージ 12

裏布だし、見えないし気にしないという方だけ、入札して下さい。

お願いします。


表布の裾を2mm幅段付き押えを使って、縫う。

イメージ 15

袖を縫う。

袖はまくって、着るようにデザインしたのよ。

スリットを入れて、袖口がつれないようにしたの。

いいデザインだと思うのよね。

袖の見返しと袖本体を筒状に縫う。

イメージ 16

合体して、袖の完成。

イメージ 17

袖ぐりは、1cmの縫い代なのよ。

袖付けを楽にするために、表布と裏布の袖ぐりを1cmの縫い代内に収まるように7mm~8mm位で縫い合わせる。

イメージ 18

袖を付ける。

袖下部分は、補強のために2重で縫う。

イメージ 19

ロックミシンをかける。

イメージ 20

脱ぐときに裏布をひっくり返りづらくするために糸ループで、表布と裏布をスリットのところで留める。

イメージ 21

完成よ

イメージ 22

イメージ 23

裏布ね~

イメージ 24

イメージ 25


完成した感想なんだけど、自分でデザインしたブラウスだとはいえ、ブラウスだから、簡単に出来そうなどと油断していたら、結構、凝っているデザインで大変だった



衿ぐりは、V字を入れるより、丸い方が楽なのよ。

裏布付きのコンシールファスナー付けは、大変。

袖の見返しは、そんなに大変ではないけど、そのスリットがやや大変。

裏布のスリットも少し大変。

そもそも裏布を付けること自体、大変。


と、大変ポイントが多かった



ブログを書いていて、気づいたんだけど、ファスナーの上の方に付けるホックを付けるのを忘れてた

明日、ちゃんと付けます。



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 26

今日の午前は、洋裁サークルで年に一回の総会だったのよ。

役員じゃないから、座っているだけでいいんだけどね

そんで、午後は通常通りの洋裁でね。

もう、ぐったりよ



バネ口金のポーチなんだけど、前回のポーチを作った時に、一緒に裁断と合皮のステッチまでやっていたのよ。
だから、ちょろっと最後に仕上げに縫って、バネ口金を入れただけなのよ。

イメージ 1

裏側ね
黒い接着芯を貼ってあるのよ。

イメージ 2


そして、完成

イメージ 3

裏から見たところ

イメージ 4

内側の生地は、コートで使っていた裏布と同じ生地よ。





最近よく言われるし、今日も言われたのだけれど、『製図がうまいわね~』って言われた

綺麗に書くように意識して、早数年。

さらに先生に読みやすいように意識するようにもなってきた。

ますます、精進するように頑張ろうっと



今日も製図していたのだけれど、いつものように自分の作業より、人に教えている時間の方が長かったかな

ま、サークルなのでね。

教室じゃないしね。

人に教えると、自分でも勉強になるよね。

ちょっと、賢くなった気がする

あんまり、窮屈な雰囲気ではないのよ



↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 5

着物をほどいて綿入りコートを作りました。
丁寧に作りました。

ヤフオク出品中です。興味のある方は良かったら見て行ってください。


https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t633117751


綿はシンサレートという暖かい綿を使っています。

冬季オリンピックで使われたり、羽毛よりも暖かいと言われています。


また、綿止めとデザインを兼ねて、コート全面に手縫いで刺繍ステッチを入れてあります。

詳しくは製作中のブログをご覧ください。

【製作中のブログ一覧】











前身頃
イメージ 1

後身頃
イメージ 2

衿元のアップ

イメージ 5

裏布の前身頃
イメージ 3

裏布の後身頃
イメージ 4

内ポケット
イメージ 6

反対側の内ポケット
イメージ 7

内ポケットの深さは約17cm
イメージ 8

アウトポケット
柄合わせしてあります。
イメージ 9

反対側のアウトポケット
こちらも柄合わせしてあります。
イメージ 10

両脇にスリットが入っています。
蹴回りが広くとれて、動きやすいです。
また、スリットがデザイン上、とても可愛いです。
イメージ 11


スリットのアップ
イメージ 12

反対側のスリット
イメージ 13

スリットの裏側
イメージ 14

スリットのアップ
イメージ 15

反対側のスリットの裏側
イメージ 16

スリットのアップ
イメージ 17

前裾の裏側
イメージ 19

反対側の前裾の裏側
イメージ 20

生地のアップ
濃紫の少しグレーが入っている生地になります。
イメージ 21

くるみボタンの裏側には、力ボタンが付いています。

また、分かりづらいですが、前端にポツポツとあるのは星止めというステッチが入っています。

生地を落ち着かせるために入っています。

触るとかろうじて、ブツブツしています。
イメージ 22

共布で、ミニトートバッグを作りました。
イメージ 18

ちょうどティッシュケースがひとつ入ります。

財布とエコバッグ等が入るようになっています。

ボックスティッシュを入れてみました。
イメージ 23

内側の生地には、コートで使用したピンクベージュの生地を使っています。
内ポケットが付いています。
イメージ 24

ファスナーポケットが付いています。
イメージ 25

共布と合皮を使って、ポーチを作りました。
イメージ 26

持ち手は取り外せるようになっています。
イメージ 27

イメージ 28

裏側の生地には、コートで使用したピンクベージュの正絹を使っています。
イメージ 29

サイズはLサイズです。
160cmの私が着て丁度いい着丈になっています。
ゆったりしたデザインで、LLサイズに近いので、下に着こむことも出来ます


袖丈 約60cm
着丈 約97cm
肩幅 約44cm
身幅 約55cm
ウエスト 約110cm

【参考資料】

洋裁歴は11年ほどになります。
佐藤喜美枝さんのプロソーイング教室に通い、洋裁を学びました。
また、洋裁のサークルにて文化式を習っています。

普段は、知人・親戚にオーダーメイドで着物リメイク、洋服を作っています。

お気に召した方がいましたら、入札をお願いします。

着物をほどいた後、洗濯機でエマールを使用してドライコースにて洗濯しています。

なるべくミシンがけできるところはミシンで仕上げました。
職業用ミシンロックミシンで作りました。
家庭用ミシンと比べると縫い目が綺麗でしっかりしています。

バキュームアイロン台を使用しております。
使用しない場合と比べると折り目が綺麗に入ります。
また、着物の折り目も使用しない場合と比べると綺麗に消えます。



濃紫の着物の綿入りコートを着て、出かけてみませんか?


【注意】
着物リメイクであり、ハンドメイド作品であるため、傷・シミの気になる方は入札をお控えください。
なるべく傷・シミは避けて裁断していますが、どうしても見逃しなどある場合がございます。

ハンドメイドと着物リメイクの風合いの好きな方のみ入札をお願いします。

心をこめて、丁寧に手間をかけて、作っています。大事に来て下さる方に落札いただけると嬉しいです。

今日で、やっと綿入りコートが完成

長い道のりだった

前身頃の前端に星止めをしてね。

イメージ 1

星止めを裏から見たところ。

表側から見ると、点々と目立たない縫い目がかろうじて見えるかなという感じで、写真にとってもあんまり見えないのよ。

実際に見たわけではないのだけれど、フルオーダーメイドの紳士服だと、手縫いで星止めを入れてくれるらしいわよ。

というわけで、星止めは高級仕立てなのよ

と、ちょっと強調してみたりして


そして、スリットと裾を縫って、ボタンホールを付けて、ボタンを付けて、出来上がりね。

イメージ 2

後ろ側ね。

イメージ 3


さてと次は、ミニトートバッグよ。

トートバッグにしようかと思ったけど、生地が足りなくなったのよね

まずは、生地に綿を入れて、手縫いで刺繍ステッチを入れるのよ。

イメージ 4

裏側はこちらね。

手縫いした場所がよく分かるわね。

イメージ 5

持ち手にも綿を入れてね。

余分な綿はもちろん、切りますよ。

イメージ 6

ステッチするときは、生地がよれないように全部同じ方向でステッチするのよ。

2mmの段付き押えを使うと、必ず2mm幅で縫えるのよ

イメージ 7

次は、裏布の見返しに黒い接着芯を貼って、縫って内ポケットを付けるの。

イメージ 8

裏側の力のかかるところには、力布という名の不織布の接着芯を貼るのよ。

絹だから、デリケートだしね。

イメージ 9

裏布の反対側には、ファスナーポケットを付けてね。

イメージ 10

裏側はこうなっているのよ。

イメージ 11

袋布は念のために二重で縫っておくの。

イメージ 12

そして、合体させるとミニトートバッグの出来上がり

裏布がピンクで可愛い

イメージ 13


もうひとつ、頑張って作ったの

まずは柔らかすぎるのは嫌だけど、固すぎるのも嫌なので、コートやジャケットによく使う黒い接着芯を貼るの。

そして、合皮を縫い合わせるのね。

イメージ 14

裏側はこちら

イメージ 15

合皮にステッチするときは、2mmの段付き押えを使うのだけれど、金属の段付き押えを使うと滑りが悪いので、テフロンの2mmの段付き押えを使うのよ。

イメージ 16

ちなみにテフロン押えは段々削れていくから、普段はちゃんと金属の押え金を使った方がいいわよ。

合皮を使って、細い紐を作るのよ。

下は紐の断面ね。

イメージ 17

合皮だから、断面が白いのよね。

この断面が白いのをコパ処理っていうのをするの。

ま、コパの液体を塗るだけなんだけど。

本物の皮製品のコパ処理とは、ちょっと違うわよ。

イメージ 18

これは、途中までコパ処理したところね。

写真がピンボケで、ごめんね。

接写モードは苦手でね

さて、この紐とファスナーを使って、何が出来たのかというとポーチよ。

イメージ 19

カバンの持ち手に付けたりも出来るの。

おしゃれでしょ

イメージ 20


なぜ、このポーチを作ったかというとね、濃紫のファスナーって売ってなかったのよ。

そりゃ、探しまくればあったかもしれないけど、私の身近では売ってなかったのよね。

このデザインだったら、茶色のファスナーの方が素敵でしょ




このポーチ、作るの面倒くさいのよね。

当分、作りたくないわ

↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 21

今日は、散歩の後うっかり寝てしまって、進みが悪いのよね。

ここまで出来たのよ

イメージ 1

後は中綴じと、スリットと裾を縫い合わせたら終わりね。



衿の後ろ側

イメージ 2

分かりづらいけど、肩ダーツが入っているの。

アップにしたところ

イメージ 3

年をとると、背中に肉が付いているくるので、ダーツが入っていると体のラインが綺麗になるのよ


↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 4

今日は、裏布を裁断して、縫い合わせたの

イメージ 1

背中側ね

イメージ 2

背中のあたりは、よく体が動くので、キセがたっぷり入っているのよ。

イメージ 6

着物の幅の都合でたくさん入れられない時もあるけど。

今回は入った。

背中以外(脇、袖、お尻)の部分のキセは少しよ。

キセっていうのはね、体が動きやすいように生地にゆとりを入れることね

イメージ 7



今回も内ポケットをつけたの

イメージ 3

裏側にある袋布はつぼ型に縫ってるの

イメージ 4

袋布の縫い線はもちろん二重ね。

イメージ 5

表衿と裏衿も縫い合わせてね

イメージ 8

衿を落ち着かせるために星止めもちゃんと入れたの

イメージ 9

表側から見ると分からないんだけど、触るとブツブツしていて、よく分かるのよ。



今日、散歩していたら、梅が咲いていたのよ。

綺麗だったわ。

もう春よね


↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 10

昨日、出来上がったポケットを前身頃に付けたのよ

イメージ 1

柄合わせがちゃんと出来て、ホッしたわ

いつもこの瞬間は緊張するのよね。

反対側もバッチリよ

イメージ 2

ポケットが少しふっくらしないと使いづらかったりするので、少しポケットは膨らんでいるのよ。

刺繍もしているし、完璧には柄は合わないものなのよとちょっと言い訳

もし、柄が合わなかったら、体の中央部分だけを合わせるのよ


イメージ 3

ステッチが綺麗に縫えているのはね、この段付き押えという職業用ミシンと工業用ミシンで使える押え金を使っているからよ。

必ず決まった幅で綺麗に縫えて便利なの



表身頃を縫ってね

イメージ 4



袖ぐりには下記のゆき綿が入っているのよ。

袖山がふっくら綺麗に出来るようにね。

イメージ 5

袖の中はこんな感じ

イメージ 6

今日は、いろいろ他にやることがあって、今日はここまでね。

↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 7


このページのトップヘ