ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ:着物 > その他着物

文化服装学院の服装コース(通信教育)に提出した修了作品が戻ってきたの。
このドレスね。
10
添削のコメントでたくさん褒められていて、嬉しかった
最後の一文に『パターン力の向上にパターンコースもおすすめします。』って、あったから気持ちよく修了してもらって、パターンコースも受講してもらおうって、魂胆かなとも思ってしまった

疑いたくなるくらい、お褒めのコメントが多かったのよ

成績の点数も高かったし。
01
洋裁サークルの文化の先生に聞いたのだけれど、通信教育の点数の付け方は減点方式らしいの。
なので、80点取れれば、十分に合格みたい。

今回は、ドレス初挑戦だったのと、自分用なので、いつもより適度に力を抜いて作ったの。
減点方式だと過去最低点かな~と思っていたのよ。
思わぬ高得点だったので本当に嬉しい

見返しの処理をドレス仕立てにしてたんだけど、それについて褒められた
『よく出来ています。』だって。
キャー(≧∇≦)嬉しい
ドレス仕立てって初めてしたのに。

ドレス仕立てって、見返しと裏布が重なって、2重になっているのよ。
下記の図で分かるかな?
03

ファスナーの上にスナップを付けたんだけど、そのスナップにもコメントがあった。
05
『スナップOK』ってコメントもらった
教科書には載っていないから、わざわざコメントくれたのかな?

今、習っている先生がこのタイプのスナップ好きなんだよね。
先生の着ている洋服によく、このスナップが付いているの。
04
(絵が下手ね)

裾の見返し処理も褒められたの
キャー嬉しい(≧∇≦)(≧∇≦)
07
これも初めての処理だったんだけどね。
生地が足りないのと、綺麗なラインにしたかったので、見返しにしたの。
最後にバイアステープを地目で閉じる作業が面倒だったのよね

あ、後ね
『作図もパターンもよく理解されています。』だって!
ここも褒められた
ま、これは毎回あったコメントだから、それなりに嬉しいかな。

先生のコメントでね、
『着物を使用するのは、幅の制限もあり苦労されたでしょう。特に柄の配置には、様々に工夫された様子が伝わってきます。』っていうのが嬉しかったな。
本当に限られた幅で限られた生地しかないもので、柄合わせして、作るのは本当に大変なんだよね

【今回のドレスを作って、思ったこと】
ワンピースタイプのドレスだから、ちょっとワンピースより縫うのが大変なだけで、楽勝かな?って思ってたのよ。

そしたら、仮縫いは2回するし、(最初は3回するって言われてた)
見返しは、ドレス仕立て。
裾も見返しをつける。

柄合わせが中々面倒でね。
作図してから、生地に載せて、パターンを生地に合わせて変更。

コンシールファスナーがいつもより長いのも大変。

こんな感じで、本当に面倒でね。
途中で作るの嫌になって、中断したりもしてね。

想像よりずっと、ドレスって大変なのがよく分かったの。

前に洋裁の先生が言っていた
『洋裁って、研究している人はたくさんいるけど、たくさん作っている人には敵わないのよ。』って言葉を思い出したの。

作ってみると想定外のことがたくさん出てきて、こりゃ頭の中で考えるだけより、頭の中で考えたものを1着でも作った方が経験値が全然違うんだなと身に染みて思った。

というわけで、これからも新しいものを楽しみながら、作っていけたらいいな

修了作品と一緒に、講座の案内が同封されてたの。
早速、受講してみたい講座に付箋をつけてチェック中。
次は、洋裁とは関係なく別の資格を取りたいので、受講するかは分からないけど。
05

今日は、喪服のジャケットを作っていたの。
ボチボチ、楽しみながら作ってるよ。
じゃ、おやすみー
02
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

振り袖打掛から作ったドレスがやっと完成したの
やっほーい!
大変だったから、出来上がったときの気分は最高よ!!

作業は昨日の袖作りからね。
一晩寝たから、袖の作り方忘れちゃったかな?と思ったけど、そんなことなかった。
無事に両袖出来た。
01
出来上がったドレスをトルソーに着せて、袖を待ち針で留めてみる。
02
大体の袖付けの場所が決まったので、袖を仮に留める。
03
試着してみて、丁度良かったので、そのまままつり縫いをして、袖付け完成。
04
後、もう一息ね。
ファスナー上部にスナップボタンを留める。
05
使うときはこうするの。
07
私はホックより、スナップボタンの方が好きなのよね。
ホックってこれね。
よくはずれるし、髪の毛に引っかかるのよね。
06
ファスナー部分の裏布を星止めする。
ファスナーが70㎝もあるから、永遠に終わらないような気がするのよね。
いつもは、ファスナーのところに星止めしないよ。文化の通信教育に出すからよ。
99
中綴じをして、スカート裾に糸ループ。
09
完成よ
拍手して!!
10
後側ね。
11
ちなみに前身頃には鶴がいるの。
12
後身頃にも鶴いるのよ。
ラインが真っ直ぐじゃないから、ピッタリと柄合わせは出来ないんだけど。
13
前スカートの中心部分も柄合わせね。
着物のおくみと前身頃(左前)のところにあった刺繍の花をもってきたの。
ここだけ、日本刺繍がしてあってね、素敵だなと。
せっかくだから、生かしたいと思ってね。
14
袖は、分かりづらいけど、着るとこんな風になる予定。

載っている作品は着物から作られた洋服やドレスばかりで、みんな素敵よ。
写真だけで、製図はのっていないので、写真を見て製図出来ない人は要注意。

打掛を解いた日付を見たら、2019年07月25日になっていたから、作ろうと思ってから、半年以上かかったのね。
仮縫い2回もしたし。
本当に大変だったな

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ちょっと眠いから、手短に更新するね。
一昨日と今日やったドレス作りの作業ね。

裾を始末するためのバイアステープを作る。
5㎝幅のバイアステープが欲しいので、7cmで試しに切って、アイロンで伸ばす。
5㎝幅より若干、大きめになったので7㎝で丁度いいみたい。
01
7cmで切って、接いで、伸ばして、5㎝幅に裁断したバイアステープを作る。
スカートの裾の長さを測ったら、2メートルちょっとあったので、大量にね。
02
ミシンで縫う。
03
バイアステープに空ロックをかけたいのだけど、縮み縫いをしたいので、試し縫いする。
生地の上部に空ロックをかけたのよ。
生地がカーブしてるでしょ。
05
1.5じゃなくて、1.3で丁度いいみたい。
05
06
裾をまつったら、裾の始末の出来上がり。
裾をバイアス始末にする場合と、裾を4㎝に単純に折る場合を比べると、バイアス始末の方がパリッと仕上がるような気がする。
裾のカーブがキツイとバイアス始末にするしかないから、選択の余地はないんだけど。
07
袖を縫いたいので、昨日、絹の手縫い糸買ったのよね。
和裁をする人にミシンで縫ってもいいか聞いたら、『絶対にダメ』と言われたので、しょうがなく手縫いで縫うことに。
08
手縫い、大変ね
09
先日、買った和裁の本を読んだり、動画を見たりして、誤魔化したりもして、なんとかやっと片袖だけここまで縫えた。
もう少し縫う必要あるんだけど、とりあえず出来た10
本をひっくり返してみたり、PCで動画を検索したりして、すごく大変だった
おまけに手縫いで、振袖の袖は長いしね

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ドレス制作中でここまで出来たの。
02
肩のところが細くてね。
袖ぐり縫うのが大変
縫いづらくて、陰コバステッチも出来ない。
衿ぐりは陰コバステッチ入れられたんだけどね。

なるべく文化の教科書通りに縫ってるから、手縫いが多くて大変
01
最近の縫い方は、主に佐藤貴美枝さん方式で文化のいい縫い方のところも取り入れるみたいな縫い方になっているから、文化の教科書通りだと、面倒なのよね
文化の通信教育に提出するから、しょうがないんだけどね。

ドレスって、ワンピースより作るのが少し大変になるくらいかなと思って、作り始めたんだけど、予想以上に大変。
スカートの部分が長くて、型紙作りも仮縫いも生地を切るのも大変。
見返しと裏布の部分もドレス仕立てってやつにしたので、それも面倒。
生地が足りないせいか裾の処理もこれからやるんだけど、バイアステープを作ってやるので、それも大変。
大変ばっかりだけど。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ちょっと寒気がするので、手短に更新。

この時に解いた喪服と一緒にリメイクするための絽の喪服をほどいていたの。
絽だから裏なしで夏用ね。
01

家紋付き。
この家紋がリメイクするには邪魔なのよね
特に袖の部分
02

解いて、
03

洗濯して、アイロン。
04

防虫剤を入れて、保管ね。
05
絽の着物は透け感があって、素敵よね
大好き

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

着物の喪服から、洋服の喪服にリメイクするオーダーを受けたので、その着物を解いていたのよ。
デザインを確定させたいので、さっさと着物を解きたかったの。
解いた着物に製図を載せてみて、デザインを確定するのよ。

一応、生地が足りないバージョンと足りたバージョンの2種類作ったのよね。
生地が足りないバージョンだと、デザイン的に継ぎ接ぎが多くて、ちょっとカジュアルな気がするので、出来たら足りたバージョンの方にしたいのよね。
喪服だから、出来たら落ち着いたデザインがいいよね。
着る本人の好みによるけど。

この後、オーダーしてくれた本人にどちらがいいか聞いてみる予定。
01

この喪服ね、衿、裾、袖口に星止めがみっちりしてあって、解くの大変だった
洋服の職人さんに星止めを頼むと、手縫いなのと手間なのとで、すごく高いっていうのは聞いたことがあるの。
『この着物、お仕立て代、高かったのでは?』と想像しているんだけど、着物はそんなに詳しくないから分からないな。
今度、着物に詳しい人に聞いてみようっと。
02星止め

一回も袖を通したことがないみたいで、家紋に和紙がついてた。
03

普段は解くときに捨てるものも、人から預かった着物だから、お返しするので一応とってある。
返して貰ったほうもゴミだとは思うんだけど
作ったときに出た端切れももちろん一緒に返すよ。
05

解いて、洗濯して
06

防虫剤を入れて、保管。
07


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は、朝から家に引きこもって、甚平作りをしていたのよ。

浴衣の生地は、この前、水通しをしたのを使ったの。

本当は甚平を縫わないで、日暮里に買い物に行きたいんだけどね、暑くて出かけたくないのよね



パジャマにするので、少し大き目に作ってあるのよ。

1

ポケットは左前だけにつけるんだけど、右前もあるとたまに使うので、両方つけた。

次はパンツね。

2

後側はポケット付き。

3

ウエストにはボタンホールをつけて、ゴムが取り替えるようにしたのよ。

4


お風呂上りに甚平を着ていると一般的なパジャマを着ているより、すごく涼しいのよ。

楽だしね。

見た目もまぁまぁ良いしね。

ゴミ捨て位なら行けるよね。

買い物は無理だけど。



ちょっと透け感のある生地だったから、どうかなと思ったのだけれど、作ってみて良かった。

今、着ているんだけど、すごく良いね


ちなみに藍染めされた浴衣の生地で作ると、シーツが青く染まるよ

経験あり




参考にした本はこちらね。

甚平は、ミシンで縫うようになっているけど、浴衣は手縫いで縫うように書いてあるので注意。

型紙は付いていなくて、かこみ製図になっているので、自分で製図するようになっている。



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

浴衣の反物を買ったので、水にしばらく漬けてから洗濯ね。

浴衣1

木綿じゃなくて、テトロンなのよ。

可愛い柄よね

表裏の印もちゃんとつける。

浴衣2

洗濯して、アイロン。

浴衣3


洗濯しても、あんまりシワが出来なかったの。

洋服にしたら、洗濯が楽そう



次は、ずっとやろうと思っていた椅子の座面の張り替えね。

張り替え前の椅子
before

使う道具はこれね。

用具

【使う道具一覧】
マイナスドライバー
プラスドライバー又は六角レンチ(椅子から座面を外すのに使う。椅子によって異なる。)
ペンチ
ミニタッカ
洋裁用ハサミ(よく切れるカッターでも大丈夫)

座面のクッション素材はこれを使う。
クッション

白いタイプの座面用クッションだとすぐにヘタっちゃうのよね。

この高耐久性ウレタンはおすすめ。

張り替える生地はモアレね。
モアレ

生地を引っ張るので、目が詰まっている生地か合皮がおすすめ。


座面を椅子から外して、黒い不織布を取ったところ。

01

タッカーで留めてあるので、マイナスドライバーをタッカーの芯にひっかけて取る。

完全には取れないので、ペンチで残りのタッカーの芯を抜く。


座面より5mmほど大きくクッションを切る。

少し大きく切った方が座った時に座面の木の部分が膝裏に当たらなくて、座り心地が良い。

02

座面をのせてみる。

03

5mmほどクッションの方を大きくしてみた。

04

生地を座面より大き目に切る。

05

生地を引っ張りながら、タッカーで生地を留めていく。

二人でやった方が楽だと思う。

一人が生地を引っ張って、もう一人がタッカーで生地を留めていく方がいい。

私は一人でやったけど、結構大変だし、怪我もしやすいよね。

まずは、四か所とめる。

大丈夫そうだったら、座面の上に乗りながら、やると楽かも。

膝で座面を押さえながらね。

06

拡大

07


辺にタッカーを留めていく。

08

最後に角を留める。

09

余分な生地を切り取る。

ねじの部分の穴を開ける。

10

元々貼ってあった黒い不織布を貼る。

11

椅子に取りつけて、完成

after

座り心地がとても良くなって、綺麗になった





今日は、2脚も張り替えしたので、疲れた


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31

母が着た振袖をもらったので、何にリメイクするか決まっていないけど、解いたの。

イメージ 1

イメージ 2

着物に詳しい方によると、昔、流行った柄らしい。

解いて、
イメージ 3

洗濯、アイロン。

イメージ 4

手洗いしたんだけど、水が汚れてね。結構、汚れているのね



今日は、疲れていてね、昼寝しちゃったのよね。

今日の作業はこれだけ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 5

竜毘紬の反物と村山大島紬の着物をほどいてパーカーを作りました。

丁寧に作りました。


ヤフオク出品中です。興味のある方は良かったら見て行ってください。




良かったら、製作中のブログもご覧ください。









ブラウスの前側
イメージ 1

袖を折り曲げて着るデザインになっています。
袖の折り返し部分と前身頃の中央部分に村山大島紬を使っています。

ブラウスの後側
イメージ 2

後側にはファスナーが付いています。

ファスナーを下さずにそのままかぶって着ることも出来ます。

ファスナーを下すことによって、脱ぎ着しやすい服になっています。



ファスナーのアップ
イメージ 3

ファスナーはここまで下ります。
イメージ 4

ファスナー裏
イメージ 5

袖は折り曲げずに着ることも出来ます。
イメージ 6

袖のスリットのアップ
イメージ 7

折り曲げたところ
イメージ 8

反対側の袖のスリットのアップ
イメージ 9

折り曲げたところ
イメージ 10

右肩を裏から見たところ
イメージ 11

左肩を上から見たところ
イメージ 12

後裾ステッチ
イメージ 13

後裾ステッチの裏側
イメージ 14

衿ぐりにはダーツが入っています。
背中のラインがより、綺麗に見えます。
イメージ 15

このブラウスには裏布が付いています。

前側の裏側
イメージ 16

後側の裏側
イメージ 17

脇には脱ぎ着しやすいようにスリットを入れてあります。
イメージ 18

反対側のスリット
イメージ 19



次はパンツの写真です。

前側にはスリットが入っています。

そのため、後側にギャザーを寄せて、着るデザインになっています。
(そうは言ってますが、好きに着て下さい。)

160cmの私が着た場合、パンツの丈はくるぶしのあたりです。

イメージ 20

後側
イメージ 21

リバーシブルのベルト付き。
イメージ 22

ベルトを付けたところ。
イメージ 23

ベルトの竜毘紬の方を表にしてみたところ
イメージ 24

ウエストにはヒモが付いています。
イメージ 25

後ろポケット
イメージ 26

深さは約15cm
イメージ 27

反対側のポケット
イメージ 28

スマートフォンを入れてみたところ。
イメージ 29

脇ポケット
イメージ 30

分かりづらいので重りを置いてみました。
イメージ 31

反対側の脇ポケット
イメージ 32

重りを置きました。
イメージ 33

膝下まで、裏地が付いています。
イメージ 34

後側
イメージ 35

床にパンツを平置きにしてみました。
色が青っぽくなっていますが、実際はこげ茶です。
イメージ 36

後側
イメージ 37

パンツとブラウスを合わせてみたいのですが、私の持っているトルソーはパンツがはけないので、待ち針でパンツをトルソーに固定しました。

イメージ 38
イメージ 39

ブラウスとパンツ
イメージ 40

イメージ 41

ウエストのゴムは落札後、お好きな方をお入れします。
イメージ 42

かっちりしたい方は、ゴムベルトで。

ゆるく締め付けがない方がいい方はパジャマゴムで。

ヒモが付いているので、ゴムは緩めで、パジャマゴムの方をお勧めします。


【ブラウスのサイズ】
サイズはL~LLサイズです。
160cmの私が着て丁度いい着丈になっています。
ゆったりしたデザインで、風が良く通って、涼しいです。

着丈 約66cm
肩幅 約36cm
身幅 約111cm
袖丈(折り曲げ時) 約30.5cm
袖丈(そのままの時) 約38cm
ウエスト 約124cm

【参考資料】



【パンツのサイズ】

ウエスト 約112.4cm
前股上+後股上=31.3+35.5=約66.8cm(ウエストベルト分含む)
ヒップ 約145.4cm
腿回り 約57.8cm
股下 約56cm

イメージ 43


【注意】
今回は、ワイドパンツのため一番大事なサイズはヒップ、前股上、後股上になります。

【ご自身のヒップサイズの確認を】
ウエストサイズが約112.4cmとなっております。ご自身のヒップが112.4cm以下であることを確認して下さい。
サイズには余裕をもって、106cm未満くらいがいいかと思います。

【前股上+後股上の計測をお勧めします】
メジャーかヒモを使って、ウエスト(おへその少し上)辺りから股下を通って、背中のウエスト辺りまで図って下さい。
ヒモで測った場合は、定規でさらにヒモを図って下さい。
ハイウエストで着たい方は、ご自分の希望のウエスト位置から、図って下さい。

※ヒップが入っても、股上が入らない方が結構、いらっしゃるので心配な方は是非、測って下さい。。
洋裁でパンツを製図する場合、ウエスト、ヒップサイズはもちろん重要ですが、股上もとても重要なんです。





洋裁歴は11年ほどになります。
佐藤喜美枝さんのプロソーイング教室に通い、洋裁を学びました。
また、洋裁のサークルにて文化式を習っています。

普段は、知人・親戚にオーダーメイドで着物リメイク、洋服を作っています。

お気に召した方がいましたら、入札をお願いします。

着物をほどいた後、洗濯機でエマールを使用してドライコースにて洗濯しています。

なるべくミシンがけできるところはミシンで仕上げました。
職業用ミシンロックミシンで作りました。
家庭用ミシンと比べると縫い目が綺麗でしっかりしています。

バキュームアイロン台を使用しております。
使用しない場合と比べると折り目が綺麗に入ります。
また、着物の折り目も使用しない場合と比べると綺麗に消えます。



5分袖なので、二の腕もすっぽり隠れます。
アームカバーを付けても、半そでの隙間から素肌が見えません。
ゆったりブラウス、ワイドパンツなので、風通しがよく、とても涼しいです。
素敵な竜毘紬と村山大島紬のブラウスとパンツを着て出かけてみませんか?


【注意】
着物リメイクであり、ハンドメイド作品であるため、
傷・シミの気になる方は入札をお控えください。
なるべく傷・シミは避けて裁断していますが、どうしても見逃しなどある場合がございます。

ハンドメイドと着物リメイクの風合いの好きな方のみ入札をお願いします。

心をこめて、丁寧に手間をかけて、作っています。

洗濯は、エマール等のオシャレ着洗い専用の洗剤で、手洗いでやさしく洗ってください。

気軽に着ていただけると、嬉しいです。

このページのトップヘ