ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

カテゴリ:着物 > 大島紬

今日はすごく眠くてね。
日本語が変でも許してね。

--------------------------------

昨日は、ダイソーで買い物した。
以下の物を買いました。

ファイル、ドリル、鈴。
丸カンは家にあるような気がして、買わなかった。

丸カンなかったら、もう一度ダイソーに行かなきゃなんだけどね。

あちこち見てる方には、鈴とドリルで何を作りたいかバレてるよね
01

--------------------------------

昨日は、ここまで縫った。
ちょっとね、疲れてブログ更新出来なかったのよ。

わざわざ見に来てくれた方は、ゴメンね。
03
今回初めて、マグネットボタンのところに補強目的で合皮を挟んでみた。

赤い矢印(←)のところ。
出ちゃってるから、合皮をもう少し大きくすれば良かった。
02
表布には、綿を挟み込んだ。
綿を挟むと自立するからいいよね。

芯の代わりになるから。

綿を抑えるのに使っている生地は、着物の裏布(絹)だよ。
綺麗な裏布を取っておいて、綿を抑えるのによく使ってる。

最近、裏布(絹)が話題になってたね。
05
ダイソーで買ってきたファイルを切って、
06
底に通す。
これで、自由自在に底板を出し入れ出来る。
07
無事にトートバッグが出来ましたっ!
09
気になってるマグネットボタンの合皮も気にならず。
良かった。
08
脇もまぁまぁの出来。
10
内ポケットも上手に出来ました。
パチパチ!
自画自賛
12
ちなみに返し口はありませんっ!
邪道かもしれないけど、手縫いはなるべくしたくない。

ねこミシンさんがね。
それはそれは、お洒落で素敵なバッグを作っていてね。

作ってみたい!

タック素敵!
持ち手、いい!
底板!そうするのか!

って、全部真似したい。
生地が足りないので、底板のところだけ真似してみました。

許可は取ってません。

相変わらず、センスもアイデアも凄いなー。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ダブルフェイスの部分縫いばっかりしててね。
達成感がないというか、つまんないっていうか。

ま、ちょいとストレスが溜まったんだよね。

それで、割と手早く作れて、達成感のあるトートバッグを作ろうと思って。
試してみたいことがあるんだよね。

---------------------------------

まずは、型紙作り。
節約のためにカレンダーの裏を使ってるよ。
01
裏布は、八掛の正絹。
力がかかりそうなところに一応、接着芯を貼った。
02
使う生地は、男大島だよ。
かっこいいよね。
05
接着芯を貼ったところまで出来た。
07
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
参道を散歩することが多いのね。

お坊さん3人くらいが前を歩いていてね。
そのうちの一番偉い?人が黒の男大島の着物を着ていてさ。

かっこいいな!って。

正絹だから、光ってるんだよね。
遠めでも綺麗。


その参道なんだけど、今日、こんなんなってた。
カラフルな のぼり がたくさん。
10
旗のアップはこんな感じで、全部生地!
クレイジーキルト!

多分、古着と古ハンカチだと思う。

でも、ミミもあったんだよね。
ただの生地もある?
11
お洒落ー

行きに左側の旗を見て、帰りは右側の旗を1枚、1枚見て回った。
やっぱり生地を見るのって、楽しい!

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

大島紬で作りたい洋服が出来たので、作ってみようかと。
それと大分前に買ったので、いい加減に解いて洗濯した方がいいかな~って。

でも、作りたい洋服に要尺が足りない気がするんだよね。
解いて、型紙を置いてみないと分からないけど。
01
八掛、茶色なんだね。
02
背中の柄は、交互になってるね。
着物は、背中の柄が一番大事らしい。
03
柄はね。

植物でとっても可愛い
こういう柄、好き。
05
しつけ糸が全部してあるっぽい。
袖だけとかじゃなくてね。

大切にしてたのかね。
06しつけ
私、解くときはいつも衿から解いてるの。

どこから、解いてもいいんだけど、
『衿から解いた方が楽』
って教わったから。

実際はどうなんでしょう!?
07
そして、表裏の印を付ける。
08
着物を解いているとさ。
袖下のガチガチに固まった玉結びを解くっていう難関があるよね。
10
こういう当て布が挟んであると、解くのも気が楽なんだけど。
ない場合が多くて。

失敗すると表布(大島紬)に穴があく!(泣)
11
やり方の正解がね。
分かんないんだよ。

私は玉結びの玉に糸切りバサミを入れるんだけど。
ピンクのところ。
20
しかーし。
大島紬が切れるのを恐れて、ハサミの入れ方が浅いと厚みのない平たい解けない玉結びだけが残るという。
悲惨な目に。

ハサミを深く入れすぎると今度は大島紬に穴が開くという。

あ、穴?
開けたことあるよ。(震える声)

---------------------------------

夕飯の後も頑張って、解いて全部解き終わりました。
八掛は使わないと思うんだけど、一応解いた。

この着物、めちゃくちゃ綺麗。
もしかしたら、一回も着てないのでは。
12

---------------------------------

着物を解くのって、あんまり好きじゃなかったんだよね。
でも、少し好きになったかも。

だって、だって、接結糸を解くの本当に大変だったんだもん!

それに比べたら、柄が綺麗過ぎて、解きながら眺めてるだけで癒されるし。

触り心地もいいし。
生地が擦れる独特の『シャリッ』っていう音も聞こえるし。

それに今回の柄は、すごーく綺麗なのよ。

T字がひとつひとつ美しい。

染めてから、織ってるんだよ。
何でこんなに綺麗に織れるのか。

そして、細かい。
どの位細かいかというとこの位。

針としつけ糸と比較すると分かるかと。
このTが連なって、美しい模様が出来てる。
09
新品みたいだからね、このTが全くぶれてない。
着崩した大島紬だとこのTが崩れてたりするんだよね。

本当に綺麗だよ。
芸術品。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

頼まれたティッシュケースを作るよー。

切る前に柄を確認するときは、型紙をめくってたんだけど、

『ちゃんと確認したいなー。』

なんて今更、思ってこんなの作ってみた。
縫い代を枠にして残した型紙だよ。

さっさと作っておけってやつだよね。
01
裁断して、
02
ついでにこちらも裁断。
この大島紬は、初めて私が取り扱ったやつ。

思い出深い。
ここから、私の着物リメイクが始まりました。
03
その頃は、5,6人の方達が大島紬の綿入りコートを作っていて、それぞれ着てたんだよね。(今も着てる。)
しかも、1人で何着も縫ってさ。

そんなん私も大島紬の綿入りコート縫いたくなるじゃん!

先生より、詳しい方達に大島紬の扱い方を聞いて作ったんだよね。
色々、初めてて難しかったなー。

その後もやっぱり、大島紬はサークルで人気でね。

裏なしコートやブラウス、ベスト、ワンピース、スカート、ジャケット等々、
皆さん、思い思いに作ってたよー。(今でも作ってる。今も人気。)

私も作ってたよー。

---------------------------------

出来上がったのは、ファスナー付きティッシュケース。
04
ついでにL字ファスナーのポーチも出来たっ!
05
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
---------------------------------

ノーカラーのダブルフェイスのコートも縫ってたよ。
この前、作った裏布をひたすらまつっていく。

2.5㎜位でまつってるから、大変
10
袖ぐり部分のまつり縫いね。
合印を念のために切りびしておいて良かった。

すごく役に立ったよ。
11
中綴じは今までの洋裁経験を元に綴じていったよー。

だって、ダブルフェイスコートの裏布の中綴じの仕方はほとんど本に書いてないから。
袖口のセッパだけ書いてあったと思う。

後側の袖ぐり部分を中綴じした。
裏布が動くと着ていて、気持ち悪いから綴じた方がいいよね。

ちなみに前袖と後袖の境のところは、中綴じ出来なかった。
しづらかったというか。
12
袖下部分は、念のため星止め。
手縫いばっかりなので、強度が気になって。
13袖下星止め
襟ぐりのところの裏布が浮いてくるので、星止め。
通常は、後見返しが付くところね。

後見返し付けられないのよ。
14衿ぐり星止め
後中心のところをセッパ。
15後中心
袖口の裏布は ふらし なのよー。
16袖ふらし
なので、こちらもセッパ4カ所。
17
これで中綴じ終わり。

中綴じさー。
表布の縫い目と裏布の出来上がり線を重ねて綴じるんだけど。
いまいちやりづらいんだよね。

そうなると思っていたので、念のために裏布のキセはいつもより少し多めにしました。
2,3㎜のところを4,5㎜に。

ゆとりがあれば、ちょっとぐらいずれて中綴じしても平気ってね。

---------------------------------

スナップを付けたいんだけど。
裏布で包むか悩んだ結果。
包まないことにした。

スナップの色、黒だし。
裏布で包むと中央部分があんまり綺麗ではないからさー。
19スナップ
グログランリボンにトップコート(透明マニュキュア)でほつれ止めをして、
20
グログランリボンを仮止め。
ここにスナップを付けたい。
21
グログランリボンのステッチの仕方をメモる。
これをミシンの横に置いて、この通りに縫っていく。
22
上糸と下糸が両方とも太いと糸調子が上手くいかないんだよね。
職業用ミシンの宿命みたいなもんで。

頑張って調節してみたんだけど。
ダメだった。

だと上手くいくのかしら。
欲しいなー。

なので、上糸と下糸を同じ色にした。
23
で、太い糸と太い針で縫うとグログランリボンが割れる!
なんなん!聞いてないよー!

上糸だけ普通の太さの糸にして、針も普通の太さにして縫ってみた。
あまり割れなくなった。

もうこれでいこう。
今更、デザイン変更はヤダ。
24
ここまで出来たっ!
25
昨日と今日で、すごーく頑張ったよー。
26
応援クリックお願いします!
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ファスナー付きティッシュケースを作れるだけって頼まれたのね。

キツキツに型紙を置けば、3つ分取れたんだけど、柄を重視して、2つ取ってみた。
03
2つにするか3つにするか、どっちが正解か分からないけど。
01
柄が素敵でね
花瓶と教会とワイングラス。

大島紬だからさ。
糸を染めてから、織りあげてるんだよね。

凄いなー。
こんなきめ細かい柄が織れるなんて。
02
出来上がりの柄はこんな感じ。
05
そして、裏側。
06

---------------------------------

ダブルフェイスのノーカラーダブルのコートも作ってますよー。
ここまで出来たっ!

長い長いまつり縫いをしなければ。
07
内ポケットをパッチポケットで付けようと思ってね。
型紙とアイロンを当てるための厚紙を作った。
08
厚紙は出来上がり線より、少し小さめに作るといいらしいと教わったので、1㎜ほど小さめにしてみた。
多分、生地の厚み分小さくするんだよね。

縫い代が8㎜しかないから、意識して気を付けてみようかな~と。
いつもは適当。
09
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

最近、忙しくてさ。
今日やっと、ミシンが使えた。

やっぱり、楽しいね。

---------------------------------

ネットで頼んでいたグログランリボンが届いたのね。
そして昨日、ユザワヤの近くまで行ったのでスナップを買った。

そのぅ…
ユザワヤにグログランリボン売ってたよ。

何だか送料分、損したような気がする
01
大島紬でティッシュケースを依頼されていてね。
生地を切って、
03
作ったよ。
05
ついでに曲線のあるティッシュケースも作った。

大島紬の三ツ巻、慣れたけど難しいな。
圧倒的にコットンの方が縫いやすい。
06

---------------------------------

ねこミシンさんがミシンの押さえ(勝手にリンク)について調べてくれました。

私もねこミシンさんと同じで、Cherrybonbonもりやま先生の記事を読んでから、ミシンを使い終わった後は、押さえレバーを下ろしてた。

私は面倒くさかったので、押さえ金を外して、押さえレバーを下ろしてた。
20
そしたら、針を伝って、油が落ちてくることがあるかもとの事。

ヒーーー。
マジか。

長い間ミシンを使わない場合は、生地に針を刺して、送り歯を下ろして押さえ金で生地を抑えるのが良さそうだね。

調べてくれてありがとう!
ねこミシンさん!

家庭用ミシン、滅多に使わないから。
明日あたり、チェックする。

大分前にもりやま先生の記事を読んだのにまだチェックしてない。(汗)

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日裁断した大島紬でファスナー付きティッシュケース作った。

一応、柄を考えて裁断したけど。
どうでしょう?

丸い数珠?が流れるように。
ちょっとでもごちゃごちゃ感がなくなるように。
01
裏側は綺麗な柄がドーンと出るようにしてみた。
02
どの柄をどの場所に出すかは好みなのでね。

難しい。

極意とかあったら、教えて欲しい。

---------------------------------

次は三度目の正直。
曲線のあるティッシュケース。

型紙を直して横着せずに裏紙で出来上がり曲線の確認。
いいんじゃないかな~。
00
手持ちの大島紬と八掛(正絹)を切って、
03
三ツ巻する。

今まで縫ってきたコットンと違って、正絹。
すごく三ツ巻しにくい。

すごく伸びづらくて、縮みにくい。
05
何とか頑張って、完成。
06
内側は黄緑の正絹だよっ。
07
これは大成功

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日、関東地方は雪が降るって予報で言ってたので。
しばらく引きこもるためにはしごして、買い物に行ってたのであんまり作業出来なかったんだよね。

ティッシュケースを頼まれたので、大島紬を切っただけ。

裏側に黒色の接着芯を貼った。
透けなければ、黒じゃなくてもいいんだけど。
(喪服のボタンホールの部分は黒がいいよ。)

大島紬はデリケートな素材なので、擦り切れたりすると接着芯が見えちゃったりすることがあるのよ。
なので、接着芯は黒に。
00
3つ分裁断。
一番左の生地は光っちゃってるけど、黄緑。

八掛なんだけど、正絹。
正絹の八掛って初めて使う。

八掛といえば、化繊だったもので。
01

---------------------------------

すごく良い本だったので、中古で買ってしまった。

表紙カバーはないけど。

最初、欲しいページだけコピーしようかと思ったんだけど、量が多くて買った方が早いような気がして。
03
表紙の裏側にこんなハンコが押してあった。

元生徒さんが売ったのかしら。
ほとんど使ってない綺麗な本なんだけど。
05
---------------------------------

こちらの本は図書館で借りました。

コートを縫おう。 (step up sewing)
かたやま ゆうこ
主婦と生活社
2018-08-31





『ダブルフェイスの縫い方が載っている本』の記事に『コートを縫おう。』追記しました。
良かったら、読んでね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日、裁断した白大島を縫ってファスナー付きティッシュケース作ってたよ。
01
じゃーん、裏側に大きな柄を持ってきた。
02
この花瓶の柄が特に好き
美しい
03

---------------------------------

Cherrybonbon洋裁店の動画を参考にしながら、カーブのあるティッシュケースを縫っていくよ。
勝手にリンクしてます。

動画はね、その場で先生に直接教わっている感じで臨場感があって、楽しい雰囲気で好き
もし、その場で教わっていたら、こんなに手元が綺麗に見れないし巻き戻しも出来ないので、マジでYoutube様様。

先生、ありがとうございます。

先生はね、ブログで色々失敗って言っているけど。
どこが?でしょう。

見ていて楽しい。

これに尽きる。

小難しいと見る気なくす人の方が多いと思う。
巻き寿司は美味しいし、問題ない。

だから、先生この路線でお願いします。

まだ収益化が出来てないらしいです。
チャンネル登録してない方は、是非登録してね。

動画で、特別な押さえなしで縫う5㎜の三ツ巻のやり方を教えてくれたのね。
早速、やってやんよー。
10
縦じゃなくて横!

って何回も先生が言ってくれるので、覚えた。
動画見れば、意味が分かる。

まだ見てない人は、
見て。
見て。
見て。(大事なので3回書いた。)

綺麗に縫えた。
先生の技、すごーい。

だって、カーブあるんだよ。
11
ちなみに5㎜の三ツ巻、持ってるんだよね。
要らないのか!?
不要なのか!?

4㎜は持ってない。
4㎜は必要なのかい!?
12
ファスナー付き曲線のあるティッシュケース。
あんまり上手いこといきませんでした。
13
ポケット口はどうしても開き気味になっちゃうらしいんだけど。

出来ればもう少し、閉じたい。
外側のポケット口と中身のポケットティッシュの口がズレてるので、それも直したい。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
多分、明日はブログをお休みします。

大島紬が送られてきたのよ。
小物作りの依頼でね。

軽く手洗いして、水通しした。

しばらく模様を眺めて、どうしようかちょっと考えてみた。
もうちょっと考えたいかな~?

うーん、しっくりこない。
そんなに考え込むことでもないんだけど。

あんまり扱ったことのない柄なもので。
01
真ん中の大島紬。
藍色赤い色

こういう色の場合は、裏布に八掛の赤を持ってくると可愛くなったりする。
02
朱色に見えるけど、真っ赤でないちょっと黒っぽいというかそんな赤色。

八掛の生地って化繊なんだよね。
やっぱり、裏布は正絹の方がいいのかね。

正絹はパステルカラーばっかりなんだよね。
裏布の色に悩む。

---------------------------------

残りの時間で裾とフード端、前端をぐるりとまつり縫い。
03
ここまでダブルフェイスのコートが出来た!
後はボタンだね。

ポケットが下手くそでやり直したいけど。
諦める。

やり直す手間とか考えると嫌になって、完成しないような気がするから。
05

---------------------------------

タイトルにあったやっちまった。
ってやつ。

ダブルフェイスの縫い方が書いてある本を検索すると、スタイルブック 2016年 秋冬号がいいらしいと出てくるんだよね。

Amazonで見ると1万円くらいするのよ。

高っ!


ところが、BOOKOFFで安く売ってたので今日、買ったのよ。

安く買えて、ラッキーってね。
もう超ウキウキ。
06
早速、ダブルフェイスの記事を楽しく読んだのよ。

それで、夕飯後にダブルフェイス以外のページをパラパラ見て、
『何か作りたい洋服ないかなー。』
なんて思いながら。

そしたら、何か見覚えあるページが。
07
いやいや、洋裁サークルで誰かに借りて読んだかも。
とここでは思った。

そして、このページに辿り着いた。
08
このコート、作ったことあるじゃーん。
この本、持ってるじゃーん。

写真は適当にささっと撮ったので、あんまり綺麗に撮れてないけど。
すみません。

このコートだよ。
09
背中側も凝ってる。
ミシンだけで縫うのに綿入りなので、作るのに苦労したコート。
10
本棚を漁りに行く。
見つける。
11
ああああああああ!
すごいショック。

記憶力が衰えてる。

買った方の本は型紙も使ってなくてすごく美品。
12
ちなみに私のはあんまり綺麗ではないかも。
書き込みしてる。
13
今日、買った方のスタイルブック 2016年 秋冬号。
誰か欲しい人いる?

なんちゃって。
ま、でも誰かに差し上げたい。

凄く良い本。
良い本なんだよー。
捨てるのは忍びない。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ