材料も揃ったし、依頼主様から制作開始の許可もいただいたのでね。

このスカートを使って、トートバッグを縫っていく。
結構、ハリがあっていい生地

縫っていて気づいたんだけど、この生地めちゃくちゃ解けやすいんだよね。
こりゃもう、解ける前に縫えってことか?と思って、突貫で仕上げた。

おばちゃん、頑張った!
01
スカートの脇はなんとなく柄の高さがあってるね。
02
裾は水玉が丁度切れないようになってるね。
裾で水玉を合わせてるから、脇の水玉の高さが合ってるのね。
03
このスカートを解いて、
04
最初に一番大事なバッグ本体を裁断。
05
他も色々裁断して、持ち手を縫う。
05-01
マグネットボタンが付く見返しに補強で接着芯を貼る。
06
マグネットボタンを付ける。
09
外ポケットのホックが付く位置にも接着芯を貼る。
10
外ポケットの端処理はロックミシンで。
11
入り口を三つ折りで縫って、凸型の方のスナップを付ける。
12
ポケットをバッグ本体に付ける。
13
凹型のスナップをバッグ本体に付ける。
14
裏側は合皮で補強。
接着芯、貼れないからね。
15
バッグ本体に持ち手を付ける。
16-01
脇や底を袋縫いで縫う。
16
次は内ポケットね。
ポケットの入り口を三つ折りで処理。
18
ポケットを折って、捨てミシン。
19
両端をバイアステープでくるむ。
20
内ポケットの出来上がり。
21
見返しに内ポケットを付けて、見返しとバッグ本体を縫い合わせて、ステッチする。
22
次は、見返しの下の部分をステッチする。
23
マグネットボタンのところはミシンの押さえが通らないので、細い押さえを使う。
24
やっと、トートバッグの出来上がり
25
外ポケット、一応柄合わせしたのでどこにあるか分かりづらいね。
完璧には柄は合わないからね
26
内ポケットも完璧。
27
マグネットボタンはこんな感じよ。
28
持ち手は、こんな風に柄の高さ?位置?を合わせてみた。
意味ないのかもしれないけど。
29
バッグの縁(入り口)のところで水玉が切れないようにしたの。
スカートの裾の真似。
30
残り布はこのくらい。
あんまり残らなかったな。
99
実は裏なしトートバッグを作るのは初めてだったんだよね。
なんとか無事に出来て良かった

想像通り、裏ありトートバッグとは作り方が少し違うのね。
袋縫いとか、吊りポケットとか。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。