溜めに溜めた泥大島のはぎれにアイロンをかける。
01
パッチワーク部分を裁断。
枚数、多いな
03
生地が薄くなってる泥大島は、裏に接着芯を貼って補強。
04
パッチワークの配置を決める。
05
直線ミシンで縫って、
06
ロックミシンで端処理。
07
綺麗に縫えたと思う
嬉しい
慎重に縫ったもんね。

いや、いつも慎重に縫っておりますよ。
08
四角い白いのは、分かりやすいように番号のメモね。
09
裏はこんな感じで片返しにしてる。
10
残り半分のパッチワーク部分も縫っていく。
柄の位置を決める。
11
両端の部分は、すでに縫ったパッチワークをあてて、
バランス良くなるように柄を決める。
12
横のラインを縫ったところ。
13
今日はここまで。

まだ、疲れが溜まっているのかな?
ダラダラ過ごしてから、取り掛かったので今日はここまでしか出来なかった。

やる気スイッチが入らなかった。

たまにはね。
ダラダラしたいよね。
日曜日だしさ。

いつもダラダラしてるかもだけど。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
材料がいくつか足りなかったのよ。
それで、今回は完璧なブラウニーにするためにココアとクルミを買ってきた。
91
材料を混ぜ混ぜして、型に流し込む。
色はいい感じで美味しそう。
92
焼き上がり。
93
食べてみたところ、前回のチョコレートで作った方が美味しいね。
母が言った通りだった。
94
このブラウニーは母から教わったレシピでね。

ブラウニー作った話をしたら、
『なんで持ってこなかったの』
って言われたわ。

だって、入院したときに甘い物もう持ってくるなって、言ってたからさ。

『ちょっとならいいじゃない!』
とか言われてもね。

あ、でもチョコで作ったから色がいまいちだったよ。
20
『本格的じゃない!そっちの方が美味しいのよ』
とか言われた。
知らんがな。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
久々のランキングポイントが100!
クリックしてくれた方、どうもありがとうございます。