お久しぶりです。

母のお世話をしに実家に帰っていました。
入院になりまして、思ったより悪かったみたいです。

本当に前回の記事の時に電話しておいて、良かったです。
滅多に電話しないので。

コロナ対策のために入院日、手術日、退院日以外の面接は許可されてなくて、何も出来ないので、自宅に帰ってきました。

ま、心配だけど何にも出来ないので、とりあえず洋裁をすることに。

ちょっと前に親戚のおばさんに3着ほど、ブラウス()を作って送ってたのよ。
そしたら、下記のブラウス(③)が一番、気に入ったらしい。
05
なので、このデザインでちょっとお高めの生地で作ることに。
01
素敵な柄でしょう
ちょっと透ける。
02
生地を裁断している途中で、そういえば『袖が長い』って言ってたなー。
と思い出して、急遽型紙を折り畳んだの。

焦った~。
袖山部分をカットしてから、気づいたので。

ギリギリセーフ

ゴムが入っているから、大丈夫って言ってたんだけど。

畳んだのは、赤い矢印のところね。
03
短冊あきのデザインだよ。
前回も縫ったから、割と上手に出来たと思う。
07
参考にした本はこれ。
04
05
レディブティックにも縫い方載ってたんだけど、この本のやり方が縫い代部分をカットするやり方でね。
06
縫い代をカットする方が分厚くならずに、綺麗に出来るかな~と。
ちょっと複雑になるけど

そんでロックミシンをかけたり、
08
三つ折りで裾を縫ったりすると、
09
あっという間にブラウスがほぼ出来上がり。
ボタンがないから、そこは後でね。
10
袖口はゴム入り。
11
脇の裾はスリット入り。
12
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
やっぱり、柄が良いとすごく素敵な洋服になるね