今日は洋裁のサークルだったので、製図をみてもらったのよね。

大島紬で作るパーカーね。
お尻が隠れるジャケットよ。
この写真は、薄緑色の大島紬らしい。
素敵
1

この通りには作らないんだけどね。
製図。
2

原型から、身頃を5cm広げて、袖下の部分を5cm下げるように本には書いてあったんだけど、多分この通りに書いたら、先生から、直しがはいりまくると思ったので、2cm下げて、前身頃と後身頃をそれぞれ1cm、2cmずつ出したのよ。

それでも、前身頃1cm縮められた
それだと、原型と同じサイズになっちゃうんだけどね。


ま、なんとなくどの位のサイズになるか想像つくし、
これで、作ってみましょ



今日、先生と話した内容なんだけど。
かこみ製図って、原型を使わないで書くやつね。
目の前で、かこみ製図なのに原型から製図している人がいたから、こういう会話があったんだけどね。

『かこみ製図ってあっても、原型使って、書きますよね。』
『その方がいいわよ~。』
『その方が、出来上がりサイズも楽に想像出来ますよね。』
『そうよ~。』
『かこみ製図の数字って、結構いい加減じゃないですか。特に袖ぐりとか。』
『いい加減よね~。』
みたいな会話があった。

洋裁やっているとあるあるなのかな~?
みんなは、どうしてる?

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
youhuku88_31