ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

2020年07月

ほとんど残っていないんだけど、袖ぐりとかお尻のカーブのところとか、マスクの生地が取れそうなので、作ってみた。
せっかく肌触りがいい生地だしね。
高かったから、もったいないという心理も働いている。(セコイ?)
01
夏マスク用に買った『涼感・抗菌・速乾』の生地なんだけど。
作ってみたら、呼気があんまり抜けなくて、暑いんだよね。
01
なので、冬用マスクの裏布にいいんじゃないかと思ってね。
速乾だから、呼気でマスクが湿って、冷たくなるのを防いでくれそうだから。

裁断して、
02
マスク5つ完成。
可愛いマスク出来た
満足
03
冬用のマスクなので、マスクゴムは通さずに冬まで保管する予定。
だって、冬に試着してみて着け心地悪かったら、使わないもんね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。


生地は、猫柄の可愛いのを使う。
表の肌触りもいいんだけど、裏の肌触りがすごくいいんだよね。
01
でね、この生地W幅(150㎝幅)だと思って、買ったんだよね。
そしたら、80㎝幅だった
高かったのに!
80㎝幅ってことは、思っていた金額より約2倍高かったって、ことなんだよね
がびーん
よく商品説明を読めってことだね。

しかも袖が生地の二つ折りで入らない
02
生地に全部の型紙を乗せたら、ギリギリの量ていうか、微妙に足りなかったので、これ以上生地を無駄にしたくない。
上下両方とも猫柄のパジャマが欲しい!

なので、着物リメイクでよくやる2枚袖にした。
03
後、4メートルも買ったのに生地が足りないのでパジャマのデザインを変更することに。
プルオーバーの方の別裾をなくした。
赤い矢印のやつね。
99
そして、パンツを裁断した後、最後にプルオーバーの身頃を切って、丈を生地のある限り伸ばすことに。
そして、出来上がった上着。
型紙より5㎝ほど延ばして裁断した。
05
パンツも完成。
ハイウエストにして、お腹の上の方までカバーするように。
今、履いているパジャマのパンツと同じね。
06
後側はポケット付き。
ポケットがあると履くとき、前後を間違えないから、便利だね。
試着したときに思った。
ま、ゴム通し口を見るのでもいいんだけど。
07
試着したところ、サイズばっちり、肌触りバッチリだった。
お気に入りのパジャマになった
久々のヒット

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
予算より生地が大分、高いので3年は着ないと元が取れないような
2着作る予定だったのに。
お得なのか、そうでないのかよく分からない。

冬物パジャマなんだけど、一冬しか着ていないのに、もう生地に穴が開いている
なぜか、3か所も
衿ぐりも伸び伸び!

1年くらい前にネットで見かけた情報なんだけど、
『4,5年前位の洋服があったら、捨てないで取っておいた方が良いですよ。』
って、アパレルの店員さんに言われた。
っていうのがあってね。

最近、急激に洋服の質が落ちてきているらしい。
1年くらいですぐにダメになるらしいよ。

私の場合、着ている洋服は、ほとんど作っているから、気づかなかったよ。

そのせいか、分からないけど、私の冬物パジャマ、もうダメになったのよね。
私のは割と安めのとある通販のパジャマなんだけど、一冬でダメになるのは、さずがにコストパフォーマンスが悪い。

しかも、衿ぐりがすぐに伸びるのよ。
だから、首元が寒くてね。

高いのを買えばいいのかもしれないけど。
ま、ニットだから型紙さえあれば、作るのも割と簡単だし。
『じゃぁ、自分で作っちゃおっと思ったの』
それでね、自粛生活中に家にこもって、暇になりそうだから、丁度いいじゃんってね。

実際はマスク作りに追われて、そんな暇、全然なかったんだけど

参考にしたのは、こちらの製図と実際の手持ちのパジャマね。
本当に参考にした程度で、デザインは大分違うけど。

『ウエストにくびれはないのね。』
とか洋服とは違う部分を参考にしたの。
01
プルオーバーを製図。
アームホールね、30㎝くらいになった。
大体24㎝~26㎝くらいだから、すごい大きいの。
02
パンツも製図。
03
パジャマは大きめが好きなんだよね。
でも、大きすぎると寝返りとかしづらそうだから、調整が難しいよね。

1度作ってみて、型紙のマイナーチェンジを繰り返して、良いパジャマが出来るようになれば、いいなと。
そしたら、格安で自分に合ったパジャマが作れるようになる

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
久しぶりにウォーキングしたら、靴擦れになった
もうちょっと細目に運動した方がいいよね。

昨日の失敗を糧に今日も涼しいマスク作りよ。

型紙を少し直して、生地を裁断。
01
上下をバイアスでくるんで、裏布なしでマスクを作る。
02
裏側。
中央部分は袋縫いね。

主人が試着するから、糸の色は適当
ロックミシンの糸、交換するの面倒なんだもーん。
03
試着してもらったところ、サイズは問題なく、涼しいらしい。
クーラーの効いている部屋での試着だったから、ちょっと微妙だけど。

次は本番の生地ね。
ちょっとお高いクールマックス(シャツデニム)を使う。
涼感生地らしいけど、触ってみたところ、そんなに涼しくないけど。

シャツなんかに使われる生地らしい。
シャツってことは、裏布がないんだよね。

裏布があったら、涼しくなさそうと思ってね。
だから、裏布のないマスクを試行錯誤してたわけなのよ。

クールマックスを裁断。
06
上手くいくか自信がないので、念のため裏布付きのマスクをクールマックスで裁断。
06-01
そして、自信のなかったバイピングをする。
柔らかい生地だから、どうかな?とおもったけど、無事にバイピング出来て良かった
バインダーを使えないと、面倒なんだよね。
07
マスク2つ、無事に完成
今までは、シフォン生地を裏布に使った生地が一番涼しい男性用マスクだったのよね。
だから、裏布がなければもっと涼しいかなと。
生地はクールマックスだし、使ってみないと分からないけど、一番涼しい男性用マスクの完成かな?
08
裏側はこんな感じ。
09
裏布付きももちろん完成。
10
裏側。
透けないから、残布の水玉生地でもいいでしょ。
節約、節約。
11
お菓子をくれた主人の同僚にも渡してもらう予定。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
裏布なしマスクより、裏布ありマスクの方が作るの楽なんだよね。
裏布なしマスクは、量産したくないな~。

今日は、涼しいマスクを求めて男性用マスクを作ってみようかなと。
1枚布で作ったら、涼しいんじゃないかと思ってね。

生地を裁断。
01
ついでに糸の色が同じなので、残り僅かな生地も処分したくて裁断。
02
一枚布なので、中央の処理をどうしようかなと思って、袋縫いにしてみた。
ちょっと硬くなったけど、マスクのカーブを保つのに役に立ちそう。
03
出来上がり。
完成したんだけどね、主人に不評だったのよね~。
ボツ!
失敗するとストレスが溜まるよね~
04
もうひとつのマスクも完成。
05
裏側はシフォン生地。
06
このマスクは以前にマスクを作った方から、お菓子を頂いたので、そのお礼に渡そうかなと思って。
主人に見せたら、主人に取られた
お気に入りらしい。

次は、時間が余ったので、これまた久しぶりに会った人にプレゼント用のマスクを作ったの
ちょっと困っているらしいので。
一番下のは、顎下部分が浮く、涼しいマスクね。
08
裏側は新モス(綿100%)とシフォン生地。
10
今日は失敗したから、ダメージというか心に澱があるというか、スッキリしない。
好きなことしているはずなのに、ストレスが溜まるときもあるのが洋裁なんだよね。

ま、安い生地だったから、ダメージは少なめだけどさ。
お試しだから、安い生地で作ったんだけどさ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
最近、自分以外のクリックがあって、嬉しい
クリックしてくれた方、ありがとうございます

今日は、昨日の続き
パンツ作りね。

前開きファスナーをつける。
さすがに2回連続でやったから、スイスイ出来た。
01
ヨークを付けて、ボタンなどを付けたら完成。
02

03
写真撮るのに手を抜いたら、結構シワシワになってしまった。
出来上がったら、ヘロヘロに疲れちゃってね。
写真撮影がいい加減に
04
後側
05
今回、ボタンを主人の古スーツから、勝手に拝借
古スーツを下取りに持っていくと、店によっては、割引されることがあるから、取ってある古スーツなんだよね。
もう、1年以上放置されてるし、
カビそうだし、
そろそろ、捨てて欲しいなっと。
06
持ち出しの部分、バイアスじゃないね。
しかもベルト部分の柄を見ると、柄合わせもしてある。
芸が細かい。
すごーい。

グレーのボタンかぁと思ったんだけど、後ポケットにいい色のボタン発見。
これを使った。
07
紳士物のパンツって手が込んでいて、おもしろいよね。

滑り止めがあったり、
08
股に布があったり、
10
ベルトの裏側は未知の世界だしね。
09
手が込んでいて、絶対に真似したくないけど。

ジャケットからもボタンを外して、
11
使うか分からないけど、糸でボタンをまとめる。
12
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
紳士服って、面倒な工程が多いせいか、キチンと教えられる先生に会ったことないんだよね。
ズバッと『縫えません』って言う教室もあったし。
女子の縫い方と同じなら、教えられる先生もいたけど。

一度、紳士用パンツは縫ってみたいな。
右収まりか左収まりかで、型紙が違うらしい。
どんな感じなんだろう?
フルオーダーメイドの紳士服だと必須の項目らしい。

履けるパンツが1枚なのは、心もとないので追加でもう1枚作ることに。

使った生地はこれね。
去年の夏あたりに日暮里で買った生地。
分かりづらいけど、こげ茶にモスグリーンが少し混じっている色。
01
前回、作ったときと同じように5㎜ずつ脇を出して裁断。
02
脇ポケットを縫って、
03
後ポケットも縫う。
04
前回のパンツ作成とほぼ同じ内容でつまらないよね。
わざわざ見に来てくれた人、ありがとう

でも、前回とちょっと違うところが1点だけあるの。
それは、持ち出しを地目に平行ではなく、バイアスで取ったところ。
05
ついつい、バイアスで取るのを忘れてしまう
必ず、バイアスでないとダメというものでもないのでね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
パンツ作りって、あんまりときめかないんだよね。
生活のために作るからね。(節約)
次に作りたいやつも生活のためだし。
そろそろファッションのために洋裁をやりたーーい

昨日の続きでショートパンツを作ってたのよ。
ファスナーもないゴム使用なので、簡単に出来た。
01
後側ね、
アウトポケットが2つ付いているんだけど、柄合わせしたから、分かりづらいね。

水玉のずれでかろうじて、分かるかな?
間違い探しみたい
02
ゴム通し付きにした。
1つでいいんだけど、なんとなく2つ。
03
残り生地で、クッションカバー。
『リップル生地で座布団カバー作ると気持ちいい』と聞いて、作ってみた。

こちらは、柄合わせは全く出来なかった。
04
裏側
ファスナーの位置がここじゃないと生地が取れなかった。
05
クッションを入れてみたところ。
おぉ、ピッタリー!
っていうか、初めて作った型紙ではないので、ピッタリなのは当たり前なんだけど
久しぶりに作ったからね。
06
クッションを抱きしめてみたら、気持ちいい
リップル生地って気持ちいいのね。

さらに残布で巾着作り。
07
よくある巾着袋。
色々便利なんだよね。
生地が薄くて、嵩張らないし。
08
さらに残布でマスクね。
09
これで、リっプル生地は終わり。
スッキリしたーー。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
たまたま、母と親戚のおばさんと電話する機会があったんだけどさ。
その時、二人にそれぞれ『日暮里に買い物に行っても大丈夫かな』って聞いたら『ダメよ』だってさ。
やっぱり、まだダメなんだね~。

今日はバタバタしていて、疲れて昼寝をしちゃったので、あんまり作業は進まなかったのよね。
昆布制限あるのに、昆布を食べたせいで怠いのもあるかも

涼しいマスクを作ろうと思って、買ったリップル生地(100%)なんだけど、マスクを作って試着したら、結構暑いんだよね
可愛い柄なんだけど。
01
そこで、夏物パジャマのショートパンツにしようかと思ってね。

前に作ったことがあるショートパンツの型紙を再利用。
生地を裁断。
01
ロックミシンで端処理。
新しいミシンで3本糸、初めてだったけど何の問題もなかった。
02
ポケットを作って、後ろに付ける。
柄合わせ、必要なかったんだけど、生地があんまり無駄にならないで出来そうだったので、ついつい柄合わせしてしまった。
03
分かりづらい
重りを置いてみた。
04
今日の作業はここまで。
リップル生地で洋服を作ると涼しいらしい。
楽しみ~

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
興味ある人だけ~。
【ロックミシンの空環始末】
私の場合は、100円均一にあるワンタッチ針(Google検索)使うの。
針穴に糸を通さないタイプの針ね。

ロックミシンは返し縫いが出来ないので、縫い終わりの糸を中に入れ込む時があるんだよね。
10
針を縫い目に通す。
11
針に糸をひっかける。
12
針を抜く。
13
糸を切ったら、空環始末終わり。

とある本の空環の始末なんだけど、糸を縫い目に乗せて、直線ミシンで上から押さえるっていうのもありみたいよ。
そっちの方が面倒だから、私はしないけど。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

やっと作りたかったチュニックが完成
作りたいと思ってから、半年弱かかったかな

作業は昨日の続きで、残りの型紙作り。
01
生地を切って、縫ったら完成
02
後側
03
ちょっと心配だった裾も問題なくて、良かった。
04
今回、前身頃が大きくて、前身頃の裁断が大変だった
テーブルに置けないから、久しぶりに床に置いて裁断したの
やっぱり、テーブルに置いて生地を切った方が断然、楽だね。

このチュニック、一見地味だけど、体型隠しにすごくいいデザインなのよ。

洋裁サークルで、いろんな体型の人が試着したのね。
お腹が出ている人も、痩せている人も胸が大きい人もみんな似合うデザインなの。

タックが大きいからだと思う。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
新しいロックミシンを使って縫ったのよ。
古いのに比べると静かで、馬力もある気がする。
分厚い生地もガンガン縫えそう。
静かなのは、古い方のロックミシンは全く手入れをしてないせいで煩いだけだと思うんだけどね。

このページのトップヘ