ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

2019年06月

実は、一昨日くらいから作っていたブラウス完成したのよ。

イメージ 1


ちゃんと2着作ったのよ。

イメージ 2

今日、出来上がった方は、プレゼントね

残り生地でシュシュも作った



イメージ 3

さらに残り生地で、旅行などにも持って行ける巾着袋を作った。

イメージ 4

@100円×3mでこんなにたくさん出来たら、大満足よね



前に解いた大島紬を使って、パーカーを作り始めたのよ。
 

肩に貼る黒のストレートの接着テープを作る。

イメージ 5

衿ぐりに貼るハーフバイアステープも作る。

イメージ 6

模様を一番綺麗にしたい後身頃を裁断して、ダーツや切り替えを縫って、接着テープを貼って、ロックミシンをかけたところね。

イメージ 7

模様があんまり重ならないように裁断したのよ。

裏側ね。

イメージ 8

前身頃も裁断。こちらも後身頃と同じように、ダーツと切り替えを縫って、接着テープを貼って、ロックミシンをかける。

イメージ 9

裏側。

イメージ 10

白い接着テープは、ファスナーが付くところね。

次は、袖を裁断。

1枚の大きい布に見えるように柄の高さを合わせて、接いだの。

分からないよね

あんまり、意味がなかったかも

イメージ 11

裏側。

イメージ 12

次はアウトポケットね。

もちろん前中心側の部分で柄合わせしたのよ。

ポケット口は、ヘム芯を使って、補強。

イメージ 13

衿ぐりの布端の始末をバイアステープでするので、バイアステープを作る。

イメージ 14

袖山をふっくらさせるために、袖山布を入れるので、袖山布を作る。

イメージ 15

今日は、ここまで。

つ、疲れた



なんだかSundayくじ、最近、当たらないのよ。
1%ポイント付与はずれなのよね。
みんな、当たってる
私だけ
5の付く日だと、みんなが5%ポイント付与になるので、5の付く日を落札日にしたいなと思っているの。
5の付く日を落札日に出来るように、ちょっと頑張るね




↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 16

今日は、この写真のスカートの型紙作成と仮縫いね。

イメージ 1

スカートは下記のように布を組み合わせて、フレアスカートにするのよ。

イメージ 2

製図して、型紙を作る。

イメージ 3

生地を切って、縫ってみる。

ウエストは、ゴムね。

イメージ 4

なかなか可愛いフレアスカートができそう

前回、縫ったボウタイのジャケットを着せてみる。

ジャケットにアイロンはかけてないの。勘弁してね。

イメージ 5

いいじゃん

素敵な感じに仕上がりそう

後側。

イメージ 6



朝方と夕方以外、外出したくない季節になってきたわね。
そうもいってられないんだけど



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 7

今日は、大島紬を解いて、洗濯、アイロンね。

毎度、毎度、退屈な作業なんだけど、省略できない作業なのよね

この一目ぼれした泥大島ね

ちょっと高かったんだけど、買っちゃたのよね

届いてみたら、写真で見るよりずっと素敵な柄だった

イメージ 1

イメージ 2

私が撮ると着物の良さがあんまり伝わらない

着物専用のハンガーが欲しくなるわね。

柄のアップ

イメージ 3

証紙つき。

イメージ 4

しつけ糸がみっちり付いてた。

イメージ 5

襟の部分には、たいていホックが付いているのだけれど、今回の着物のホックは包みホックだった。

初めて見たので、思わず写真を撮ってしまった。

イメージ 6

解いた時の写真、撮り忘れた

ごめん。

洗濯、アイロン。

イメージ 7

イメージ 8

防虫剤を入れて、保管。

イメージ 9

今日はね、口金ポーチも縫ったんだけど、完成品の写真を撮り忘れた

今日は、撮り忘ればっかり。

疲れてるのかな。

イメージ 10


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 11

何年も放置していた少し山吹色が入っているクリーム色の生地を使って、自分用のブラウスを作ったの

断捨離を少し、しているのでね、いい加減に作って処分ね。

最近、よく着ているお気に入りのブラウスの形なの。

胸元にリボンが入っていて、リボンで衿ぐりの大きさを自由に決められるのよね。

イメージ 1

イメージ 2

ウエスト部分は、ゴムを縫ってあるの。

この5分袖、ゆったりしていて涼しいのよね

ラグラン袖で楽チン

裾や袖口はこんな風に細く縫ってあるの。

イメージ 3

三つ巻き押えというのを使っているのよ。

イメージ 4

3mmも持っているのだけれど、もっぱら5mmばっかり使ってる。

買うなら5mmがおすすめ。



今回、リボンを通すボタンホール部分に接着芯を貼った以外、接着芯を貼っていなくてね。

接着芯を貼らないって、すごい楽ね



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 5


昨日、型紙を作ったボウタイ衿のジャケットの仮縫いをしていたの。

今日、ちょっと体調があまり良くなくて、ささっと更新するね。

イメージ 1

イメージ 2

後で結ぶから前のシルエットが綺麗ね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 3

昨夜は、とても眠くて、寝ちゃったのよ

それで今頃、昨日の作業を更新してるの。



まずは、こちらの大島紬を解いてね。

イメージ 1

イメージ 2

ちょっと高かったけど、好みど真ん中だったので、買っちゃたの

ぶどう柄すごい素敵よね

イメージ 3

証紙つき

イメージ 4

イメージ 5

この深緑色の八掛、合っていてすごい素敵よね。

洗濯して、アイロン。

イメージ 6

イメージ 7

防虫剤を入れて、保管

イメージ 8


これの仮縫いをしたいので、仮縫いをするために型紙作成。

イメージ 10

イメージ 9



今日は、生地の水通しの話を少し。

水通ししていない生地は、あらかじめ水通しをしないと洗濯した時に縮む可能性があるの。

水通ししていなくても、化繊なら大丈夫なのかな?


佐藤さんのプロソ―イング教室で習ったんだけど、生地のミミにポツポツした穴が開いている生地は、もう水通しが済んでいる生地らしいわよ。

水に濡らした後、大きいロールに巻いて、乾かした後がそのポツポツらしい。

分かりづらいけど、これね。

イメージ 11

国産でポツポツが付いている生地はまず、水通しをしなくても大丈夫らしい。

リバティも国産ならOKみたいよ。

海外のは知らないの。

イメージ 12

ポツポツが出ている(とがっている)方が表側ね。

これがないと表裏の見分けのつかない裏布が多いのよね。

この前、縫った村山大島紬と竜毘紬の裏布もそうなの。

イメージ 13

このジャケットの裏布にもポツポツはあるのよ。

イメージ 14

この事を佐藤さんの教室で習った時、驚きの声があがってたと思う。

私も驚いたもん

その時、文化式の洋裁を習い始めて、何年もたっていて、不要な水通しをたくさんしていたからね

水通しって、なかなか大変なのよ

最近はやっていないけど、ツイードとか霧吹きで濡らして、1日放置してから、アイロンをかけるとかあったしね。

木綿だと30分くらい水に付けてから、軽く脱水して、アイロンかな。

リバティもよく水通ししたな

ツイードは、いまでも水通ししていない生地はあると思うけど。

麻もポツポツが開いてなかったら、水通しした方がいいよね。

かなり縮むと思う。

イタリアなどの外国産も水通しした方がいいらしい。



↓ランキング参加中。参考になった方はクリックお願いします。
イメージ 15

洋服を作った残り生地で、自分用のアームガードを作ってみた。

この生地、綿100%で涼感のある生地なの

イメージ 1

上部のゴムは、2重に。

2重にするとずれ落ちてこないのよね。

母には、市販品と違って、きつくないと評判いいのよ

イメージ 2

今回、指先は長めにしてみた。

イメージ 3

使いづらいかな。

親指も隠したくなるね。



今日は、やたらと眠い

こういう時は、生地の裁断とか出来ないよね。


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 4

大島紬の着物をほどいてジャケットとスカートを作りました。

丁寧に作りました。


ヤフオク出品中です。興味のある方は良かったら見て行ってください。




良かったら、製作中のブログもご覧ください。












前側
イメージ 1

後側
イメージ 2

衿元

ギャザーをよせて、女性らしいふっくらとした衿に仕上げました。
イメージ 3

後側

ギャザーを少なめにし、衿が立つようになっています。
イメージ 4

ジャケットの裏側には裏布が付いています。
イメージ 5

後側
イメージ 6

ヨークとプリーツのロングスカートになっています。
イメージ 7

後側
イメージ 8

スカートにも裏布が付いています。
イメージ 9

後側
イメージ 10

前ウエストにはヒモが付いています。
イメージ 11

スカートの脇にはポケットが付いています。
イメージ 12

分かりづらいので、重りを置いてみました。
イメージ 13

反対側のポケット
イメージ 14

こちらも重りを置いてみました。
イメージ 15

後スカートの裾部分によく見るとシミがあります。
ポストイットの付いたところです。
イメージ 16

ポストイットの拡大。
目打ちで指したところに直径1cmほどのシミがあります。
イメージ 17

上記の裏側の裾部分にもシミがあります。
イメージ 24

前スカート裏側にうっすらと白いシミがあります。
イメージ 18

前裾裏
イメージ 19

反対側の前裾裏
イメージ 20

ボタンの裏側には力ボタンが付いています。
力ボタンが付いているとボタンが取れにくいです。
イメージ 21


ウエストのゴムは落札後、お好きな方をお入れします。
イメージ 22

かっちりしたい方は、ゴムベルトで。

ゆるく締め付けがない方がいい方はパジャマゴムで。

ヒモが付いているので、ゴムは緩めで、パジャマゴムの方をお勧めします。

サイズはLサイズです。
160cmの私が着て丁度いい着丈になっています。
女性らしいふっくらした衿と曲線のデザインです。
可愛らしいツーピースになっています。
別々に着て、カジュアルに。
合わせてきて、お出かけにいかがでしょうか。

【ジャケットのサイズ】

着丈 約62cm
肩幅 約39cm
身幅 約111cm
袖丈 約57cm
ウエスト 約93.8cm

【参考資料】




【スカートのサイズ】
スカート丈 約74cm(ヨーク部分の丈は13cm)
ウエスト 約104cm

【参考資料】
イメージ 23

洋裁歴は11年ほどになります。
佐藤喜美枝さんのプロソーイング教室に通い、洋裁を学びました。
また、洋裁のサークルにて文化式を習っています。

普段は、知人・親戚にオーダーメイドで着物リメイク、洋服を作っています。

お気に召した方がいましたら、入札をお願いします。

着物をほどいた後、洗濯機でエマールを使用してドライコースにて洗濯しています。

なるべくミシンがけできるところはミシンで仕上げました。
職業用ミシンロックミシンで作りました。
家庭用ミシンと比べると縫い目が綺麗でしっかりしています。

バキュームアイロン台を使用しております。
使用しない場合と比べると折り目が綺麗に入ります。
また、着物の折り目も使用しない場合と比べると綺麗に消えます。


【注意】
着物リメイクであり、ハンドメイド作品であるため、
傷・シミの気になる方は入札をお控えください。
なるべく傷・シミは避けて裁断していますが、どうしても見逃しなどある場合がございます。

ハンドメイドと着物リメイクの風合いの好きな方のみ入札をお願いします。

心をこめて、丁寧に手間をかけて、作っています。

今日は、朝一番にバネ口金ポーチを作ったのよ

大島紬の生地に接着芯を貼って、裁断。

ピンクの裏布はいつかの綿入りコートの裏布。

記事探すの面倒だから、リンクは勘弁してね。

イメージ 1

縫って完成

イメージ 2

イメージ 10

作り方はこちら(pdfが開きます)



次は、こちらの大島紬をほどく。

イメージ 3

イメージ 4

柄のアップ

手の影がバッチリ写ってる

写真って難しい

イメージ 5

百合なのかな

植物柄、好きなのよね



ほどく
イメージ 6

洗濯して、アイロン

イメージ 7

裏布も
イメージ 8

パッションピンクみたいな八掛、かわいい

小物の裏布にしたら、すっごい可愛いと思う



今回のこの大島紬は、パーカーにしようかなと思っているの。

実は、近いうちにパーカー作りますって、約束してしまったので

もう少し、お待ちください。



実は、土曜日くらいから、ブログに載せている作業と並行して、親戚の叔母さんに送る洋服や布小物を作っているのよ。

実は、お中元でね。

それで、結構バタバタしていてね。

この作品も出品したいんだけど、時間がなくて作業が出来ないのよね。

今日は、湯船の中で寝てしまうくらい疲れた



今日も見に来てくれて、ありがとう

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 9

竜毘紬の反物と村山大島紬の着物をほどいてパーカーを作りました。

丁寧に作りました。


ヤフオク出品中です。興味のある方は良かったら見て行ってください。




良かったら、製作中のブログもご覧ください。









ブラウスの前側
イメージ 1

袖を折り曲げて着るデザインになっています。
袖の折り返し部分と前身頃の中央部分に村山大島紬を使っています。

ブラウスの後側
イメージ 2

後側にはファスナーが付いています。

ファスナーを下さずにそのままかぶって着ることも出来ます。

ファスナーを下すことによって、脱ぎ着しやすい服になっています。



ファスナーのアップ
イメージ 3

ファスナーはここまで下ります。
イメージ 4

ファスナー裏
イメージ 5

袖は折り曲げずに着ることも出来ます。
イメージ 6

袖のスリットのアップ
イメージ 7

折り曲げたところ
イメージ 8

反対側の袖のスリットのアップ
イメージ 9

折り曲げたところ
イメージ 10

右肩を裏から見たところ
イメージ 11

左肩を上から見たところ
イメージ 12

後裾ステッチ
イメージ 13

後裾ステッチの裏側
イメージ 14

衿ぐりにはダーツが入っています。
背中のラインがより、綺麗に見えます。
イメージ 15

このブラウスには裏布が付いています。

前側の裏側
イメージ 16

後側の裏側
イメージ 17

脇には脱ぎ着しやすいようにスリットを入れてあります。
イメージ 18

反対側のスリット
イメージ 19



次はパンツの写真です。

前側にはスリットが入っています。

そのため、後側にギャザーを寄せて、着るデザインになっています。
(そうは言ってますが、好きに着て下さい。)

160cmの私が着た場合、パンツの丈はくるぶしのあたりです。

イメージ 20

後側
イメージ 21

リバーシブルのベルト付き。
イメージ 22

ベルトを付けたところ。
イメージ 23

ベルトの竜毘紬の方を表にしてみたところ
イメージ 24

ウエストにはヒモが付いています。
イメージ 25

後ろポケット
イメージ 26

深さは約15cm
イメージ 27

反対側のポケット
イメージ 28

スマートフォンを入れてみたところ。
イメージ 29

脇ポケット
イメージ 30

分かりづらいので重りを置いてみました。
イメージ 31

反対側の脇ポケット
イメージ 32

重りを置きました。
イメージ 33

膝下まで、裏地が付いています。
イメージ 34

後側
イメージ 35

床にパンツを平置きにしてみました。
色が青っぽくなっていますが、実際はこげ茶です。
イメージ 36

後側
イメージ 37

パンツとブラウスを合わせてみたいのですが、私の持っているトルソーはパンツがはけないので、待ち針でパンツをトルソーに固定しました。

イメージ 38
イメージ 39

ブラウスとパンツ
イメージ 40

イメージ 41

ウエストのゴムは落札後、お好きな方をお入れします。
イメージ 42

かっちりしたい方は、ゴムベルトで。

ゆるく締め付けがない方がいい方はパジャマゴムで。

ヒモが付いているので、ゴムは緩めで、パジャマゴムの方をお勧めします。


【ブラウスのサイズ】
サイズはL~LLサイズです。
160cmの私が着て丁度いい着丈になっています。
ゆったりしたデザインで、風が良く通って、涼しいです。

着丈 約66cm
肩幅 約36cm
身幅 約111cm
袖丈(折り曲げ時) 約30.5cm
袖丈(そのままの時) 約38cm
ウエスト 約124cm

【参考資料】



【パンツのサイズ】

ウエスト 約112.4cm
前股上+後股上=31.3+35.5=約66.8cm(ウエストベルト分含む)
ヒップ 約145.4cm
腿回り 約57.8cm
股下 約56cm

イメージ 43


【注意】
今回は、ワイドパンツのため一番大事なサイズはヒップ、前股上、後股上になります。

【ご自身のヒップサイズの確認を】
ウエストサイズが約112.4cmとなっております。ご自身のヒップが112.4cm以下であることを確認して下さい。
サイズには余裕をもって、106cm未満くらいがいいかと思います。

【前股上+後股上の計測をお勧めします】
メジャーかヒモを使って、ウエスト(おへその少し上)辺りから股下を通って、背中のウエスト辺りまで図って下さい。
ヒモで測った場合は、定規でさらにヒモを図って下さい。
ハイウエストで着たい方は、ご自分の希望のウエスト位置から、図って下さい。

※ヒップが入っても、股上が入らない方が結構、いらっしゃるので心配な方は是非、測って下さい。。
洋裁でパンツを製図する場合、ウエスト、ヒップサイズはもちろん重要ですが、股上もとても重要なんです。





洋裁歴は11年ほどになります。
佐藤喜美枝さんのプロソーイング教室に通い、洋裁を学びました。
また、洋裁のサークルにて文化式を習っています。

普段は、知人・親戚にオーダーメイドで着物リメイク、洋服を作っています。

お気に召した方がいましたら、入札をお願いします。

着物をほどいた後、洗濯機でエマールを使用してドライコースにて洗濯しています。

なるべくミシンがけできるところはミシンで仕上げました。
職業用ミシンロックミシンで作りました。
家庭用ミシンと比べると縫い目が綺麗でしっかりしています。

バキュームアイロン台を使用しております。
使用しない場合と比べると折り目が綺麗に入ります。
また、着物の折り目も使用しない場合と比べると綺麗に消えます。



5分袖なので、二の腕もすっぽり隠れます。
アームカバーを付けても、半そでの隙間から素肌が見えません。
ゆったりブラウス、ワイドパンツなので、風通しがよく、とても涼しいです。
素敵な竜毘紬と村山大島紬のブラウスとパンツを着て出かけてみませんか?


【注意】
着物リメイクであり、ハンドメイド作品であるため、
傷・シミの気になる方は入札をお控えください。
なるべく傷・シミは避けて裁断していますが、どうしても見逃しなどある場合がございます。

ハンドメイドと着物リメイクの風合いの好きな方のみ入札をお願いします。

心をこめて、丁寧に手間をかけて、作っています。

洗濯は、エマール等のオシャレ着洗い専用の洗剤で、手洗いでやさしく洗ってください。

気軽に着ていただけると、嬉しいです。

このページのトップヘ