ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

2019年04月

一昨日、裁断した表布を縫い始めたの。

段付き押えを使って、ステッチは5mm幅でね。

イメージ 1

前身頃と脇身頃の間には、シームポケットをつけてみたのよ。

イメージ 2

縫い目に見えるように作ったの。

どこがポケットか分かりづらいよね

だから、重りを置いてみた。

イメージ 3

袋布は、二重にステッチね。

イメージ 4

脇と肩を縫い終わったら、袖を作って、袖の縫いつけね。

袖山をふっくらさせるためにユキ綿を入れるの。

これがユキ綿。

イメージ 5

ユキ綿を入れたところね。

イメージ 6

そして、肩パッドをつける。

肩パッドは5mmの厚さなので、ついているのは分からないのよ。

形を綺麗にするために入れるの。

年を取ったら、入れた方が絶対に綺麗よ。

イメージ 7

細長い方が後ろ側ね。

厚さも薄いでしょ。

イメージ 8

昨日のブログに載せるの忘れたのだけれど、縫い終わった衿ね。

イメージ 9

50cm定規を比較で置いたのだけれど、大きい衿よね



そして、衿も身頃に縫いつけてね。

イメージ 10



今度は、昨日縫った裏布とこの表布を合体よ~。

さらっと書いているけど、グルッと一周(前端~衿ぐり~前端)ミシンがけをして、アイロンで割って、前見返しを控えて、アイロンをかけているのよ。

そうそう衿ぐりは、つれないように切り込みも入れてるのよ。


なかなか、大変なのよ

イメージ 11


前端は5mmの段付き押えを使って、ステッチね。

イメージ 13




中綴じはしろもでやっているの。

中綴じっていうのは、裏布があんまり動かないように表布と縫い合わせることね。

イメージ 12

しろもっていうのは、白いしつけ糸ね。

2本どりで使うことが多いかな。

今回の作業で、しろもがなくなったのよね。

しろもは、中綴じ以外ではあんまり使わないから、結構な量のコートやジャケットを縫ったということなのよね

頑張って、作ってるな私と少し思ったのよ



↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 14

今日は、裏布(キュプラ)を裁断して、出来るところまで縫ったの

最初に身頃を裁断して、身頃を縫ってね。

イメージ 1

背中はたくさん動くので、背中部分にはたくさんキセが入っているのよ。

1.5cmよ。

イメージ 2

他のところは、2、3mmのキセね。

イメージ 3

袖を裁断して、身頃に縫いつけると。

イメージ 4

裏布はこれで、完成。

次は、ベルトを縫ったの。

イメージ 5

5mm幅の段付き押えを使ってステッチをしたのよ。

これを使うと必ず5mm幅に縫える優れもの

ベルト完成。

イメージ 6

最後は共布で、くるみボタンを作ってね、今日の作業は終了。

イメージ 7



↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。応援クリックお願いします。
イメージ 8

今日は、表布の裁断をしたのよ

裁断って言っても、接着芯や接着テープも貼るから、中々大変なのよ


まずは、一番大変な前身頃からね。

全面芯なので、大島紬に接着芯をおおまかに貼るのよ。

イメージ 1

そして、裁断して接着テープを貼るの。

イメージ 2

接着芯をすでに貼っているので、接着テープを貼らない人もいるけど、私は貼る派なのよね。

丁寧に作った方が綺麗に出来る気がするからなんだけど。

脇のちょっと短い接着テープは、ポケットをつけるからよ。



接着テープはね、絶対に伸びて欲しくないところはストレートテープを貼るの。

それ以外のところは、ハーフバイアステープを貼ってるのよ。



部分芯を裁断して、次は脇身頃。

イメージ 3

太い白いテープは、ヘム芯ね。

後身頃よ。

イメージ 4

外袖ね。

イメージ 5

内袖~。

イメージ 6

前見返し。

イメージ 7

全面芯だから、これも大まかに接着芯を貼ってから、裁断したのよ。

そして、裏布(キュプラ)との境目になるところには、空ロックをかけるの。

イメージ 8

最後に衿ね。

イメージ 9

全面芯で、デカいのよね。

こういう衿の時は、バイアスで取ると綺麗なラインになるのだけれど、着物だから、バイアスでは取れないのよね。

そういうわけで、接着芯は柔らか目を選んで、バイアスで貼ったのよ。

かなーり、面倒なんだけどね



さらっと書いているけど、一日仕事だったのよ~。

疲れたな



↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 10

ずっと欲しかったトルソーやっと買ったの

嬉しい

イメージ 1

文化の先生経由で買ったから、ちょっとお安くしてもらったの。

学割になるのかしらね。

サイズは、自分よりちょっとスリムの11号サイズよ

自分サイズにするときは、綿を巻くのよ。

トルソーをスリムにすることは出来ないから、ちょっとスリムなのを買ったの。




今日は、このコートを作ろうと思ってね。

イメージ 2

レディブティックの表紙になっているこのコートね。

前に薄緑色の生地で、作ったことがあるの。

とっても気に入ってね。

着物の生地で作りたいとずっと思っていたのよ。

イメージ 3

もう何回も着ているのだけれど、素敵でしょ

長方形の衿がアシンメトリーになるのよ。

ボタンを1個とるとこんな感じの衿になるの。

イメージ 4

このコートね、衿が大きくて、前身頃が微妙にダブル気味で、脇身頃もあってね、着物1着分じゃ、生地が足りないのよね。

男大島で、アンサンブルで羽織と着物のセットが手元にあったので、それで作ろうかなと思ってね。

イメージ 5

紺色の亀甲模様の生地ね。

柄合わせが必要ないから、生地を効率よく使うことができそう





このままの型紙だと、使えないので、まずは、着物用に型紙を書きなおしね。

表布、裏布、接着芯とそれぞれ型紙を作るので、結構な手間なのよね

綺麗に作るためには、すごく大事だから、手抜きできないし


イメージ 6

後身頃の型紙なんだけど、背中部分に少し、丸みを入れてるの。

こうすると、着た時に身体に沿った綺麗なラインになるのよ

分かりやすいように定規を置いてみた。

レディブティックの型紙では、直線なんだけど、こっちの方が好きなのよ。

イメージ 7

そして、部分芯の型紙ね。

イメージ 8

コートをパリッと形よく作るためには、必須なのよ。

パリッとしたいけど、生地としての柔らかさも必要なので、接着芯は、バイアスで取るの。

バイアスに切るって面倒なのよね

用尺もたくさん必要だし。

綺麗に作るためにはしょうがない手間なのよ。

裏布を付けるつもりだから、バリバリ、接着芯が貼れるのよね。

レディブティックでは、裏布がなかったから、前見返し以外の接着芯は貼ってなかったな。




左側が後身頃の表布の型紙、右側が後身頃の裏布の型紙ね。

イメージ 10

裏布の背中部分は、たくさん動くので、キセ(ゆとり)がたくさん入っているのよ。

こんな風に表布と裏布の型紙は、微妙に違うのよね。


型紙作りだけで、一日が終わってしまった




↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 9

今日も、またまたポーチよ。

25cmファスナーを処分したくてね。

イメージ 1

消費税が5%のときに買ったファスナーね。

大分、放置したな。

何を作ろうとしていたのか不明

なぜ買ったのか、記憶にない。



L字型ポーチ、作ったことがないので、作ってみようと思ってね。

まずは、型紙作り。

イメージ 2

参考にした本はこれだけど、25cmファスナーのは、載っていないので、ちょっと手直しをしてね。



イメージ 3

2つ作ってみた

この梨柄の生地、可愛くて好きなのよね。

ファスナーが大きく開くので、取り出しやすくて、使いやすくていいと思う。

カーブのところがちょっと縫いづらいのだけれど



ファスナーを全開にしたところね。

イメージ 4

上部のファスナー部分だけを開けるとこんな感じ。

イメージ 5


気に入った

L字型ポーチ、また作ろうっと。



↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 6

今日は、昨日の疲れが残っていてね

だから、ブログも簡単にね。



ポーチを少々縫ったのよ。

イメージ 1

前に製図したポーチなんだけど、どうかな

もう、作らないような予感がする



後は、大島紬の残り布でポーチね。

イメージ 2

イメージ 3

そろそろ、ポーチ作りも飽きてきた


↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 4

今日は、洋裁サークルで先生に仮縫いを見て貰ったの。

前日までに仮縫いをしておいたのよ。

残り布や激安生地で仮縫いをしたの。

ちょっとカラフルね。

イメージ 1

スカートね。

イメージ 2

修正がめっちゃ入ってね。

着た時は、丁度良いと思ったのだけれど、つれてたりしたので、ちょっと身頃を修正して、スタイルを良くするために脇を削って、ダーツも多めに入れ直して等々、修正が多かったわ。

型紙を修正するの大変そう

ま、明日以降ね。



↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 3

このページのトップヘ