久しぶりに着物リメイクですよー。
このブログのタイトルにあるのにあんまり作ってないね。

大島紬でパーカーを頼まれたので、作ってた。
使った生地はこれ。

作る前に柄の観察。
着物だった頃のように身頃の生地を並べてみた。

追っかけ柄だね。
着物の時はとても素敵だったと思われる柄だ。

矢印(→←)みたいな柄あるじゃん。
01
この矢印みたいな柄、左右で逆になってるんだよね。
私、図形を回転させて考えるの苦手なんだけど。。。

これは、生地の表裏を返してるよね。
つまり、どっちかを裏側にしてるよね。

ま、解いた時の表裏で判別して作るけど。
03
うーん、このままの矢印の柄と追っかけを生かす。

着物リメイクで一番大事な後身頃を裁断。
追っかけのまま、矢印もそのままだよっ!
05

前身頃も同じように裁断。
06
袖を取るために接いだのね。
縫い代を割って、アイロン掛けたらあたりが出る!
分かりづらいけど、裏側の縫い代が表にひびいてる。
07
ガーン!

面倒だけど、カレンダーを細く切って、あたりが出ないようにアイロン掛けする。
大島紬はあたりが出るのと出ないのがあるんだよ。

今回のはあたりが出るやつだった。
08
袖も切ったよ。
09
大物だけ切った。
細かいやつはまだ。

かけられるところにロックミシンをかけて今日の作業は終わり。
10
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今回、パーカーを依頼されたとき、前に作った型紙でって言われてね。
どの型紙か分からなくて。

たくさん作ってるからさ。
そしたら、このパーカーの型紙らしい。

ジャーン!
いつも縫った型紙に切れ端をセロテープで貼ってるのね。
00
おぉ!過去の私GoodJob!
私って仕事出来る子?!

切れ端を貼っといて良かった。
(全部の型紙に貼っているから、超絶面倒よ。)

大島紬ってさ、特徴のある柄の方が珍しいような気がするのね。
そりゃ、割と大きい切れ端なら分かるけど。

細かいとどれも同じに見える。
特に龍郷柄なんて、どこを切っても同じに見える。

特徴のある柄の大島紬で助かった。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。