今日は、昨日作っていたブラウスとお揃いのパンツを作っていたのよ。



前パンツの裁断、接着芯貼り、ロックミシンね。

イメージ 1

白いテープは接着テープで、ポケット口になるところね。

ベルトの見返しになる部分には、接着芯を貼る。

イメージ 2

スカートとかだと、ゴムベルトが通る部分には、接着芯を貼らないのだけれど、パンツだと貼るみたいね。

手元のレディブティックの製図には、接着芯を貼るように指定があったので。

これを見てなかったら、接着芯は貼ってなかったかも

ベルト部分には、ゴムが通る予定なので、生地にギャザーがよるのね。

だから、柔らか目の接着芯を貼ったのよ。



次は後パンツ。

イメージ 3

後パンツは生地幅が大きいので、1枚で写真を撮ってみる。

イメージ 4

後パンツもベルトの見返し部分に、接着芯を貼る。

イメージ 5

裏布の裁断。

イメージ 6

後ろポケットの裁断。

接着芯もついでに裁断。

イメージ 7

村山大島紬の口布は、ポケットの入り口部分になるのよ。

口布はパリッと決めたいので、固めの接着芯を貼ってみた。



脇のシームポケットの袋布を裁断、ロックミシン。

イメージ 8

裏布の袋布は、再掲になっちゃた

ベルトと紐以外の裁断は終了。



後ろポケットを縫う。

ポケットのステッチは、2mm幅の段付き押えを使って縫う。

イメージ 9

出来上がり。

イメージ 10

スマートフォンを入れるとこんな感じ。

イメージ 11

反対側も出来上がり。

イメージ 12

ポケットの裏側。

イメージ 13

袋布は、もちろん2重に縫う。

イメージ 14


前パンツには、タックが入っているので、タックを縫う。

イメージ 15

裏布を縫う。

裾は1cmの完全三つ折りにして、1.5mm幅で縫う。

イメージ 16

裏布の出来上がり。

イメージ 17

裏布は、ひざ下までになっているのよ


今日は、ここまでよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 18