この時のジャケットの仮縫いを大島紬で作り始めたの。

使った大島紬はこの前、解いて洗濯したこれね


接着芯を貼って、前身頃を裁断。

白い印は、ダーツを縫うための印ね。

イメージ 1

接着テープを貼る。

イメージ 2

後身頃を裁断して、部分芯、ヘム芯、接着テープを貼る。

後身頃の置き方が逆さだ。

イメージ 3

部分芯は、必ずバイアスでね

表に響きにくいようにするためだと思うんだけど。

イメージ 4

外袖と内袖にも部分芯とヘム芯を貼る。

部分芯はこちらもバイアスね。

イメージ 5

イメージ 6

前見返しは、全面芯なので、おおざっぱに接着芯を貼る。

イメージ 7

前見返しを裁断。

イメージ 8

表に切れ端が出るところにロックミシンをかける。

イメージ 9

次は前見返しを裁断した残り生地で、後見返しも裁断。

イメージ 10

裏側は、もちろん全面芯。

イメージ 11

衿も裁断したんだけど、写真撮り忘れた

ごめん。




身頃を縫い始める。

ダーツと肩と脇を縫う。

イメージ 12

今日は、ここまでね。


1.5cmのハーフバイアスの接着テープはこれを使っているのよ。

イメージ 13

50メートルもあってね。

今日、なくなったのよ。

イメージ 14

たくさん、縫ったな~って、思ったの。


この接着テープは、おすすめよ。

柔らかさとかが丁度いいのよ。

佐藤喜美枝さんの教室でもこの接着テープを勧められるし、文化服装学院もこの接着テープみたいよ。

文化服装学院の通販サイトで売っているのよね。

主にジャケットとコートを作るときに使う接着テープなのよ。

あんまり縫わない人は、接着芯から作ることも出来るから、作ることをお勧めするわ。




↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 15