大島紬のパーカー完成

これからの季節に丁度いいと思う

このパーカー何回も作っているし、着ているから分かるんだけど、すごく着心地がいいのよね。





まずは、アウトポケットを作る。

こういう厚紙を使うのよ。

イメージ 1

カーブを粗ミシンで縫って、その糸をひっぱて厚紙をあてる。

イメージ 2

アイロンをかけると綺麗なポケットの出来上がり

イメージ 3

そして、1.5mm幅の段付き押えを使って、縫いつける。

イメージ 18

柄が無事に合って良かった

いつもドキドキするのよね

イメージ 4

ポケットは、体のラインに合わせて、少しふくらみを入れてるの。

ダーツや切り替えもあるので、完璧には、柄は合わないのね。

こういう場合は、前中心側を合わせる。

だから、上の写真は左側が前中心側ね。


反対側も柄合わせOKね

イメージ 5


次はフードを作る。

生地を外表に合わせて縫って、中表に合わせて生地を縫って、袋縫いね。

イメージ 6

そして、フードの縁は1.5mm幅の段付き押えを使って、ステッチする。

イメージ 7

フードの完成。

イメージ 8


前中心にファスナーを付ける。

ファスナーのステッチなんだけど、ちょっと段付き押えでは、ひっかかるので、段付き押えは使わずに標準押えを使って、ステッチ。

イメージ 9

ファスナー付け完成。

イメージ 10

段付き押えを使っているけど、綺麗にステッチ出来てると思う

イメージ 11

身頃の肩と脇を縫う。

イメージ 12

次は、フードを付けていくの。

バイアステープを作る。

中央の赤いのを使って、作るのよ。

着物の接ぎがあるから、バインダーで縫えないのよね。

イメージ 13

フードと身頃を縫い合わせる。

端の始末をロックミシンではなく、このバイアステープでくるむ。

イメージ 15

フードの取りつけ終わり。

イメージ 14

次は、袖ね。

袖を縫う時に一緒に前回、作った袖山も一緒に縫い合わせる。

イメージ 16

脇にはスリットがあるのよ。

角のところは、額縁始末をする。

イメージ 20

裾と袖口をまつったら、出来上がり。

一応、まつった糸が目立たないように、生地をすくうときは、こげ茶の部分を選んでまつったの

表から見ると、まつった糸はほとんど見えないと思う。


完成よ

イメージ 17



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 19