大島紬の綿入りミニトートバッグを作ってみた。

この生地が余った時に綿入りのミニトートバッグにしたら、絶対に可愛いと思ったのよ

作ってみたかったの


まずは、綿と縫いやすいようにするための白い布を端ミシンで押える。

白い布は、着物の裏布の生地ね。

今回、手縫いの刺繍ステッチはなし。


イメージ 1

そして、持ち手も綿入りで2mmステッチで縫っていく。

ステッチの方向は、よれないように必ず同じ方向で縫う。

イメージ 2

イメージ 3

持ち手と本体を縫い合わせて、表側の出来上がり。

イメージ 4

接着芯を貼って、見返し分を裁断。

イメージ 5



裏布は、先日の綿入りコートの裏布と同じ生地を使ったの。

この裏布を使ったら、絶対に可愛いよね


裁断して、ファスナーポケットを付ける。

イメージ 6

裏側は、こんな感じね。

イメージ 7

袋布はいつも通り2重に縫う。

イメージ 8

内ポケットを作る。

イメージ 9

裏側は、いつものように力布という名の接着芯で補強する。

正絹だから、補強した方がいいと思うのよね

イメージ 10

脇を縫って、裏側の完成。

イメージ 11

出来上がった表側と裏側を2mm幅の段付き押えを使って、2mm幅にステッチする。

イメージ 12

完成

イメージ 13



次は、バネ口金ポーチね。

大島紬に接着芯を貼って、裁断する。

花柄が綺麗に出るように裁断。

イメージ 14



私の綿入りコートを作った龍郷柄の大島紬の残り生地を使ったの。

お気に入りの生地ね。

ひし形が綺麗に出るように裁断。

裏布は、赤色の八掛ね。

泥大島に赤色の模様なので、赤い八掛が映えるかなと思ったの。

イメージ 15

やっぱり、龍郷柄は、模様が鮮明ですごく綺麗ね。

大好きよ

写真だと分かりづらいよね



合皮と大島紬を縫って、2mm幅ステッチね。

合皮で、すべりづらいので、テフロン押えを使用。

イメージ 16

ステッチを目立たせたいので、太い糸を使用。

イメージ 17

バネ口金ポーチ完成。

イメージ 18

イメージ 19



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 20