前に縫った綿入りコートの大島紬コートの残り生地でトートバッグを作っていたの。

実は大き目のトートバッグの要望があったので、作ってみた

A4サイズのファイルが入るのよ。



今回、袖が一枚丸々残ったのよ

こんなに生地が残ったのは、初めてでね

こりゃ、作るしかないでしょって、ことでね。



大きいバッグになるので、綿をシンサレートではなく普通のキルト芯を買ってきたの。

よりカチっと仕上げたくてね。

シンサレートは洋服用なので、やっぱりちょっと柔らか目なのよね。

店頭で比べてみたけど、やっぱりシンサレートの方が段違いに柔らかかった。

イメージ 1

実は、寝る前にチクチク、手縫いで刺繍ステッチをしてね。

イメージ 2

裏側。

イメージ 3

柄のアップはこんな感じ。

イメージ 4

イメージ 5

持ち手を綿入りで、2mm幅の段付き押えで縫う。

イメージ 6

ステッチの方向は、よれないように必ず同じ方向でね。

イメージ 7

カバンの底部分を縫う。

ステッチを2本入れて、強度をアップ。

イメージ 8

脇や持ち手を縫い合わせて、表側のトートバッグの出来上がり。

イメージ 9


次は裏布ね。

接着芯を貼って、マグネットボタンを付けて、見返しを作る。

花柄のない端っこの方の生地を使ってね。

見栄えは、関係ないからね。

裏側は取り忘れたので、後程。

イメージ 10

内ポケットを付ける。

イメージ 11

裏側は補強のための力布を貼る。

イメージ 12

左側のポケットには、スマートフォンが入るようにね。

イメージ 13

反対側のポケットはファスナーポケットね。

イメージ 14

裏側ね。

イメージ 15

ポケットは2重で縫っているのよ。

イメージ 16

マグネットボタンの裏側にも、力布を付けているの。

イメージ 17

底と脇を縫って、裏布の出来上がり

イメージ 18

表布と裏布を合体する。

表布と裏布を2mmの段付き押えを使って、2mmステッチで縫っていく。

イメージ 19

7mmの段付き押えを使って、7mmのステッチをしていく。

イメージ 20

ステッチはこんな感じ。

イメージ 21

トートバッグの完成

イメージ 22

綿をキルト芯にして、良かった

置いた時に持ち手は、くたっとなってしまうけど、バッグ本体は、自立する。



残り時間で、ポーチを作

イメージ 23

持ち手は、カニカン、Dカン、カシメで作る。

イメージ 24

取り外せるよ。

イメージ 25


次は、男大島の亀甲模様でファスナー付きティッシュケースね。

イメージ 26

イメージ 27



柄合わせがない生地ばっかりで、楽ね



ここ2,3日、涼しいから、ウォーキングが楽ね。

疲れにくいよね。

梅雨が来たら、洗濯物は乾かないけど、涼しくなるから嬉しいな。



↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。
イメージ 28