今回、前身頃同士が大きく重なっているので、スナップをつけるの。

イメージ 1

裏布にも使っているキュプラでこのスナップを包んでね。

高級仕立てよ。

別に必須じゃないから、やらなくてもいい作業なんだけど。

した方が、脱いだ時に目立たないし、おしゃれだよね

イメージ 2

このスナップとボタンをつけて、ボタンホールを開けたら、コートの出来上がりね

イメージ 3

次は、生地が大きく残ったので、大き目のトートバッグを作ったのよ。

前に作ってあげた人に聞いたのだけれど、結構、便利に使っているみたい。

パリッと固めのバッグにしたいので、不織布タイプの接着芯を貼りたいのだけれど、このタイプの接着芯はすごくはがれやすいのよね。

はがれにくくするために、布タイプの接着芯を先に貼るの。

おおまかに貼ってみる。

イメージ 4

裁断する。

イメージ 5

不織布の接着芯を貼る。

イメージ 6

持ち手も同じように裁断。

イメージ 7

不織布タイプの接着芯を貼る。

イメージ 8

アイロンで折って、2mm幅で縫う。

イメージ 9

持ち手の出来上がり。

イメージ 10

見返しを裁断して、マグネットボタンを付ける。

イメージ 11

裏側には、補強のために力布と呼ばれる接着芯を貼る。

イメージ 12

バッグの底は、念のために補強を兼ねて、ステッチを入れてみたの。

イメージ 13

2本のステッチが5mm幅で、入っているんだけど、分からないわね



裏布を裁断して、内ポケットを付けてみた。

ステッチは、2mmの段付き押えを使ってね。

イメージ 19

なんか写真が薄暗い場所で作業しているみたいになったけど、明るい部屋で作っているのよ。

イメージ 14

小さい方のポケットには、スマートフォンが入るようにしてみたの。

イメージ 15

裏側は、力のかかるところに力布を貼っているのよ。

イメージ 16

木綿だから、貼らなくてもいいかもしれないけれど、一応念のためにね

長く使って欲しいからね。



反対側には、ファスナーポケットを付けたのよ

迷子になったら、困るものは、こちらに収納ね。

こちらもステッチは2mmの段付き押えを使ってね。

イメージ 20


イメージ 17

裏側はこんな感じよ。

イメージ 18

袋布は、念のために2重ステッチよ。

イメージ 21

そして、裏布と表布と持ち手を合体して、トートバッグの出来上がりね

イメージ 22

バッグの縁の部分は、2mmと7mmステッチね。

5mm幅のステッチが出来るのよね。

イメージ 28


おまけでポーチも作ったの。

まずは、接着芯を貼った生地を裁断してね。

イメージ 23

イメージ 24

そして、裏布も裁断して、縫って、出来上がり。

イメージ 25

イメージ 26


↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。応援お願いします。
イメージ 27