ずっと欲しかったトルソーやっと買ったの

嬉しい

イメージ 1

文化の先生経由で買ったから、ちょっとお安くしてもらったの。

学割になるのかしらね。

サイズは、自分よりちょっとスリムの11号サイズよ

自分サイズにするときは、綿を巻くのよ。

トルソーをスリムにすることは出来ないから、ちょっとスリムなのを買ったの。




今日は、このコートを作ろうと思ってね。

イメージ 2

レディブティックの表紙になっているこのコートね。

前に薄緑色の生地で、作ったことがあるの。

とっても気に入ってね。

着物の生地で作りたいとずっと思っていたのよ。

イメージ 3

もう何回も着ているのだけれど、素敵でしょ

長方形の衿がアシンメトリーになるのよ。

ボタンを1個とるとこんな感じの衿になるの。

イメージ 4

このコートね、衿が大きくて、前身頃が微妙にダブル気味で、脇身頃もあってね、着物1着分じゃ、生地が足りないのよね。

男大島で、アンサンブルで羽織と着物のセットが手元にあったので、それで作ろうかなと思ってね。

イメージ 5

紺色の亀甲模様の生地ね。

柄合わせが必要ないから、生地を効率よく使うことができそう





このままの型紙だと、使えないので、まずは、着物用に型紙を書きなおしね。

表布、裏布、接着芯とそれぞれ型紙を作るので、結構な手間なのよね

綺麗に作るためには、すごく大事だから、手抜きできないし


イメージ 6

後身頃の型紙なんだけど、背中部分に少し、丸みを入れてるの。

こうすると、着た時に身体に沿った綺麗なラインになるのよ

分かりやすいように定規を置いてみた。

レディブティックの型紙では、直線なんだけど、こっちの方が好きなのよ。

イメージ 7

そして、部分芯の型紙ね。

イメージ 8

コートをパリッと形よく作るためには、必須なのよ。

パリッとしたいけど、生地としての柔らかさも必要なので、接着芯は、バイアスで取るの。

バイアスに切るって面倒なのよね

用尺もたくさん必要だし。

綺麗に作るためにはしょうがない手間なのよ。

裏布を付けるつもりだから、バリバリ、接着芯が貼れるのよね。

レディブティックでは、裏布がなかったから、前見返し以外の接着芯は貼ってなかったな。




左側が後身頃の表布の型紙、右側が後身頃の裏布の型紙ね。

イメージ 10

裏布の背中部分は、たくさん動くので、キセ(ゆとり)がたくさん入っているのよ。

こんな風に表布と裏布の型紙は、微妙に違うのよね。


型紙作りだけで、一日が終わってしまった




↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 9