今日は、先日買った大島紬をほどいて、洗濯したのよ。

イメージ 1

イメージ 2

写真の写りが悪くて、細かい柄が潰れているけど一元式(風車)

縦2本、横2本の糸で風車みたいな井型の絣模様でデザインされている大島紬ね。

一元式だと柄に迫力があるよね。

イメージ 3

草花をモチーフにした模様好きなのよ

こういう柄は、綿入りコートにすると刺繍ステッチがすごく映えて綺麗なの。

ひと目惚れして、買ってしまった

財布が痛い



ほどいて、洗濯して、アイロンしたところね

イメージ 4

大島紬は裏も表も同じなのよ。

イメージ 5

どちらを使ってもいいの。

でも、表と裏は混ぜたら、ダメなのよ。

パッと見た感じでは、分からないけど、洋服(着物)にした時に、遠くから見ると光の当たり加減が違うらしいのよ。

というわけで、解きながら、どちらが表か裏か分かるように印を入れるのよ。

イメージ 6

洋裁サークルの仲間は、印付けなくても折り目で表か裏か分かるって言うのよ。

けど、私の場合はバキュームアイロン台を使っているせいか、折り目が消えちゃうのよね。

だから、完全にどちらが表か裏か分からなくなってしまうの。

だから、必ず印は入れてるのよ。

まあ、でも、シミや傷を避けるためにしょうがなく、裏表を混ぜてしまうことは、あるかもしれないけど。
(まだ、したことないけど)

その時は見逃してね



長く保管して、縫わなさそうなときは、下記のように防虫剤を入れて、保管してるの。

イメージ 7

↓ランキング参加中。良かったら、クリックして下さい。
イメージ 8