送られてきたジャケットのサイズで作って欲しいとのことで。
ジャケットと対面してみた。

そして、一番最初に目に入った前端。
前端が歪んでる。。。

ひょっとして、素人が型紙作ってるかも。
如何せん、私もプロと素人の間にいるみたいな人なので大丈夫?とドキドキ。

ジャケットのデザインは素敵だし、縫製も丁寧なんだけど。。。

でもでも、製図だけは私みたいに先生(プロ)に見てもらってる可能性もある。

前中心って、ボタンの中央とボタンホールの前端の方から2㎜位の位置なのー。

前中心が、1.5㎝と2.0㎝で左右でバラバラ。
あー多分、洋裁を知らない素人の可能性大。

と、とりあえず簡単な型抜きをする。
01
借り物で着物なので、デリケートかもしれないので、テープを使わずに糸でウエストラインを印付け。
02
前身頃を平らに置くと、平らに置けるんだよね。

これって、胸の膨らみがほとんどないのでは。
胸がない人向けな気がする。
03
トルソーに着せてみる。
前裾(前中心)が右側ね。

前裾が完璧に上がってる。
2.5㎝位かな?

これを綺麗にトルソーに着せるなら、脇のところで2.5㎝胸ダーツを畳んで、前裾を2.5㎝ずつ出すんだよ。(丸みは尖るので綺麗に修正。)
胸が大きい人のよくある修正方法。(小さい人は逆。)

割と標準サイズのトルソーで2.5㎝位の胸ダーツを入れるって事は、やっぱり全然胸ダーツが入ってないと思う。

既製品だとOKかもだけど、洋裁だと入ったらOKって訳じゃないのよー!
でも、既製品は大体の人に合うように作られてるけど。

っと、ジャケットはピッタリサイズだから、難しいよね。
だから、紳士物はセミオーダーとかあるし。
04
胸の辺りの数値は全く参考に出来ない。(泣)

ここで気が付いた。
ウエストラインに印付けたけど、そういえば、あんまりウエストライン関係なかった。

ウエストはリボンで縛るからさ。
適度にギャザーが寄るようにウエストは絞りません。
07
胸の辺りがキツイって言われたので、くさびに開くことにした。

依頼者様は標準的な胸サイズなので、原型とあんまり変わらない気がする。
なので、胸ダーツは入れないことにしてみた。
06
ダーツで開くと肩幅が大きくなるので、修正したよ。
07
袖ぐりが大きくなるので、今回は脇をくさびにカットした。
脇をカット出来ない場合は、袖下を1㎝位上げて様子をみるといいよっ!
08
袖がちょっと短いということなので、1㎝ほど足してみた。
具体的な数字の指示がなかったので、とりあえず1㎝ほど。

今回、送られてきたジャケットと比べると5㎜差だったんだけど、5㎜だと分からない気がしたので。
09
仮縫いに使う生地はこれ。
前に買ったスレキの綾織り。
11
衿以外、裁断。
衿は修正なしだったので、要らないかな~っと。
12
今日はね、実は家事をさぼりまくったので、時間があるんだよね。
残りの時間で、ミシンの薄い生地用針板を普通の針板に交換。

ついでに掃除してミシン油を差した。
多分、コロナ前に油を差したから、1年以上ぶりだね。

サボり過ぎたかも
掃除はしてたよっ!
21
ミシン油がたくさん出てくるので、ドライバーにいったん油を垂らしてから差した。

私の手持ちのポケットとSenjyu工房さんのポケットを比較。
私の袋布も大概大きいね。
30
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。