今日はダラダラ過ごしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまってあんまり、洋裁しなかった

というわけで、昨日のブログに書いた比翼コートのボタンホールの話でごまかす。

25年くらい前に買った捨てられないラグラン袖の比翼ロングコート。
第一ボタンのボタンホール、です!
01
比翼部分のボタンホールももちろん縦!
02
この調子で比翼のボタンホールを紹介していくね。

次は20年位前に買った比翼ハーフコートのボタンホールも見る。
これは第一ボタンが表に見えないデザイン。
これはビックリの横!
全部、横!
50
割とギリギリだと思うんだけど。
51
次は佐藤貴美枝さんの型紙を見る。
53
ボタンホールは横!
54
次はおまけで私の縫った比翼コート。
あんまり参考にならないと思うけど。
縦!
55
もういっちょ。
縦!
56
次は文化の教科書から。
横!
57
作り方の方は何故か縦!
58
比翼布に隠れてる部分は横!
59
横!
60
比翼布に隠れてる部分は横!
61
【結論】
ボタンホールは、縦でも横でもよさそう。
デザインで好きに決めていいんじゃない

比翼シャツのボタンホールについては、前回の記事のコメント参照でお願いします。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

----引き続きコート研究~興味のある方、どうぞ------------------------------
比翼のロングコート。
縫い方が私と違うのと、生地がすごくいいので着ないのに捨てられないのね。

そして、じっくり見てみた。
衿があるのに後見返しがある。
04
前見返しと裏布の境目をバイアステープ処理してる。
凝ってるな~。
すごく面倒くさいことしてる。
30
バイアステープをめくってみる。
31

後見返しと前見返しの境目。
05
裏ボタンに色が付いてる!
うっすら茶色。
32
裾の処理はこんな感じ。
33
ベンツがあるんだけど。
そこの裾の処理。

見返し(あってる?)、ロックミシンで処理してない。
ロックミシンで処理するのは必須だと思ってたんだけど、しなくてもいいのね。
34
裏布の後中心のところ。
キセがたっぷり入ってる。
35
1.5㎝のキセが入ってるね。
私も大体、1.5㎝入れる。
36
矢印のところ出っ張りやすいんだけど、全く出てない。
さすが!

すごく、ミシン目が細かい。
ここは真似しよう。
37
ラグラン袖なのね。
矢印の部分4㎝くらいしか中綴じしてない。

そこしかしなくていいのか。。。
私はもうちょっと綴じるぞ。
38
袖も脇の下から、袖口までしか中綴じしてない。
私は肩から袖口までも中綴じするけど。
39
後中心は中綴じしてなかった。
ここは私もしない。
どんでん返しするなら中綴じ、出来ないところ。

脇は中綴じしてた。
5㎝くらい?
私はロングコートなら30cm~40cmくらいはすると思う。
40
袖と身頃のところ、キセ入ってるぽかった。
私はキセ入れないよー。
41
最後にもう一着。
比翼ハーフコート。

身頃の裏布に綿を入れてる。
袖には綿は入ってない。
52
キセが全然ないんだよね。
だから、何って話なんだけど。

このコート暖かいんだよ。
よく着ました。

東京スタイルなんだよ。
大好きだったよ。

今はもう洋服、ほとんど買わないからさ。
好きなブランドとかない。

敢えて言うなら、スタイルブックとレディブティックの洋服、好きだよ

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。