ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

お久しぶりです。

体調不良で洋裁はお休みしてました。
一昨日辺りから、元気になって、今日はすごく元気。

なんでも出来そう。(大袈裟)
すごく体が軽いのよね。

体調不良っていっても、やたらと眠かったり、怠かったりだけなんだけど。
仕事だったら、無理矢理、頑張る位の体調不良。

更年期だったら、どうしよう


なので、洋裁はお休みしてました。
家事で精一杯だったので。


ところでさー、仮病って出来る?
主人に
『今日の体調はどう?』
って、聞かれて、
『ぼちぼちでんなー。』
って言ったら、
『元気そうだなー。』
って、すぐに元気なのが一発でバレたのね。


声の調子とか、動きで分かるらしい。
家事をサボってもいいようにしばらくは、怠いフリでもする予定だったのに。
失敗、失敗。

---------------------------------

今日は、ずっと気になっていた衿の仮縫い

ここら辺りの洋服を作れない程度にしか残ってない生地で、衿を作っていくよー。
01
前回、yuca先生にコメントを頂いたので、その通りに作っていくよー。
yuca先生のHP・・・洋裁好きなら、ブックマークするべし!

襟をバイアスで切る。
ニットをバイアスで切ると、布帛をバイアスで切るとのは違って、不規則?な感じのクタっと感が出て柔らかくていいんだよね。

すっかり忘れてたぜ!
先生、ありがとう!
02
襟はね、微妙に控えたいのと、角を綺麗に出したいので、直線ミシンで縫う。

生地の柔らかさを生かしたいので、襟に接着芯は貼りたくない。
なので、縫うところに接着テープを貼る。

分かりづらいけど、貼ったのよー!
03
襟は控えて縫い縫い。
03-01
次は、衿先を少し尖らせて、衿の幅を3㎝ほど細めにする。
04
こっちの鋭角襟は接着芯を貼ってみた。
パリッと仕上げたいのでね。

ブラウスなどに使う薄い芯だよ。
05
2㎜ほど控えて縫う。
06
まずは、鋭角衿の方の出来上がり。
10
ちょっと衿の間を縫ってみる。
11
どうかね。
いいんじゃない。
素敵だと思う。
12
鋭角のおかげか、着瘦せ効果あるかい?
どうかい?

ちなみに今回の襟の生地は、本番に近い感じのウール100%。
けど、身頃は薄い生地だよ。
もう、厚めニット生地はない。


次は、大きい直角衿の方。
20
バイアスにしたおかげて、くたっとした衿になったねー。
アップにすると分かりやすいかも。
21
襟と襟の間をほどく。

ふむふむ。
22
いい塩梅に襟と襟の間を縫ってみる。

この位が丁度良いかな~。
24
前回の襟とは大分、表情が違うね。
型紙は同じ。
12
ちなみに襟の後側はこんな感じ。

ニットをバイアスにすると、不規則な感じのフニャっとになるんだよ。
私は好きなんだけど
25
この襟を作ってみたのはね。
親戚のおばさんに作ろうと思ってね。

『首回りを少し、隠したい。』
けど、
『もうタートルネックは飽きた。』
と言われたのでね。

5,6年位かな~?
ずーっとタートルネックばっかりだったせいなんだけどね。
ま、そりゃ飽きるよね。

遠慮しているのか、具体的なデザインは言ってくれないのよね。
よっぽど、素っ頓狂な珍しいデザインでなければ、大体作れると思うんだけど。

気に入ってくれるといいな。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
小腹が空いたときに焼き芋を食べるのにはまっていてね。
最近、人気なせいか、焼き芋を買うと高いのよ。

で、魚焼きグリルで焼き芋を作っていてね。

ついでに里芋とじゃが芋もやったら、すごく美味しくてさ。
特に里芋の皮がスルッと向けて、煮っころがしより、ネットリが倍増して、すごく美味しい。

じゃが芋は、蒸すよりホクホク感が増し増し!
30
ちなみにさつま芋は、ホクホクが好きなので、なると金時ですよー。
弱火で30分。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は、大掃除して歯医者にも行ったので、お疲れ気味なのよ。
すごく眠い。

変な日本語はスルーして下さい。

----------------------------------


それで、長方形の襟を作ろうと思って。
問題は、作ったことがないタイプの襟なんだよね。

写真で見ると好みの襟なんだけど、予想通りの物が出来るとは限らないんだよね。
本の通りに製図しても、その写真の通りに出来ないのはよくあることで。

なので、試しに襟だけ作ってみる。

同じウール100%で大体、生地の厚さが同じ。

残り1メートル弱で洋服はもう作れない。
01
襟になるところには、接着芯を貼った。
02
表襟と裏襟は同じ大きさで裁断したので、裏襟を控えられるように2㎜程ずらして縫う。
03
角は全部、切り取らないよー。
陥没が一番、怖いから。

試しに表に返してダメだったら、2枚とも切るけど。
その場合も接着芯を剥がして、接着芯は切り落とさないかも。
面倒でなかったら。
05
そして、衿を2つ折りにして、
06
捨てミシン。
07
縫い縫いして、ここまで作ったぜ!
10
やっぱり、ちょっと変なので、2㎝程衿同士を縫ってみる。

ふむふむ。
さっきよりいい感じ
11
今度は、もっと縫ってみる。
12
襟が高くて、きっちりし過ぎているような。

接着芯を貼ってない方がいいのかな。
ちょっとくしゃっとしてみる。

うーん、こっちの方がいいかも。
接着芯は要らないかな
13
次は、襟同士の縫い合わせを2㎝に戻して、衿を2㎝ほど畳んでみる。

襟が小さい方が私は好きかなー。
でも、襟先同士が離れすぎているような気がする。
14
ちょっと紙を貼ってみた。
こっちの衿の方が好き。
15
型紙は直した方がいいね。
でも、長方形ではなくなる。

長方形の襟、好きじゃないのかも。
襟の縫い方は、これで大丈夫そう。
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
よく行くスーパーが変わったリンゴの銘柄を入れることがあって、それを買うんだけど。
今回は、ちょっとびっくりしたので。

手にすっぽり収まるくらい小さいリンゴ。
99
こうとく(Google検索)っていうリンゴ。

包丁を入れた時の香りが強くて、パイナップルっぽいのにもビックリ。
そして、蜜の量が半端なかった!
99-01
ほとんど蜜って、ありなのー!
ほとんど蜜!

スーパーでは薄く輪切りにして、食べるのをお勧めしてたんだけど、普通に切って食べた方が美味しいと思う。
味はすごく甘くて、香りも強くて美味しいよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

お久しぶりです。
ぼちぼち体調不良で元気にやってました。

土日(4、5日)に大掃除をやって、翌日疲れてちょっと休んでたら、翌々日くらいに寒気に襲われててね。

寒気以外の症状はなくて。
寝てたら、1日で直ったんだけど。

それでも、疲れは残っていて。
ぼちぼち溜まった家事をしながらのんびり過ごして、頼まれた大島紬のトートバッグを縫ってました。

----------------------------------

大島紬のトートバッグは掲載許可を貰ってないので、大掃除の様子を少しばかり書くよー。

生地を仕舞っている部屋の大掃除をしたのね。

捨てたい生地がたくさん出てきたけど、結局捨てなかった。
断捨離した方がいいと思うんだけどさ。

なかなかね。

----------------------------------

もう縫ったつもりでいた生地が出てきた。(大汗)

記憶違いというか、忘れっぽいというか。
自分に呆れた。

ベージュの生地で夏物。
今はアースカラーが流行りだから、来年に縫う!。。。かも。
01
キュプラの端切れ。
捨てたいけど、部分縫いに使えるんだよね。

捨てられない。
02
サンプルで作った物で使わなかった小物類。
貰った小物類。
作ってみたかった小物類。

溜まってます。
03
捨てたいけど、捨てられない。
バラバラで扱いに困るので、袋にまとめた。

これね、ジップロックのXLサイズだったかな?!
なので結構、量あるのよ。

もう残布がもったいないからって、ティッシュケースなんかの小物類。
作るの止めようかと思う。

時間も勿体ない。
その時間で自分のパンツでも作りたい。
04
今は趣味に合わないニット生地。
いつか仮縫いに使えるかと思って、捨てずに取ってある。

薄いニットの仮縫いあんまりしないんだよねー。
ベストとジャケットはするけど、生地が厚い。

後、3年くらいして、使わなかったら捨てる!。。。。予定。
07
これも捨てたい。
コートを作ったウール系のメルトン生地。

襟の仮縫いに使えるかもと思うと捨てられない。
06
これも捨てたい。
着物を解いた裏布の白い生地。

でも、微妙に使うんだよねー。
08
大島紬のリメイクで綿を抑えるのに使う。
昨日も使った。

絹だしね。
丁度良いんだよ。
17
私の把握してないシフォン系の夏生地が出てきた。
今年、買ったんだけど。
忘れてた(大汗)
09
忘れないように目に留まりやすいように他の夏生地とまとめて、透明の袋に入れて収納。
10
もういっちょ、夏物生地。
こちらも透明の袋に入れるとく。

もちろん忘れてた。

ま、今年買った生地じゃないしね。
忘れてもしょうがないよね。
11
この白無垢と振り袖を解いて、ドレスを作った残布。

とてもとても捨てたい。

嵩張るのよー。

『人形の服作りにいいわよー。』
って言われたけど。

人形って、スヌーピーしか持ってないし。
スヌーピーは裸でいいだろ。

ポーチ類は要らない。

作りたいものが見つからない。

3年後、使わなかったら捨てる。。。かも。
なんとなく捨てられない。
12
残り時間で、古タオルと要らないミシン糸でウェスを作って掃除は終わった。
15-01
これでも、Lサイズのレジ袋3袋ぐらいのゴミは出たのよー。
大掃除するとゴミがたくさん出るから、やっぱりやった方がいいんだよね。

しないと、何年かでゴミ屋敷になりそう。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
大掃除は後、半分くらい残ってるのね。
難関のお風呂が大変そう。

しばらくブログは、のんびり更新になります。

03
それで、カートの上に載せるらしい。
ファスナーとか要らないと言われたんだけど。

ファスナーとかないと中に入れたものが落ちそうで怖いんだよね。
私がね。
依頼者様は落ちそうとは、思ってないと思う。

それで、ファスナーは嫌がられたので、フタを付けようと思ってさ。

使わないなら、畳んで内側にも入れられるし。
フタにファスナー付きポケットも付けられるし。

(それに、ちょっと使ってみていまいちだったら、フタ取りますし。)
03
それで、ホックだと力がいるので、マグネットボタンにしようと思って。
薄型のマグネットボタンが4つ必要。

買いに出かけてた。


それでまず比較的、家に近いパンドラハウスに行ったら、厚型マグネットボタンしかなくてね。
完全に無駄足


買った副資材はこちら。
02
買ったマグネットボタンはこの位薄い。
04
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
自転車で反対方向の手芸屋さんに2軒も行ったのでクタクタ。
24キロ位、走ったらしい

帰宅してから、3時間くらい動けなかったよ
01
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ね、眠い。
けど、頑張って更新するぜ!
日本語がおかしいのはスルーしてね。

って言っても、ボタンと中綴じだけなんだけどさ。

ボタンホールを試し縫いして、ボタンホール作って、ボタンを付ける。
02
ポケットの裏側のところで前見返しを中綴じする。

わざとね、中綴じしやすいように前見返しを製図してるのよー。
本当よー。

失敗したことあるよ。
もう少し、前見返しを太くしたら、中綴じできたのにって。

ポケットに定規を入れて、
03
奥まつり。

先生に聞いたら、奥まつりがいいって。
簡単にループか千鳥にしようかと思ってたんだけど、先生に言われた通り奥まつりにする。
04
肩と脇も中綴じして、
ロングベストの完成!
07
半裏で裏布も付いてますのよ
08
このロングベストは親戚のおばさんの希望で作ったのね。
で、作るにあたってボヤっとした希望しか言わなくてね。

高齢者?の好みを知りたくて、洋裁サークルの人に色々聞いた結果、このデザインにしたのよ。

それでもう一度、
『このフレンチスリーブ(Google検索)みたいな袖()いる?』
って聞いたら、
09

『いるわよ!高齢者は肩が寒いの!冷えるの!それにこの袖だったら、コート着ても邪魔にならないし!』
と力説された。

あ、そうなのー。
知らなかった。

私、中年だし。

ベストの袖?必須なのか。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

土曜日、主人と出かけたついでにユザワヤに行ってたの。
なんてったって、全品40%引き!
01
ただし、特価、リバティ等は除くね。

うーん、色々見たんだけど。
あんまり心動かされるものがなくてね。

リバティやソレイアードなら欲しいけど、割引ではないし。

微妙に使わない布などを買っても罪庫になるだけ。
それなら40%引きでも高くつくよね。

テレビに出てる方が前に言ってたんだけど。
『欲しい時が一番お買い得。』
って。

そうなんだよねー。
というわけで何も買わず。

蒲田店や吉祥寺店はまだやっているので、ハガキを持っている人は行ってみるといいことあるかもよ


それでさー。
12月並みの気温の中、秋の恰好で歩いてたのね。

それで翌日、体調崩しました。
鼻水だけ止まらず。

もう治ったけど。
体、弱っ!

----------------------------------


脇と袖ぐりを縫う。

脇にスリットが入ってるの。
無理矢理、ロックミシンと直線ミシンで縫った。
07
脇下なんか本当に無理矢理、直線ミシンで縫った。

あぅっ。
裏布のロックミシンの糸は交換が面倒でグレーの糸で縫った
08
ポケットのステッチを5㎜から7㎜に直す。
02
やっぱり、7㎜ステッチの方がいいね。
05
ついでにあちこちステッチをして、ここまで出来た!
99
脇下のVのところも綺麗に縫えました。
イェーイ!
06
ここがVの字だから、半裏にしたのよー。
綺麗にすっきりしたかったから。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
明日は、出かけるのでブログはお休みします。

今日、仮縫いで依頼者様に会ったのね。
褒める意図はなかったんだと思うんだけど、褒められたーって思ったの。
『洋裁教室に行かなくても十分に上手だと思うんだけど。』
キャー。
褒められちゃった!

大事な事なので、太文字ピンクにしてみた。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は集中して作っていたので、写真は少な目。
ごめん。

以前、先生にベストの袖ぐり始末の相談をしたのね。

袖ぐりに見返しを付けると、ゴロゴロするんだよね。
生地が厚いと、あたりが出たりもするし。

二つ折りで無理矢理、処理するのも
『なんだかなー。そこまでカジュアル?でもないし。』

それで先生に
『バイアスはどう?』
って言われて、
『それ、いいかも。』
って思って。

そしたら、先生が
『半裏は?』
って。

半裏!
超良い!
さすが先生!

って思ったのよ。

正直、袖ぐり始末の中で一番面倒くさいけど

でも一番、袖ぐりがすっきりして、着る時にスルッと滑って着れるし。
着心地が多分、とても良いと思うのよね。

なので、頑張って半裏にする。

----------------------------------

裏布を裁断。
01-01
半裏を作る時って、大抵の人がやりにくい?と思うのが裾の三つ折りだと思う。
ほぼバイアスになるからさ、アイロンで折りにくい。

前に先生に教わったんだけど。
(実践するの初めてかも。)

裾の三つ折りを地目にする。
アイロンもしやすい上に、一番伸びて欲しい背中の動きのあるところがバイアスになって、着やすくなるって。

なので今回、生地に余裕があったので、三つ折りを横の地目(←→)と平行にした。
これで、三つ折りが楽々

----------------------------------

脇と袖ぐりを残して、全て縫い縫いしたところ。
そして、裏布を控えるために2㎜、表布より小さくカット。
02
今日は、ここまで。
脇と袖ぐりはまだ縫ってない。
03
5㎜ステッチでポケットを縫ったんだけど、7㎜ステッチの方が良いような気がしてきた。
はぁ~、解くのか~
面倒くさー。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

本人が試着して、OKが出たので作る。

なんと!
直すところないらしい。

----------------------------------

表布以外の型紙を作る。

型紙を作るのに使ったハトロン紙は再利用だよー。
節約ね。

製図に使ったハトロン紙で、もう既に作って、使い終わってるやつ。
消しゴムで消しながら、書いていく。
01
そして、生地を切る。
この生地、どっちが表か裏か分からなかったので、思い切ってこっちが表と決めて裁断した。

ポンチっぽい生地。
ポンチとは書いてなかったけど。
生地の種類は忘れた。

直線ミシンで縫う箇所っぽいところと必須の箇所にペタペタ接着テープ貼った。

見返しは柔らかく仕上げたかったので、接着芯はなしに。
さぁて、吉とでるか凶とでるか。

どうなるかね
02
初めて裏あり四角形のアウトポケットを縫ってみた。
丸みのある裏ありポケットはよく縫うんだけどさ。

ちょっとドキドキした。
無事に裏布が控えられて、良かったぜ

写真だと分かりづらいけど、ちゃんと控えられてるのよ!

えっと、表布の縫い代を1㎝にして、裏布の縫い代を0.8㎝にして縫うのがポイント。
03
ベストはね、いつも忘れたころに縫うから縫い方を忘れがち。
また、教科書を見て復習しないと

3着とか連続で作らないと覚えられない。
ベスト、そんなに需要ないのよね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

コープ宅配してるのね。
それで全国の名産品を頼めたりするんだけど。

今回、初めて柿の葉寿司を注文して食べた。
すごく美味しいのね。

それと冷蔵庫に入れなくても消費期限が明日の17時までなのにビックリ。
柿の葉の抗菌作用が効くのかしらね。
99
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

大島紬でジャンパースカートを作った残り生地で、トートバッグを作って欲しいと言われたので色々作ってた。

下記は作ったジャンパースカートのトワル。
07
トートバッグ(大)、トートバッグ(中)の2種類の型紙を作ってみた。
カートの上に載せて買い物をしたいらしい。

ハトロン紙の節約のため、カレンダーの裏側を使って型紙作り。

カレンダーの型紙はね、重くて嵩張るのが弱点なんだけどね。

安いんだけど。
安くて好きなんだけど。
01
トートバッグの仮縫いは障子紙とホチキスでやる。
安いし、すぐ作れるし、大体のサイズ感が分かればいいからさ。
02
まずは大きい方のトートバッグを作る。
障子紙の幅が狭いので、もちろん糊で継ぎ接ぎしてるよー。
03
そして、小さい方も。

これらの障子紙トートバッグを持って、依頼者様と打ち合わせしてきまーす。
05
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

この時に作った型紙でトワルを組む。

襟を本番と同じように縫いたい。
なので、裏襟の型紙から表襟の型紙を作る。
01
接着芯を貼って、生地を切って、
02
縫って、アイロンかけて、
03
襟の完成
05
これに預かっている毛皮の襟を付けてみて、サイズが合うか確認。

こういう作業をする時、本当にトワルを持っていて良かったと思う


個人的には、もうちょっと襟先が鋭角の方が好きなんだけど、預かった毛皮の襟先がこれだったんだよね。
その当時の流行りのデザインだったのかね。

襟のサイズがピッタリ(やや小さめ)だったので、他の部分も裁断して、仮縫い用のコートを作る。
06
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
出来たら、コロナが収まっている間に仮縫いを済ませてしまいたい。

このページのトップヘ