ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

今日は、昨日と同じ白大島でマスクカバー作ってた。

バイアステープは、ストールの残りで足りたぜ!
ラッキー

白い生地は新モス(綿100%)だよ。
01
で、いきなりマスクカバーの完成。
全部で2つ作った。
02
裏側はこんな風になってます。
03
不織布マスクを取り付けて、こんな風に使う。
05
裏側の口元にあたるところが綿なので、肌荒れしやすい人にいいと思う。
私は肌は割と強めな方なので、よく分からないんだけど。

長時間、不織布マスクを着けていると、内側が息で濡れてきて気持ち悪い。
マスクカバーをしているとそれが防げるので、便利。

だから、長い時間マスクをする時は、マスクカバー使うよ。
06
綿100%のところはアイロンがかけられなくてね。
一応、型崩れ防止のために矢印のところにコバステッチを入れたんだけど。
07
けど、このステッチ効いているんだか、型崩れ防止に役立っているのかよく分からない。
下記のマスクカバーは私のね。

綿のところは隠れるから、しわくちゃでも大丈夫よ。
08
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

この本を読んでいたら、シフォンケーキが無性に作りたくなってね。
内田春菊さんがよくかぼちゃのシフォンケーキを焼いているのよ。

で、焼いた。
ミルクティーシフォンケーキ。
99
内田春菊さんの日常のエッセイなのね。

すごく良いお母さん。

漫画なので、分かりやすく面白くするために詳しい事情は書いてないと思うんだけど。
色々な事情があると思うんだけど。

私ならキレたり、ヒスってるなーみたいな場面でも諭したり、冷静?にお子さんに接していて、本当にすごい。(たまにはキレてたよ。)

駅まで忘れ物を届けに行くとか、絶対無理。
内田春菊さんのお子さんに生まれたいくらい、本当に素敵なお母さん。

後、めちゃくちゃ才女。
漫画だけでなく、小説、女優、歌手、料理、お菓子、編み物、洋裁も!

洋裁もするのよ。
縫っているものも本格的。
工夫も素敵

ほとんど無料なので、良かったら読んでみてね。

ファザーファッカーみたいな衝撃的な展開はないけど。
まぁ『繁殖』なので性に触れてる。

苦手な人は苦手かも。
ファザーファッカーもエッセイだよ。

ファザーファッカー (文春文庫)
内田 春菊
文藝春秋
2018-11-09


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

白大島のツーピースストールを作った残り生地で、マスクを作っていくよー。

身頃を切った残り生地のところでマスクを裁断する。
洋裁やる人なら分かると思うけど、袖ぐりのところね。

ここは残ること多いよね。

着物生地は、限られているのでね。
ここを利用して、無理矢理バッグを作ったり、色々やったなぁ。
私のアイデアではなく、教わったんだけど。

今は、マスクがいい感じでピッタリ取れていい!
生地の無駄が減っていい!
01
内側に使う生地は、新モス(綿100%)
透け透けの薄い生地。

コロナ禍になってから、1反買ってずーっとマスクの内側の生地に使ってた。

もうすぐなくなる。
後、50㎝位かな。

とっとと、なくなれー。
02
マスクの縫い方、覚えていて良かった。
思い出しながら、何とか縫えた。
03
柄は左右対称にならないようにした。
微妙におかっけぽくなっていて、好きな柄配置になったな~
05
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
cherrybonbon洋裁店の先生が怖ろしいことをYoutubeブログに書いていた。
ヒーーー!
クッキングシートを使って接着芯を貼ると変なシワが出来ると。

私、小さいものを接着芯で貼る時は、クッキングシートを使って貼ってたんだけど、先生の言う変なシワは出来たことないのね。

シフォン生地も大丈夫だったはず。

これは運が良かったのね。
選択したクッキングシートによっては、変なシワが出来てたのね。
22
茶色の『裏 うら』って書いてある方がクッキングシート。
大分、使い込んでいるので茶色になってる。

そして、『表』って書いてある方がツルンツルン。
洋裁の先生に勧められて買って、今は2代目。

cherrybonbon洋裁店の先生も勧めているけど、ツルンツルンいいよ!

ツルンツルンはね、紙が茶色になるけど、破れない限り使える。
でも、茶色になってくると本当に破れやすい。

指でちょっと押しただけで破れる

後、表と裏を分けた方がいいと思う。
やっぱり糊が付くのでね。

クッキングシートより付きやすいよ。
糊がザラザラする。

ツルンツルンは保管する時、折り曲げるじゃん。
折り目から破れていくからね。

可能なら、折らずに丸めて保管した方がいいかも。
私は4つ折り。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

何年かぶりに雪かきが必要なくらいに雪が降ってね。
それで、雪かきで疲れた

ちょっと日本語が雑かも。
ごめん。

昨日、作ってたトートバッグに手縫いで持ち手を付けてた。
01
予想通り、可愛いトートバッグ出来たっ!
イェーイ
02
モコモコの。
ふわふわで。

テンション上がる。

---------------------------------

ちょっと前にTwitterで話題になったメモ帳の作り方。
やってみた。

紙をクリップで留めて、糊をぬりぬり。
03
ティッシュを貼り付ける。
05
もう一度、糊を塗ってティッシュを貼る。
余分なティッシュを取って、
メモ帳の完成!
06
これ、すごいいいね!
便利。

クリップで留めてなくても紙がバラバラにならない。
そして、1枚、1枚剥がれる。

感動

なんか事務職の方達には常識みたいな事がTwitterに書いてあったんだけど。
知らなかったよ。。。
知ってたら、とっくの昔にやってたよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

どうしても昨日のプードルボアを使い切りたくてね。

ネットを見て回っていたら、トートバッグが出てきてね。
これだ!
って思ったの。

材料も家にあるので、出来そうだし。

それに丁度、トートバッグが欲しかったのね。
新しいのに変えて、今使っているトートバッグは洗濯したい。

使う材料はこれ。
紺の薄め帆布、手縫いの持ち手、残ったボア。

手縫いの持ち手は、前にバッグを作ったやつの使いまわし。
持ち手だけ捨てずに取っておいたのね。

節約、節約
11
帆布の固さでバッグの形を保ちたいので、帆布を下敷きにして、ボアを貼った。
12
裏側。
12-01
後は、いつものトートバッグと同じ作り方。

入口のところなんだけど、ボアがあるからステッチはしたくない。
だから、『陰コバステッチするべ。』と思ったけど、ちょっと難しそうだったので、諦めた。

それで、表側から脇の縫い目のところに落としミシンした。
13
裏側はちょっと格好悪いけど、許容範囲ということで。
14
今日は、ここまで。
自分が使うから、適当にザクザク縫ったんだけど、やっぱりそれなりに時間かかるね。

完成しなかった。
15
内側はちゃんとポケットありますよ。
16
持ち手、手縫いなんだよね。
面倒くさいけど、頑張る―!

可愛いバッグが出来そうで、ワクワク

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ストールのサイズをリクエストされたので、書いていくよー。
タイトルに作り方って書いてあるけど、大雑把にしか書かないよ。
16
作り方って、面倒だし。
洋服とかと違って、難しいものでもないと思うし。

pdfにしたいけど、やり方が分からない。
なので、紙に書いて写真に撮った図で許して。

使った生地は、140㎝×40cmだよ。
これをバイアステープで包んだだけ。

140㎝っていうのは、生地の幅をそのまま使っただけ。
150㎝幅の場合は、150㎝幅で作った方がいいと思う。
01
ポケットは大体、20㎝×20㎝に縫い代を付けて作って、それを10㎝ほど開けて取り付けただけ。

角の丸みはお好みで。
四角のままでもいいと思うし、丸くしてもいいと思う。

dカーブ定規や小さいお皿、何かのフタ等を使って、丸みを書くのがいいよ。
ちなみに下記は糊の容器を使って丸みを書いた。
02
↓ランキング参加中。参考になったら、クリックしてね。

今日は、欲しかったボアマフラーを作ってたよー。

練習と仮縫いを兼ねて試作品を作ってみる。
使う生地はいつかの仮縫いしたジャンパースカートを使う。
01
まつり縫いはしなかったけど、マフラー出来たっ!

サイズを確認。

丁度良いと思う。
あんまり長いと邪魔だしね。
02
フード付きのコートと合わせたい。
あんまり邪魔にならずいいと思う。
03
使う生地はこれ。
プードルボアとコートを作った残り生地。
05
縫い縫いして、
10
ボアマフラーの完成
光沢のある白いメルトンなので、高級感あるね。
11
リバーシブルなんですのよ
12
コートを着せてみる。

ちょっと光っちゃた。
ゴメン。

素敵
いいじゃん
13
次は両面ボアのマフラーを作る。

リバーシブルのボアなので、穴のところが縫いづらい。
一瞬アイロンを当てて、接着芯を貼る。

すぐ剥がれるように。
風合いを崩さないように。
14ヘム芯
縫い縫いして、
ボアマフラーの出来上がり
15
次は、ボアを使い切りたいので、真ん中を接ぎ合わせてマフラーを作る。
写真だと縫い合わせたところは目立たないけど、実物はよく見ると接いだところは分かるよ。
16中心縫い
ピンクのコートの残布とボアでマフラーを作ってみた。
母に渡す予定。

ピンクのコートによく合うと思う。
17
そして、片面を接いだ両面ボアマフラーをもう一つ作った。
18中心割り
全部で、4つ作ったぜ!
直線縫いばっかりなので、簡単に作れちゃったんだよね。

右2枚を母に渡す予定。
20
残布、どうしよう。
微妙に残った。

捨てたいけど、捨てられない
21残り布
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今回、参考にした動画はこちら。
先生、どうもありがとうございました

勝手にリンクさせて、頂きました。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今年もぼちぼち更新していくので、ぼちぼち遊びに来てね。
2022年の初縫いはストールだよ。

白大島とプードルボアのストールを縫っていくわよー!
依頼者様から、OKでたのでね。

ステッチなしのアウトポケットを付けるのね。
ステッチなしの方が可愛いと思うから、私がそうしたいんだけどさ。

これが、難しい。
感覚を忘れてしまったので、もう一度練習する。

前回、練習したポケットを解く。
01
解いて、生地ギリギリのところを崖っぷちステッチ。
02
ポケットの内側から、縫っていく。
03
ステッチなしアウトポケットの完成。
ポケット口は縫ってないけど。

前回よりも上手に出来たと思う。
05
さてと、本番の生地の白大島を裁断。
ギリギリ裁断出来て、気持ちいい!
06
ポケット口には接着芯(ヘム芯)を貼る。
洋服じゃないけど、あった方がいいと思うので。
07
ボアも切って、縫いやすいようにグルっと空ロックしたいんだけど。
直前に色の濃いものを縫ったので、ちょっと汚いんだよね。

ボアにめっちゃホコリがつくのよ。
08
ボアの切れ端でちょっと拭いただけで、こんな。
すごくよく取れる。
09
空ロックしたボアと白大島を縫い合わせる。
今回、裏布と表布の型紙が一緒なので、裏布を控えるために少しボアを出して縫う。

空ロックしたのにボアの生地端がすごく分かりづらい。
10
丸みは厚紙とアイロンで綺麗に丸くする。
11
そして、いよいよ赤い糸で崖っぷちステッチ。
99
この赤いポチポチの内側を縫っていく。
13
うぅ、縫いにくい。
頑張った。
(専用の押さえ金があるらしいけど、持ってない。縫いにくいけど、何とかなる。)
14
ポケット口をまつり縫いして、ポケットの完成。
柄は一応、左右対称。
15
トルソーに着せるとこんな感じ。
16
何とか無事にストールできました。
ボア、縫いにくいね。

特にまつり縫い。
どこがボアで本体の生地が分かりづらい。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

なんと!
今年中に出来たぜ!

ま、年始に食べるお節の準備、ほとんどしないしね。
帰省もなしだし。

大掃除はあきらめた!
なので、ちょっと長めの祝日とあんまり変わらないんだよね。

明日の朝に食べるお雑煮を作って、栗きんとんを作っただけ。
後は買ってきたお節を重箱に詰めるだけだし。

栗きんとんは、裏ごしさつまいもと皮むき栗を買ったので、すごーく作るのが楽ちんだった。
99

---------------------------------

ロックミシンとカバーステッチをかけて、
01
私のプルオーバーは襟をカチッとしたかったので、直線ミシンでステッチをかけて、
02
プルオーバー3着の完成

まずは、母のタートルネック。
05
母は、襟が首にまとわりつくのが好きではないので、襟はタートルネックにしては大きめ。
06
次は、親戚のおばさんに送るプルオーバー。
襟ぐりは少し小さめにして、襟が立って首がほんの少し隠れるようにしたつもり。
07_おばさん
襟ぐりにステッチしたかったんだけど、襟ぐりが56㎝未満なので、ステッチはなしにした。

ステッチすると、襟ぐりが伸びないからね。
伸びる糸を使ってもいいんだけど、あれって大して伸びないしね~。

理想はカバーステッチ1本針でステッチしたいけど、私の持っている押さえ金だとステッチするのが難しくて無理なのよ。
08
お次は私のプルオーバー。
襟ぐりは大きめ。
09
このタイプの襟は襟ぐりは大きめの方がいいような気がして。

どうでしょう?
ま、好みかな。
10
衿ぐりにそって、ぐるっと直線ミシンでステッチしましたよ。

こちらの衿ぐりは56㎝以上あるのでね。
衿ぐりを伸ばさなくても頭が入るようになってる。
11
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今年も見に来てくれて、ありがとう。
来年も相も変わらず、洋裁をしてブログを書くと思うので、遊びに来てね。

拙いブログですが、よろしくお願いします。
それでは、みなさん良いお年を。


ところで、紅白を見ながらブログを書いているのね。
毎年、衣装が楽しみでね。

『おぉ!素敵!』
『うわっ!作るの面倒くさっ!』

とか思いながら、見てます。

クリックして行ってね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

うっそーん!
明日で今年も終わり!

あっという間だった。
今年も洋裁三昧だったような気がする。

来年はもう少し更に洋裁が上手になれたら、いいな

---------------------------------

昨日は、ユザワヤに運動不足解消と節約を兼ねて、自転車で16キロ位乗って、買い物に行ったのね。
それで、クタクタでさ。

さっさと寝てしまったので、更新はお休みしました。

で、昨日買ったボタン。
何だか碁の石みたい。
25㎜のボタン。
01
同じようなデザインの27㎜、23㎜のボタンは日暮里でも売ってたんだけど、25㎜がどうしても欲しかったのね。

27㎜だと、職業用ミシンのボタンホーラーで穴が開けられないんだよね。
かと言って、23㎜では小さい。

だから、どうしても25㎜。
---------------------------------

今日は、カット済のパーツが分からなくならないうちに何とか縫ってしまいたいと思って、縫ってた。
3着分もあると混ざりやすいのよ。
05
襟の角の処理なんだけど、2枚切った方が綺麗だったので、2枚切ったよ。

接着芯は切らずに残しておいた。
切らない方がひっくり返すとき楽なんだよね。
02
裏側はこんな感じ。
03
そして、ここまで縫ったぜ。

親戚のおばさんにどっちの襟が好きか聞いたら、鋭角の襟の方がいいと言われたので鋭角で。
私も鋭角の方が好きなので、鋭角の襟にした。
06
母の分はタートルネック。
これも本人に希望を聞いた。
07
年内に完成させたいけど、出来るかね。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
明日、更新できるか分からないので、挨拶。
今年も見に来てくれて、遊びに来てくれてありがとう!
来年も余力のある限り、洋裁して更新する予定です。

出来たら、クリックしていってね
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日、日暮里に買い物に行ってた。
疲れて更新出来なかったので、今日の分とまとめて更新する。

東京駅で乗り換えしたんだけど、構内混んでたね。
カートを引いている人が結構いたな~。

私もカート、引いてたけどね。
洋服とかじゃなくて、買った生地が入ってるんだけど。

メモを見ながら、欲しい物だけ買ったつもり。
買えなかった物もあったけど。

左から、ニット用接着テープ、ボタン、チャコペン、接着芯、キルト綿。

キルト綿は、半端に切って巻いてあるのがあったので、
『その半端ので、いいですよー。』
って言ったら、10㎝おまけしてくれた。

ラッキー

こういう事って、あるのね。
01
ベンベルグと紺のショートビーバー。

ショートビーバーって、初めて買ったんだけど、光沢があって高級感があるのね。
パッと見、カシミアみたい。

生地も薄めで扱いやすそう。
02
ベンベルグはストライプ模様ついてるよ。
こちらも高級感あるね。
03
買ったものは、これだけ。
あんまり買わなかったかな~

年明け、感染者数がどうなるか分からなかったので、慌てて行ってきた。
あんまり、増えないといいな~。


---------------------------------


今日はね、昨日の疲れが残っていて、あんまり動けなくて、休養の日だった。
家事もなるべくサボったぜ!

前回、作った襟のプルオーバーを私サイズにした型紙を作ってた。
05
そして、残り時間で裁断。
全部は裁断、出来なかったけど。

下は前身頃と後身頃を裁断した間の部分で、袖を裁断しているところ。
ケチケチ裁断。
06
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ