ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

最近、ブログの更新をサボって何をしていたかというと、小物を作るためにネットで調べたり、型紙を作ったりしてたんだよね。
00
とあるYoutuber先生の型紙を使って、カードケースを作ってたので、作ってみた。
縫い方はちょっと変えて、型紙もちょっと変更。

本体の表布と裏布ね、裏布の方をちょっと小さくしてみた。
これで、布端をそろえて縫えば、裏布が控えられるはず。
01
後、丸くなるところに印を付けて、イセて縫おうかと。
上手くいくか分からないけど。
初めてやるから。
02
こんな感じで、待ち針で留めて縫った。
03
後はホックを付けだけ。
ここまで出来たぜ!

こういう布でつくるカードケースや財布はよっぽど上手に作らないと野暮ったくなるというか、スッキリしないというか。
うん、何かね。

頑張ったんだけど。
上手にできたんだけど。(自画自賛)
05
予想通り、外側の生地は突っ張らず、内側の生地もダブつかなかったけど。

やっぱり革の方がしっくりくるよねー。
06
作ったはいいけど、使わないなー。
残念ながら、私の好みではない。

また、不用品が出来た。。。
もう本当に溜まって、溜まって。。。

---------------------------------

Youtuber先生がダイソーの定規を紹介していたので『安い!』と思って早速、買ってきた。

先生、ありがとう!
便利に使えそう。

ミシンを使う時に使ってた定規って、この辺り。
09
又は、ミシンについているやつを使ってた。
08
ずっと、方眼付きの短い定規が欲しくてね。
クロバーのは高いし、なくても何とかなったから、長年買わないでいたのね。

それが100円で買えるなんて!
最高!
で、買ったのがこれ。
07
全部、透明だとやりづらいので、一部にマスキングテープを貼った。
先生がやっていたのを真似してみました。
10
おぉー、すごくイイね!

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

今日は頭が痛くてね。
薬が効かなくてさ。
頭重より痛くて、ガンガンより痛くない感じ。

洋裁以外やりたくない感じでね。
おかげで洋裁がはかどった。

---------------------------------

ここ最近やった作業を書くよー。

プリーツ飾り付きの内ポケットを作るのでね。
バイアスに切って半分に折った生地に印付け。

前にも部分縫い練習でプリーツ飾り付きの内ポケット作ったんだけど。

先生に
『バイアスの方が綺麗でいいよ』
って、言われたのでバイアスで作る。

バイアスね。。。
アイロンで折るのが難しくなるんだよね。

印を付けて、
01
捨てミシンをして、
02
アイロンで折る。
03
折りながら、捨てミシン。
05
前身頃のポケット口にプリーツを付ける。
06
余計なプリーツをカット。
07
裏布の前身頃と前見返しに袋布を付ける。


08
裏布の前見返しに袋布を付けるとき、本だと0.8㎝って書いてあるんだけど、1.0㎝の方がいいと思う。

前見返しに袋布を付けるときは、本の通り0.8㎝がいいよ。
控えられるから。

前見返しと前身頃をつなぎ合わせる時に袋布の外周も一緒に縫う。
10
本には書いてないけど、カンヌキにあたるところにきた時、返し縫いをして、カンヌキにした。
それと、前見返しのポケット口にストレートテープを貼った。

やっぱり、伸びて欲しくないからさ。
念のため。

ちなみにこのジャケットは出来上がっても多分、着ない。
完全に勉強のために縫ってる。

なので、色々試したいことを盛り入れてるつもり。


内ポケットももちろん練習。
感想は、綺麗に縫うのは難しいね。
飾りがなければ、楽なんだけどね。

---------------------------------

次は裏襟。
前に習っていた先生のやり方を教わったので、それでやってみる。

ストレートテープを5㎜幅に切る。
12
返り線の少し下の部分にイセを入れながら貼る。

具体的なイセのミリ数とか、どこにイセを入れるとか教えてもらってないんだけど。

『多分、ネックポイントのところにイセを入れるのかなー』
っと勝手に解釈。

そして、イセの入りやすい生地なので、2㎜づつ入れてみた。
この数字は経験からの感。

おぉー!
いい感じになった!
13
これは簡単!
返り線を真っ直ぐにして、返し縫いや直線ミシンを入れるより楽ちん!

『このやり方しかやらない』って言ってた理由が分かった。

いい事、教えてくれてありがとう!
ヤッホー!

ちなみに返し縫い(星止め)を入れるときは、返り線は真っ直ぐにしません。

完全に推測なんだけど。
もしかしたら、間違っているかもだけど。

前の先生の時は、教室にペアテープがなかったのね。
それでストレートテープで教えてくれたような気がする。

多分、ペアテープがあればペアテープの方がいいと思う。
あたりが出にくいし、ストレートテープと同じで伸びないからさ。
11-01
実はこのタイプの襟って作るの初めてなんだよね。
一番、懸念していた襟付けが無事に終わって良かったー。

テーラードの襟と同じ感覚で付けてOK!
テーラードより簡単。
15
裏布はここまで縫えたぜ!
16
ちょっと一部で裏布に余裕がないので、裏布の脇のキセはいつもより多めに入れてみた。
17
表布はここまで縫えた。
次は袖。
18

---------------------------------

袖と鉄万でずっと試したいことがあったんだよね。
ラグラン袖ばっかり縫ってたから、なかなか機会がなくてね。

袖のヤマなんだけど、イセたところをピンポイントでアイロンをかけてイセを潰すじゃん。
これがスタンダードなやり方なはず。
19
今、習っている先生が
『こっちの方が綺麗なヤマになるよ』
って言うんだよね。

イセとちょっとその先の生地もいっしょに潰す。
20
結果はこんな感じ。

イセだけ潰した方・・・角度が急カーブ。
イセの周囲全体を潰した方・・・角度がゆるやか。大きいカーブ。
22
好みだね。
イセの周囲全体を潰した方は、より二の腕の膨らみに対して自然な膨らみになって、体に沿う。

私は左の方が好き。
初めてやったんだけど。

---------------------------------

袖を身頃に付けて、
23
表布と裏布を合体するよー。

今回、襟先なんだけど、こんな風に切ってみた。
この切り方も初めて。

綺麗な襟先が出来ましたよ
25
前身頃の裾先がめっちゃ尖ってるんだよねー。
試行錯誤して、こんな感じに。

返しやすいように接着芯を剥がして、生地を切って、
26
ひっくり返す。
上手に出来たっ!
ヤッター!
27
今日はここまで。
中綴じ、まったくやってません。
30
今回、裾に見返しを付けたのね。

裾に見返しを付けるのは初めてでね。
よく分かんないんだよね。

裾はバイアスにしたんだけど、正解だったのか分からない。

陰コバステッチも入れてみた。
これも多分、入れた方がいいかなーっと思ったので入れたんだけどさ。
どうかな。
31
裾が見返しなので、こんな風に縫い代があるのね。
先生に見せたら、ザクザクカットされそう。

忘れなかったら、聞いてみる。
32
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日、裁断した麻100%のニット生地を縫ってたよ。

久しぶりに四つ折りバインダーを使って縫った。
細かいところをすっかり、忘れてて。

まず、生地の幅を忘れてる。
過去の型紙を漁っても分からない。

んー、どうしよう。
って思ってバインダー見たら、必要な数字や文字が書いてあった。
01
私の使っているカバーステッチは3本、針が付けられるのね。
で、1本だけ針を刺すのだけは、覚えていてさ。

『どこに針を刺すんだっけ?!』

忘れてるー!
そしたら、バインダーに書いてあって、ラッキー!

過去の私、Good Job!
よく書いた!

おかげで時間がかからず、無事に縫えました。
02
簡単プルオーバー完成!

一応、母に聞いて、母の要望通りに作ったつもり。
単純な襟のデザインで、袖の長さを肘が隠れるようにして欲しいとのこと。

肘の内側に汗をよく掻くので、汗を吸収するように袖は長めがいいらしい。
03
いつも母に作っているプルオーバーより、少し、全体にゆとりをもたせて、少し、ドロップショルダー気味にした。
肩ダーツと胸ダーツを消した。

この辺りのデザインは勝手に私の裁量でやった。
ま、気に食わなかったら、そのうち苦情やリクエストがくるでしょう。
05
ユニクロっぽいよねー。
6分袖のTシャツって売ってるのかしら。
06
残りの時間で昨日、裁断した裏布を少し縫った。
ちょっと縫っておけば、切った生地が迷子にならないのでね。
後が楽。
10
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

この前、セリアのがま口の口金で試しに作ったじゃん。
ダイソーのでも作ってみたくなってね。

買っちゃた

何を作るかは決まってない。
01

---------------------------------

最近、やった作業を書いていくよー。

洋裁サークルでハ刺し教わってきた。
ラペルの返り線のやつね。

洋裁サークルのメンバーで多分、この人しか知らないっていう方に教わってきた。

この方、もうお歳でね。
今のうちに聞いておかないとと思って。

昔は毛芯だったから、ハ刺しばっかりだったらしい。
02
重い腰を上げて、後身頃と袖の裁断。

重りが足りなくて、醤油や塩を使ったぜ。
切る時に文鎮に変えればいいから、特に問題なし!

接着芯と接着テープ、貼りまくったぜ。
疲れた。
03
とりあえずここまで縫えた。
アイロン掛けが大変で、中々作業が進まず
06
裏布も裁断。
07
ビニール板で裁断したのね。

裏布の印付けはソフトルレットを使ってるの。
ビニール板だとソフトルレットがつきやすい!

イイね!
08
麻100%のニット生地もついでに裁断。
どっかでちゃっちゃと作っちゃおうかと。

簡単なデザインだからさー。
多分。
09
母に送りたいものがあってね。
ついでにプルオーバーも作って、送ってしまおうかと。
送料がちょっと浮くじゃん。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

お久しぶり~。

ゴールデンウイークの疲れが遅れて出てね。
散歩に行ったら、疲れ切っちゃう日々が続いたのよ。

『あれ?なんでこんなに早くガス欠すんの?』って。
齢だなー。


そして、主人の帰りが最近、遅くてね。
ブログの更新の時間が取れなくてね。
サボってました。


ぼちぼち作業&買い物はしてたんだけどさ。

---------------------------------

椅子の張替えしたよっ!
大分前から、ヤバくて放置してた。

1人じゃなくて、2人でやったら、早かった。
多分、1時間かからなかったのでは?!
01
ピンクのこの生地は高級カーテンの生地。
インテリア茶箱を作った時の残り。

10年以上在庫になっていた生地だったので、使わないと永遠に使う日は来ないなーっと思って、使った。

椅子の張替えに使う生地は、こういう生地がいいってインテリア茶箱の先生に教わったんだよね。
厚くて、伸びなくて目が詰まってる丈夫な生地。

---------------------------------

ネットで買い物していた物がやっと届いたぜ!
糸切りバサミとコンシール&パイピング押さえ&ビニール板。

ビニール板は重くて、出すのが大変なので写真はなし!
その内、裁断の時に出てくると思う。

カッティングシートさ、予想以上に重い!
だって、だって、カッティングシートよりビニール板の方がカッターの持ちが良いって聞いたんだもん!

実際はどうなんでしょうね?
03
ちなみにカッティングシートの裏側は超綺麗

白色生地専用にして、ほとんど使わなかったので。

純白ウエディングドレスを作った人に聞いたんだけど、裁断前に床の掃除をしてから裁断するって聞いたのね。
ま、そのくらい白い生地の裁断には気を使わなきゃいけないみたいでね。

それで裏側は使ってなかったんだよね。

製図用にしようかな~。

---------------------------------

ダイソーとセリアで買い物。

ハトロン紙を入れる筒、がま口の口金などなど。
05

---------------------------------

散歩の時に持ち歩いている小銭入れね。
よくあるデザインのやつ。
06
これさ、たまーに中の小銭が漏れる。
あとあと、革で作ったらかっこいいと思うんだけど、布だと何か野暮ったいんだよね。

何とかしたい!
カッコイイのがいい!
可愛いのでもOK!

それで、ホックじゃなくて、ファスナーか がま口 だと小銭は出てこないかなーっと思ってね。

実はがま口、作ったことなくてね。
これを機会に作ってみようかな~っと。

ま、大物(ジャケット)を作る体力もないし、がま口を作ることに。

この前、買った生地を使う。

セリアのがま口の紐は細いんだよね。
それで、帆布の厚い生地がいいかな~っと。
07
同封されている説明書を読んだり、ネットの先生のやり方を参考にして、作ってみた。
口金に隠れる部分は、手縫いする人が多かったんだけど、私は面倒だったので、ミシンで。
08
口金に隠れるし、捨てミシンだし『適当!適当!』って縫ったら、
見えてるよ!(汗)
09
端まで、口金入らないんだねー。
口金を閉じたら、あんまり見えないんだけど。
10
四苦八苦したけど、割と簡単に出来ました。
可愛い
11
問題は丸い口金の方。

こっちは形が気に食わない。
どうにも気に入らない。
12
ペンチで端を押さえないでバラしちゃった。
他のを作る。。。かも。

紐もたくさん残ってるし。
13
今回、使ったボンドはこれ。
10年以上前に使って、何年も放置してたんだけど。

使えたよ!
クロバーすごい!
14
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

お久しぶり。
ゴールデンウイーク、どこかに出かけた?

私だけ帰省したり、あちこちお出掛けしてたよ。
01
我が家は6日から平日モードでね。
昨日は家事に追われて、買った靴の調整をしたりして終わった。

小田急百貨店で買った靴なんだけど、調節は直営店でしか出来ないらしくて。
家のすぐ近くに直営店があって良かった。
02
出掛けたついでにスタイルブックとフリクションペンも買った。
やっぱり良く使う色は、青と赤だね。
黒はあんまり使わない。
03

---------------------------------

実家で繕い物をした時に裁縫箱に入っている不用品を貰ってきた。
面白そうなもの沢山、貰ってきたよ!
10
まずは竹の物差し。
裏側には母の旧姓が書いてあった。

竹の定規って長~く使えるのね。
11
変色してるけど黄色の仕付け糸。
12
早速、紙を巻いて使えるようにした。
黄色の仕付け糸は持ってなかったんだよね。

ラッキー!
13
この袋に入っていた
13-01
組紐!

今は亡き母の母。
つまり私の祖母からのお土産らしい。

紐に貼ってあるシールには絹100%、クラフト紐って書いてある。
これで何か作って欲しいらしい。

ハードル高いなぁ。。。
この紐、硬くてね。
巾着袋の紐には硬い。

長さはね。
腰に巻いたら、帯留めに丁度良い長さだった。

帯留めとして売ってたような気がする。
14
そして、おばあちゃんのセンス。

なぜ、パッションピンク。
なぜ、帯留め。
なぜ、2本も同じ色を。

娘時代の母で記憶が止まっていて、娘に使って欲しいと思ったのか。。。

次はチロリアンテープかな?
母の兄弟の旅行のお土産らしい。

お土産のセンスは、遺伝かな~っと思った。
単純に消え物でいいじゃんって思うのだけれど。
15
これで、何か作って欲しいらしい。
これもハードル高い。。。

チロリアンテープって使ったことないのよね。
しかも太い。

何に使ったか不明なシーチング。
『アイロン台の布交換すればいいじゃない』って言われたので、アイロン台に使ったのかな?

残念ながら、私のアイロン台は大きいのよ!
16
昭和60年代の綿ローン。
車の柄なんて、すごーく昭和60年っぽくない?!

めっちゃ見覚えある生地だぜ。
17
母も私も覚えてない生地。
オックスっぽい。

こういう柄のコップあったよねー。

昔の切り売りの生地は、生地に直接メーターを書いて売ってたのかしら?
18
ハサミ貰ったよ。
研いだら、まだまだ使えそう。
19
東京長二郎って書いてある?
20
我が家で使っているハサミと比較。

真ん中の庄三郎はあんまり使ってないの。

下のハサミばっかり使ってる。
特に縫いながら切る時は特に。
21
そろそろ一番下のハサミを研ぎに出したかったので、一緒にやってもらおうかと思ってる。
何千円もかかるけど、価値はあるかなーっと。

ちなみに小学校のときに買った裁縫箱に入っていたハサミもまだ持ってるよ!
使ってないけど。

昔のだから、品質はいいかなーっと思って捨ててない。
22
オレンジ色の紙袋に入っていたのはこれら。
23
特に面白かったのを紹介。
ギザギザのルレットとノミ。

ノミ買う必要なかったなーとちょっと損した気分。
24
ギザギザのルレットは持ってなくてね。

使いたい場面がいままでなかった。
使うかな~?

ルレットがCloverの製品でマークが可愛い
25
ドナルドとチョロQの鉛筆。
26
安田生命のはり!
こんなの配ってたんだねー。
27
防錆紙に針が刺さってる。
28
縫い針は薄いステンレス?の紙に包んであった。
なんかね、あからさまにアルミホイルじゃないのよ。
薄さの割りに重いというか。
30
着物の要尺一覧があって面白い!
男物、女物、身長別子供、夏服、冬服それぞれ書いてある!
29
最後の面白い物は家庭用ミシン針!
実家のミシンは足踏み式ミシンだったんだよね。

そして、価格!
150円だよ!
31
オルガン針が作ったみたい。
32
でね、問題が。
DBとかHAとか針の種類が全然書いてないんだよね。
家庭用ミシン針とだけ。

なんの針なのよー!
DBかー!

針を真上から見ると、平らなところがない丸っぽい軸。
33
針の刻印は『ORGAN 90/A』かな?
小さすぎて、読めん。
34
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
私が文化の先生に教わってる原型の知識をちょっと書きたくなったので書くね。
興味ない人はスルーで。


私の習っている教室では新原型を使っていて、旧原型を先生の指導の下、作った人はいないです。
二人の文化の先生に教わったんだけど。

どちらの先生もなんだけど。
レディブティックやスタイルブックで旧原型で書かれた製図を書きたい時、どうしてたかというと。

新原型の型紙を操作して(ダーツを一部たたむ)、旧原型に直してから、旧原型でかかれた製図をしてた。(肩の角度はもちろん変わる。)

それで、どちらの先生も文化服装学院の講師?か何かに登録していて、定期的に文化で講習とか受けている先生です。

これは私の憶測なんだけど、スタイルブック等では公式認定されてないけど、新原型を操作して旧原型にするのは文化の先生の間では常識なのかな~と。

ま、この2人の先生以外の文化の先生を知らないので。
先生に旧原型に戻す成り立ちなどを聞いたわけでもないので、完全に私の憶測なんだけど。

後、ドレメ式の原型についてなんだけど。
これも先生に教わったときにメモした数字で、自分で調べたわけではないので。
正確なのか分からないけど。

文化の原型のゆとり 12㎝
ドレメの原型のゆとり 8㎝

と教わったのね。
多分、ウエスト回りの ゆとり だと思う。

レデイブティックなどを見て、文化の新原型しか持ってないのにドレメの製図をしたい時は、このゆとりを意識します。

ドレメの製図で6㎝出すって書いてあっても、文化の原型を使うから、3㎝くらい出すのが良いのかなーっと自己判断で製図を書いていく。


しかし、私は参考程度にするだけであんまり数字はみないんだよね~。
いや、見るけど。

何故かというと、今まで教わった先生がことごとく数字をみないので。

書き終わった製図の要所、要所を定規で計って、メジャーを使って体にあてたりしたりして、数字を決めてく。

後、慣れてくるとここの数字は大体〇㎝あればOKとか分かってくるんだよね。(先生がこれ。)
原型から3㎝出せば、どのくらいのゆるみの洋服になるとかも作っていれば、分かってくるし。

文化の原型は前身頃が大きいんだよね。
若い子(生徒)の原型だからさ。
年を取ると後身頃の方が大きい。
それで、前身頃のゆとりを消して、後身頃にその分のゆとりを持ってくることが多い。
前アームホールが後アームホールより大きかったりするとこの操作をほぼ必ずする。


私の場合、よく覚えている数字があるんだけど。
袖山の高さを決める時、袖山の下の部分のライン(42㎝~45㎝)が丁度良いんだよね。

コートだと45㎝前後、プルオーバーだと42㎝前後。
作り慣れない物だと、実際に輪っかをメジャーで作って腕回りに置いて確認してみたりもする。

好みの長さにしてから、袖山の高さを決めたりもするので、そういう時はまったく本の数字は無視します。

みんなの参考になるかな~?

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
小田急百貨店の積立金、使い切ったぜ!

今日は、お出掛けしていたので、ジャケット作りはほとんど進まず。
接着テープを貼って、ちょっと縫っただけ。

前身頃のラペルにストレートテープ貼る。
自分は少ーし、イセる派。
ほんの少ーし、生地が波打つ。
01
私の持っている本にこんな書き込みがあった。

どっかで教わったんだねー。
全然、覚えてない(汗)
02
AからBの間は適当でいいと思う。(左右対称でね。)
胸の膨らみだから。
デザインで変わるしさ。

ラペルに貼るストレートテープは1㎝なんだよね。
ラペル以外に貼ることはないから、中々減らなくてね。
03
って、思ったら結構、使ってた!
頑張って、縫ったねー
05
ジャケットに使った生地。
面倒な生地なのが判明。
06
アイロンをかけるとあたりが出て、しかも折り目が付きにくい!

アイロン定規と文鎮を使わって、アイロン掛けだよ。
07
おぅ、これを全部の縫いしろにやるのかぁ~

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
今日は主人に付き合ってもらって、調布飛行場に行ってきました。

目的は飛行機のピクミンをゲットするため。
家の近所を歩いているだけじゃ、飛行機のピクミンは手に入らなくてね。
15
調布に飛行場あるなんて、知ってた?
知らなかった。

大島などに行く専用の飛行場らしい。
10
家からちょっと遠いけど、行ってきたぜ。
11
飛行場の周りをぐるっと歩けて、ずーっと飛行機のアイコンが出ているので苗が集まりやすかったよ。

探知機を6回使って、4種類の飛行機の苗と9つの飛行機の苗が取れたぜ!
飛行機の苗が欲しい人は、調布飛行場おすすめ!
98
ちょっと記憶があやふやで申し訳ないんだけど。
赤い丸のあたり、飛行機のアイコンが単独で出るから!

詳しくは現地で自分で調べて!

他のところは森、公園、水辺が出てくるよ。

羽田と成田はレストランとか余計なアイコン多そうだしさ。
まじで調布飛行場おすすめ!

飛行場の回り一周でだいたい60分位かな~。
私は1周半して、90分位歩いたから。

もうひとつのおすすめポイントは、離着陸のセスナがたくさん見れる!
6機みたよ!

真下からみると迫力満点で最高!

望遠レンズを持って、写真を撮っている人、結構いた。
セスナ、かっこいいもんね。
写真も撮りたくなる。

---------------------------------

行きは三鷹駅からバスで行ったんだけど、帰りは多磨駅()まで歩いて帰って来たのね。
多磨駅いいよ!
バスは本数少ないけど、多磨駅は本数あるし。

後、駅から都立武蔵野公園まで割と近いのね。
そんでもって、公園に入ってしまえば、飛行機のアイコンすぐ出るし。

京王線の飛田給駅()から、歩くのもいいと思う。
こっちも味の素スタジアムの方に歩けば、すぐに飛行機のアイコン出るはず。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

再び生地を買ったよ。

たまたま欲しい時に楽天スーパーセールをやっていてね。
まとめ買いしたぜ。

後、もう一回何かが届くよー。

今回届いたのはこれ。
帆布11号だよー。
01
おまけで、この白い生地も届いた。
ガーゼかな~!?
用途はマスクくらいしか思いつかいない。
02
サンプルでリバティの生地を利用したボタンも来た。
可愛い
03

---------------------------------

ミシンを使いたい!
けど、今日は使えなかった。

綾織りのギャバジンっぽい生地を使って、裁断してたよ。
ウールが少ないんだけど、洗濯機で洗えるのかしら。
05
ここまでで終了。
接着芯を貼るだけで作業が終わった。

一番大変な作業だと思う。
プレス機欲しいねー。
06
この後、接着テープを貼ったり、後身頃と袖を切って、部分芯を貼ったりするので、まだまだミシンを使っては縫えない。

部分芯は10枚以上あるのよー。

洋裁って、ミシンで縫うまでが大変だよねー。
ミシンが一番、楽しいのに。

ほんの一瞬で楽しいミシンの作業は終わっちゃう。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

最近、洋裁の時間が取れなくて、進みが遅い。
今日もあんまり出来なかった(泣)

もっと縫いたいなー!

---------------------------------

どうしてもミルキーの生地が欲しくてね。
買っちゃった。
01
可愛いでしょー

でも思ったより柄が大きかった。
飴玉を包んでいる柄の大きさくらいかと勝手に思ってた。

さて、用途は決めずに1メートル買った。
何作ろう。

全然決めてない。
薄手のシーチング。

一緒に買ったのは、帆布11号とパイピング芯だよ。

---------------------------------

一年弱前から、主人にベストを作って欲しいとリクエストされていてね。
下記と同じ生地で同じサイズで欲しいんだって!

この時は、作ってみたかったんだよね。
あんまり作ったことのない裏付きベストだし。

今は、もう縫い方覚えちゃったから、新鮮味があんまりなくてね。
タダ働きで縫うわけだしで、ズルズル縫わないで時が過ぎてしまった。
02
それで、ベストを着ているところを見るとキツそうでね。
本人も太ったって言ってる。

一応、入っているんだけど。
市販品の試着だとOKかもしれないけど、洋裁の仮縫いだとアウトなのよっ!


で、仮縫いしたわけよ。

脇のあたりの布をいい感じにゆとりを持たせると。
こんな感じ。

大分、太ったわね。

本人は痩せるって言っているから、そのままのサイズで作って欲しいみたいなんだけどね。

私の勉強のためにも付き合ってもらう。
それに、細いベストと太めのベスト両方あってもいいじゃんって思うからさ。
02
後側はこんな感じで後裾が足りない。

これは、前からこんな風だったと思う。
ちょっと浮き気味だった。

太ったのとは関係ないかな~。
03
そして、洋裁の先生にアドバイスを貰ってきたぜ!

前身頃はこんな感じに修正。
これは簡単だった。

(※女性用文化原型4分の1を使ってます。男性用持ってないの。)
05
問題の後身頃。
先生はこんな感じに修正すればいいよって、教えてくれたんだけど。

『多分、肩甲骨あたりが盛り上がってると思うから。』とのこと。

確かに肩甲骨あたりの盛り上がりが原因のような気がする。
06
で、上記のやり方だと、背中辺りを広げると反動でダーツが広がるんだよね。
で、この位、広がった。
ウエスト部分で10㎝以上。

これは広がり過ぎなんだよね。

ダーツを小さくして、その分脇とか背中で削ったんだけどさ。。。
削りきれなくて、デザインのバランスがとにかく悪いんだよね。。。

最終的に修正を決めるのは主人の体型と試着を見てる私なわけで。
この修正はやめようかと。
07
この本を参考にして、
09
この修正方法にした。
08
本によると、『屈伸体型』と言う体系の修正方法らしい。
胸幅が狭くて、背が丸くて、前方に湾曲した体型らしい。
身体に厚みのないのも特徴らしい。

年寄りの体型だね。。。

でも、主人は筋肉に脂肪が付いた固太り体型で厚みはかなりあるんだけどね。
背中は年相応に丸いんだね~。
(前回、本人に言ったら凄いショックを受けていたので、今回は黙って修正する。)


洋裁って、ズバズバ書いてあるよね。
この前、型紙補正の本を読んでたら、『美しくない』体型ってハッキリ書いてあったし。

私の体型は『美しくない』方でゴザルヨ。。。

型紙補正 (Boutique books)
土屋 郁子
ブティック社
2019-02-18


↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

この前、紺のニットを使い終わったので、ヤフオクでニットを落札したぜ。
ある程度、手元に生地がないと落ち着かないんだよね。

でも、買うと使わなきゃってなってね。
そして、ループ。

買ったのは、麻100%のニット8メートル。
チャコールのベンベルグ10メートル。
01
特別に凄く安いとかそういうのではないんだけど、配送料が一律で安かったので、まとめ買いしちゃった。
だって、この量を日暮里で買うのは大変なんだもん。

重いからさ。

メートル辺り、500~600円だったかな~。

ニットの麻100%の生地を扱うのは初めてなんだよね。
ちょっとドキドキ。

洗濯したら、シワが出来るのかしら。
シワが嫌でリネンは一度しか縫ったことないんだけど。

おっと、赤い印が付いてた。
多分、『難あり』のところだね。
未確認だけど。
02
ベンベルグはストライプ柄だよ。
03
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

このページのトップヘ