ゆうゆうの着物リメイク

大島紬が好きで、洋服にリメイクしてます。 普通の洋服も作るよ

最近作ってたものを書くよー。
ブログを書くのをサボってたのよ。


グレーのメンズシャツを作ってた。
主人が休日出社する時に着たいらしい。

裾が真っ直ぐであんまりカジュアルでない感じがいいんだって。
ま、主人のおかげで洋裁が出来るので頑張って作りましたよ。

近所の手芸屋さんで買ったグレーのブロード生地。
シワができにくいらしい。
綿100%なのにツルツルして光ってる。

裁断はチェックなどの柄がないので、とても楽だった。
無地最高!
ってこの時は思った。
01
ま、実際に縫ってみたら縫い縮みは目立つし、ステッチも正確に縫わないとダメ。

粗が目立つ目立つ(汗)
無地も一長一短だなーって。

脇はスリットを入れたよ。
最初は入れる気なかったんだよね。
折り伏せ縫いのスリットは面倒だからさ。


でも、座る時に前裾が上がってくるらしく、一番下のボタンはそのために留めないらしい。
あーこれはスリットを入れないとダメだなーって。

頑張って入れたよー!
02
ちゃんと折り伏せ縫いにした。
03
シャツはボタンダウンにしたんだよね。
なので襟には0.8㎝ボタンが必要。

0.8㎝ボタンはあんまり売ってなくてね。
家の近くの手芸屋さんで売っていた0.8㎝ボタンはこの貝ボタンだけだった。
05
なので、このボタンの裏側を使ったよ。
分かりづらいけど黒に近い焦げ茶。
06
ジャーン!
メンズシャツ完成!
07
後の裾ももちろん真っ直ぐ。
08
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
【ロータリーカッターの寿命を延ばす方法】
そんなに大げさなもんじゃないし、そういうやり方もあるのねという。

ロータリーカッターで切った時に繊維1本だけ残っちゃうようになったんだよね。
そうなったら、刃の交換の時期。
交換しないと裁断がとても不便。

(矢印)の位置でつっかかりがあって切れない。
10
青棒、ミシン油、本革の切れ端を用意。
11
本革にミシン油を数滴たらして、青棒をこすりつける。
そこにカッターの刃(矢印部分のみ)を表と裏20回ずつこすりつけた。
(※カッターの刃は危ないので取り外さず付けたまま、革の端っこでこするようにした。)

まーなんということでしょう。

切れ味が戻って繊維が残ることもなくなり綺麗に切れるようになりました。

本革、青棒、ミシン油の代用油あたりは100円ショップでも買えるらしい。
わざわざ手間と330円もかけてやってみたい方はどうぞお試しあれ。

3つとも持っている方は是非やってみて。
ちょっと得するからさ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

お久ー。
体調不良でブログはお休みしてました。
ブログを書かずにさっさと寝てました。
(ブログは寝る前に書いています。)

具合が良くなったなーって思ったら、翌日ずっと怠くて何もできない。
みたいな日々が続いてた。

今は元気にブログ書いているけど、明日は寝込んでるかもしれない。
体調が安定しないんだよね。
最近は寝込んでないから明日は大丈夫だと思いたい。

体調の良い合間をみて、自分にとって割と簡単なものを作ってたよー。
5,6作品は作ったので順番に紹介していくね。

---------------------------------

夏物の長ズボンがピンチだ(ない)と主人が言っていて作ったよ。
主人のおかげで洋裁が出来るのでね。
頑張りました!

市販の男性用パンツのベルトを見ると割と柔らかいんだよね。
手持ちのベルト芯だと固すぎる。

なので、プレシオン芯(はりはりらくはり)を一部貼ってみた。
これがとてもいい感じ。
ピッタリの固さになった。
レディースのパンツを作る時もこれで十分だね。
01
何日かに分けて作った長ズボン完成。
02
特に苦労もなく。
さくさく出来たかな~。

主人にとても気に入って貰えたのが良かった。
よく着てる。

---------------------------------

次からは最近作った小物について書くよ。


シャツの残り生地で巾着袋を作った。
巾着袋は家にたくさんあるんだけどねー。
03
鍵や小物を入れる透明ポーチ作ったよ。
これは後に作ったバッグに入れる予定。
05

次は糸切りバサミのケース。
ずっと欲しいと思ってたんだよね。
多分、10年以上。

でも、布で作るのには抵抗があって。
手元に本革の端切れがあって、手縫いの練習になるかなーって。

型紙はオリジナルだよ。
適当に型紙を作って革を切る。
06
糊を塗るところにマスキングテープを貼って、床面(裏側)とコバ(断面)を磨く。
07
床面を磨き終わったところ。
08
糊を塗って、
09
接着してコバを磨いて縫えば
糸切りバサミの完成!
10
初めて作った手縫いの革小物。
出来は悪いけど、とてもお気に入り。
もう一個作ろうかな。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

日暮里から帰ってきて、完全に具合が悪くなる前に作ってたものを書くよ。
1日に12時間も寝る前ねー。

『結構、疲れてるなー』
って思って失敗しても大丈夫な主人のシャツを作ってた。
ま、実際に失敗したよー。
調子悪い時に洋裁はやるもんじゃないね。


日暮里で買ってきた生地でシャツを作ったよ。

この生地、耳に近いほど歪んでるんだよね。
なので、なるべく生地の中央で裁断した。

特に前中心だけは合わせたかったので、前中心は生地の中央あたりで取った。
01
最近、シャツをたくさん作っているのであんまり考えなくてもここまで縫えたよ。
前立てがニセ前立てだし、本当に半袖シャツを縫うのは楽だわ。

ロックミシンも使わないからミシンを変える必要もない。
夏物?だからかステッチの時に太い糸に変えなくていいしね。
02
今回は生地が固めなので、家にある一番柔らかい接着芯を襟と台襟に貼った。
これが大正解!
薄い接着芯にして良かった。



ボタンホールね。
失敗したのよ(泣)
失敗してほどくと生地が傷むじゃん。
だから、慎重に慎重にいつも縫ってるんだけど。

失敗した(泣)
解くのも大変なのよね。

調子が悪い時に洋裁ってやるもんじゃないね。
あんだけ慎重に縫ってるのに何故失敗する!?
03
襟のボタンホールは1㎝未満なので職業用ミシンでは縫えないのよ。
なので家庭用ミシンでボタンホール。
2度縫いもこのやり方で楽々縫えた。
05
主人はボタンダウンが好きらしい。
06
ボタンダウンのボタンの裏側はこんな感じ。
固い接着芯に共布を貼ってあるよ。
07
何とか無事に男性用シャツが出来上がりました。
08
頑張った、頑張った!
09
無事に主人に気に入って貰えたみたいで良かった。

今回、使ったボタンは古いワイシャツボタンの使いまわし。

残ったボタンは共布と一緒に保管する。
また、着れなくなったら使いまわしするもんね。

というかボタンダウン用のボタンってあんまり売ってないのよね。
いざ作ろうと思ったら買えない。

どうにかいくつかは見つけたけど。
ボタンダウンのシャツを作る人って、あんまりいないのかな~。
10
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
最近、この方の動画を見てる。
柄の合わせ方が今まで習ってたのと違う考え方で勉強になった。
それから、筒にする前にファスナーを縫っちゃうんだーって。

こういう真面目に解説をしてくれる動画もあるんだけど、どちらかというとぼやき見事な手捌き雑談というかシュール?なところが見どころなチャンネル。
面白いよー。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

実はここ半年くらい小麦粉を控えてる。
小麦粉を食べなくなって、2週間で体調が良くなったのね。

それで日暮里に行った時に小麦粉(ハンバーガー)を久しぶりに食べたのさ。

根拠もなく
大丈夫かな~。
なんて思っちゃったのよ!

大丈夫じゃなかった!

体調があんまり良くなくても
『最初は疲れたのかな~?』
なんて思ってたんだけど。

食べてから5日位たった頃、1日に12時間も寝ちゃって、
『あ、これは小麦粉だー。』
って。

食べてから5、6日後に具合の悪さのピークがくるから遅延アレルギーかもって。

というわけで、今もそんなに体調は良くないです。
ブレインフォグもあるよ。
大豆を食べた時よりはマシだけど。

なのでボチボチ適当な日本語で更新していくよー。

---------------------------------

日暮里で買ったものたちはこちら。
01
久しぶりに母と行ったのよね。
母の好みの生地が買えて良かった。
特に左上の生地は私だけじゃ選択しなかったな。


母に
『帰ったらすぐに縫うの?』
って言われた。
いやいや無理よ。
他に縫う物溜まってるし、まずは料理の作り置きと掃除諸々しないとさー。
実家に泊まると家事が溜まるのよ。
私も出来る事なら、洋裁だけがしたい!

---------------------------------

大分前に縫ったブラウス。
作っても着ないなーって思って放置してたやつ。
襟の仮縫いしてそのまま。
02
浴衣の生地で藍染なんだよね。
着ると汗で下着が染まりそう。
他の洗濯物と洗えない。
色々面倒くさいなーって。

それに立て襟なので私に似合わなさそう。
あんまり好みのデザインでないし。

ずーっと放置してたんだけど。
いい加減なんとかしたいなーって。

で、縫ってみた。
台襟付きの立て襟を初めて縫った。
何となく立て襟が分かったかな!?
03
やっぱり着ないと思うとこれ以上縫う気にならなくて、ボタンを付けずに放置中。
もう仕舞おう。
縫い方が下手でボタンを付ける気にならない。
着るたびにイライラしそうだ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
久しぶりに食べたモスバーガーはとても美味しかったです。
また食べたい。

あ、暑い。
まだ5月上旬でまだ夏じゃないのに暑い。
まぁ、今日は立夏らしいから暑くてもいいのかな!?

よ、良くない。
嫌じゃー!
早く冬になれ!


ゴールデンウイークの前半は、普段しない掃除をしたり料理したり冬物の洗濯をしてたよ。
洋裁をやる時間はなかったな。
主人がいて生地を切る気になれなかったし。

そして平日になってから、一昨日まで実家に行ってたよ。
母とウィンドウショッピングしたり日暮里行ったりしてた。
割と空いてた。

実家の床を1年弱ぶりに水拭きできたのが良かったな。
私の右ひざの腱あたりが痛かったのよ。(もう治った)
だから、ずっと水拭きしてなかったんだよね。

ゴールデンウイーク後半は疲れて休養中。
思うように体が動かない。
普段しないお風呂掃除が出来たらいいなー。

---------------------------------

ボタンホールを2度縫いしたいあるいはしてるって人は多いと思う。
特に家庭用ミシンのボタンホールは1度だと心もとない。



それでは家庭用ミシンでやるボタンホールの2度縫いのやり方を紹介するよ。
とは言っても我が家にあるブラザーの家庭用ミシンでのやり方になるよー。
それしか持ってないもん。

みなさんの家にある家庭用ミシンで2度縫い出来るかどうかは自分で実際にやってみて確認して下さい。

私の持っているボタンホールは青の矢印(→)に針が落ちて始まって赤の矢印(→)に針が落ちて終わる。
00
赤の矢印の位置にある針を何とかして最初の青の矢印のところに持っていきたい。
針を上げて押さえ金を上げて、青の矢印のところに持ってこようとすると微妙にずれる。

この方法で2度縫いするのはハードルが高くてマジで難しい。
で、どうやったかというと。
大したことではない。

①ボタンホールをいつも通りに縫う。
②縫うパターン?を直線縫いに戻す。
針穴の真ん中に針がくるように。
02
③ゆっくりプーリーを回して赤い矢印にあった針を青い矢印のところに慎重に戻す。

④縫うパターン?を①の時に縫ったボタンホールに戻す。
02-01
⑤もう一度ボタンホールを縫う。
01
このやり方だと割と綺麗にボタンホールの2度縫いが家庭用ミシンでも出来るよ。
03
初めて思いついた時、私って
『天才じゃん!』
って思った。
誰か褒めてー!


ま、すでに誰かネット上で紹介しているかもだけど。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

ヤッホー!
今日は調子が悪くて二度寝、昼寝もしたから元気よー。
寝る前にブログ更新しちゃうぜ!

---------------------------------


トートバッグを作っている間、待ちの時間があってね。
待っている間に男性用シャツを作ってた。
着れる夏服のシャツがあまりないみたいでピンチぽかったのでね。

以前に縫ったシャツの型紙を再利用。
丈が長いらしいので少し短くして、半袖を書く。
01
バッグのボンドが乾くのを待っている間に裁断。
革と違って、裁断が楽過ぎて楽しい。

漉いたり吟面削ったりしなくていい。
度々研がなくていい。
最高!

接着芯を貼るのがこんなに楽だなんて。
一応、体重をかけてるから、それなりに大変なはずなんだけど。
こんなに楽に感じる日が来るとは!

そういう意味でみんなも革製品を一度作ってみるといいよ!
洋裁の楽しさと楽さが際立つ!

そうじゃないって?

革は革でワンランク上のバッグみたいで素敵なんだけどね。
レザークラフトのYoutuber先生に男性が多いのは大変だからかね。
02
トートバッグを縫い終わってから、ミシンの針などの交換をして縫い始めた。
もう針の交換や糸調節が面倒なんよ。
05
生地が柔らかい。
最高!
好きな方向に回転できる。
最高!
裏返しにするのも簡単。
最高!
思い通りにミシンが動く。
最高!
思った通りにステッチが決まる。
最高!
本当、ミシンって楽しい。


シャツって作るのとても簡単なんだね。
楽しすぎた男性用シャツ完成!
06
襟はボタンダウンだよ。
07
ボタンは再利用だよ。

一番下のボタンホールは横にした。
前立てが上下しないようにね。
家にあった某ブランドのシャツを参考にした。
08
タックもイイ感じ。
09
洋裁の先生に
『シャツが縫えたら一人前』
みたいなことを言われた。
シャツは縫うのは難しいからっていう。
剣ボロ、カフス、前立て、台衿などなど難しめのパーツが多いよね。

そっかー、一人前になったの最近か。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
ショッピングセンターに行ったついでにセリアに寄ったら、こんな感じのクリップが売ってた。
使いやすいといいな。
この細いタイプのクリップは持ってないんだよね。
10
どうかな?

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

昨日の記事の続きだよ。

底に板を貼って、底鋲を付ける。
割りピンタイプだよ。
シール(芯)で押さえる。
23
底はこんな感じ。
25
裏布を縫って、
26
ここでDカンのつけ忘れに気づく。
27-01
あぁ!面倒くさい!
針や糸調子を変えるのが面倒なんじゃー!!
忘れたやつ誰じゃー!



持ち手をひっかけるところを付ける。
カシメを打つ前にミシンで縫わないとダメだったみたいで、手縫いで縫った。

疲れた。
ま、初めての手縫いだから下手ね。

でも、いいの。
自分のだから。
気に入った生地と革とデザインだから、
多少下手くそでも気に入るはず。
27
バッグの表と裏を合体!
ローラーがないからハンドクリームの容器で体重をかけて力いっぱいゴロゴロして接着。
28
革の接ぎ目はここにあるよ。
29
革の断面を染める。
写真撮ってないけど、やすりもかけてるよ。
ほらほら、上の写真と比べると断面が毛羽立ってるでしょう。
30
そして、ワックスで磨く。
ピカピカだね!
満足満足。
31
でもコバ処理は手が汚れるから、出来ればしたくない。
33
ここまで出来た。
後、ちょっと。
32
上部にステッチをしたいんだけど、目が飛ぶ!
ミシンが負けてる。
35
手縫いで縫ったよ!(大泣き)
すごい時間かかった。
36
ちなみに手で縫ったほうが綺麗。
圧倒的に綺麗。

バッグの横の接ぎを隠すためにタブを付ける。
37
厚すぎるので手縫いで付けたよ。

細い丸目打ちが欲しい。
細いと穴が大きくならないからさ。
厚いと穴が大きくなりがち。
38
本当は白い糸でミシンでコバステッチで押さえたかった。
腕ミシンじゃないと無理だね。


カシメで持ち手を付ける。
39
最後に家にあったレザーなんちゃらで革を拭く。
40
ジャーン!
苦労して作ったトートバッグ完成!
41
下手っぴだけど頑張ったの!
褒めて!

ポケットもたくさん!
45
実は2Wayだよ。
ショルダーバッグにもなる。

一応、伸び止めテープを貼ってあるよ。
太さは買い間違えたけど。

ちなみに持ち手に伸び止めテープを貼るのを忘れた。
自分のだからいいのさ!
46
横から見ると革がずれてるのがよく分かる。
43
失敗したのよ。
型紙が間違ってたからしょうがない。

けどけど、イセが入らないので型紙があっていてもピッタリ合うように作れるかというと多分作れないんじゃないかな~。
はぁ~。


ま、可愛い素敵なバッグが出来たと思うの。
遠目で見れば、下手さも分からないと思うし。
多分(震える声)
満足満足。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
おかげ様?で肩こりがひどい。
特に最後の手縫いが肩にきた。
肩こりって言うか肩甲骨あたりが痛い時がある。

記事が長いので2分割にする。
完成品だけ見たい方は【後半】の記事だけ見るといいよ。

---------------------------------

最近、本革とリバテイ(帆布)のトートバッグを作ってたんだよね。
これが作るのが大変でさ。

予想の倍以上の時間がかかった。
体感で15日くらいかかったんじゃないかな。
正確に作り始めた日付は覚えてない。

下記の仮縫いの写真の日付は4月12日になってた。
てことは1日(型紙作り)+12日+1日(革漉き)で14日かかってるね。


私の作業が遅いのかもしれないけど。

生地を切る前に接着芯を貼って、切った後にも接着芯を貼って、裏布を切ってで1日。
革を切るのに1日。
革のコバ処理と漉きで2日かかったと思う。

縫い始めるまでがマジで長かった。
辛かった。
『布だけだったら、もう作り終わってるのにと何度思ったか。』



まずは型紙を作って、カレンダーの裏を使って仮縫い。
上の方が少しすぼんでるよ。
01
表布に接着芯を貼る。
03
ここで裏布(生地)に難があることが判明。
ガーン。
全然、気づかなかった。
気に入ってたのに。
使える生地が減った。
02
新御徒町の方にある浅原皮漉所で革を漉いてもらった。

値段がホームページに書いてなくて、万札を握りしめて行った。
そしたら、値段が割と安くてビックリ!
店主さんも優しそうな方で良かった。
また、お世話になりたい。
05
仕事もとても芸術的に綺麗で良かった!
全体が均一に本当に薄い!

上が削る前の革。
下が削った後の革。
06
7㎜厚にしてもらいました。

店主さんは本当に忙しそうで。
私は1つだったから、20分くらいでやって貰えたけど。
本当に忙しそうで、持ち込みの量が多い時は後から送ってもらえるようにレターパックなどを持っていくか、送料を払うとかになると思う。

漉いてもらった革はパイピングに使ったよ。



持ち手を作るよ。
革を大きめの幅に切る。
定規がぶれるので横に同じ高さの革を置く。
07
Gクリヤーを使って革を貼り合わせた。
そして、持ち手の太さにカット。
09
ちなみにローラーは持ってないので綺麗なカレンダーを上に置いて、麺棒で力いっぱいゴロゴロした。

カットした革。
おぉー。
大量だ。
10
ちなみに余った革はこの位。
もう端っこの方なので使えない。
品質が良くない感じ。

小物なら作れると思う。
後は試作品を練習を兼ねて作るとかかな。
11
シボ(シワ)も粗くてあんまり美しくないんだよね。
12
革って全部が使えなから、結構高いよね。
売っている本革のバッグが高いはずだよ。

久しぶりに引っ張り出したコバ(断面)処理に使う塗料。
容器がかなり凹んでる。

使えるのかな?(汗)


ま、無事に使えて良かったよ。
13
ちなみに小分けにしてあるやつを使ったので大きい方は開けてない。

断面はこんな感じ。
下が染めた方。
13-01
さらにワックスで磨いてコバ処理をする。
こんだけコバ処理した。
疲れた。
14
縫い代が薄くなるように削る。
ひたすら削る。
15
見返し、パイピングなど接ぎのあるところは吟面(表皮)を削って接着。
16
ここらあたりでやっとミシンが触れる!!!
角当てを縫い付ける。
イセ込みをした方が丸みができていいんだけど。
如何せんイセが入らない。
下記くらい無理矢理入れた。
17
底と脇を縫って、底に柔らかい芯を貼る。
18
パイピング芯をボンドでくっつける。
革同士もついでにくっつける。
19
へらでしっかり接着。
20
パイピングを捨てミシンで付ける。
21
ちなみに丸いところはパイピングに切り込みをいれないといけない。
もちろんハサミで切れないので、別裁ちで切る。
こういうちょっとしたことも時間がかかって、大変だった。
(ミシンから移動しないといけないから。)

ちなみにボンドを乾かすために度々、作業は中断するよ。
もちろん接着した日にミシンでは革は縫えない。
シリコンオイルポットは使ってるよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。

水曜日は午後から人間ドックでね。
午前の時間を利用して、都心に出たついでに日暮里に行ってきたよー。

そうは言っても11時開店の店が多いのであんまり見れなかったけど。
必要なものだけ見て買ってきた。


まずは革と夏用の綿生地。

黒の革はハギレだよ。
激安だった。
01
ボタンと副資材
ボタンはお店の島みたいなところにあって、店員さんが言うには安めに値段設定してあるボタンなんだって。
安く可愛いボタンが買えたと満足。

透明ミニポーチに買った小物類とハギレを入れてた。
この透明ミニポーチに入れておくと失くさないからイイね!
02
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
ちょっと前に作った透明ポーチの残りのビニールが残ってたんだよね。
使い切りたくて透明ポーチを作った。
03
鍵を入れたり、失くして困る小物を入れるのに丁度良いよ。

↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
朝ご飯を全く食べず、水はほとんど飲まずで本当に疲れた。
マジで疲れた。

最近はブログの更新をあまりしなくなったね。
夜寝る前にブログを書くことが多くてね。
疲れ切っていて、さっさと寝ているのが原因なんだけどね。

最近は毎日暑いね。
炭酸水が美味しくなってきた。

また夏が来るのか。
さっさと冬になって欲しい。

---------------------------------

実はいろいろあって、自分のパンツのサイズがピンチでね。
パンツを作ってたよ。
とりあえず黒パンツだけでも欲しい。

下記のような腰にヨーク(?)があるパンツは縫ったことがなくてね。
縫ってみようかなーって。
01
作りたいパンツの製図を探すためにレディブティックやスタイルブックの中を探すのが面倒で下記の本を買ったのよ。
02
腰にヨークのあるパンツがなかった!
ちっ!

何のために買ったんだろう。

ま、いいや。
無事にレディブティックから見つけられました。

とりあえず製図してトワルを組んで、
03

仮縫いだね。

履いた感じ、直すところはなさそうだったんだけど。
先生に見てもらったら、後側の太もも部分がちょっと太かったみたい。
自分じゃ分かりづらいよね。
05
このパンツのポケットの製図が下記のようなダーツになってた。
06
これは前パンツ本体はダーツをたたまないで、パンツ本体になる袋布だけをたたむというやつらしい。
へー。
縫ったことないなー。
縫ってみたーい。

仮縫いの結果はダーツはたたまないでおこうということになった。
しかーし、作る直前にもう一度はいたら、少しゆとりがあったので半分たたんで、半分イセにしたよー。

ダーツが1.5㎝もあったのでね。
1.5㎝もたたんだらおかしいもんね。

ちなみにパンツ専門店に同じポケットをチェックをしに行ったら、このタイプのポケットは袋布をたたんでたね。
たたんでないパンツは見つけられなかった。
あったのかもしれないけど。

使った生地はEdwinだよ。
とてもよく伸びる生地で着心地がよさそう。
07
ポケットはこのくらい浮いたよ。
手がとても入れやすいね。
08
太い黒いミシン糸がピンチでね。
縫い始める前から、微妙に足りるか足りないくらいの量しかなかったのよ。

でも、買わないで縫い始めた。
そして、ここに黒い糸が来た時に縫い終わった。
09
黒い糸を買わないで完成するかどうか

賭けに勝ったのよ!!!
ヤッホー!

もう本当にギリギリだった。
10
なんとかパンツ完成!
11
ポケットも無事に出来た。
12
後もちゃんと縫えたつもり。
13
縫い終わった後、パンツ専門店に行ったら。

腰のヨークは上じゃなく、下に倒してた。
ガーン!

ま、いっか。
次はちゃんと作るよ。
多分。

パッチポケットは久しぶりに縫った。
綺麗にステッチするのが難しいね。
14
↓ランキング参加中。良かったら、応援クリックお願いします。励みになります。
眠いから今日もさっさと寝る。

水曜日に人間ドックに行ってた。
都心に行ったついでに日暮里にも寄ったよ。
今度買ったもの載せる。

このページのトップヘ